Rbojkkopg4sg9r31xjo1

店舗紹介

CATEGORY | 店舗紹介

【体験記】ブータンの風俗は違法?ティンプーで個人売春できるスポットを紹介!

2021.07.15

幸せの国「ブータン」の首都ティンプー。何それ?どこ?ってなるひとが多いでしょう。首都であるティンプーは、ブータン人以外にも多くのインド人が生活していて国際色豊かな街です。そんなティンプー市内の夜遊びスポット、それから気になる風俗遊びについてをご紹介していきたいともいます。

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. 信号機も無い、エッチもない、仏像だけがあるブータン。
  2. ブータンにいる400人の売春婦たち
  3. ブータンで風俗遊びをするなら「ドラヤン」一択
  4. ブータン風俗①筆者が遊びにいったお店がこちら【Lungta Gongphel Drayang】
  5. ブータン風俗②規模は小さめのローカル向けな店【Club Bliss】
  6. ブータン風俗③最後は素人ナンパにオススメのクラブ【Space 34 DOS】
ティンプー市内の様子

こんにちは、海外ヤリチンのシラフシラズです。


「幸せの国ブータン」、一体この国がどうかはさておき一度でもこの言葉を耳にしたことがあると思います。


ブータンは「世界一幸福度が高い国」と呼ばれており、日本のメディアや雑誌で「幸せなんだぞぉ!」といった風に取り上げているのを目にしたことがあるでしょう。


ただしブータンの魅力はそれだけではありません。


国土の70%は自然に覆われていて、人間の手が入っていない大自然と人々が共生している景色にはぐうの音も出ません。


ブータンの人々は仏教への信仰心が厚く、首都のティンプーとなれば沢山の大仏だったり綺麗なお寺を目にすることがあります。


今回はそんな首都ティンプーの風俗遊びについてをシェアしていきたいと思います。


この記事では他サイトでは知れない「具体的なスポット、売春事情」についてを丸裸にしています。

ティンプー市内の様子

ブータンでは売春行為は違法です。


売春行為はもちろん、斡旋行為や営業自体も禁止とされていて、よく街でオトリ捜査をやってます。


最近だとブータンの風紀事務局では、国内で隠れて売春を行っている風俗嬢は大体400〜500人程はいると言っています。


ですが筆者も痛感したことですが、街でそういったお店を探すのは非常に困難なんです!


首都ティンプーにはエスコートをはじめ、風俗や売春宿と言えるものが一切見つかりません。


ネットで情報を漁っても全くと言っていいほど、0。


でも国内では「風俗嬢が500人はザラにいる!」なんていうもんですから、こっちだて息子のために血眼になって探しますよ。


そして結局最終的に分かったことは「売春スポットは無いけど、クラブやバーで個人売春が行われている」ということ。


但し、ほとんどのクラブは土曜日しか営業しておらず、これじゃスケジュール的にも融通が効きづらく遊びにくい…


そこで地元のブータン人に教えてもらったのが、次でご紹介をしている「ドラヤン」です。

PCMAXには大人の関係を求める女性が多いです。自粛中だけど、たまには開放的になりたい、そんな夜もあります。つまりセックスする相手を探しています。でも、女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使っているんですよ。

出会うコツは、登録したその日に課金すること。初日は優先的に表示されるのでコスパがめちゃくちゃ良いのです。3000円で50人くらいとやり取りできます!

ドラヤンを探して彷徨い中

ドラヤンとは何か。それを一言で表すなら「連れ出し系ディスコ」です。


観光客への認知度も低い、かなりローカル向けな風俗遊びのドラヤン。


ですが地元人の間で知らない人はいないというくらいポピュラーで、通称「娯楽宿」と呼ばれています。


ドラヤンは店舗型の風俗遊びで、店先には一切看板がなく、まるで潰れかけのバーのような店構えをしているのが特徴で、誰かに教えて貰わないとまず見つけることは出来ません。


ほとんどのドラヤンは、建物の1階が普通のバーで、地下にダンスフロアのようなスペースが設けられています。


そのスペースには、お客が女の子のダンスを見る席とステージがあります。


シンガポールやタイのクラブほど汚くないので、清潔感があるのも特徴です。


女の子たちは伝統的な衣装を着ていて、ほとんど肌が見えません。


そんな彼女たちのダンスを鑑賞するのが遊び方の流れですが、ダンスが終わったときに「この子と遊びたい!」と思ったら声をかけることができます。


そしてそのまま自分のホテルや宿に連れ出すことが可能です。


女の子は依然お客にアプローチしてるので、連れ出してもらうために目の前で踊ってきたり、歌を歌ってきたりします。

店内のダンスショー

では早速、筆者が遊んだお店「Lungta Gongphel Drayang」についてご紹介していきます。


お店は大通りに面したドラヤンです。


カンタラガ通りを抜け、お店の入り口を潜ると丁寧に装飾された明るい受付が目に入ります。


筆者が訪れたときは、ステージで2人の女の子が踊っていて、90年代風の曲と一緒にノリノリでした。


女の子たちは「キラ」と呼ばれる民族衣装を着ていて、肌はあまり見えない感じで、ぶっちゃけ控えな印象を受けました。


周りを見回してみても、若い男の子のグループとおっさんグループの2つで分かれていて、女性の姿はなかったです。


ちなみに若いカップルが1組いたんですが、その目的は不明でした。


感覚的には「エッチじゃないストリップクラブ」です。

こんな感じです

ダンスが終わった後は近くに来て営業をかけてきますが、その時は可愛い女の子がいなかったのでお誘いは丁重にお断りしました。


全体的に女の子の年齢は20歳後半〜30歳半ばだと思います。


気に入った女の子がいた場合は、そこでお金を前払いして一緒に店を出て行く流れです。


あとブータンは仏教国なんで、性に関してはちょっとお堅いイメージを伺えます。


しかし女の子とも話してみましたが皆んなソコは別にしてるのか、積極的に営業をかけてくる子が多かったです。


でも女の子に対しては好みがハッキリ分かれると思います、上の写真を見たら分かると思いますが、日本人好みの顔つきやスタイルではないでしょう。

【Lungta Gongphel Drayang】営業時間・料金システム

Lungta Gongphel Drayangの営業時間と料金システムについてはこちらから。


営業時間:夜7時〜夜中2時まで(月・火定休日)


入場料:850BTN(約1,300円)

連れ出し / ショート:4200BTN(約6,000円)


店の中自体、照明も結構ガッツリあるんで女の子の視認は容易です。


その分顔もくっきり見えるんで、逆にブスさが際立ってしまう子もいたりします。


一応エンターテインメント寄りな雰囲気は否めませんが、単純にそこでお酒を飲んで楽しむのもアリです。


なんとなくこのお店はバーやクラブの雰囲気とは違って、若干キャバレーに似ている様な感じもします。

【Lungta Gongphel Drayang】場所・アクセス方法

Lungta Gongphel Drayangの場所とアクセス方法についてはこちらから。

お店のアクセス方法としては、バスで向かうのがオススメです。


最寄りバス停留所は「Thimphu City Bus Parking」となっていて、停留所を降りると徒歩3分の距離にあります。

お店の前にある大通りは夜でも賑わっていて、治安的にも全然問題ないです。

素人女子ともっとセックスしたい人にはワクワクメールがオススメ。


コロナ以降、セフレ目当ての女性が余っちゃってるんです。人妻やJDの寂しさを和らげてあげませんか?


風俗なら1回で2万円は必要ですが、ワクワクメールなら3,000円程で十分に出会えるのでコスパよくセックスできますよ♪

Club Blissのバーカウンター

首都ティンプーの中で、最も美人率が高いと噂されているのがこちらの「Club Bliss」です。


日本でいうところの人気クラブのような立ち位置で、とりあえずクラブ自体が他の店と比べても華やか。


そこに集まる女の子たちもお洒落に磨きをかけていて、ティンプー市内の中でも出会いの確率が非常に高い場所です。


クラブ自体の雰囲気だけでも十分楽しめるんですが、ちょこっとナンパがてらに訪れてみるのアリだと感じました。


また、ここは隠れて個人売春をする女性も集まる「大人の夜遊びスポット」としても有名で、限りのあるブータンの風俗事情から考えると、唯一のエロを楽しめる場所でもあります。


ちなみにナンパに成功したあとは近くにバーも沢山あるんで、行き場所に困ることもないです。コンパクトに行動できるのは非常にポイントが高いでしょう。


セックス相手を見つけるためにクラブにくる男がいるように、セックス狙いでクラブに遊びに行く女の子は確実にいます。


実際筆者が絡まれた女の子は、最近彼氏と別れたらしく、寂しさを埋めるためにクラブへいき何も考えずにセフレを作っていた時期だったそうです。


男性も女性も性欲があるのは一緒ですね。

【Club Bliss】営業時間・料金システム

Club Blissの営業時間と料金システムについてはこちらから。


営業時間:夜9時〜翌朝5時まで(土曜日以外は定休日)


入場料:500BTN(約600円)

【Club Bliss】場所・アクセス方法

Club Blissの場所とアクセス方法についてはこちらから。

最寄りのバス停留所は「Thimphu City Bus Parking」です。


バス停からは少し距離が離れていて、徒歩だと約10分くらいは歩かないといけません。

クラブの周りは人混みで溢れているので、見つけるのは非常に簡単です。

フロア横のソファー席

続いてはこちらのクラブ「Space 34 DOS」です。


中は100人ほどの若者でにぎわっていて、欧米系のEDMとたまにヒンディーなBGMがガンガンにかかっています。


みんなお酒を飲みながら楽しく踊っている感じで、ごく普通のナイトクラブです。


筆者が適当に中で踊っていると「楽しんでる?なんかつまらなそうな顔してるよ?一緒に踊ろう!」みたいな「へぇーい!」て感じのノリで女の子に絡まれました。


クラブ自体の雰囲気は完全にナンパ、深夜1時を周りだした辺りがピークだと思います。


この時間を過ぎると人の数も減ってきてたので、ナンパや連れ出しに挑戦したいなら11時ごろには入っておくといいでしょう。


ここにいる女の子は、なんとなく非日常を味わいに来ている様な雰囲気がしました。


クラブとは大音量の音楽の中で、思うがままに身体を揺らして楽しむことで日常とは違った非日常な世界を体験できるもの。


毎日ハシャげる訳ではない人生、すこしの間でも忙しい日常を忘れさせてくれるような空間を味わいに来てそうな子ばかりでした。


「クラブに行くのはヤリマンだからでしょ?」と思う人もたくさんいますが、ただ単に「今日は全部忘れちゃえ!」という感じなんだと思います。

【Space 34 DOS】営業時間・料金システム

Space 34 DOSの営業時間と料金システムについてはこちらから。


営業時間:夜9時〜翌朝5時まで(土曜日以外は定休日)


入場料:500BTN(約600円)

【Space 34 DOS】場所・アクセス方法

Space 34 DOSの場所とアクセス方法についてはこちらから。

最寄りのバス停留所は同じく「Thimphu City Bus Parking」です。


ただしこっちはバス停から近く、徒歩5分圏内の距離にあります。

クラブの入り口には看板「Space 34」と書かれており、入り口には強面のセキュリティーが立っています。

皆さん、セックスしていますか?


実は、風俗で本番交渉するよりずっと簡単にセックスする方法があります。


今は、自粛ムードで合コンとかも開けないですよね。


こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策です。

昔、AV女優の紗倉まなさんがテレビで、AV女優もマッチングアプリを使っていると暴露し話題になったこと、覚えていますか?


一昔前は、危険やサクラの印象が強くメジャーではなかったですが、最近は人気を博していて、実は日本人の若者の4割は出会い系を利用しているそう。


当然、大人の関係目的で集まっているアプリも存在します。

Man3

某アプリ運営者からは、登録女性が急増、男性が不足しているとの情報も!

風俗なら1回で2万円は必要ですが、マッチングアプリなら3,000円の課金で十分楽しめます。一度会って連絡先を交換すればあとはOK。風俗のように毎回お金がかからないため、コスパよくセックスができます。

チンポ好き女子をコスパよく見つけるためには、アプリの使い方が大事です。


そのコツは、ズバリ登録後24時間以内に3000円程のポイントで連絡を送りまくること。


なぜなら、登録後スグは、ブーストされて表示されやすく、返信率がとても高いのです。

Man1

世の中には男のチンポを求める女性がたくさんいるのです。その本性をどうやって暴くかだけです。

おすすめアプリ①PCMAX

PCMAX大人の関係目的で使うには抜群です。婚外恋愛をしたい人が多く、既婚者が3割。みんな内緒な関係を求めているんですね。


匿名性が高いので、コッソリ使うにはちょうど良いです!

Man1

PCMAXは、コッソリ使うのに一番良い。お互い家庭持ちとかも多いから、秘密を守れる。(41歳/会社員)

おすすめアプリ②ワクワクメール

ワクワクメールは、性に奔放な若い子が多いので、セフレ探しにはピッタリです。色んな体位を試したり、新たな性感帯を開発したり楽しめます。


巨乳女子を見つけたら即アタックが吉です!

Man1

使い始めてから分かったけど、登録初日のブーストは神。プロフは簡単に済ませて連絡送るのが一番良いね。(27歳/会社員)