U1eflkpkeyamzango42k

夜遊び

CATEGORY | 夜遊び

【現役メンエス嬢が解説】メンズエステのシステムやできること!抜き・本番はあるの?

2020.03.26

最近、急速に市場を拡大しているメンズエステ。抜きナシ?風俗じゃないの?マッサージ店なの?じゃあ一体なにを楽しむの?不思議に思いますよね。実は、わたしもその不思議を解決したくてメンズエステ業界に入った現役メンエス嬢(セラピスト)なのです。今回は、そんな私が「メンズエステとは何か」「メンズエステを楽しむ方法」をお届けします!

この記事に登場する専門家

Mljhp2thbairbwn3pcsq

エステティシャン

ハルカ

メンズリラクゼーション歴7年目となる現役メンエス嬢。オナクラ、イメクラ、手コキ、風俗エステなど、ソフト風俗を中心に2,000人以上の男性に接客をしてきた経験をもとに、記事をお届けいたします。

  1. メンズエステとは?
  2. メンズエステで受けられるマッサージとは?
  3. メンズエステの種類
  4. メンズエステの選び方
  5. メンエス嬢(セラピスト)の裏側を暴露!
  6. メンエスのお客様ってどんな感じ?
  7. メンズエステで失敗しないために!より楽しむポイント6つ!
  8. 「抜きなし」「本番なし」こそ愛されている証拠
  9. セラピストに身をゆだねてみよう!

健全メンズエステ

こんばんは!現役メンエス嬢(セラピスト)のハルカです。


夜遊びに好きな男性のみなさま、メンズエステって行ったことありますか?


年々話題に上ることは増えていますが、夜遊び全体的に見ると、まだまだ知名度が低く、謎の多い業種のような気がしております。


そんなメンズエステとは、どんなところか?を元風俗嬢で元エステティシャン、現役メンエス嬢のわたしが解説していきます!



では、本題に入る前に確認しておきたいのが、今回紹介するメンズエステの業種についてです。


実はメンズエステと言っても、


・一般メンズエステ

・風俗メンズエステ

・健全メンズエステ


とざっくり3種類に分けられます。




・一般メンズエステ

レディースエステの男性版で、脱毛や痩身など行っているエステサロンのことです。ダンディハウスやTBCなどがこれに当たります。


・風俗メンズエステ

「抜き」サービスのあるメンズエステのことです。マッサージを受けたあとに、トップレスやソフトタッチ、手コキなどの風俗サービスをしてくれます。


・健全メンズエステ

オイルトリートメントをベースにしたマッサージを受けられるお店です。風俗店ではないので、「抜き」サービスはありません。(グレー含む)




今回の記事では、「健全メンズエステ」を対象に紹介していきます。

(ド健全メンズエステから、セクシーメンズエステまで)

メンズエステでできること

健全メンズエステについて先程、


オイルトリートメントをベースにしたマッサージを受けられるお店です。風俗店ではないので、「抜き」サービスはありません。


と書いた通り、マッサージ店になります。風俗店ではございません。



マッサージというと、


「マッサージなんて、て〇みんで受けられるじゃん!」


と思う方が沢山いると思いますが、


て〇みんとメンズエステのマッサージは全くの別物です!

メンズエステでできないこと

メンズエステは、風俗店としての届け出を出しているお店ではありません。


ですので、風俗行為は一切禁止とされています。


風俗行為とは、どこからか?は議論が分かれるところです。


最終的に判断するのは、警察になりますので、メンエス嬢歴3年のわたしでも100%こうだとは言い切れないのが実際のところでもあります。


マッサージ屋さんとメンズエステのちがいは?

違いはこんな感じになります。


・きれいな女性が在籍している

・オイルマッサージが中心

・鼠径リンパのマッサージが受けられる

・完全個室でリラックスできる

・衣装がちょっぴりセクシーなことが多い

・セラピストとお客様の距離がちかい(密着施術)


中でも、鼠径リンパのマッサージは、メンズエステならではの醍醐味です。

オイルマッサージ

メンズエステのマッサージの土台は、キャリアオイルを使ってリンパを流したり、筋肉を解したりするオイルマッサージです。


お客様は、施術前にシャワーを浴びて、紙パンツを着用した状態で、施術を受けることになります。


紙パンツは、Tバックタイプが主流ですが、トランクスタイプの紙パンツが用意されているお店もあります。


ディープリンパマッサージ

メンズエステの醍醐味がコレ!ディープリンパマッサージです。


メンズエステとは「ディープリンパマッサージをしてくれるお店」とも言えるでしょう。


ディープリンパとは、本来「深部リンパ」といった意味がありますが、メンズエステ界では「鼠径リンパ」の意味で使われています。


鼠径リンパとは、足の付け根にあるリンパ節のことです。下半身の老廃物をろ過している大きなリンパ節で、ココが詰まると足のだるさや浮腫みなどがにつながります。


密着マッサージ

密着マッサージとは、敢えて身体をくっつけながら行うマッサージです。


むぎゅっとハグをしながらマッサージをしたり、手でマッサージをしながらも何処か体の一部が密着した状態だったりします。


女性らしい滑らかな肌質温もりをダイレクトに感じられるので癒し効果も抜群☆


ですが、密着すること自体をお店で禁止していたり、施術自由なお店ではセラピストさんの技量次第になるので、過度な期待や強要はNGです。


絶対とは言い切れませんが、近隣店舗と比べて金額の高いお店は、密着マッサージを取り入れた「密着店」であることが多いです。

全身を使ったマッサージ

マッサージと言ったら、手を使ってするものだと思いがちですが、お店やセラピストさんによっては、全身を使ってマッサージをしていくことが多いです。


手足を同時に動かしたり、お尻を使ったり、驚くようなオリジナル技を持っているセラピストさんも!


未経験入店の新人さんには難しい、高度な技も多いのです。

気になる方は、キャリアの長いベテランセラピストさんを指名してみると良いでしょう!

ヘッドスパ、リフレクソロジーなど

メンエスならではのマッサージ以外にも、


・ヘッドスパ

・リフレクソロジー(足つぼ)

・タイ古式マッサージ

・ハワイアンロミロミ


などが受けられるお店もあります。


メンズエステのセラピストさんの中には、レディースエステや一般マッサージ店出身の方も多いので、出来るセラピストさんであれば、そういったマッサージを注文することも可能なんですね!


よりマッサージで癒されたい、確実にほぐされたい人は、経験値の高いセラピストさんを指名してみると良いでしょう!

営業場所のちがい

メンズエステと一口に言っても、実はいろいろなタイプのお店があります。

タイプ分けにもいろいろな見方があるのですが、まずは営業場所によるちがいを見ていきましょう。


・店舗型

ビルのテナントなどを借りて店舗で運営をしています。

男性スタッフのいる受付でお会計をして、そこから施術部屋に案内されてサービスを受けることになります。待合室があるので、予約時刻よりも早く到着してしまっても、店舗内で待っていられるのがメリット。


・マンション型

ファミリー向けマンションなどで営業しているメンズエステです。

例えば、3LDKのマンションの場合、3部屋は施術部屋、リビングは事務所として使っていることが多いです。バスルームは3部屋共有となっているため、シャワーを浴びる際に待ち時間が発生することもあります。


・ワンルーム型

都内のメンズエステで最近主流になっているのが、ワンルーム型のメンズエステです。単身者用のワンルームマンションを借りて、営業しています。1部屋しかないため、周りの喋り越えなどを気にせずに、ゆっくり施術を受けられるのがメリットです。


・出張型

最近、徐々に増えつつあるのが出張型のメンズエステです。ビジネスホテルや自宅などにセラピストが派遣されて、施術を行います。お客様にとっては、部屋で待っているだけで良いので楽ですが、そのぶん部屋が汚れてしまうことがある(オイルがついてしまう)のがデメリットです。

許可店、無許可店

本当であれば、メンズエステを営業するにあたって、マンション(テナント)での営業許可を取得する必要があります。


・無許可店

営業許可を受けていないお店のことです。部屋を借りるときに、「自分が住みます(=サロンの営業なんてしません!)」と偽って、お部屋を借りているわけですね。実は、多くのメンズエステが無許可店です。お店がある日突然消えてしまった・・・!なんて場合は、マンションの管理会社にバレてしまったケースもあります。


・許可店

営業許可を受けて営業しているメンズエステです。管理人さんが知っているので、緊急のトラブル時にもちょっぴり安心です。テナントで営業している店舗型のお店は許可物件だと思ってよいでしょう。マンション型、ワンルーム型でも物件自体が古かったり、新築でも治安が悪い地域だったりすると許可物件であることが多いです。

物件の営業許可のほかに大きく絡んでくるのが風営法


基本的に、メンズエステは風営法の届出を出さずに営業をしています。


風営法の届出を出していないということは、性的嗜好を煽るサービスはやっちゃだめだよ!ということですね。


この性的嗜好を煽るサービスというのがどの程度のものを指すのか?というと、抜きや本番と言った行為は完全にアウト!鼠径部くらいであれば、OKと言われています。

サービス内容によるちがい

最近は、健全メンズエステの中でもかなりサービスが分かれるようになってきました。


わたしも、いくつかのメンズエステを経験してきましたが、「メンズエステって一括りに呼んじゃダメでしょ!」と思うほど、多様なお店があります。


ざっくりと紹介するとこんな感じです。


・ド健全メンズエステ

マッサージサロン要素の強いメンズエステです。

エステ出身者のセラピストさんが在籍していることが多く、施術はしっかりめ。

衣装も、エロというよりはキレイな衣装です。

メンズエステの中では、価格が安め

「きれいな女性にマッサージをされたい!」という男性にオススメです。


・健全メンズエステ

ド健全とセクシーの間に位置するメンズエステ。ちょっぴり露出のある衣装を着て、施術はやや密着気味。価格は相場と同じくらいです。このタイプのメンズエステが一番多いのではないかと思います。


・セクシーエステ

ベビードールやノーブラなどのかなり際どい衣装を着て、濃厚密着施術を行うメンズエステです。

鼠径部の施術も鼠径部を越えているという話をよく聞きます。

超グレー、というかもはや黒なので、危ない橋を渡りたい男性にオススメです。

ツイッターを活用しよう!

みなさん、メンズエステを見つける際には、どのようにして見つけていますか?



大半のお客様がグーグルを使っているのではないかと思いますが、わたしがオススメするのが、ツイッターです!


なぜかというと、ほかの夜職と比べても、最近のメンズエステ業界はツイッターが熱いのです!


実は、ツイッター上だけでも何千人・・・というセラピストがいます。


顔出し写真がたくさん見れたり、文章から人となりを感じられたり、空き枠情報やおすすめの女の子の情報なども、ツイッターで更新しているお店が多いです。


さらに、ツイッターのDM機能で予約受付をしているセラピストさんも多いので、お店を通さないで予約のやり取りも可能♪


ツイッターは、メンズエステライフをより楽しむツールとして欠かせない存在なんですね!


「地名 メンズエステ」などと検索してみると、沢山の情報が出てくるでしょう♪


満了=人気 ではない!?意外なカラクリ。

先程、ツイッターの話を書きました。

それと関連してくるのが、満了・空き枠情報です。


予約満了!と聞くと、「人気があるんだな!失敗しないお店だ!」と思いますよね。

もちろん本当に人気のセラピストさんもいたりするのですが、必ずしもそうとは言い切れないものなのです。


例えば、12~20時のセラピストさんがいたとします。

17~19時(120分)の予約が1本入ったとすると、受付終了時刻は15時になるのです。

休憩を30分設けており、60分コースは基本的に受け付けていないことが多いからですね!

15時に「本日は満了になりました♪」というと人気っぽく見えるけど、実はそうでもないのです。


ちなみに、満了告知型のお店とは逆に、空き枠更新型のお店もあります。

これは「〇〇さんが12時から空いてます!」という更新を多数していくお店ですね。

ツイッター上では暇そうに見えますが、最終的には満枠だったなんてパターンもあります。


お店やセラピストさんごとに、いろんな傾向があるので、考えてチェックしてみると面白かもしれません♪

お客様ブログに注意!

メンズエステの体験ブログが人気を高めていますが、すべての体験ブログを鵜呑みにしないようにしましょう!


なかには、根も葉もない嘘の話がほんとうに混じっているからです。


わたしの知り合いのセラピストさんは、あるブログで「本番アリ」と書かれてしまったのですが、全く身に覚えがない話だったそうです。変なお客様が増えただけでなく、元々いたお客様にも「一体どういうこと?」と冷たく迫られてしまう始末。心を痛めてメンズエステ業界を引退してしまいました。


また、体験ブログの多くは、お店から広告費をもらって記事を掲載していますので、実際の口コミとはまた違うものとなっています。(良いことだけを書かれています)


実際の口コミだったとしても、お客様とセラピストの相性次第で、サービスの質や受け取り方も大きく変わってきます。一人のお客様が「すごく良かったよ」といったセラピストさんでも、自分にとって良い悪いはまた別の話なのです。

どんなセラピストが多い?

ここからは、メンズエステで働くセラピストの裏側についてみていきましょう!


わたしの知っているメンズエステの女の子たちは、会社員、フリーター、大学生、エステティシャンと普段の職業はさまざま。メンズエステ1本で働いている女の子も多い印象です。


レディースエステやマッサージ店出身の(元)本職セラピストさんも多かったりします。

研修ってどんな感じ?

最近は、男性オーナーによるセクハラ講習が問題になっています。業界に詳しい男性であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれませんね。


メンズエステの研修ですが、普通のお店ではセクハラ講習なんてものはございません。


講師は、お店の人気セラピストや女性講師が担当することが多く、小さなお店だと男性スタッフが担当することもあります。


モデルはお店の男性スタッフなどがやることもありますが、研修生同士で相互モデルのような形でやることが多かったです。


服装も裸同然だったり、人には見せられないような恰好だったりはするのですが、雰囲気はいたって真面目!エロだとか、はずかしがている暇もないくらいの講習が多かったです。

メンエスセラピストの給料事情

Vuopbktiebbsu1inccki

メンズエステのお給料は、基本的には完全歩合制。お客様が来れば来るほど稼げるシステムになっています。月収も0円の可能性も100万円の可能性もある世界です。


1本当たりのバックは、お店によってもちがいますが、お客様が支払った額の半分以上は女の子がもらえるようになっています。少ないお店でも折半です。


例えば、90分フリー15,000円をお客様がお支払いした場合、少ないお店でも7,500円以上、多いお店だと10,000円くらいが女の子の取り分になります。


さらに最近は、待機保障のあるお店も増えてきました。

保障の内容は「お客様につかなかった日は5,000円」「時給1,000円に満たなかった場合、差額を支払い」といったようにお店ごとに変わってきます。

メンズエステに通われるお客様をいくつかに分類してみました!


・メンエスマニアのお客様

ほぼ毎日メンエスに足を運ぶ、マニア的なお客様もいます。良くも悪くも、施術を受け慣れているので、より黒に近いものを要求してくるお客様が多いです。


・風俗目的のお客様

「やれないところでやるのがいい」と抜きや本番要求にチャレンジしに来るお客様です。明るく陽気な50代の男性に多い印象。

20代の若いお客様の中には、そもそも風俗とメンズエステを勘違いして来店される方も負いです。


・鼠径部のマッサージを受けたいお客様

風俗目的のお客様とは別に、「足の疲れを解消したい」という理由で鼠径部施術を希望されるお客様もいます。鼠径部とは下半身のリンパ節がある大事な部位ですが、セクハラとなってしまうため通常のサロンではなかなかやってもらえないのですね。ごりごり流すとスッキリするはず!


・オイルマッサージを受けたいお客様

「普通のお店でオイルマッサージを頼みにくい」と感じている男性って意外と多いはず。そんな男性がいたって真面目にオイルマッサージを受けに来ることがあります。「おじさんにオイルマッサージされるのは嫌だ!」という理由でメンズエステを選ばれる方も。

・近所のマッサージ店を探してきたお客様

健全店に多いのですが、徒歩でふらりと行けるマッサージ屋さんを探して、ご来店されるお客様も多数いらっしゃいます。

セラピストさんへの挨拶をしっかりしよう!


風俗もメンズエステも経験してきたわたしですが、メンズエステのお客様、挨拶ができないことが多いのです!


風俗のお客様だと「はじめてです!!!よろしくお願いします!」と言ってくださる方も多いのですが、メンズエステになると「こんにちは」すらも言ってくれないお客様も多々。


メンエスのお客様はちょっとシャイなのかもしれませんね・・・。


そんな感じなので、会った時に「はじめまして!こんにちは!」と言えるだけで、好感度もめちゃくちゃアップ!!



さらに、インターフォン越しの姿も気を付けられると良いです♪


インターフォン越しって、(言葉は交わさなくても)セラピストとお客様の最初のコミュニケーションの場になります。


無許可物件も多いので、あからさますぎる挨拶はまたNGでもあるのですが、ちょっと会釈するとか出来ると好感度アップです♪


実際、インターフォン越しで感じが良い人は、人柄が良い確率100%!

わたしも対面前からテンション上がりまくります♪

カウンセリングシートを丁寧に書こう!

新規のお客様ですと、カウンセリングシートを記入することが多いですよね。


カウンセリングシートとは、名前や電話番号、お疲れの部位、けがや病気の有無などを記入するものです。


このカウンセリングシートには、悩みながら丁寧に記載されるお客様もいれば、名前の欄に「田中」とだけ書いて終わりなお客様までさまざま。性格出まくり!


セラピストの立場になって想像してみてください。


殴り書きで「田中」とだけ記入されたカウンセリングシートを見て、どんな気持ちになりますか?


会話する気も失せてしまうのは、想像に容易いと思います(笑)


カウンセリングシートを参考に、その後の施術やサービスを組み立てるセラピストも多いです。


もちろん全ての欄をきっちり書く必要はありませんし、名前も偽名でOKです。記入する意味や読む人のことを考えて記入できると良いでしょう。

シャワーは丁寧に浴びよう

メンズエステに行くと、料金の支払いやお茶出しのあとにシャワーに入りますよね。


このシャワー、実は良い施術を受けるために超大切なポイントなのです。


おそらく多くのお客様が、色々なことを期待して、股間を一生懸命洗っているのではないかと思いますが、全身しっかりと洗っておきましょう。


<洗うポイント>

・お尻

・足の指

・脇

・口


中でも、特に覚えておいてもらいたいのは、お尻(肛門)です!!!


うつ伏せや四つん這いの施術をするときに、結構におうのですね・・・。


どんなに良いお客様でも臭いがすると・・・密着したくても密着できないことは想像に容易いと思います。


稀に蓄積臭としてにおう方がいますので、日ごろから臭いケアが出来ているとより良いですね♪

セラピストのパフォーマンスを楽しもう

メンズエステで行われるマッサージは、「パフォーマンス」だと個人的には考えています。風俗の「プレイ」やサロンでの「マッサージ」ともまた違う、メンズエステならでは文化ではないでしょうか。



セラピストさんの多くは、とても研究熱心!お客様により楽しんでもらえるように・・・と、個人でもたくさん研究して、どんどん自分の施術をブラッシュアップしていっています。


おっ!と驚くオリジナル技がある方もいれば、音楽を奏でるような心地よさを感じる方も・・・セラピストさんの数だけ良さがあるのですね。



ですので、ライブで歌を聴くのと同じように、是非そのセラピストさんの施術(パフォーマンス)を堪能してほしいと思います。


セラピストには触れないこと!

メンズエステをより楽しむ方法、もっとも大事なのはセラピストに触れないことだと思っています。シンプルに紙パンツをはいて寝ているだけで良いのです!


では、なぜお触りがNGなのかというと、お店のルールとして決められているのはもちろんなのですが、セラピストが嫌がる行為だからです。


そもそも、メンエス嬢がなぜメンズエステを選ぶかと考えてみてください。「触られるのが嫌だから」って人が結構多いのですね。お触りがあるとセラピストさんは、触ろうとしてくる手が気になってしまい、通常通りのパフォーマンスが出来なくなってしまうのです。


それから、好きな人とは傍にいたいし、嫌いな人には触れたくもないのって、みんな共通の心理ですよね。これはメンズエステでも言えるものです。やさしいお客様にはいつも以上に密着をするし、嫌なお客様には警戒心が働いて逃走モードになります。


おさわりせず大人しくしていられる方の方が、必然的に密着度が高くなったり、施術が丁寧になったり、その子の出せる最大限のパフォーマンスを体験することが出来るのです。


ちょっとだけ褒めてみよう

先程の話とも少しかぶりますが、その子の出せる最大限のパフォーマンスを体験するために、ちょっとだけセラピストさんのことを褒めてみましょう。


人間、褒められて悪い気持ちになる人はいません。うれしくなって、相手のことを好きになりますよね。


まずは、「お客様として好き」と思ってもらうことが、最大限のパフォーマンスを引き出すポイントなのです。


ただし、何でもかんでも褒めればいいわけではありません。男性だったら経験があると思いますが、褒められすぎると逆に不快なものですよね。


さらにメンズエステで、褒めまくる男性と言うのは過剰要求を狙っていることが多々あります。

来店した瞬間から「かわいい!また指名する!最高!大好き」などと連呼していたお客様が、過剰サービスがないとわかった瞬間に豹変・・・というのは、メンズエステでよくあるのですね。


やりすぎないように、ちょっとだけ褒めてみましょう♪

ここで、ちょっぴり(かなり!)気になるメンズエステの抜き・本番事情!


結論から申し上げますと、お店やセラピストさんによって変わってきます。


わたしが以前働いていた店舗では本番しているセラピストさんがいらっしゃいました。

裏オプ料金をもらって本番、または抜きをしていたようです。

お客様からの情報やセラピストさんの不審な行動から、お店にバレてしまい、そのセラピストさんは解雇されてしまいました。


このように、お店がNGを出していても、やっているセラピストさんはいます。

また、経営者が抜きを強制しているお店もあると耳にしたことがあります。


Rwb5p7ejp3gfjqfihn4b

過剰要求をしてみたけど、ダメだった。そんな時「ぼくって嫌われているのかな?」と思ってへこんでいませんか?実はその逆なんです!


過剰反対派のわたしですが、実は何度か抜きサービスをしてみたことがあります。理由は、お金のためとお客様の反応を見るためですね。裏オプションの要求があり、さらに「どうなっても構わない」と思ったお客様を選んでやりました。


抜きは違法行為なのは周知の事実ですよね。やってる最中に警察が突撃なんて可能性も無きにしも非ずですし、店にバレて脅迫される可能性だった否めません。


お客様に抜きサービスをするということは、そのお客様を違法行為に巻き込んでしまうことになるのですね。


大事なお客様には、そんな危険な橋を渡らせられないです。


抜きサービスがないことこそ、セラピストのやさしさだと思って良いのではないかと思います。

メンズエステとは、


・セラピスト(容姿、声、キャラクター)

・施術(パフォーマンス)

・香り(アロマ)


など五感を刺激しながら、時に自分自身を開放して、楽しめる場所です。


単なるマッサージでもなく、単なる抜きアリ風俗でもなく、また違う新しい体験のできるリラクゼーション業だと考えて良いでしょう!


どんなセラピストさんも「お客様はどうしたら楽しんでくれるか?」と、一生懸命に考えて接客しています。ですので、安心して身をゆだねてみましょう!

きっと楽しいメンズエステライフを送れることと思います。