I2my8ywtgl1pzr7pqchb

台湾

CATEGORY | 台湾

【2020体験記】台湾のナンパはクラブもストナンも余裕!即Hに成功した筆者がコツとおすすめスポットを紹介!

2020.05.17

日本人の定番海外旅行先である台湾。距離的な近さはもちろん、日本語が通じることも多く海外旅行が不慣れでも訪れやすいとして人気です。台湾と言えばナイスバディ〜の悩殺姉ちゃんたちですよね!ということで、この記事では台湾のナンパ事情についてご紹介します!

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. 美女大国の台湾でナンパは激アツ?
  2. 台湾人の女の子と仲良くなるには?
  3. 台湾でオススメのナンパスポットはこちら!
  4. 台湾夜遊びを調査まとめ!
Enx9ndyvszeandqifxzz

こんにちは、シラフシラズです!


日本人でも人気の海外旅行先として、常に上位にランクインする台湾。


親日家も多いことで有名な日本人はもってこいの遊び場で、距離も近いうえに安く行けるとあって、毎年たくさんの観光客が日本から訪れています。


そんな台湾にはナンパスポットも多数存在しており、台湾旅行に出かける人は是非現地で美女をナンパしてみるといいでしょう。


東南アジアの中でも、とくに美女率が高い台湾では、アナタ好みの可愛い女の子たちが必ず見つかるはずです。


いきなり海外で声をかける勇気がない人や、効率よく出会いをみつけたい人にはマッチングアプリもおすすめですが、今回は台湾のナンパスポットを中心に、その極意を伝授したいと思います。

ローカルの台湾人女子がカワイイ!

日本と同様に、台湾でもストリートナンパが最もメジャーなナンパ手段です。


とくに台北でも人が集まるような繁華街エリアでは、声掛けもしやすく、成功率も高い傾向がありますね。


また観光客も多いことから、夜のシーンで出会った日本人と一緒に、お買い物を楽しむ女の子なんかも最近では増えてきています。


もちろんお店の場所や道を尋ねることから会話が始まり、運よく案内をしてもらえれば道中で女の子とも仲良くなり、ワンナイトまでの関係まで深めることも普通にありえます。


そして「とくにコレが台湾人女子の特徴だ!」というものが一つあります。


それがとにかく気が強いというところ。それも、可愛い女の子になればなるほど気が強い印象ですね。


ただし誤解してほしくないのは、決して人当たりが無意味にキツイ強さではなくて、しっかり自分を持っている自立心の強さだということ。


言いたいことを素直に言うのが彼女たちです。


そして男をからかうのが好きなので、下手すると男がカッとなるような事でも平気で言い返してきたり、突っかかってくる時もたまにあります。


逆にいえば、外見は死ぬほど綺麗なんですが、内面の気性の荒さ、言葉遣いのキツイさが、草食系日本男子には耐えきれないとおもいます。

旅費も物価も安くてお手軽!

台湾旅行に必要な費用ということで、一番大きくなってくるのは日本から台湾までの往復航空券代と台湾現地での宿泊費用ですよね。


台湾のホテルは、地域によっても価格が少し変わってきますが、台北に平日1名で宿泊するとしたら、大体以下の価格くらいになってきます。


・スタンダードクラス:6,000円~12,000円

・スーペリアクラス:12,000円~25,000円

・デラックスクラス:25,000円~


あと台湾のホテルはルームチャージ制が多くて、2名用の部屋に2名で泊まっても1名で泊まっても残念ですが料金は基本変わってきません。


逆にいうと、朝ごはんの料金は含まれているホテルがほとんどなんで、この点に関してはありがたいんですけど…


なので、ざっとみても航空券代を1〜2万円代でとって、ホテルも安いスタンダードクラスをとれば、いうて3万円内には収めれることになります。


あとは現地のナンパ費用と飲食代くらいなので、ざっと3万円くらいを予算に考えてれば問題なしでしょう。

Np5zsaqgu1k5nfcmwspd

日本人と比べても、台湾人の女の子は男との距離感が近く印象です。


そして、かなりおせっかいというか、よく言えば情に深いというか。


ドライな都市で育ってきた日本人男子にとって、シナリオを作りたがる、ヒロインに夢憧れる彼女たちには、時々鬱陶しく感じるかもしれませんね。


台北は世界的に言うと大都市ですが、筆者の個人的観点だと人々の感性は「都会人感性」ではなく「田舎者感性」と感じました。


なので近しい人のことはすべて把握したがるし、最大限に心配するっていうマインドセットが染み付いてる印象です。


逆に、親しき仲にも礼儀ありという考え方は一切ないので、ノーガードで踏み込んできます。


しかし面白いことに、そういった一見難しそうにも見える彼女たちですが、なぜか英語が上手に喋れるだけでモテます。笑


これは今まで筆者が出会ってきた子から、友人たちを見ていてわかったことでもあるんですが、日本人の感覚からするとあまりピンときませんよね。


たぶん彼女たちには「ローカル枠」になるより、「外人枠」になったほうがモテるんだろうとおもいます。


「流暢な英語>ある程度の英語>中国語ペラペラ」といった順序で、男側の人種や実力を考慮せずに言語的観点だけするなら、こんな感じの優位性だと思います。


ポイントは、声を低めに落として、ゆっくり落ち着いて英語を話す。


コレだけで食いつきがどえらく変わってきます…

では、次はストナン(ストリートナンパ)とクラナン(クラブナンパ)でおすすめの場所を紹介していきます。


どちらも自分から女の子に声掛けするというところは共通していますが、やっぱり最初は緊張してしまうのは仕方がないです。


ナンパは場数。やったしこ上手くなるし慣れてきます。


海外ナンパ初心の場合は、クラナンの方が会話や空気感よりも、その場のノリ次第で女の子との距離もググッと詰めやすかったりするのでオススメです。

①【忠孝敦化・忠孝復興エリア】台湾のストリートナンパといえばここ!

Fdvt3hcwxvvhkfm3llwr

台北の中で最も美女が多いと噂されているのが、こちらの忠孝敦化・忠孝復興エリアです。


日本でいうところの銀座のような感じでしょうか。


とりあえずエリア自体が華やかで、そこに集まる女の子たちもお洒落に磨きをかけていて、台湾の中で最も女の香りが強くする場所です。


そのエリアの雰囲気だけでも十分観光だったりで楽しめるんですが、ちょこっと他のエリアよりも高級感がある感じです。


また、ここは高級水商売が密集する大人の夜遊びスポットとしても有名で、高級風俗店の数もレベルの高さも「キング・オブ・台北」と言っても過言ではありません。


忠孝敦化~忠孝復興エリアの大通りには、アパレルショップが立ち並んでいて、昼はショッピング、夜は飲み屋やバーでお酒を楽しむ若い男女がたくさんいます。


ナンパに成功したあとは、飲食店もたくさんあるので行き場所に困ることもないですね。コンパクトに行動できるのは、ナンパにおいて最重要であります!

アクセスは非常に簡単です。


最寄り地下鉄「忠孝敦化駅」まで、Bannan Line線に乗って向かうとすぐに着きます。

筆者は忠孝敦化・忠孝復興エリアでストナンする時は、スタバや店先で1人誰かを待ってる女の子に声をかけていました。


女の子二人組で歩いている横にくっついて、いきなりナンパをスタートする度胸はなかったので、とりあえず1人でiPhoneを触ってる子を狙い撃ちみたいな。


とにかく番号や連絡先よりも、これから一緒に行動できる女の子を探していたので、声をかけるときもデートだったり飲みに誘っていました。

②【OMNI】台北でも1番人気のクラブでナンパ成功率も高め

Iogphfyvkqi5zvjdpexw

OMNIは、忠孝敦化駅の目の前にある台北でも超人気のクラブです。


とりあえずなんと言っても立地が最高!


そのため観光客の数も多いのが特徴で、店内には白人の姿も多く、綺麗な女の子がたくさんいます。


雰囲気はかなりポップ路線よりで、音箱というよりもナンパ箱色が強いですね。


ストナンする勇気がない人は、とりあえずOMNIでクラナンからはじめてみるのも全然アリだとおもいます。


空気感がパリピなので、中で踊り狂っている美女たちを前にすれば、酔いも回った頃には会場も盛り上がりのピークに達し、自分から自然と声をかけているでしょう。

最寄りバス停「捷運忠孝敦化站」を降りて、まっすぐ進んでいくとOMNIに到着します。


バスは「204〜919・Taipei Sightseeing Bus Red Line・Zhongxiao Main Line」になっています。

OMNIは大型ビルの地下に入ってます。そして、ビルの目印は1Fに入っているZARAです。

③【Att 4 fun】朝までナンパするならココで間違いない

Pxjfgqz28t8uybvigce8

Att 4 funは台湾の夜遊びが詰まった聖地です。


ここは何もクラブの店の名前というわけではなく、大型のビルを指した名前で、Att 4 funの中にはいくつものクラブやバーが入っています。


なので例えば、まずは1軒目にバーで軽くお酒を飲みながら声かけをしてみた後に、そこで知り合った女の子と一緒に各フロアに入っているクラブへといくもよし。


逆にクラブから先にいって、中でナンパした女の子をバーに連れて行くもよし。


まさに男がナンパをするために作られたと言っても過言ではないです。

最寄りのバス停留所は「101国際購物中心」となっていて、ここは夜間でも最終12時までは走っているほどアクセス性が高いです。

日本人の女の子の場合、ナンパしてからセックスまで行くと、その後は連絡もつかなくなってしまい音信不通になることも多いです。


しかし台湾人の女の子の場合は、こういった飛ばれることがほとんどありません。


むしろセックスまですると、逆に好かれる傾向があるので、リピートしてくれたり関係が長く続きやすいです。


あと彼女たちは飲みの席だと下ネタが大好物です。


日本はAVが有名になり過ぎたので、台湾人からは「日本人=変態」とからかわれますが、筆者からすると相対的に日本人女性より台湾人の女の子のほうがナチュラルに変態かなと。


そのへんのAV女優なんかより、台湾のほう女の子のほうがスペック的にもエロさ的にも俄然抜けます。

Xdiaxjofouwfdnqvrt23

いかがでしたでしょうか。


今回は世界の風俗体験記 in 台湾ということで、シラフシラズが訪れた・知ってる台湾市内のナンパ事情・各種遊び方などについてをご紹介しました。


他にも欧州を中心に世界の主要都市へと旅行や長期滞在した際に周った風俗店等についてもご紹介をしているので、興味のある方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Ftaiwan-club.com%2F&psig=AOvVaw1QyHWqeI4bndbVdseUaIOU&ust=1589381406800000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCPDvk6XJrukCFQAAAAAdAAAAABAJ