Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Category心の悩み

セックスボランティアって?仕事内容と実体験をご紹介!

セックスボランティアについて、どんな事を知っていますか。障害者の性的欲求を助けるセックスボランティアという仕事があります。今回は、日本でなぜ障害者の性がタブー視されてきたかの原因を探り、世界のセックスボランティアの実情をリポートしました!

この記事に登場する専門家

カトレアのサムネイル画像

外専の元スナックママ

カトレア

スナックのママとしてお勤めしていたカトレアです。日本の男性だけでなく、外国の男性との恋愛経験から学んだ、心も身体も心地よい"感じる恋愛’’についてお話していきます。

セックスボランティアとは

セックスボランティアとは
引用:https://youtu.be/eMQBHY7h0dY

みなさんこんにちは!カトレア姐さんです。


セックスボランティアと言う言葉を、耳にしたことはあるでしょうか。


セックスボランティアとは、身体的な問題もしくは知的障害を持っているため、性行為の困難な男女に対して、自慰の介助や性行為の介助を行う人です。


障害には、物理的に困難な場合や肉体的、精神的に困難な場合が含まれます。


男性への自慰行為の介助と思われていることが多いのが現状ですが、実際に利用者が少ないだけであり、現実には女性のためのボランティアも行われています。


また広義では、結婚相手とのセックスレス、暴力や離婚などで性行為が困難な人のために性行為をする相手を斡旋したり、性行為自体を行う人のこともボランティアと呼ぶことがありますが、一般的ではありません。


今回は、セックスボランティアの仕事内容や疑問、問題点などについて解説していきます。


記事の最後には、性サービスについての関連記事もご紹介していますので、ぜひ最後までごらんくださいね。

話している人物の写真:女性2

男性の自慰を介助する仕事があるのは

知ってたけど性行為まで手助けをするとは知らなかった


風俗嬢・27歳

話している人物の写真:男性2

身体が不自由だと性行為も自慰行為も難しいから

とても素晴らしい仕事だと思う!


公務員・30歳

その前に今回はSNSで男女1000人に「セックスボランティアを知ってますか?」について独自にアンケートを取ってみました。

セックスボランティア知ってる?

セックスボランティアとは、身体または知的障害を持っていることが原因で、セックス(性行為)の機会を得ることが極端に少ないか、セックスあるいは自慰を行うことが物理的、肉体的に困難な人々に対し、性行為の介助(介護)を行う人のことである。英語の頭文字をとって“SV(エスブイ)”などと略称される。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2

ウィキペディア

アンケートの結果、予想以上の方が「セックスボランティア」知らないようです。


私も知りませんでしたが、これは国的にも大きな課題と言えそうです。


それではセックスボランティアついて詳しく見ていきましょう。

日本の優生保護法と障害者の性のタブー

セックスボランティアとは
引用:https://youtu.be/eMQBHY7h0dY

1.優生保護法とは

セックスボランティアの実態について解説する前に、まずは日本における優生保護法について知る必要があるでしょう。


近年になってから盛んにニュースでも報道されるため、優生保護法や優生手術について耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。


優生保護法とは、1948年から1996年まで施行された、中絶と避妊手術及び優生学的断種手術を合法化した法律のことです。


もともとは戦後の混乱の中、暴行や貧困などで起こる母体への負担や、命の危険を伴う出産を避けるために女性団体から提案された保護法案ではありました。

話している人物の写真:女性3

女性を守る為の保護法がまさかこんな風になるとは信じがたいよね

本当に差別がなくなってほしい


専門学生・23歳

しかし、実際の中身は「優生上不良な子孫の出生を防止する」つまり、病気や障害を持つ子供を産まないようにするという事です。


当時優生保護法は本人の同意がなくても家族の同意があれば手術を受けられた為、障害者差別の意味でもあったのです。

話している人物の写真:男性3

障害を持つ人だって子供を産む権利はある!


会社員・27歳

2.なぜ差別につながるのか

優生保護法は、障害者に対する差別だけではなく、障害者の社会活動や障害者への理解も阻んできました。


優生保護法とは、つまり「障害者は不幸だ」「障害者は家族や社会の負担である」という考えを、国が公に認めたということに他ならないからです。


日本では既に1940年に、障害者の断種を目的とした国民優生法が成立していました。


国民優生法は、遺伝的疾患のある障害者の不妊手術を認めた法律です。


国民優生法によって、障害者からは障害のある子供が生まれる可能性があるから、不妊手術や断種手術を行っても良い、と言う認識を広く一般に認知させることになりました。


また、国民優生法は後に本人の意思確認が困難なケースも有るという例から、本人の同意の有無に関係なく、優生手術を行えることになったのです。


そのため、遺伝的疾患のない精神病患者などへも、手術が行われるようになりました。


認知されているだけで、1949年から94年の45年間に、1万7千件もの優生手術が行われていたことが判明しています。


このような背景の中、障害者に対する性的な差別はますます広がっていきました。

話している人物の写真:女性4

不幸かどうかなんて本人とその家族にしか分からないのに

どうして勝手に決めつけるんだろう

しかも国が認めたって理不尽過ぎる!


OL・24歳

3.障害者の性へのタブー視

優生保護法の過った認識をバックグラウンドに、多くの国民の中に障害者の性へのタブーが生まれました。


障害者が結婚生活を送るのは不幸だから、恋愛をするべきではない。


子供を生んでも育てられないから妊娠するべきではない。


障害者は障害を持った子供を生む可能性があるから、セックスをするべきではないという過った考え方です。


そのように長い間、障害者の性について語ることはタブー視されてきたのです。

話している人物の写真:男性4

堂々と恋愛が出来なくてかなり苦しかっただろうな

障害があってもなくても権利はみんな同じなのに


ゲーム制作会社・29歳

4.障害者の性

障害者にも当然性欲はあります。


それでも、長年に渡って障害者の性がタブーとして話題にされてこなかった現実があり、障害者の性や性的欲求に関して考えたことがないという人も多くいることでしょう。


現実には、福祉施設でさえも障害者の性を見過ごしています。


異性に興味を持ったり、セックスをしたり、自慰行為をおこなったりするのは自然なことで、何も障害者に限ったことではなく人間の基本的欲求です。


自閉症などを持つ知的障害者には、年齢や障害の程度、理解度によって個人的な対応が必要になります。


人の見ている所で自慰行為をしてはいけないなどの、性の社会的ルールを教えることや、子供であれば親の理解がとても大切です。


事故での麻痺や病気などで体が動かなくなり、後天的に障害を持つようになった人もいます。


筋ジストロフィーやパーキンソン病などで体を動かすことが困難な人の場合でも、勃起の仕組みは血管が広がり海綿体に血液が流れ込むことなので、射精もセックスも可能です。


つまり性的欲求があれば、それを処理する必要性もあるのです。

話している人物の写真:女性5

性に関する事って障害があってもなくても慎重な部分だからなかなか難しい問題だけど

周りが理解する事で救われるものもあると思う


主婦・27歳

マッチングアプリが最強の出会いの場

セックスの経験が少なくテクに自信がない?


実は、大人の関係を求める女性は沢山います。女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使うもの。それに気づけるかがポイントなのです。

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543

大人の出会いをしたいならワクワクメール録者女性の3割が人妻(=セフレ目的)という神サイト。20代女性も大勢いるので、早く探した方がいいです!

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543
話している人物の写真:男性3

セックスが上手い人は、経験数と自信があります。女性をイかせる男になってください。

セックスボランティアが盛んな国

セックスボランティアが盛んな国

日本では売春防止法により、売春も買春も禁止されています。


けれども、世界では思ったより多くの国で売春が合法化されています。


また、売春は合法でも買春は違法というノルウェーやスウェーデンなどの国も多く、「北欧モデル」と呼ばれてヨーロッパの国々でロールモデルとして取り入れようとする動きも広がっています。


買春が認められている国は自由の国、セックスに寛容な国、と称されることもありますが、そのような国の多くでは買春だけでなく、大麻や安楽死も認められています。


自由や寛容と言った上辺だけの言葉だけでは片付けられない、人間の生(性)に対しての尊厳が公に認知されれているという印象ですね。


性に対して尊厳のあるこれらの国ではまた、セックスボランティアも盛んです。


それでは、障害者や健常者と言った枠を超え、人間の性の尊厳を認めている世界の国々の実情を見ていきましょう。

話している人物の写真:男性5

世界ではこんなに国の対応が変わるんだね

日本の文化を守るのも大事だけどもう少し寛容になってほしいな


アルバイト・20歳

オランダ

オランダ

1980年代に買春が合法化されたオランダ。


行政の管理下にあり、登録や税金の支払いを行うことによって16歳から買春が可能になっています。


レッド地区と呼ばれる、赤いライティングが施された飾り窓に立つ女性の姿は、観光地としても有名ですね。


セックスボランティアは障害者のための、性的支援や行為を行う人と言う認識ではありますが、SARと言う団体が障害者に対して有料でセックスの相手を派遣しています。


また、オランダでは、セックスボランティアの利用に関し、国からの助成金が降りる仕組みとなっています。


しかしながら助成金を受けるにはセックスパートナーがいないこと、収入が少ないこと、自慰行為が自分でできない事と規定があるため、実際助成金を受けている人数はとても少ないのだそうです。


確かに買春自体が合法の国ならば、障害者でも自分で売春宿に行くことができたり、デリヘルを呼んだりできるので、補助金の対象にならないのは納得です。


利用者の割合は、男性が9割。


LGBTへのサービス提供者、介護者もいます。


SARを利用する人の6割が知的障害者で、残りが精神障害者や身体障害者の利用となっています。

話している人物の写真:女性2

確かに利用者は少ないだろうけど助成金制度があるのは驚き!

オーストラリア

オーストラリア

オーストラリアやニュージーランドでも、近年買春が合法化されています。


合法化することによって、売春婦は社会保障が受けられるようになり、衛生管理が向上するためにHIVなどの性感染症の予防にも繋がります。


国へ税金が納められるという利点もあるのです。


国政の変化によって、個人事業主としてのセックスボランティアをする人の割合も増えてきました。


社会保障など公に仕事が認められることによって、自発的にセックスワーカーになる女性が出てきたのです。


このような例はヨーロッパ各国でも多く見られますが、個人事業主であるため、実情は明確になっていません。


ただし、女性の障害者にとっての男性のセックスワーカーは、ボランティアとしての仕事と自身の快楽との線引きが曖昧なため、公になることは稀です。


そのようなトラブルを避けるためにも、斡旋団体の設立や利用が望ましいと考える人もいます。

話している人物の写真:男性2

社会保障がついてるなら安心して仕事ができるね!

確かに男性は射精をするわけだから快楽と仕事の線引きがかなり難しそう・・・

でも相手の事を考えながらセックス出来るのって性別問わずすごい事だよね!

デンマーク

デンマーク

デンマークやスウェーデンなどの北欧の国では、事情が少し異なります。


セックスワーカーやボランティアの役割と言うよりは、まず初めに障害者への性教育がメインに行われているからです。


また、デンマークでは売春と買春は合法ですが、スウェーデンでは売春は合法でも買春は違法です。(北欧モデル)


知的障害者への性教育は、国の定めたガイドラインに沿って行われます。


まだ、義務教育の年齢のうちに性教育が行われるのは、障害者も健常者も同様。


ただし知的障害者への性教育は年齢だけによって決められるわけではなく、知能の程度や理解度などによって、個々に合った教育が与えられます。


デンマークでの支援学校では、1年のうちに性教育のテーマに焦点を当てた、WEEK6(セックス)と呼ばれる性教育週間も導入されています。


特別支援学校内では他にも、避妊具や自慰行為に使う道具の説明をはじめ、性教育のビデオや道具の貸し出しなども行われています。


知的障害者施設の入居者が、本人らの希望により施設の職員とポーランドの売春宿へ旅行したニュースは国民に好意的に受け入れられ、名実ともに障害者の性に対しての姿勢がオープンな国と言えるでしょう。

話している人物の写真:女性3

早いうちからセックスとはどんなものなのかを教えていく事で身に着きやすくなる

これだけ性に対してオープンなら皆が生きやすい世の中になるよね!

セックスボランティアの仕事

セックスボランティアの仕事
引用:https://youtu.be/eMQBHY7h0dY

日本でも、セックスボランティアを行っている団体があります。


ただし日本では買春は違法なため、あくまで射精介助サービスという位置付けです。


また、同様の理由によりボランティア団体でも風俗店の営業許可が必要となります。


射精介助サービスなので、様々な理由で自慰行為ができない利用者の手伝いをするのが目的。


スタッフに触れる事や、利用者の性的好奇心を満たすための行為は禁止されています。


利用者の中には、自分への射精介助をしてくれるスタッフに対し、恋愛感情を持ってしまったり性的欲求から暴行をしてしまうという可能性もあるため、問題視もされています。

話している人物の写真:男性3

射精介助をしてくれるわけだから好きになるのも分かる気はする

話している人物の写真:女性4

もっと増えても良いサービスだとは思うけど

難しいところだね

1.どんな人が利用するの?

どんな人が利用する

障害者には、大きく分けて知的障害者、身体障害者、精神障害者に分けられます。


知的障害者は年齢や障害の程度、理解度によって個人個人に合った教育が必要です。


例えば、コンドームなどの避妊具の使い方やマスターベーションをしても良い場所などの社会的ルールなども含まれます。


身体障害者の場合は、先天/後天的な病気や事故によって、体が思うように動かせないために、物理的に性的欲求を処理できないことなどがあります。


風俗店などの施設や、デリヘルを自宅に呼んでの素股やフェラなどの性的行為ができる場合も多くあります。


精神障害者は、うつ病や統合性失調症などの病状の人です。


精神的に落ち込んでいる場合は性欲が減退したり、抗うつ薬の作用で性欲を感じなくなることもあります。


そのため性欲があっても勃起障害があって勃たなかったり、性欲を解消できなかったりするのです。


どのような障害者を受け入れているかは、ボランティア団体や経営している店舗の業務形態、設備及びガイドラインに沿ってそれぞれ独自に定められています。

話している人物の写真:女性5

障害によって対応も変わるからその人たちに合わせた介助が出来るといいよね!

2.どうやって頼むの?

.どうやって頼むの?

日本ではホワイトハンズという団体が、射精介助サービスを行っています。


ホワイトハンズは、訪問介護サービスなので、会員制・予約制を採っています。


関東・関西エリアでのサービスが可能で、遠方への出張サービスも行っています。


入会費や年会費、ケア料金は無料ですが、派遣スタッフの人件費・交通費及び事務用品に寄付という形で使用料金が必要です。


公式サイトの申し込みフォームから、登録が可能になっていますよ。


その他、出張デリバリーヘルスサービスや、障害者専用の風俗店もあります。


電話やサイトを通じて、女の子を斡旋してくれるオフィスへ予約をするのが一般的ですね。

一般社団法人ホワイトハンズ - 私たちは、新しい「性の公共」をつくります。

私たちは、新しい「性の公共」をつくります。

white-hands.jp

3.仕事内容を教えて!

仕事内容を教えて

デリバリーヘルスの場合は、性行為(本番)以外の一般的な性的行為を行います。


素股やフェラなどで射精へ導いてくれます。


つまり、健常者と何も変わりません。


セックスボランティアを頼む場合は、少し事情が変わってきます。


セックスボランティアは介護訪問式なので、基本的にはスタッフが自宅へ来てくれるということになります。


一般的な訪問介護同様に、陰部の清掃から勃起サポートをし、射精介助という流れになります。


具体的な方法としては、ローションを使って勃起を促し、コンドームを被せてスタッフの手によって射精へ導きます。


射精後は同様に、コンドームを外しタオルでローションを拭き取って陰部を清掃して終わりです。

話している人物の写真:女性5

衛生面のためにもコンドームは必ず着用するんだね!それなら安心だ♪

話している人物の写真:男性4

介助を受けてる人は自分でおかずを探しながらでもいいみたいだよ!

4.射精の介助以外の仕事は?

射精の介助以外の仕事は?

射精介助を訪問式でおこなうサービスの他に、自慰行為を助ける器具や道具の購入、使い方のサポートなどもセックスボランティアの仕事です。


手が動いて自慰行為はなんとか可能だけれども、器具の購入や装着などが困難な場合に利用できます。


また自力で風俗店を訪れることが困難な場合、施設までの送迎サポートも可能です。

話している人物の写真:男性3

いろいろやってくれるんだな~

5.利用できない人って?

利用できない人

障害があっても自慰行為が可能な人の場合には、ボランティア団体によっては断られる事もあります。


また障害の程度や持病によって、セックスボランティアを利用できないことがあります。


セックスボランティアのキャストには必ずしも、介護の資格や病状や症状に対する知識があるわけではないので、行為によって万が一命の危険や、急激なサポートが必要になった場合に対処できないからです。


低血圧や高血圧、手術後の経過の安定していない人など、健康面で問題のある場合や、射精行為自体が危険を伴う場合にもセックスボランティアを頼むことができません。

話している人物の写真:女性2

何かあってはスタッフも対応できないからそういった場合は断られるケースも多いみたいね

セックスボランティアの当面する問題点

セックスボランティアの当面する問題点
引用:https://youtu.be/eMQBHY7h0dY

1.障害者が依頼しづらい

精神障害者の中には、性処理をすること自体を理解していない人もいます。


またそのような場合、家族の理解が不足しているケースもあります。


身体障害者の場合、人によっては気持ちを押さえつけられてきた過去から、障害者は他人に迷惑をかけてはいけないと思いこんでいる人もいます。


また精神障害者の場合は性欲があっても、勃起できないなど心の問題があり、性に対して消極的になってしまっていることも。


中にはセックスボランティアを依頼することを、家族に知られるのを恐れて頼めない人もいます。


さまざまな個人的な状況があり、利用者がセックスボランティアに依頼をしづらいと感じてしまっているのが現実です。

話している人物の写真:男性4

エッチな事はいけない事っていう風潮が日本にはあるからどうしても依頼しづらくなるよね

話している人物の写真:女性4

やっぱり家族の理解ってかなり大事だね

2.料金の問題

料金の問題

セックスボランティアは、名前こそボランティアですが料金が発生することがほとんどです。


ホワイトハンズのように、サービス料のないところもあります。


しかし障害者へのサービスということで、バリアフリーへの対処や専門の知識や道具などの購入、使用する器具の買取などの事情もあり、料金を取らないわけには行かない現実的な問題もあります。


また健常者以上に、安全面にも注意が必要となってきます。


それ以上に、障害者の生活における経済的な問題も大きくのしかかります。


例えば精神的な障害で、長期に渡って仕事ができない場合には収入がありません。


障害者給金の安さにも問題があり、月7万円程度では、あまり余裕があるとは言えないでしょう。


支援センターで働いている知的障害者の給金は、最低賃金を大幅に下回る安さで、人道的にも問題があります。


そのような経済的な問題を抱えている中で、セックスボランティアに支払うだけの余裕がない人が多くいます。

話している人物の写真:男性2

オランダのように日本にも助成金制度があれば少しは変わってくるんだろうけどね

3.近くに頼めるところがない

404

ホワイトハンズのように関東や関西に派遣が可能で、出張を請け負っている団体もあります。


けれども全国的にみると、都市部を除いて障害者へのセックスボランティアを派遣している県や市町は多くありません。


そのような環境で、身近な所にセックスボランティアを斡旋する団体を見つけられないことがあります。


特に、都市部以外ではかなり困難と言えるでしょう。

話している人物の写真:男性2

いろんな所に増えてくるといろんな人が利用しやすくなるね!

国がある程度お金を負担してくれたらもっと広めていけるんだろうな~

4.一般の認知度や理解が低い

認知度や理解が低い

セックスボランティアを語る時、認知度の低さからその仕事が非難の対象となることがあります。


また根強く残る障害者差別や障害者の性へのタブーが、全ての問題を見て見ないふりをしてきました。


障害の程度や理解度、障害者の性格などもさまざまで、個人個人にあった対応が必要です。


それと同時に性の問題についても個人差があるので、個人にあった対応が必要にも関わらず、認識や理解がされていないというのが現実なのです。

5.介護などの知識がない

手

セックスボランティアも、請け負うキャストがなければ始まりません。


セックスボランティアを行う人員を確保するのは大変なことです。


またボランティアが見つかったとしても、例えば全く介護知識や医学知識がなければ、万一の場合に対処ができません。


そうなると利用する側も、斡旋する側も躊躇してしまいます。


安全面に対して、保証ができないからです。

話している人物の写真:女性2

風俗業から転職した人がいたんだけどかなり勉強したって言ってたな

セフレ作りに最適なアプリとは?

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543

素人女子ともっとセックスしたい人にはワクワクメールがオススメ。


コロナ以降、セフレ目当ての女性が余っちゃってるんです。人妻やJDの寂しさを和らげてあげませんか?


風俗なら1回で2万円は必要ですが、ワクワクメールなら3,000円程で十分に出会えるのでコスパよくセックスできますよ♪

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543

セックスボランティアについて取り扱う書籍とドキュメンタリー

実体験
引用:https://youtu.be/eMQBHY7h0dY

セックスボランディアや性の問題について考えることのできる著書や映画などをご紹介します。


セックスボランティアという仕事を大々的に国民に知らしめた、河合香織氏の著書「セックスボランティア」をはじめ、自身がセックスワーカーとして従事していた女性のルポなど、興味があったらぜひ手に取ってみてくださいね。

1.セックスボランティア(河合香織著)新潮文庫

セックスボランティア

価格:315円

「性」とは生きる根本――。それはたとえ障害者であっても同じことだ。脳性麻痺の男性を風俗店に連れていく介助者がいる。障害者専門のデリヘルで働く女の子がいる。知的障害者にセックスを教える講師がいる。時に無視され、時に大げさに美化されてきた性の介助について、その最前線で取材を重ねるうちに、見えてきたものとは――。タブーに大胆に切り込んだ、衝撃のルポルタージュ。

Amazonで商品をチェック
話している人物の写真:男性3

障害者専門のデリヘルがどんなものなのか現実が分かりやすい著書になってます

2.私は障害者向けのデリヘル嬢 (大森みゆき著)

私は障害者向けのデリヘル嬢

価格:1,362円

風俗の経験6ヵ月、介護の経験ゼロの女の子が出会った障害者の性の現実を、彼女自身がリアルな言葉ですべてを綴ったノンフィクション。 車椅子のお客様、寝たきりのお客様、意思疎通のできないお客様、目の不自由なお客様……。障害は人によって違う。悩みも人によって違う。 私はそれぞれに見合った性的サービスができているだろうか?

Amazonで商品をチェック

3.セックスと障害者 (坂爪真吾著)

セックスと障害者 (イースト新書) (日本語) 新書

価格:947円

障害のある人たちは、どのように自分や他人の性と向き合っているのだろうか。それらの喜びや悩みは、障害の無い人たちと同じものなのか、それとも違うものなのか。 一般社団法人ホワイトハンズを立ち上げ、障害者の性の支援に長年携わってきた著者が、「純粋な天使」や「かわいそうな性的弱者」という画一的なイメージを取り払った上で、障害者の性の現状を8つのエピソードから解説。

Amazonで商品をチェック
話している人物の写真:女性3

いろんな障害を持つ人たちのエピソードが詰められているからすごく勉強になったし考えさせられる

4.障がい者の性 - Medical Sex Worker

ホワイトハンズでセックスボランティアとして働く女性を追ったドキュメンタリー。

射精介助の実情や、現場での様子を知ることができます。

5.障害者の性に向き合う女性派遣サービス

カナダ・バンクーバーの実例で、かなり本格的なセックスボランティア。

健常者と同じようにセックスを楽しみたいと訴える、障害者の性に切り込んだドキュメンタリー。

下半身麻痺女子の性事情を覚悟を決めて赤裸々告白!障がい者の性イメージを変えていきたい!

9歳で受傷し下半身麻痺になった、Youtuberの車椅子タレント、中嶋涼子さんの赤裸々トークショーです。

話している人物の写真:女性4

笑顔で明るく話す女性の姿にちょっとウルっときた。

セックスボランティアのまとめ

今までタブー視され続けてきた、日本での障害者のセックス問題。


問題が多く取り上げられ、一般化されることでしか障害者の性への理解は深まりません。


性的欲求は全ての人間に均等にあるもので、障害者と健常者を分け隔てるものではないのです。


また、性に対する認識を語らなければ、医療や介護の現場の実態も薄っぺらいものとなることでしょう。


世界に国境がないのと同様に、エロにも国境はありません。


今回は世界と日本の現状を比べ、セックスボランティアの仕事内容や実情についてレポートしました。


セックスボランティアの認知が広く知れ渡り、障害者がオープンに性に対して語れる、劣等感のない未来について考えてみませんか。

話している人物の写真:女性5

たくさんの人が障害の有無関係なく平和に暮らせる社会になってほしい

【風俗嬢が解説】エロい仕事につきたいならこの7選!エロさを活かした私の実体験も暴露!のサムネイル

【風俗嬢が解説】エロい仕事につきたいならこの7選!エロさを活かした私の実体験も暴露!

自分はエロいからそれを生かした仕事に就いてみたいな~と思ったことはありますか?私もエッチが大好きだったり、自分のことがエロいな~と思っていたので昔から夜の仕事をしています。そこでこの記事ではエロを生かしたお仕事を風俗嬢の私が解説していきたいと思います!

trip-partner.jp

【AV女優紗倉○も利用】セックスが超上手くなる方法とは!

皆さん、ちゃんとセックスしていますか?


性欲、溜まっていませんか?


自粛ムードも収まりつつあり、アダルト系のマッチングアプリに、女性が殺到している事実をご存知でしょうか?

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543

昔、AV女優の紗倉まなさんがテレビで、AV女優もマッチングアプリを使っていると暴露し話題になったこと、覚えていますか?


一昔前は、危険やサクラの印象が強くメジャーではなかったですが、最近は人気を博していて、実は日本人の若者の4割は出会い系を利用しているそう。


当然、大人の関係目的で集まっているアプリも存在します。

話している人物の写真:男性3

某アプリ運営者からは、登録女性が急増、男性が不足しているとの情報も!急がないと乗り遅れるぞ。

チンポ好き女子をコスパよく見つけるためには、アプリの使い方が大事です。


そのコツは、ズバリ登録後24時間以内に3000円程のポイントで連絡を送りまくること。


なぜなら、登録後スグは、ブーストされて表示されやすく、返信率がとても高いのです。


こんな感じで連絡が来ます↓↓

おすすめアプリ①ワクワクメール

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543

ワクワクメールはセフレ探しに強いのが特徴。その理由は人妻の登録者が多いため。セックスに飢えた女性が多いので割り切り目的で使うのが良いです。

話している人物の写真:男性1

軽く飲みに誘ったら流れでホテルへ。お互い目的が合っているので、簡単すぎるくらいだった。(35歳/会社員)

https://fam-ad.com/ad/p/r?_site=75024&_article=25543

おすすめアプリ②Jメール

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=30832&ad=39902

Jメールは、性に奔放な若い子が多いので、セフレ探しにはピッタリです。色んな体位を試したり、新たな性感帯を開発したり楽しめます。


巨乳女子を見つけたら即アタックが吉です!

話している人物の写真:男性1

登録して瞬間が勝負ってマジだった。コスパが神すぎる。(33歳/美容師)

https://mobee2.jp/ad/p/r?medium=30832&ad=39902

年齢確認は必ずしましょう!

登録後の年齢認証は必ず行うべきです。出会いやすさが段違いに良くなります。


マッチングアプリの利用は年齢確認が法律で義務化されているので、大手優良サイトは全て必要です。


逆に、年齢確認がないサイト=99%出会えないサイトってことです。