Skhomc9v7wkt9mq8tylk

中国

CATEGORY | 中国

中国の都市を徹底解説!北京・上海から行けるおすすめ都市10選を地域別にご紹介!

2019.07.30

中国はとっても広い。地域ごとに文化・風習・グルメの特色はかなり異なってきます。上海・北京以外にも魅力的な都市はたくさんあります。そこで、今回は中国在住で中国各地に旅行をした経験から、北京・上海から行ける中国の都市情報を徹底解説しちゃいます!中国に観光予定のある方はチェック◎

この記事に登場する専門家

Wbkuhobhw8k8vzunuuvl

中国在住ライター

はなまる

北京を拠点に活動中。アジアのイイトコを発信します!趣味はK-POPと火鍋店巡り。

  1. 中国のオススメ都市を徹底解説!
  2. <東北編>中国のオススメ都市①ハルビン
  3. <東北編>中国のオススメ都市②長春
  4. <北方編>中国のオススメ都市③北京
  5. <北方編>中国のオススメ都市④天津
  6. <北方編>中国のオススメ都市⑤鄭州
  7. <東方編>中国のオススメ都市⑥上海
  8. <東方編>中国のオススメ都市⑦蘇州
  9. <東方編>中国のオススメ都市⑧杭州
  10. <東方編>中国のオススメ都市⑨南京
  11. <西方編>中国のオススメ都市⑩太原
  12. 中国のオススメ都市まとめ

ニーハオ!中国在住ライターのはなまるです。

今回は中国の都市を地域別に紹介したいと思います。

中国はとっても広く、北方と南方では、雰囲気も話す言葉も違います。西方と東方では、本当に同じ中国人?というくらい違います。


各地域で多種多様な文化が色濃く残っている中国。全ての都市をお伝えすることは難しいですが、今回は北京・上海から行ける、旅行で訪れてもらいたい都市をご紹介したいと思います!

では早速見ていきましょう!

Hswi1gsug4ysbalqmpna

■ハルビンの基礎情報

中国の東北地方である黒竜江省に位置するハルビン。

人口は市域全体で約960万人という巨大都市です。東京の人口に匹敵するというだけでも人口の多さに改めて驚かされます。


ロシアに隣接することもあり、ロシア風の建物が見受けられます

■ハルビンはこんな人におすすめ

・極寒マイナス40度の世界を体験したい人

■ハルビンの見どころ

やはり、ハルビン氷祭りが有名です。

私は、マイナス40度の世界を体験すべく、冬にハルビンに旅行しました。1時間外にいるだけで辛くなるほど寒く、靴の中にも貼るカイロを貼って頑張りました。スキーやスケートなどのスポーツも盛んなので、好きな人は要チェックです!

Iiddwqldprggxgagmgj0

■ハルビンのプチ情報

中国東北地方は、良くも悪くも昔の文化が残存しています。満州地方ということもあり、日本に対して良いイメージをもっていない人がいることも事実です。取り立てて反日感情が強いわけでもないですが、むやみやたらに日本人であることをアピールしない方が無難です。

Grla91gbhkiw92zad0rz

■長春の基礎情報

中国の東北地方である吉林省に位置する長春。

人口は市域全体で約750万人という都市です。その昔は満州国の首都とされ“新京”と呼ばれていました。

■長春の基礎情報

中国の東北地方である吉林省に位置する長春。

人口は市域全体で約750万人という都市です。その昔は満州国の首都とされ“新京”と呼ばれていました。

■長春はこんな人におすすめ

・歴史好きな人

■長春の見どころ

やはり偽満皇宮博物院です。映画「ラストエンペラー」のロケにも使われており、車やプールなど様々な施設が公開されています。


また、長春の新民大街の文化広場から新民広場に向かう一帯の散策が良いと思います。

かつての満州国の官庁街だったため、長春が新京だった当時の街並みが残されていて、中々興味深いです。

■長春のプチ情報

新京時代に満州国の首都であったことから、市内には当時の建築物が多く残っています。

歴史好きには観光するのに面白い都市だと思われます。

また、ハルビン同様とても寒いので、防寒対策はバッチリしていってください!

Ymxlmg10zi6bw5juoqyk

■北京の基礎情報

中国の首都、政治と文化の中心都市、北京。人口は約2,100万人という大都市です。

北京大学、清華大学、中国人民大学といった名門校が集まり、政治・文化の中心都市でありながらエネルギッシュな街でもあります。2015年から首都機能の移転活動も進んでいます。

■北京はこんな人におすすめ

・中国文化が好きな人

■北京の見どころ

世界遺産である万里の長城をはじめ、天安門広場、故宮博物院 (紫禁城)頤和園、オリンピックで有名な鳥の巣と観光スポットはたくさんある北京ですが、私のおすすめは景山公園です。故宮の真裏(北)にあり、故宮を一望できます。夕焼け時はとてもきれいです。

Uuksuvadyrzgsoeqgmbz

■北京のプチ情報

中国で有名な偽物市場として、秀水街というマーケットがあります。

いろんな有名ブランドの偽物が所せましと並んでいます。買う・買わないは別にしても一度覗いてみることをオススメします!

C4luss7ej0exwtvvdvk8

■天津の基礎情報

天津は北京から約30分ほどで行くことのできる直轄都市です。

■天津はこんな人におすすめ

・横浜や神戸などの港町の雰囲気が好きな方

■天津の見どころ

北京から日帰りでも行ける手軽さと、中国とは一風変わった雰囲気が楽しめる点が、北京の人にも人気の秘訣になっていて、中国人同士が一日デートで訪れたりもしています。


天津古文化街を散策するのも人気ですが、天津アイという観覧車に乗ったあと、イタリア風繁華街を散策&ディナーをすると、「ここは本当に中国?」ってきっとなると思います。中国に長期滞在する方は一度いらしてみてください!

Enpai5f3mgmvx8eqv4wm

■天津のプチ情報

映画「ラストエンペラー」に登場した静園という庭園が密かなオススメスポットです。

溥儀と正妻の婉容が一時期住んでいた場所で、歴史好きなら必見です!

Ty4feerlibrl71lc9ptm

■鄭州の基礎情報

河南省の副省級都市である鄭州。中国に馴染みのない人はあまり聞きなれない都市かもしれません。しかし人口は1000万人程という大規模都市で、中国らしさを感じることのできる都市です。


ここで紹介した理由は、後ほど紹介しますが、黄河文明発祥の一つだからです。

また、少し遠出をすれば、嵩山少林寺にも行くことができます。

■鄭州はこんな人におすすめ

・歴史・河好きな人

・カンフー好きな人

■鄭州の見どころ

黄河文明発祥の一つと言われる鄭州市。やはり黄河を見に行きましょう!

鄭州黄河風景名勝区という場所にいくと見ることができます。日本で見る河とは大きさが全く異なります。歴史で習った黄河を見て想いを馳せる、そんなひと時を過ごしてみてください!

Jfwog5ibk3eb2h0ngsfb

■鄭州のプチ情報

日程に余裕があれば、ぜひ嵩山少林寺に行ってください。実際に少林寺の中に入ったり、トレッキングもできるのですが、向かう途中(バス)の街中の学校では、生徒が少林寺拳法を学んでいる姿が見れます。他の都市にはない特徴なのでぜひ見てみてください!

住所:河南省郑州市西北约三十公里处

公式・関連サイトURL:http://jp.zhengzhouta.gov.cn/viewCmsCac.do?cacId=8a8080843464a214013464ba08080151

住所: Dengfeng Ave, Dengfeng Shi, Zhengzhou Shi, Henan Sheng

公式・関連サイトURL:http://www.shaolin.org.cn/

Ids4teet6uhnllf73qvi

■上海の基礎情報

皆さんお馴染みの上海は、人口約2,600万人の中国経済の中心地です。

日本からもLCCが運航しており、中国初旅行の人は、まず上海から訪れるという人も多いかと思います。


また、最近ではテクノロジーの発展が目覚ましく、無人店舗があったり電子決済がいたるところに普及していたりと、近未来感も兼ね備えた都市になっています。

■上海はこんな人におすすめ

・中国に初めて訪れる方

・小籠包が好きな方

■上海の見どころ

外灘、豫園、ディズニーランド、田子坊、南京路、新天地、上海雑技団と見どころに溢れており、最低3日は観光に充てたい、そんな都市です。

豫園付近を拠点に計画するのがオススメです。上海といえば焼き小籠包が有名ですが、豫園付近では食べ歩きもできますし、交通の便も◎

Ampx226hdkahvujkmvoq

■上海のプチ情報

小籠包のオススメの店は佳家湯包です。

蟹みそが入った純蟹粉湯包(蟹ミソ入り小龍包)はぜひとも食べてみてください!肉汁たっぷりの小籠包がとてもとてもおいしく、いくつでも食べることができます!


佳家湯包

住所:上海市黄河路90号

営業時間:7:30~20:00

Dgkevwh5tqj52dkye8um

■蘇州の基礎情報

蘇州は上海の西側にある都市で、上海から高速鉄道で30分ほどで行けます。

そのため、上海在住者や上海旅行者がセットで観光するスポットになります。

美しい水郷が見られることから、東洋のベニスと言われており、街全体がとても華やかです。

上海の喧騒から離れ、ゆっくりと中国文化を感じることのできる名スポットだと思います。

■蘇州はこんな人におすすめ

・ゆっくりと観光したい人

・中国のインスタ映えを狙いたい人

■蘇州の見どころ

「東洋のベニス」と呼ばれる蘇州は街全体がとても綺麗です。

蘇州には庭園がたくさんあります。拙政園、留園、山塘街、虎丘の4つが特に有名ですが、全部回るのは飽きそうだという人は、拙政園をぜひ訪れてください!街の中心部からも近いため交通も便利ですし、自然との融合を感じられる点がとても良いです。近くにボートに乗って移動できるところもあるので、ぜひ行ってみてください。

Gdgu0pfxy8p22d07oizw
Ks1hg3a8f2py3xxkjbqm

■杭州の基礎情報

杭州は浙江省の省都で人口は約900万人。上海から近く、高速鉄道を使うと2時間弱で行けます。杭州も、蘇州と同じく街がとてもきれいです。


その昔、マルコポーロが「世界で最も華やかな都市」と讃えたことも有名です。

Iqb37zjr0neqgena5kkv

■杭州はこんな人におすすめ

・中国の詩人や芸術家に興味がある人

・中国茶が好きな方

■杭州の見どころ

世界遺産の杭州西湖に行きましょう。これを見ないと杭州に行ったことにはなりません。

また、中国茶の龍井茶が飲める龍井茶田というところもおすすめです。

茶摘みの体験ができたり、中国茶の成り立ちや精製方法を学んだりできます。

Pntxt7obrcngjaulhes7

■杭州のプチ情報

杭州に訪れた際の宿は、杭州国際青年旅舍(Hangzhou International Youth Hostel)がオススメです。西湖のすぐ傍にあり、徒歩数分で西湖まで行けるという立地が抜群に良い上、

受付の人が英語が話せるので、中国語に自信がない方も安心です◎

Thulz2vzfpwuwpg9jiuy

■南京の基礎情報

南京市は江蘇省の省都で、人口約800万人の都市です。明時代には首都であったため、明時代の建造物が保存状態よく残されているのが特徴です。

上海から高速鉄道で3時間半で行けるのでセットで観光するのがオススメです。

■南京はこんな人におすすめ

・明時代が好きな方

■南京の見どころ

明の太祖洪武帝朱元璋と后妃の陵墓がある明孝陵や孫中山の陵墓である中山陵は必見ポイントです。


また、南京大虐殺記念館「侵華日軍南京大屠殺遭難同胞紀念館」にも訪れるのもよいと思います。歴史を知ることは重要ですので。

Oybesf8a4afevimzam9r

■南京のプチ情報

都市柄、反日感情が強い地域になるので、むやみやたらに日本人であることを言わない方が良いかと思います。

Zw43e4mx2q5icmoitaq0

■太原の基礎情報

太原は山西省の省都で、人口200万人程の都市になります。晋朝時代は中国の首都だったという古都で、歴史好きな方にはとても楽しい都市になります。また北京からも近く、高速鉄道で3時間ほどで行けるので、北京を中心に長期滞在する人にはぜひ訪れてもらいたい都市になります。

■太原はこんな人におすすめ

・歴史好きな方

■太原の見どころ

道教寺院晋祠(しんし)、石窟大仏である蒙山大仏、外観が「筆」に似ている「文筆双塔」と呼ばれる双塔寺などを回るのが良いかと思います。


名称:晋祠

住所:太原市晋源区晋祠鎮

公式・関連サイトURL:http://www.chinajinci.com/index.php?m=content&c=index&a=lists&catid=118#


名称:蒙山大仏

住所:太原市晋源区蒙山

公式・関連サイトURL:http://www.shanxichina.gov.cn/jp/sourcefiles/html/attractions/3670.shtml


名称:双塔寺

住所:太原市迎沢区

B5gklrpvavjsqwkcmbz1

■太原のプチ情報

中国の北西部エリアはとにかく麺が美味しいです。太原では刀削麺を食べましょう!

荒々しく削られた麺と辛いスープ。麺好きにはたまらない一品になります。

一杯10-20元(150-300円)で食べられるので、お気に入りのお店をぜひ見つけてください!私は太原面食店で食べましたがとてもおいしかったです。

いかがでしたでしょうか?今回は中国のオススメ都市情報として、北京・上海から手軽にいくことが可能な

①ハルビン

②長春

③北京

④天津

⑤鄭州

⑥上海

⑦蘇州

⑧杭州

⑨南京

⑩太原

を見てきました。気になった都市があればぜひ次の休みに訪れてみてください!

以上、はなまるがお伝えしました◎