Vmaw7qitmamdsjhjd2du

芸能・AV

CATEGORY | 芸能・AV

【エチ動画】根本はるみは「Iカップ」爆乳を武器にエロセックスしまくり?デビューから現在までを解説!

2021.11.26

根本はるみは2000年代初頭にグラビア界において同じ事務所で同い年の小池栄子と並び、iカップ爆乳アイドルとして毎週のように雑誌の表紙を飾りました。房総出身でサーファーであった彼女は体力、運動神経もあったので男性経験豊富なエロいオーラがあったのかもしれません。

この記事に登場する専門家

Rqlbg1eaqrfdephwn58j

フリーライター

さすらい男子

20代から夜遊びに目覚めて、仕事の出張もあって全国のお店を出歩きました。
拠点は東京ですが、年間100回以上は遊び歩いており都内だけでも300以上の店舗を体験しました!

  1. 巨乳グラドル・根本はるみ とは
  2. 事務所の最終兵器としてグラビアデビュー
  3. 毎週のように週刊誌の表紙を飾る
  4. 超巨乳グラビアアイドルに君臨
  5. 留学経験とサーファーギャルのノリ
  6. おっぱいを最大限にアピール
  7. 料理上手で男に尽くす奉仕型女性
  8. パワフルボディが乱れる夜事情
  9. 引退後は海外で奔放な「性生活」?
  10. 巨乳グラビアアイドルのレジェンドに

どうも、アラフォーのさすらい男子です。


男性なら誰しも、夢中になったグラドルがいたのではないでしょうか。

今回はグラビア大好きの私が、改めてこれまでを通じてもトップレベルの人気を誇ったと思う根本はるみを紹介します。


2000年代はじめのグラビア界で最強バストを武器に活躍した、根本はるみはどんなアイドルだったのでしょうか。


現在を通じてもグラドル史上でNo.1といえるボディとともに紹介します。

引用: http://img-fdc03.tv-happening.com/cat/377/b/01.jpg

プロフィール

根本はるみ


・1980年7月28日生

・千葉県市原市出身

・身長166㎝、スリーサイズ B103 W60 H88(Iカップ)

・血液型:A型、しし座

・2001年デビュー(20歳)→2010年に引退(30歳)

引用: https://livedoor.blogimg.jp/nudo777/imgs/c/9/c9fa0d34.jpg

デビューしてすぐに、グラビア界のトップに躍り出た根本はるみの活躍には巨乳アイドルの老舗事務所による徹底した戦略とプロ意識が大きく影響しています。


また、それに応えられる資質があったことも人気に拍車がかかりました。

巨乳アイドルの老舗・イエローキャブに所属

根本はるみは2001年にデビューしましたが、所属事務所が巨乳アイドルの老舗「イエローキャブ」でした。


芸能事務所としては、80年代から「かとうれいこ」、「細川ふみえ」、「雛形あきこ」、「山田まりや」といった各世代で10~20代の男性に人気のグラビアアイドルを次々と輩出している飛ぶ鳥を落とす勢いの躍進を見せていました。

小池栄子を超える逸材の期待

イエローキャブからは1997年にFカップグラドル・小池栄子がデビューしています。


現在でも女優、司会で活躍する小池栄子は根本はるみと同い年の1980年生まれ


小池栄子は高校生であった16歳で先にデビューを果たすと、当時のグラビアでは最大級といわれる「Fカップ」を武器に雑誌やテレビで活躍します。


当時はインターネットも、まだ一般的になる前で多くの10~20代男子はマンガを含む週刊誌が人気の時代で表紙を飾ることがファン拡大に比例していました。


その小池栄子に次いで、事務所イチ押しの逸材として根本はるみがデビューします。

事務所の名物・野田社長が猛プッシュ

イエローキャブが芸能界やテレビを通じて一般の視聴者にまで有名になっていたのは、人気グラビアアイドルの存在だけでなく名物社長として度々テレビに登場した野田義治氏の存在です。


芸能マネージャーとして経験を積んで、独立してイエローキャブを設立。

特長を出すために、それまであまり一般的でなかった「巨乳アイドル」という分野を開拓すべくグラマーなアイドルをプロデュースします。


見た目はオールバックに口ひげというダンディでどこか胡散臭いイメージを逆に利用して、積極的にバラエティ番組に登場していました。


既にメディアに浸透していた野田社長が「小池栄子の次はこの娘」として根本はるみを早くから猛プッシュしていました。

引用: http://img-fdc03.tv-happening.com/cat/377/b/06.jpg

PCMAXには大人の関係を求める女性が多いです。自粛中だけど、たまには開放的になりたい、そんな夜もあります。つまりセックスする相手を探しています。でも、女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使っているんですよ。

出会うコツは、登録したその日に課金すること。初日は優先的に表示されるのでコスパがめちゃくちゃ良いのです。3000円で50人くらいとやり取りできます!

「グラビア」アイドルの主戦場である、グラビアは主に男性向け週刊誌、雑誌の巻頭が中心になります。


駅売店やコンビニ店頭に並ぶ主要雑誌の表紙を飾ることがグラドルの人気バロメーターとなり、相乗効果で認知度も向上していくという流れがありました。

ヤンマガ、ヤンサン等の人気雑誌グラビアに登場

「グラビアアイドル」が活躍するのは、主に男性向け雑誌巻頭のグラビアページ。

今ではインターネットも普及していますが、当時はまだ雑誌が影響力を持っていた時代。


根本はるみは、事務所をあげての猛プッシュの影響もあって早くから「ヤングサンデー」、「ヤングジャンプ」等の人気週刊誌の表紙+巻頭グラビアを飾ります。


グラビア史上最大の巨乳を武器に若い男子の視線を一気に集めることになります。

売上に大きく影響する週刊誌の表紙を飾る

主に10~20代の男性をターゲットにする週刊漫画誌や雑誌はそれぞれの発売日(つまりはほぼ毎日のように)書店やコンビニの店頭に並びます。


その際には、雑誌の購読者に加えて表紙を飾る(グラビア)アイドルの存在が売り上げに大きく影響していました。


表紙に魅力的なアイドルやグラビアショットが登場すれば、それがそのまま週刊誌の売り上げに直結するような時代だったために「Iカップ」の武器を持つ根本はるみは毎週のように各社の週刊誌にグラビアが掲載されていました。

引用: http://img-fdc03.tv-happening.com/cat/377/b/03.jpg

「グラビアアイドル」という位置づけが定着したのは、根本はるみ等が活躍した時代であったと思われます。


グラビアモデルではなく、テレビ番組にも大きく露出してコントやトークでのおとぼけぶりを見せるなど普段の姿とのギャップがファンを増やしていった要因でしょう。

イエローキャブが見出したタレント性

グラビアアイドルは、そのプロポーションと写真で人気を得るというのが80年代の流れでした。


しかし、先駆けであるイエローキャブは90年代以降に「しゃべれる」、「頭の回転」を野田社長が重視してスカウトしていました。


それが、山田まりや、小池栄子のようにテレビ番組に起用された際のコメント力や大物タレントとの共演につながっていきます。


根本はるみも、テレビ番組に出演して独自のキャラクターをアピールしていきます。

明るいキャラでバラエティ番組でも大活躍

根本はるみの存在を世代、性別を超えて一般的にしたのはテレビ番組への出演でしょう。

特に2002年から出演した人気バラエティ番組「水10!ワンナイR&R」にレギュラー出演したことが大きな反響を呼びました。


この番組には吉本の人気芸人である山口智充、雨上がり決死隊(宮迫博之、蛍原徹)、ガレッジセール等が独自のキャラクターを披露して話題の番組となっていました。


既にメジャーになっていた同じ事務所の小池栄子とともに巨乳アイドルの設定で、実際のイエローキャブをモチーフに自虐も含めたノリを披露していました。

引用: https://livedoor.blogimg.jp/nudo777/imgs/9/7/9764a410.jpg

根本はるみのバックボーンを知るうえで、大きな要素となっているのが10代後半からの海外留学経験です。


自身の大きなバストもコンプレックスだったという彼女は、海外での生活で積極性を身につけてアピールすることを覚えたと語っています。

実は海外留学経験がある

グラビアアイドルとして一躍脚光を浴びた根本はるみは、実は高校卒業後に海外留学の経験があるのです。


留学先はオーストラリアで、資金は自らアルバイトして貯金していたようです。


現地ではスキューバダイビングのお店で働きながらインストラクターの資格まで取得したとのことで巨乳のイメージとは裏腹に運動神経は抜群なようです。


そして、この行動力や英語もマスターしていたというポテンシャルにも野田社長が惚れ込んだ一因として語っています。

海外での「性活」ぶりは? グラマー女性は大人気

その当時の、性事情は直接語られることはありませんが既に巨乳のグラマラスな体型であった彼女はそれがコンプレックスだったそうです。


海外への留学はそんな背景もあったかもしれません。

18~20歳ぐらいといえば、特にピッチピチの時期で性欲も旺盛であるはずです。


グラマーな女性は海外のリゾート地でもあるオーストラリアでは人気です。

この頃はサーフィンも盛んに取り組んでいたようですので、現地男性からの熱い視線を集めていたことでしょう。


性に奔放な現地で、一体どんな夜の留学経験をしていたのか想像してしまいます。

引用: https://livedoor.blogimg.jp/nudo777/imgs/5/c/5cf7fba5.jpg

巨乳アイドルが自ら「巨乳」、「おっぱい」などのワードを発して時には笑いに変えたり、自分の存在を世間に知らしめる武器として活用したのも根本はるみでした。


テレビ番組出演の際にも常に胸を強調した衣装を身にまとっていることで、グラビア誌の売り上げにもつなげっていたようです。

巨乳ぶりを惜しげもなくメディアに披露

世間の視線を集める、おっぱいの大きさがコンプレックスだったという彼女ですが、野田社長の熱心なスカウトとそのコンプレックスを逆にアピールポイントとして活かすことを教えられた根本はるみは見事な見せっぷりで人気者になります。


そもそも合う水着が少ないということで、サイズの小さなビキニを着用しての撮影が多かったようです。


そのうちに「グラビア魂」を発揮して、写真では自信満々にそのパワフルボディを披露して男子の股間を熱くさせていました。

挑発的な表情でS気たっぷり

根本はるみのグラビアを観ると、それまでのグラビアアイドルと異なる特徴があります。

それは挑発的な表情が多いということです。


サーファーであり、海外留学経験のある彼女は小麦色に焼けた肌も魅力的でした。


そしてIカップのまさに最終「兵器」ともいえるボディで、男性を挑発する数々のショットはS気たっぷりで夜のベッドでの攻撃姿勢も思わず想像してしまう堪らないセクシーオーラをまとっていました。

引用: https://livedoor.blogimg.jp/nudo777/imgs/5/b/5b667fe4.jpg

グラビアアイドルとして人気を継続するなかで、新たな一面も見せてくれることがありました。


その1つが彼女が得意である料理の腕前でした。

出演する女性タレントや評論家からも褒められる、その料理とエプロン姿に男性陣の人気がさらに高まっていきます。

「料理上手」という意外な一面

外見的には男の熱い視線を集める彼女ですが、意外にも「料理上手」という一面があるのです。

この家庭的な側面は、さらに男性ファンを増やす一因になっていました。


2002~2004年に放送されていた「愛のエプロン」というテレビ番組は、様々な芸能人が実際に料理の腕前を競うという人気プログラムでした。


番組では、料理の出来によっては辛辣な評価をもらう芸能人(特にアイドル)も多いなかで彼女は常に上位にランクインしていました。


これは実際に料理経験が豊富で留学時代も自炊をしていたことが影響しているのでしょう。

男性に喜んでほしい「ご奉仕」型体質

そんな料理上手な彼女、上達のコツはやはり男性相手に振舞って喜んでもらうことでしょう。

グラビアでは挑発的なポーズを魅せる根本はるみも、実際は男性に奉仕することが好きな大和撫子タイプだと思われます。


きっと夜も、自慢の巨乳を使って男を悦ばしているのではと想像してしまいます。


そして、男が堪らなくなってしまうツボを心得ているのではないでしょうか。

引用: https://livedoor.blogimg.jp/nudo777/imgs/0/f/0fa7b098.jpg

気になるのは、根本はるみの「エロ事情」でしょう。

デビュー時は既に20歳を超えていたので、ある程度経験はこなしていたと思われます。


メディアでは、そうした部分の発言はありませんでしたが様々な面から見え隠れする彼女の表情や行動から積極的な姿勢が想像できます。

酒豪でエッチも豪快?

料理が得意な彼女はお酒も相当好きであるとインタビューで答えています。

海外への留学という行動力やマリンスポーツをこなすというところからも、男勝りなイメージも強くあります。

バラエティ番組では、時に「ゴリラ」なんてからかわれていいましたが体力もかなりあるのでしょう。


夜の方も、男性をリードしてかなり豪快なプレイを展開していると思われます。


そして、思わず英語も飛び出すようなパワフルなエッチが似合います。

どんな体位でも映えるナイスボディ

根本はるみの代名詞といえるIカップ巨乳は男の憧れですが、スポーツで鍛えたウエストのクビレも素晴らしく、脚も長いというスーパーボディです。


おっぱいを使った、パイズリも絶品でしょうが、あの腰やお尻の日本人離れした下半身も見逃せません。


きっと、騎乗位やバック、脚を伸ばした立ちバックでも彼女のボディは「映え」るはずです。


スポーツ経験者ならではの柔軟性もありそうですから、どんな体位にも対応してくれそうなポテンシャルを感じます。

グラビア、テレビを含む多様なメディアで活躍した根本はるみは、既に芸能界を引退しています。


その後は情報があまり出ていませんが、現在はどのように暮らしているのでしょうか。

30歳で結婚引退して、ハワイ暮らし

グラビアやテレビで活躍して、男性陣の股間を熱くした根本はるみですが既に芸能界は30歳の時(2010年)に引退しています。


きっかけは、一般人の男性と結婚したことでした。


そして、その後はハワイで生活しているということです。

やはり留学経験もあって、マリンスポーツが得意という彼女には自由で自然が多い暮らしがあっていたのかもしれませんね。

海外では、世間や時間も気にせずの「性生活」が

引退後の情報はほとんど出ていませんが、現在も夫婦でのハワイ暮らしが続いているようです。


そして、その美貌も健在のようです。


いつでもマリンスポーツができる環境と得意の料理でナイスボディは維持しているのではないでしょうか。


また、日本国内のように人目を気にすることもないでしょうから開放的な場所や時間も問わずに愛を育んでいるのでしょう。


今でもビキニ姿で現地や観光客からビーチの視線を集めているのでは。

引用: https://livedoor.blogimg.jp/nudo777/imgs/2/4/245b3a42.jpg

根本はるみは、21世紀の幕開けとともに2001年デビュー直後から人気を博して実質数年の活動でしたがグラビアアイドルとしては史上最大のバストとともに多様なポテンシャルを持っていて男性陣をメロメロにした存在でした。


既に引退して海外に居住ということで、現在の姿を見ることはほとんどありませんがその状況が彼女の魅力をさらに深めているようです。


グラビア画像は、インターネット上にもまだ残っているようですし当時10~20代だった男性はもちろんその後の若い世代にもレジェンドボディとしていつまでもグラドル女王の一人として語り継がれていくことでしょう。

皆さん、セックスしていますか?


実は、風俗で本番交渉するよりずっと簡単にセックスする方法があります。


今は、自粛ムードで合コンとかも開けないですよね。


こういう時はアプリで、コッソリ確実にセックス相手を見つけるのが得策です。

昔、AV女優の紗倉まなさんがテレビで、AV女優もマッチングアプリを使っていると暴露し話題になったこと、覚えていますか?


一昔前は、危険やサクラの印象が強くメジャーではなかったですが、最近は人気を博していて、実は日本人の若者の4割は出会い系を利用しているそう。


当然、大人の関係目的で集まっているアプリも存在します。

Man3

某アプリ運営者からは、登録女性が急増、男性が不足しているとの情報も!

風俗なら1回で2万円は必要ですが、マッチングアプリなら3,000円の課金で十分楽しめます。一度会って連絡先を交換すればあとはOK。風俗のように毎回お金がかからないため、コスパよくセックスができます。

チンポ好き女子をコスパよく見つけるためには、アプリの使い方が大事です。


そのコツは、ズバリ登録後24時間以内に3000円程のポイントで連絡を送りまくること。


なぜなら、登録後スグは、ブーストされて表示されやすく、返信率がとても高いのです。

Man1

世の中には男のチンポを求める女性がたくさんいるのです。その本性をどうやって暴くかだけです。

おすすめアプリ①PCMAX

PCMAX大人の関係目的で使うには抜群です。婚外恋愛をしたい人が多く、既婚者が3割。みんな内緒な関係を求めているんですね。


匿名性が高いので、コッソリ使うにはちょうど良いです!

Man1

PCMAXは、コッソリ使うのに一番良い。お互い家庭持ちとかも多いから、秘密を守れる。(41歳/会社員)

おすすめアプリ②ワクワクメール

ワクワクメールは、性に奔放な若い子が多いので、セフレ探しにはピッタリです。色んな体位を試したり、新たな性感帯を開発したり楽しめます。


巨乳女子を見つけたら即アタックが吉です!

Man1

使い始めてから分かったけど、登録初日のブーストは神。プロフは簡単に済ませて連絡送るのが一番良いね。(27歳/会社員)