Xetkgxredwvyyq52oaua

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

【史上最悪な猟奇連続殺人犯】アルバートフィッシュを徹底解説!排泄物から人間まで食べてしまう狂気を公開!

2020.05.29

アルバートフィッシュという人物をみなさんはご存じでしょうか?アルバートフィッシュはアメリカ犯罪史で史上最悪の殺人鬼と呼ばれる人物です。今回はそんな殺人鬼について詳しく紹介していきます。驚くようなエピソードに78あなたも震え上がるでしょう!

この記事に登場する専門家

Eyw5txne2jh9lw9n5uao

風俗歴20年、20歳からデリヘル通い!

まさ

溢れ出る精力を所持した風俗大好き人間です。風俗歴が人生の半分の私が、有益情報を発信いたします。

  1. アルバートフィッシュを紹介!
  2. アルバートフィッシュとはどんな人物?
  3. アルバートフィッシュの生い立ち
  4. アルバートフィッシュの家系は精神疾患患者が多い
  5. アルバートフィッシュの性癖
  6. アルバートフィッシュの代表事件
  7. アルバートフィッシュの裁判
  8. 史上最悪の猟奇的連続殺人鬼は変態だった!

こんにちは!風俗マスターのまさです!


今回はアルバートフィッシュという人物について詳しく紹介していきます。私の得意な風俗系の内容とは少し違いますが、自称変態の私が驚くほどの変態なので紹介したくなりました。


このアルバートフィッシュは多数の性癖を持つ人物です。それは風俗マスターの自分にとって、とても興味がある内容でした!


内容に暴力的または猟奇的な記述・表現が含まれているので、苦手な方は記事を読む事を控えてください!


また記事の最後には、普通??の変態プレイに関する記事を紹介しています。アルバートフィッシュには到底及ばない変態度ですが、興味のある方は最後まで読んでください!

Ujnirwqzxobgruz7gcfl

アルバートフィッシュは、1910年から1934年にかけて多数の児童を暴行して殺害した、アメリカ犯罪史で史上最悪の殺人鬼と呼ばれている人物です。

正確な数字は明らかではないですが、400人を殺したと自供しています。


肉を食べる目的で殺人をしていた事から「ブルックリンの吸血鬼」と呼ばれたり、犯行が満月の日に行われた事が多い為「満月の狂人」と呼ばれたりもしました。他にも「グレイマン」という異名もあります。


身長165cm、体重58kgの小柄な人物で、仕事は塗装工をしていました。これだけの大人数を殺害した人物ですが、結婚もして子供もいました。


体格や仕事、家族構成は普通に見えるアルバートフィッシュがなぜ殺人鬼になったのか気になるところですよね!


以下に生い立ち性癖代表事件など詳しく紹介していきます!

セックスの経験が少なくテクに自信がない?


セフレをもっと作りたい?


実は、ワクワクメールにはセフレ募集中の女性がたくさんいて、出会いまくりなのです。女性は恥ずかしがりだから匿名サイトで応募するもの。それに気づけるかがポイントなのです。


筆者は昨年10-12月の3ヶ月で、8人とセックスしました!(しかも1人あたり何と1,000円強!)


AV女優や女子大生、人妻、コスプレ好きなどいるので、天国でした。

Kft0yh4xauwfvbdxhlbe
Kysh7kktriidoksywbbi

アルバートフィッシュは、1870年5月19日にアメリカ合衆国のワシントンD.C.で生まれました。

本名はハミルトン・ハワード・フィッシュですが、ハミルトンを「ハム・アンド・エッグ」と揶揄されるのを嫌い、10代の頃にアルバートに改名しています。


父親はアルバートフィッシュが生まれた時にはすでに75歳で、彼が5歳の時に亡くなりました。父親が亡くなってから母親が職に就くまでは、孤児院に預けられて育っています。


そして成人したアルバートフィッシュは、1898年に9歳年下の女性と結婚し、6人の子供を儲けました。

しかしその結婚生活は19年で幕を閉じ、塗装工であった彼はその後全米を放浪する生活を送る事となります。


この放浪時期からアルバートフィッシュの猟奇的殺人が加速していくのです。

Itbmgn7aqahstqiyzj7s

アルバートフィッシュの家族は代々精神疾患患者が多いという事実があります。父親は躁うつ病で宗教狂、母親は幻覚症状に悩まされていたようです。


また兄弟たちも精神情弱者で、少なくとも2人は精神病院で死亡しています。


このような家系に生まれたアルバートフィッシュにも、精神的異常があるのは必然だったのかもしれません!

Oas383g7tgldsnvjgxjk

アルバートフィッシは数々の性癖を持つ人物です。その性癖は様々で、マゾヒズムでありながら反対の性癖にあたるサディズムも持ち合わせています。


ここではアルバートフィッシュがどのような性癖を持ち、その性癖のきっかけになった出来事などを詳しく紹介していきます。

1. マゾヒズム

Pdzqhh6ei4rxebrk1usp

アルバートフィッシュはマゾヒズムを持っていました。実の我が子に、無数の釘が打ち付けられた板で自分の臀部を叩くように頼んだほどです。


子供たちが成長しその様な行為を嫌がると、パートナーを募集しましたが応募はなかったようです。仕方なくアルバートフィッシュは、自分で自分を痛めつけるようになります。この行為は逮捕されるまで続けられています。


自信の陰嚢に針を突き刺し快感を得たり、ライターオイルをしみ込ませた綿球を自身の直腸に入れて火をつけるなどしていました。

アルバートフィッシュのレントゲン写真には、陰嚢部分に29本もの様々な針が映し出されています。


このマゾヒズムは、父親の死により5歳の時に預けられた孤児院での出来事がきっかけだったようです。

この孤児院では、教鞭による指導が行われていました。アルバートフィッシュも鞭で尻を叩かれていましたが、この時に彼は快感を覚え勃起していたようです。


アルバートフィッシュはこの頃の事を振り返り、「自分は鞭打ちを楽しみにする唯一の子供だった」と述べています。

2. サディズム

Ejnuflb1zwkizofn5tbl

アルバートフィッシュのサディズムは、マゾヒズムと同じく孤児院時代に磨かれました。自分の鞭打ちを楽しみにしていましたが、他人が鞭打ちされるのを見ている事にも興奮を覚えたそうです。


その様な異常な性癖は、当然ですが周りから気味悪がられ孤児院内でいじめを受けるようになります。


また彼が最初に殺人を犯した理由は「どうしても痛みに苦しむ幼児の顔が見たい」と語っている事から、孤児院時代の鞭打ちを覗いた興奮が彼のサディズムに深くかかわっていると伺えます。

3. 人食

Fjpqsf6tpzzafhzayal9

アルバートフィッシュには殺人を犯した後、被害者の肉を食べる習慣がありました。むしろ人肉を食べる目的で殺人を犯していたようです。


この人食の性癖には、アルバートフィッシュと年が離れた兄が影響しているようです。


孤児院から家族の元に帰った頃に、年の離れた兄が軍隊を除隊して家に帰って来ていました。

兄はアルバートフィッシュに戦争での体験の話をしました。その中の一つに人肉を食べるという話があり、アルバートフィッシュは強く関心を示したそうです。


アルバートフィッシュは成人して結婚していますが、妻の浮気が原因で離婚をしています。離婚後は自傷行為生肉を食べるといった行動を取り始めます。


生肉を食べる行動や兄から聞いた体験談が、彼の人食という性癖を目覚めさせたのかもしれません。


警察の取り調べでは、耳や鼻の顔部分でシチューを作った事を自慢げに自白していました。

また殺害前に被害者の肉を柔らかくする為、縛り上げて鞭打ちを行っていました。

4. 排泄物を食べる

アルバートフィッシュには排泄物を食べるという変わった性癖があります。この性癖に影響を与えた人物は、12歳の頃に出会った電報配達をしていた少年です。


少年は、食糞と飲尿で性的興奮を覚えるという変わった性癖の持ち主でした。この少年と親密な関係になったアルバートフィッシュは、少年に影響を受けて排泄物を食べる性癖を持つようになったのです。


アルバートフィッシュは、殺害した被害者の肉を食べるだけでなく尿や血液、排泄物までも食べて性的興奮を覚えていました。

5. 小児性愛

Oaeji7edfpkdow9t2tfb

アルバートフィッシュの犠牲者の多くは児童でした。それは12歳の頃に出会った電報配達をしていた少年と性行為に及んだことから始まります。この頃からアルバートフィッシュは年下の男児が好きだと自覚していました。


成人する頃には、男性の裸が見られるという理由でサウナに入り浸ります。そのサウナで言葉巧みに少年を誘い、強姦を繰り返していました。結婚してからも少年を強姦する事はやめなかったようです。


またアルバートフィッシュは泣き叫ぶ子供たちの悲鳴を聞くことにも快感を覚えていました。殺害前には猿ぐつわなどを噛ませたりせず、悲鳴や痛みに泣き叫ぶ声を聴いて絶頂していたようです。


拷問の際には「地獄の器具」と呼ばれる、ベルトに釘を打ち付け、半分程度に切ったものを、鞭として使用していました。

Vawoofuzoxxizilak347

アルバート・フィッシュは、数々の殺人事件を起こしています。1910年から1934年までに400人を殺していると自供していますが、正確な数は明らかではありません。


その中から代表的な事件を3つ紹介していきます。

1. ビリー・ガフニー事件

1927年2月11日に事件は起きました。ビリー・ガフニー4歳がブルックリンにあるアパートの外で、友達2人と遊んでいたところを連れ去られました。


はじめに容疑をかけられたのは連続殺人鬼ペーテル・クジアノフスキでしたが、ガフニーらしき子を引きずるアルバートフィッシュの姿が目撃されています。


この事件についてアルバートフィッシュは、弁護士にこのような手紙を書いています。


「私は坊やの裸のお尻を、血が流れるまで鞭で打ちました。そして、耳と鼻を削ぎ落とし、口の両側を耳まで切り裂き、目玉をくり抜きました。その時はもう、坊やは死んでいました。

まず腹にナイフを突き刺して、流れる血を飲みましたそれからからだを切り刻みました。頭、足、腕、手、膝から下を切断して、それぞれを石を詰めた麻袋に入れて池に棄てました。

好きな部分の肉は家に持って帰りました。まず耳と鼻と顔や腹から削いだ肉でシチューを作りました。たまねぎとニンジンとカブとセロリを入れて、塩と胡椒で味付けしました。なかなかいい味でした。

お尻の肉は二つに切り分けて、おちんちんと一緒に皿に置き、細かく刻んだベーコンを載せてオーブンに入れました。15分ほど焼いたところで、ソースを作るために半リットルの水をかけ、タマネギを4つ入れました。そして肉が焦げないように、たびたび木のスプーンで肉汁をかけました。

2時間ほどすると、肉はこんがりと焼き上がりました。ぽっちゃりした坊やのお尻のおいしいことといったら、ローストターキーなんか比べものになりません。私は4日かけて、そっくり平らげました。小さなおちんちんはナッツみたいで美味でしたが、睾丸は硬すぎて噛み切れないのでトイレに棄てました。


アルバートフィッシュはビリー・ガフニーの殺人容疑で有罪となりましたが、ガフニーの遺体は発見されていません。

2. フランシス・マクドネル事件

1924年7月14日に事件は起きました。フランシス・マクドネル8歳の両親が子供が行方不明になったと警察に通報したのです。


警察の捜査では、スタテンアイランド近くで友達とキャッチボールをしている姿が最後の目撃情報でした。その友達の証言は、グレーの髭を生やした男とどこかに行ってしまったというものでした。


その証言を聞き、フランシス・マクドネルの母は「ぶつぶつ言いながら通りをウロウロしている、髪の毛と髭がグレーの男を見たことがある」と言いました。

全部がくすんでいて、色あせている印象だったといいます。


捜査の結果フランシス・マクドネルは見つかったのですが、その姿は無残なものでした。サスペンダーで絞殺された遺体は、木に吊るされた状態で放置されていたのです。暴行された跡があり左足は皮がむけ、肉が見えている状態でした。


犯人のアルバートフィッシュの供述によると、この時フランシス・マクドネルの性器を切り取ろうとしたが、人が来た為に諦めて逃げたと語っています。

3. グレース・バッド事件

Gjgyikdxfwz0yfmwxbvv

事件は1928年5月28日に起きました。ニューヨーク州マンハッタンにあるアパートに暮らすバッド家に、58歳のフランク・ハワードと名乗る老人が訪ねてきました。


この老人こそアルバートフィッシュなのです。老人の手には「ワールド・テレグラム」紙が握られており、

「この新聞に求職広告を出したのはお宅ですか?」

と尋ねました。広告は長男のエドワード(18歳)生活が厳しい一家を助けようと出したものでした。


老人は自分がロングアイランドのファーミングデールに農場を持っていて、週休15ドルで働いてくれないかと提案しました。

一家は大喜びでしたが老人は他の求職者にも会いたいことを伝え、その日は帰っていきました。


6月3日に再びバッド家を訪ねた老人は、エドワードに決めた事を伝え、お土産のカッテージチーズ差し出しました。

老人は一家と昼食を共にし、次男にお小遣いを与えて一家と打ち解けていきます。


雑談をしていると老人はこんな提案をしました。

「自分の妹がコロンバス通りの137丁目に住んでいる。今日そこの孫の女の子の誕生パーティーに呼ばれているが、一緒にいかないか?お嬢ちゃん。」

この誘いを受けたのがグレース・バッド(10歳)でした。グレースと両親は大喜びで、老人の提案を受けました。


そして老人とグレースを送り出した両親は、もう二度とグレース会うことができなかったのです。


そもそもコロンバス通りは109丁目までしかなく、ロングアイランドに農場を持つフランク・ハワードという人物は存在しません。


月日は流れ6年後の1934年11月11日、グレースの両親のもとに匿名で書かれた不気味な手紙が届きます。

この手紙を両親が警察に届けた事がきっかけで、アルバートフィッシュは逮捕されるのです。


その不気味な手紙の内容を紹介します。


「拝啓、バッド夫人。

1894年、私の友人ジョン・デイヴィスはタコマ号に乗り込み、サンフランシスコから香港に向いました。香港に着くと陸に上がり、二人の同僚と酒を飲みました。港に戻った

時は既に遅く、船は出た後でした。

折しも中国は飢饉の真っ只中で、どんな肉でも1ポンド1ドルから3ドルするというありさまでした。貧民の苦しみは大変なもので、12歳以下の子供はみんな肉屋に売られて切り裂かれ、食料として売られました。子供は男も女も安心して町を歩けませんでした。どこの肉屋でもステーキやシチュー用の肉が買えました。子供たちのからだの好きなところを切り分けてくれるのです。最もおいしいお尻の肉は子牛のカツレツと称して、いちばんの高値で売られていました。

長いこと香港にいるうちに、ジョンは人間の肉が大好きになってしまいました。ニューヨークに戻った彼は、7歳と11歳の2人の少年をさらいました。そして、家で裸にすると、縛って押し入れに閉じ込め、2人が身につけていたものを全部燃やしました。彼は毎日、2人のお尻をひっぱたき、上質のやわらかい肉にしようとしました。

まず11歳の少年を殺しました。その子の方がお尻がぽっちゃりしていて、肉の質もよかったからです。頭と骨と内臓を除いて、余すところなく料理して食べました。ローストに煮物、照焼き、揚げ物、シチューといろいろ楽しみました。続いて7歳の子にも同じようにしました。

当時、私は東100丁目の409番地に住んでいました。人間の肉がどんなにおいしいか、ジョンがしょっちゅう話して聞かせるので、私はとうとう味見してみることにしました。

1928年6月3日、私はカッテージチーズを持って、あなたのお宅を訪ねました。私たちが一緒に昼食をとっていると、グレースが膝の上に乗り、私にキスをしました。その時、私は彼女の肉を食べてみようと決めたのです。パーティーと偽って彼女を連れ出そうとしました。あなたは行ってもいいと云いました。

私は彼女を、あらかじめ選んでおいたウエストチェスターの廃屋に連れて行き、外で待っているように云いました。彼女は辺りの花を摘んでいました。私は2階に上がると、服をすべて脱ぎました。そうしないと服に血がついてしまいますからね。すっかり準備が整うと、私は窓まで行って彼女を呼び、押し入れに隠れて彼女は入ってくるのを待ちました。グレースは裸の私を見ると泣き出しました。私が捕まえると、ママに云いつけてやる、と喚きました。

私はまず彼女を裸にしました。暴れたのなんの。噛みつくは引っかくはで大変でした。そして首を絞めて殺し、肉を細かく切り刻みました。オーブンで焼いた小さなお尻の、なんとやわらかくておいしかったことか。彼女のからだを食べ尽くすのに9日かかりました。

その気になれば出来ましたが、私は彼女を犯していません。お嬢さんは処女のまま死にました」


創作と現実が混ざった内容の手紙ですが、犯人しか知りえない「カッテージチーズ」が出てきいます。この事が決め手となり両親が警察に届け出る事態になったのです。


警察は手紙が入っていた封筒の折り返し部分に、インクで消された刻印を発見しました。それはニューヨーク顧客専属運転手共済組合のもので、組合員全員の筆跡を調べましたが一致する人物はいませんでした。


そこで組合の封筒を使用で持ち出していないか訊ねると、何枚かを西52丁目200番地のアパートに置いてきた事が分りました。


アパートの家主に犯人の特徴を説明すると、

「それなら7号室のアルバートフィッシュさんだよ。」

という答えが返ってきたのです。


アルバートフィッシュはすでに引っ越していましたが、毎月息子が送ってくる小切手を取りに来るところを待ち伏せされ逮捕されたのです。


逮捕されたアルバートフィッシュは、グレース・バッド殺害を認めました。警察は手紙に書かれた「ウエストチェスターの廃屋」を捜査すると、手紙が事実である事を確認できました。

V7036hegjdynmp6qfimb

アルバートフィッシュは裁判で、子供を殺す旨を神から啓示で聞いたと主張しました。


また精神鑑定を担当したフレデリック・ワーサム博士は、アルバートフィッシュが精神異常者である事ときっぱり言い切っています。この精神異常はアルバートフィッシュの気質ではなく、不幸な環境によって作り上げられたものであり、アルバートフィッシュも被害者だと主張しました。


しかし世論の大多数がアルバートフィッシュの死刑を望んでいました。公判は10日間で終わり、陪審員は死刑判決を下しました。


アルバートフィッシュの死刑執行は、1936年1月16日に電気椅子によって行われています。

電気椅子に固定されている最中に彼は「一生に一度しか味わえない、最高のスリル」と語りました。


そんなアルバートフィッシュの最後の言葉は「なぜ、私がここにいるのか分からない」だったそうです。

いかがだったでしょうか?

こんな人物が実在したというのは、なかなか信じがたいものがあります。


アルバートフィッシュの数々の性癖は普通の人なら1つ、多くても2つか3つくらいしか持ち合わせないでしょう。サディズムマゾヒズムという反対の性癖を持ち合わせているも衝撃的でしたね!


彼がこのようになったのは環境のせいだと精神鑑定されましたが、果たして環境が違うと正常な人間になっていたかが疑問です。いくら環境のせいとはいえ、ここまでの変態になるにはやはり素質がないとなれないでしょう!


このような性癖は、私たちの誰もが少しは持ち合わせているのかもしれません。しかし犯罪や人に迷惑をかける行為は、決して許されるものではありません!


人に迷惑をかけることなく、変態プレイを楽しみたいものです。

セックス相手が見つからない!という方。セフレはネットで探すもの、です。

Bmkyewy62vnpnqpawqv0

昔、AV女優の紗倉まなさんがテレビで、アダルトマッチングサイトはAV女優も使っていると暴露し話題になったこと、覚えていますか?


一昔前は、アダルトマッチングサイトというと、危険やサクラの印象が強く、あまりメジャーではなかったですが、今では、有名なAV女優も公言するなど、人気がジワジワとあがっているのです。


出会い系サイトをはじめて使うならPCMAXが良いかと思います。


PCMAXはマッチ率が高いので早く次に進めます。実は日本人の若者の4割は出会い系を利用しているそう。筆者(20代後半男性)も先月3人と知り合い、2人はセックスまで進みました。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

風俗は1回で2万円は必要ですが、PCMAXなら月3,000円の課金で十分楽しめます。一度会って連絡先を交換すればあとはOK。風俗のように毎回お金がかからないため、計画的に進める方はコスパよくセックスができます。


さらに女の子のお小遣いや、風俗で要求される裏オプションも払う必要ないです。出会い系サイトを使って知り合い、相手の家やカラオケを使えば半永久的に無料でセックスできるのです。

Xtg9yrjub4qzbbsjoj3s

PCMAXには大人の関係を求める女性が多いので、セフレ希望を言ってくる子も多いです。ホテル代も割り勘でOKの人も多い。世の中には男のチンポを求める女性がたくさんいるのです。


もちろん継続的にセックスするにはテクニックも必要なので、それはこのサイトの他の記事を読めば良く分かります。(プレイ内容はほぼ網羅していますよ!)


セックステクを磨き、相手に求められる男性になることで、お互いに都合のよい関係が作ることができ、何年もセフレとして仲良くできるでしょう。

私がPCMAXを推す理由は使い勝手の良さなんですよね。今までのアダルトマッチングサービスだと、デート→ホテル→セックスが主流。


しかし、PCMAXだと、セックスすることが目的なので余計なデートは必要なし。


このコスパの良さが、男性・女性ともにウケているのです。


また、PCMAXは女性無料。お金をかけずにセフレを見つけたい女性と出会えるのです。


だからこそ、1400万人という圧倒的な会員数が実現しているんですね。男性・女性ともに支持を受けている証拠です。


この機会に一度登録してみてください。


登録は3分で完了します。

Yvaodxuaupfiudygtv1t