S5lnnxg0h6l6xpvr3nsm

中国

CATEGORY | 中国

上海の気候・物価・治安情報まとめ!上海旅行前に知っておきたい対策と楽しみ方を在住者が伝授!

2019.08.29

上海は日本から飛行機で約3時間、トランジットなどでも立ち寄る人が多い国際都市です。 突然決まった上海出張や上海女子旅、飛行機の乗り換えでの滞在などの前に知りたい気候、物価、治安に関してまとめてみました!皆さんのご参考になれば幸いです。

この記事に登場する専門家

Yeu0tkgfgn5ito9tbfsu

上海長期滞在ワーママ

わみ

上海在住14年のわみです。ワーキング7割マザー3割くらい。今や2500万人が住んでいる上海の面白くて綺麗で楽しい場所を沢山紹介できたら良いなと思っています。お菓子、アート、読書、映画が好きです。

  1. 出張前、旅行前におさらい!上海とは・・・
  2. 上海での生活は?
  3. 上海の気候とは?
  4. 上海の物価に関して
  5. 上海の治安とは?
  6. 【治安】!!上海で気をつけるべきこと!!【安全】
  7. 上海へ行く前に知りたい気候、物価、治安 まとめ
上海外灘観光客

皆様、こんにちは!wamiです!

このページでは上海の気候、治安、物価についてご案内致します。


上海は広大な中国の国土の東側、華東地区に位置しています。北緯31度で、日本の鹿児島県あたりと同じ北緯になっていますので、日本の国土を基準とすればイメージとしてはかなり南の方になります。

上海フランス租界地

常住人口は2400万人を超え、2018年中国全土の平均給与ランキングは北京に次いで2位にランクインしました。

世界でも有数の国際都市として多くの外国人が訪れています。


略称は滬(簡体字: 沪)、古称は申も用いられています。

中国国内では別名「申城」、「魔都」とも呼ばれることがあります。

上海フランス租界地

上海市区面積は約5300km²、日本の愛知県の大きさとほぼ同じくらいです。

市内には2019年現在地下鉄が17号線まで開通しており、毎日1200万人前後の人々が使用しています。

他にも市民の足としてバスやタクシーも多く利用されています。

言語は上海語が用いられていますが、普通語(北京語)教育への統一により昨今は上海語を話せない、または得意としない若者も増えてきています。


上海語は普通語(北京語)とは全く違うので、中国人でも非上海語圏出身者は話せない、聞き取れない事が多々あります。

上海西岸

広大な中国の中でも上海は「长江」より南に位置しており、現在の上海を含む江蘇省、浙江省、安徽省の一部を含むこの地域は「江南」とも呼ばれています。

ケッペンの気候区分においては、日本の大部分と同じ「温暖湿潤気候」に区分されています。

上海年間気温降水量グラフ

一年を通して四季は存在しますが夏冬が長く、春秋が短いという特徴があり、また湿気が非常に多いです。一年の雨量の約80%は4月〜10月に集中しています。

中国積雪

上海は比較的温暖な気候ですが、冬場は0℃前後まで気温が下がる時もあり1年に1度ほど雪がパラパラと降ることもありますが、積もることはほとんどありません。

積雪にはあまり対応していない都市なので、一度雪が積もると高速が閉鎖されるなど都市機能が麻痺してしまうこともあります。

上海観光のベストシーズン

豫園

上海に旅行にいらっしゃるにはズバリ、秋が最適です。

具体的には少し涼しくなり始める9月下旬〜上海蟹のシーズン11月中旬頃までです。

しかし、途中にある10月1日〜8日は中国では例年国慶節で中国国内からの観光客もかなり増えますので、可能であればこの期間は避けて下さい。

フランス租界地プラタナス

また、春節を過ぎた3月初旬から5月初旬までの春も気候的にはかなり過ごしやすいのですが、上海の街の至る所に生えているプラタナスの種子からかなり綿毛の量が飛ぶので、アレルギーを持っている方はご注意下さい。マスクをすることである程度回避できます。

上海観光、避けるべきシーズン

上海湿度計

実は上海は夏がとても暑く長い地域です。

毎年6月初旬には暑くなり始め、9月中旬くらいまで厳しい暑さが続きます。

5月6月の梅雨には湿度がかなり上がり、最高湿度100%が何日も続くこともあります。

江南地方都市の室内

そして冬に関してですが、12月頃から寒くなり始め、2月下旬まで厳しい寒さが続きます。

中国の政策で北部にはほとんどの建物に「暖気」と呼ばれるセントラルヒーティングが設置されている一方、その設備は長江を境界線に以南の地域には設置されていません。

なので、ホテルや公共機関、個人宅などには各々エアコン等暖房設備を設置していますが、効き具合にはバラツキがあります。

上記写真のように長江以南の地域、特に農村部では冬場暖房の効きが悪く、室内でもコートを着ているのもよくある風景です。

12月の上海

冬場に上海を訪れる予定のある方は、室内でも防寒できるようなヒートテックの肌着や温度を調節出来るカーディガンやストールなどお持ちになる事をお勧めします。


12月上旬頃でも上記写真のように例外的に暖かくなる日もありますので、滞在予定前後の天気予報をご確認されることをおすすめします。

上海工事現場

また、近年は改善されてきていますが冬場は已然PM2.5の数値が高くなり空気汚染が酷くなる傾向がありますので、気管や喉等弱い方は特にお気をつけ下さい。

【注意!】雨の日の上海

雨の日の上海

中国全土に共通する事ですが、道路の勾配によっては排水があまり良くない場所が沢山ありますので、大雨が降ると冠水状態になってしまう事がよくあります。

雨の日の上海

また、雨が降っている時は一時的にタクシー需要が高まりますのでアプリを使ってもタクシーが捕まえられなくなる事が多いです。大きな荷物を運ばなければならない時やお子様連れの時は雨が降っている時間を避けて外出される事をお勧めします。

雨具

外出時急な雨に遭われた時は、駅前やコンビニで売っているビニール傘、折り畳み傘、雨合羽等を購入する事も可能です。大体20元前後(約300円)で売っています。

上海の気候まとめ

春節

● 12、1、2月頃

極寒期、セーターなどの他に厚めのアウターが必要です。ホテルや電車等の暖房の効きが悪い可能性があるので、旅行や出張にいらっしゃる方は肌着+ストールなど調節出来る物をお持ち下さい。

春の西岸

● 3、4、5月頃

ベストシーズン、シャツとカーディガンなど2枚くらいで大丈夫です。プラタナスの綿毛に注意。できればマスクをお持ち頂けたら安心です。

広場踊り

● 6、7、8、9月上旬頃

雨期を経て酷暑、残暑期

Tシャツやシャツ1枚でも暑いです。全体的に湿度が高く、かなり蒸します。酷暑期は外を少し歩いただけでも汗が流れますので着替えを2枚程多く持ってきた方が良いでしょう。

上海蟹

● 9月下旬、10、11月頃

ベストシーズン、シャツの上にカーディガンなど2枚くらいで大丈夫です。11月頃になるとそれにマフラーやストール等少し足すくらいでも大丈夫です。

海底捞

中国=安いというイメージは一昔前まで。

上海はここ10年マンション価格は上がり続けています。この3年程で政府のコントロールが入り、高騰は止まりましたがそれでも10年前を考えると高止まりしています。

2019年に発表された上海の平均月給は7832元/1ヶ月(1元16円として約12万5千円)でした。2009年の3292元(1元16円として約5万2千円)と比較すると2倍以上になっています。

食品関係の価格

ローカル朝食

ローカルフードは日本と比較しても全般的に安いです。


一般的な価格として

◆  肉まん 3元(約45円)

◆  豆花(お豆腐スープ) 5元(約75円)

スーパーのお酒

◆  ビール スーパーで買うと20元前後 (約300円)

バーで飲むと一杯50元前後 (約750円)


◆水 5元前後 (約75円)

タピオカドリンク

◆タピオカドリンク、コーヒー1杯 30元前後 (約450円)

ローカル麺

◆  ローカル中華ラーメン 20元(約300円)

サムゲタン

◆  庶民的な外食編

日本食、韓国料理、アジア料理など

一般的に1名100元前後(約1500円)くらいでそれなりにおいしい物が食べられます。

日式ラーメン

◆一風堂ラーメン 一杯50元前後 (約750円)

お寿司

◆合点寿司 1名150元前後 (約2250円)

◆  その他高級レストランなど

現地に住んでいる人達は特別な日は1名300元(約4500円)くらいのレストランへ行って食べます。

上海の交通関係の物価

終電

上海の交通費は日本と比較すると全般的に安いです。


◆バス ・・・・・・上海市内 1回乗車で2元 (約30円)

◆地下鉄・・・・・・上海市内 1回乗車で8元前後 (約120円)

◆タクシー・・・・・上海市内 10kmで50元前後 (約750円)

⇒タクシーで浦東空港から人民広場や市内まで 約45km、150元 (約2250円)

プチ節約テクニック

上海でお菓子やお茶などお土産を買うには観光地のお土産屋さんよりローカルスーパーの方が安くて良いものが売っているところもあります。

筆者がお菓子のお土産を中心にまとめましたので、こちらの記事もご参照下さい。

上海街並み

上海の治安に関して皆さんはどんな印象をお持ちでしょうか?

2400万人を超える人口の上海ですが、実は治安は全体的に良い方で14年住んでいても危険な目にあったことはありません。

上海の外務省発表安全レベル

中国安全map
安全レベル

外務省発表の安全マップでは上海は注意が出ていない地域になっています。

実際生活をしていて安全が脅かされるような事態になったことはありません。

上海夜のバス停

上海で旅行される方は特に

◆交通安全

◆スリ

◆ぼったくり

◆詐欺

にお気をつけ下さい!


また、夜間も比較的安全ですが暗くなってからの人気のない場所の女性の一人歩きはやはりリスクがありますので止めた方が良いです。

上海の交通安全

上海では日本と違い車は右側通行、数年前まで青信号の時、横断歩道を直進する歩行者を待たずに右折しても問題無かったので、今でも昔の習慣で青信号の時に歩行者に突っ込んでくる車もいます。

交通事故

また、歩道と自転車道路が完全に分かれている場所がほとんどですので、間違えて自転車道路を歩かないようにして下さい。

自転車道路では宅急便配達のバイクや電動自転車が高速で走ってくるので大変危険です。

スリに関して

地下鉄駅構内

スリは100%混雑している交通機関か雑居ビル、観光地で行われます。


◆交通機関の場合

地下鉄、バスの乗り降りの際に体を密着させて感覚を麻痺させ、ポケットやカバンから携帯や財布を抜き取るのが常套手段です。

特に乗り降りの際に貴重品から手や目を離さないようにして下さい。

◆道端、観光地の場合

3,4人の共犯者で狙った人を囲って注意を引いているうちに貴重品を抜き取る、というのが多いです。

常にカバンを体の前に持ってきて「自分は注意している」というポーズを見せることで、狙われないようにしましょう。

ぼったくり、詐欺に関して

南京西路

観光地で日本語で話しかけてくる中国人は99%「あなたのパーソナリティー以外に目的がある人」です。旅での楽しい出会いなどを期待されている方もいるかもしれませんが、基本的には無視して下さい。


◆レストランに誘われてそこでぼったくられる。

◆交通費が足りないから欲しいと言ってくる寸借詐欺


大体この2パターンが多いです。

タクシーのぼったくり

また、タクシーでぼったくる運転手も未だに存在しています。

できれば地図アプリでタクシー代金を調べてから乗って下さい。

また、

◆レシート(発票)は必ずもらって下さい!!

その場で対応できなくても、中国語の話せる人に頼んでタクシー会社に抗議してもらうことが可能です。レシート(発票)から車、運転手、走行履歴を調べることが可能です。


私は過去に1度80元(約1200円)ほどぼったくられ、後からクレームを入れてお金を取り返しました。


旅行者ですとそこまでは難しいかもしれませんが、証拠は必ず取っておいて下さい。

人民公園

上海の気候、物価、治安に関しては以上です。

皆様の旅行、出張が素晴らしいものになりますように、お祈りしています!


上海で是非楽しい思い出を作ってきて下さい!

筆者のブログはこちら!