Hsjsxju6f3rldwfakbul

性交関係

CATEGORY | 性交関係

女性の方がリスクが高い?セックス依存症の実態とは?原因や解決策は?依存症になりやすい女性の特徴は3つ

2021.10.21

世界的に有名なゴルファー、タイガーウッズが公表した事で一気にその名が広まった「セックス依存症」。セックス依存症は心の病気であり治療が必要な病気でもあります。しかし日本ではあまり実態を知られていません。ここではセックス依存症とは何なのか詳しく解説します。

この記事に登場する専門家

Qb0uctgfz6rqioiwbijl

30代現役OLライター

SM11

キャバクラ、ソープでの勤務経験を活かして性のお悩みや夜のお店の実態などを紹介します。AVは女性にとってもとても良い性の教材です。男女共に人気の高いセクシー女優の作品も女性目線で紹介します!

  1. セックス依存症とは?男性より女性の方が危険
  2. セックス依存症の実態
  3. セックス依存症のリスク
  4. セックス依存症になる要因
  5. セックス依存症になりやすい女性の特徴
  6. セックス依存症を改善するためには?
  7. 「依存症」に対する個人的な見解
  8. セックス依存症は病気であり治療が必要

こんにちは!元キャバ嬢&ソープ嬢で現役OLのSM11です。

今回は『セックス依存症』について解説していきたいと思います。


『セックス依存症』という言葉は、プロゴルファーのタイガー・ウッズ選手が不倫スキャンダルの後、自らがこの病気であると公表し、日本でも多くの人が知る言葉、病気となったのではないかと思います。


『セックス依存症』は依存症、という言葉の通り、治療が必要な病気。


アメリカでは依存症に対する治療は進んでいて、多くの有名人が何らかの依存症を患っている、もしくは患っていた事を公表もしています。

しかし、日本ではまだまだ治療も実態も知らない人が多く身近な病気であるという意識はありません


日本では何か起きても「自己責任」という感覚が強いのではないかと思います。

責任の所在よりも、困っている人がいればまず、手を伸ばしてあげる事が大切な事であると、子供たちに教えてあげられる大人でありたいですね。


また、『セックス依存症』は男性よりも女性が多いという見解もあります。

女性の方がなりやすく、リスクも女性の方が高いのだとか。


では、日本ではまだまだ理解されていないセックス依存症とは一体どんな病気なのか、なりやすい人や改善する方法についても解説します。

セックス依存症ってそもそもどういう病気?


性欲が強いだけでしょ?ヤリマンやヤリチンのこと?といった勘違いをされている方もまだまだ多いようです。


セックス依存症とは、「人よりもちょっとセックスが好き」などという常識で考えられるレベルではありません。

強迫的な性衝動

セックス依存症とは、アルコール依存症やギャンブル依存症と同じで、

社会的、経済的に損失があると分かっていながらセックスやオナニーをやめられない事をいいます。


ギャンブル依存症やアルコール依存症の人が、借金してでもギャンブルしてしまうお酒を飲んでしまう、といった状態と同じですね。セックス依存症の場合は、依存している対象がセックスなどの性行為です。


「エッチしたいな~」なんていうものではなく、性行為をしなければ、自分が自分でいられなくなるような状態に陥るのです。


これだけを聞いても、そういう状態になった事がある人はほとんどいないでしょうから、あまり想像は出来ませんよね。


しかし、「性行為がしたくて仕方がない」「しないと居られない」という状態は実に危険です。

人によっては性犯罪を犯してしまう可能性もあります。

Man1

セックス依存症になって治療をしていました。性犯罪を犯してしまう人は、だいたいセックス依存症だと思います。


普通は抑えられる性欲が、一切コントロール出来なくなるのです。(会社員・25歳)

セックスをしていないと自傷の恐れも

セックスをしていない時間が続くと、心が不安定になりパニックや強い不安感を感じます。

薬物中毒の患者に禁断症状があるように依存症患者にも禁断症状が出るのです。


リストカットなどの自傷行為に走ってしまう危険もあります。そういった不安やパニックを抑えるために、衝動的、或いは反社会的な性行為をしてしまう、といった悪循環にも陥りやすいですね。

Man1

最初は不安に感じるだけだったのが、だんだんパニック症状が出るように。最終的にパニック障害にまでなってしまいました。(フリーター・29歳)

快楽目的ではなく自傷行為と同じ

私も含めて多くの人は、セックスを気持ちよくなるため、パートナーと幸せを感じるため、または子供を作る為に行いますよね。


セックス依存症にとって、セックスはそれらの目的ではなく自分自身を傷付ける自傷行為と同じなのです。自分の体を大切に出来ない、という点ではリストカットと同じように思います。


そういう自傷行為を繰り返してしまう理由が先述の通り、不安感やパニック発作などから逃れるため。


自分自身を傷付ける自傷行為でありながらそれが自分を唯一、癒してくれる行為だと思う側面もあるのです。一筋縄ではいかない、とても難しい病気である事が分かりますよね。

Woman1

誰でもいいからセックスしたいと思ってするんだけど、結局虚しくなってセックスするたび辛くなる。これを繰り返していました。(風俗嬢・26歳)

「最近、彼からの連絡が素っ気ない…」

「仕事がうまくいかない…」

「新しい出会いが見つからない…」


そんな悩みを、全国の厳選された占い師が霊感・霊視・透視・タロットなどで悩みを解決します。


ヴェルニは1000人以上のプロ占い師が在籍し、雑誌・TVなどで活躍する全国の人気占い師との電話鑑定やメール鑑定が可能です。


復縁や不倫、相性診断、転職、金運などを幅広く相談することができます。


しかも、今なら新規会員登録で、2,500円分の無料鑑定ポイントがもらえます。


まずは無料登録して、悩み相談してみませんか?

女性の場合も、男性の場合もセックス依存症には常にリスクがあります。

セックス依存症だけでなく、多くの依存症には高いリスクは常にあるのです。

望まない妊娠

女性の場合は、望まない妊娠や中絶などのリスクがあります。

不特定多数の人とセックスで関係を持ってしまう事で女性は男性よりもリスクが高いと言われています。


望まない妊娠や中絶などが自分の身に起こる事で、更に精神的に不安定になってしまう可能性もありますよね。

Woman1

私は中絶を二回してしまいました。セックス依存症のときは、避妊しなきゃなんて頭にありません。セックスできれば満足できるので…。(学生・22歳)

性感染症

男性の場合も女性の場合も、性感染症のリスクが高いです。

不特定多数と関係を持つことは、セックス依存症でなくても性病のリスクが付きもの。


私が個人的にこれを聞いて、不安に感じたのは「性感染症になってもセックスをやめられないのでは?」ということ。


性病になると、薬で治療を行う事がほとんどだと思いますが治療している間はもちろん、人に感染させないため誰とも性行為はしてはいけません。その期間、セックス依存症の人はどうするのか、というところが気になったのです。


とはいえ、さすがに身近にセックス依存症の人はいないため確認のしようもありません。

そうなってしまった時に初めて、依存症である事と向き合う方もいるとは思います。

性犯罪

セックス依存症のリスクで1番怖いのが、犯罪行為をしてしまう事。

セックス依存症の人全員が犯罪に手を染めるわけではありません。


しかし、実際にSNSなどで知り合った女性とセックス目的で会い、相手の同意を得ていないのに強引にセックスをし、事件に発展してしまうこともあるのだとか。


性犯罪は女性としては本当に許せるものではありません。例え、病気であっても犯罪に発展してしまえば「犯罪者」です。病気のせいだけにする事は出来ません。


こうなる前に、自分自身に対する理解と周りの理解、治療に繋げる事が大切です。

Woman1

私は依存症ではありませんが、セックス依存症の男性にレイプされそうになった経験をしました。


未遂で終わりましたが、かなり怖かったですね。(会社員・24歳)

セックス依存症者に多い、依存症になってしまった原因というのを紹介します。

全員がここにある要因に当てはまるわけではありませんが、セックス依存症になる大きな原因だと考えられています。

家庭内暴力

セックス依存症に悩む人の多くが、過去に家庭内で性的虐待を受けた経験があるそうです。

また、身内からのレイプ被害などもあるのだそう。


考えるだけでもおぞましいですが、こんな事が自分の身に起こったらマトモで居られなくなってしまうのは当然です。


こういった辛い経験が原因で、自己評価が低くなってしまい自分を大切にできない自傷行為(セックスなど)に繋がるのだとか。また、セックス中は相手に求められている、抱きしめられているという一時の安心感を得るため、やめられないのではないかという意見もあります。


どちらにしろ、自分を自分で大切に出来ないから何かに依存してしまうのでしょう。

セックス依存症のみではない

セックス依存症は単体でなる人というのは少ないのだそう。

過去の性被害などが原因で、心に深い傷ができ、それを埋めるため

アルコールや薬物依存症になり、最終的にセックス依存症にも陥ってしまうことも。


摂食障害などの病気も併せて持っている人も多いのだそうです。

また、複数の依存症を持つのは女性に多いという意見もありました。

性的被害に遭うのは、男性も一緒ですが、

やはり女性が最も被害に遭いやすいという事もあるのかもしれませんね。

男性が意外に気にするところ。それはデリケートゾーンの臭いです。


せっかく良い感じにデートしてお泊り・・ってなっても、変なニオイがしちゃったらすべてが台無し!

Woman1

ハーバルラビットラクーンナチュラルミストは長く使い続けれて安心。持ち運びも便利だから手放せないです。(29歳/会社員)

では、どういった女性がセックス依存症になりやすいと言えるのか、1つずつ解説していきたいと思います。

①不安や孤独を強く感じる

強い不安や、孤独感を感じる人はセックスにハマりやすいのだそう。


なかなか自分だけでは不安や孤独感を拭う事が出来ず、セックスをしている時だけは相手に求められていると思い込んだり、セックスをしている時だけは不安も忘れられる、と思ってしまうのです。


セックスを自分の中で、「嫌な事を忘れられる行為」とインプットしてしまうと以降、不安な事がある度にセックスを求めるようになってしまう可能性が高いでしょう。


どうしても不安や孤独感を強く感じてしまう時はセックス意外で、はけ口を見付けるのが良いです。夢中になれる趣味や運動など、頭を空っぽに出来る時間を持つ方法は意外とたくさんあります。

Woman1

一人の時間を作らないこと。友達と会うようにしたり、しんどいときは一人で抱え込まないようにすることが大切です。(会社員・25歳)

②現状に満足する事がない

今の自分は幸せではない、といつも思ってしまう女性もセックスにハマりやすいといえます。


誰かに幸せにしてもらいたい、という気持ちから男性に簡単に体を許してしまう事もあるでしょう。


好きな人や愛する人とのセックスは素晴らしいものですがセックスをしたからといって幸せになれるわけではありません。セックスは食事と同じで、「誰と」するのかが幸せを感じるポイントなのです。


幸福感を感じたいなら、心から安心できる好きな人とセックスをしましょう。

Woman1

私は依存症になるかも…と思ったので、彼氏を探しました。すごく優しくて愛してくれてるのが伝わるので、今では彼一筋でとても幸せを感じています。


特定の彼氏や彼女をしっかり作った方がいいですよ。(美容師・26歳)

③劣等感を感じる

セックス依存症になる女性は自分に対して否定的です。

自分に自信が無く、自分という存在がいつもどこかフワフワと確立していません。


誰かや、何かに対して劣等感を抱きやすい女性もセックスで男性に求められることで「こんな私でも求められることがある」と安心を覚えてしまうのです。


セックスの間は求められている事で劣等感や自分の事を否定せずに居られる、と思い込むため、求められれば誰とでもセックスしてしまうといった事も。


劣等感を抱いた事が無い人はいません。


しかし、人は皆違います。全く同じ人間がいないように自分の長所も短所も魅力も他人にはない自分だけのもの。そもそも他人と比べる必要はないのだという事に気付くべきです。

Man1

自分なんかダメ人間だって常に思っていましたね。だから僕はカウンセリングを受けました。そしたらかなりラクになりました。(教員・27歳)

続いて、セックス依存症を改善するためにするべきことを紹介します。

まずは依存症である事を知る、理解する事が大前提です。

自己受容

依存症の治療は難しいとも言われています。

大切なのは『自己受容』。自分で自分を認めてあげる事です。「今のままの自分でいいんだ」と気付くと必ず心は軽くなります。


自己受容をするための方法としてはカウンセリングを受けたり、過去の性的トラウマが原因なら同じ被害を受けた人と体験を話し合ったりすることも効果的です。


自分1人ではない、同じ病気で苦しんでいる人もいる、と知る事は自分の中でとても大きな出来事になります。性被害を受けた人は、なかなかそれを外に吐き出すのは難しいですよね。同じように被害を受けた人となら分かりあう事も出来るでしょう。


そもそも性被害者に落ち度は無いのです。自分を傷付ける必要はありません。悪いのは自分では無い、と理解するのが大切。

Woman1

カウンセリングを受けることで、自己肯定感がかなり高くなります。


自分を愛すことができると、「誰でもいいからセックスしたい!」という思いが自然となくなっていきますよ。(フリーター・25歳)

無理にやめようとしなくていい

セックス依存症の人は、自分を傷付けるためだけではなく自分を癒すための手段としてもセックスをするので強制的にその手段であるセックスという行為を取り上げる事は逆効果。


セックスの代わりにもっと危険な事に手を出してしまう可能性もあります。


「やめろ」というのは簡単ですが、それには大きな覚悟と勇気が必要なのです。無理にやめる必要はありません。


「やめなければいけない」と思い込む必要もありません。少しずつ自分のペースで自分を取り戻していけばいいのです。

Man1

しんどかったのですが、「無理しなくていいんだよ」ってカウンセラーの人に言われてラクになった。


いつか治るから急がなくていいって言われた言われたときに、「もう大丈夫だ」って自然と思えましたね。(会社員・29歳)

カウンセリング

1番良いのは、カウンセリングに通いながら、治療を続けることです。

今まで自分を否定して何年も生きていた人が翌日から急に自分を肯定する事は難しいでしょう。自分の力だけでは限界があります。


タバコをやめる時ですら、喫煙外来でお医者さんの助けを借りてやめるのですから依存症の人がカウンセリングにかかるのも当然の事と言えるでしょう。


日本ではカウンセリングや心療内科に対して閉鎖的な側面がありますが自分ではどうしようもできない問題なら、他人に頼ったっていいのです。


それが自分のためになるのなら、何もおかしなことではありません。

Woman1

大半のセックス依存症の人がカンセリングを受けていますね。話を聞いてもらうだけで、人って落ち着けるものです。


恥ずかしがらずにカウンセリングへ行きましょう。(パート・31歳)

理解してくれるパートナー、友人を見付ける

依存症や自身の病気の事を理解してくれる他人を身近で見付けるのも回復への1つの手段です。


隅々まで分かってもらわなくても、そういう病気があっても友人、恋人として居てくれるだけで大きな支えになる事はあります。また、自分を傷付けたいと思った時、その人たちの事を考えると「悲しむのは自分だけじゃない」と気付くはず。


自分1人で自分を変えるのは難しいですが他人の言葉であっさり、自分が変わったと感じられる事もあります。人間は1人では生きられないと言いますが、この言葉は本当なのです。


そもそも生きている以上、既に人は1人ではありません。望む、望まないに関わらず、生きているだけで誰かの手は借りていますし誰かに手を貸している事もあるのです。

Woman1

私は勇気を出して親友に話しました。すると、一緒に泣いてくれて、「頑張ろうね!私がいるから!」って言ってくれました。


辛いときもその友達がずっと近くにいてくれたおかげで、私は依存症から立ち直れたと思います。(IT関係・28歳)

「依存症」が付く病気って意外と多いですよね。

セックス依存症や、ギャンブル、アルコール、ニコチンなどなど。様々な「依存症」と呼ばれる病気があります。


先述の通り、日本ではまだまだ理解が浅く、「結局、自分に甘いからやめられないんでしょ」なんて言葉を、本当に平気で言う人がいます。


同じように精神的な病気、心の病気と言われるものに対しても「甘え」や「怠けているだけ」といった言葉を平気で使う人もいますね。


そもそも日本人は、冒頭でも言った通り「自己責任」という言葉が好きなのです。


まあ、全てが「自己責任」の一言で片付けば、これほど楽な事はありませんからね。

個人的には「自己責任」という言葉が好きな人は、自分で何も考える事が出来ない、もしくは考えたくないのだと思います。


「自己責任」と言いながら自分の責任は追及せず、人のせいにしている人ばかりですから。


個人的に、人間は何かに依存して生きる動物だと思います。


例えば、私は喫煙者です。タバコがやめられません。(やめる気も今のところありません)

依存していないと思いたいですが、やめられないという時点で依存していますよね。

対象が違うだけで、1日1杯はお酒を飲む人もお酒に依存しています家族や恋人、友人に依存する人だっていますよね。周りに迷惑をかけるレベルかどうか、それによって身を滅ぼす程度か、の違いはあるかもしれませんが人間は何かしらに依存しているものだと思っています。


対象は何であれ、それが自分でコントロール出来ているうちは「依存=絶対的な悪」では無いのです。


まあタバコは百害あって一利なしと言いますから悪では無いとは言い切れませんが…


問題はそこから抜け出したいかどうかです。抜け出したいのであれば、周りにどう思われようがカウンセリングや心療内科などで治療を受ければいいのです。


私だってタバコをやめたくなったら喫煙外来に行きます。絶対に自分の意思だけではやめられない自信があります。

また、病気の人間に対して心無い言葉を言う人は相手にしない事。これも大切でしょう。

たくさんの病気が世の中にはありますが、どの病気も基本的にはなった人にしか苦しさや辛さは分かりません。安全なところや外野でとやかく言う人は無視しましょう。



そういう人もいつか病気になった時に気付くはずですから。

その時、その人の周りに優しくしてくれる人はいないと思います。いえ、いないと良いです。人に言った言葉は必ず自分に返りますからね。


「依存症」と言われると、なぜか認めたくない気持ちも出てくると思いますが自分で自分の病気を理解し、認める事も治療には大切なプロセスです。

いかがでしたでしょうか?


セックス依存症というのは、治療が必要な病気である事が分かっていただけたと思います。

過去の様々なトラウマが突然、自分に良くない形で表れる事は誰しもに起こりうることです。


他人事だと思わずに、治療に繋げる、もしくは繋げてあげるよう努力する事も周りの人間が出来る事でしょう。


テーマがテーマだけに少し堅苦しくなってしまいましたが普段は、普段はエロに関する記事などを主に書いてますのでそちらもチェックしてくださいね。


最後までお読みいただきありがとうございます!

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


・日常に程よい刺激が欲しい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人


お金をもらいながら、美味しい食事を食べる生活を始めてみませんか?


パパ活はコツをつかめば、初心者でも優良パパを見つけて安全に稼げるのです。


もちろん身体の関係なしです!


詳しい方法はこの記事で紹介しています。

パパ活でお小遣い稼ぎができる!『ワクワクメール』

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!特に女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


パパ活有名アプリ(SugardaddyやLove&)は競争率が高いので、ワクワクのようなマッチングアプリの方が初心者におすすめです。

Woman2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

Woman5

35歳で見た目も普通だけど、会うたびにお手当くれる人がいます。丁寧に接することを心掛けるのがポイントですね。