Lorvxi2pqw8iqqor5qqp

滋賀

CATEGORY | 滋賀

城下町彦根で人気のお土産12選!美味しいお菓子・名産品やおしゃれ雑貨をご紹介!

2019.10.23

国宝である彦根城の城下町として、人気の観光地の彦根は美味しいお菓子やおしゃれな雑貨が沢山あるお土産天国でもあります。近江牛のしぐれ煮や鮒ずし、お菓子では虎てつのひこどらや、クラブハリエのバームクーヘンは特に人気があります。今回、彦根で人気のお土産を厳選しましたので紹介します。

この記事に登場する専門家

Awjf9zup0manugci9yl3

旅行好きのセラピスト

meshimeshi

食べることと旅行が大好きなセラピストです!休みの日は関西を中心に食べ歩きをしたり、旅行に出かけたりしています。自分の体験から得られた情報をみなさんにお届けします。

  1. 彦根にはおしゃれな雑貨や美味しいお菓子がいっぱい!
  2. 彦根ってどんなところ?
  3. 彦根のお土産事情
  4. 彦根で人気のお土産 ~名産品編~
  5. 彦根の名産品①:近江牛を手軽に味わえる【近江牛のしぐれ煮】
  6. 彦根の名産品②:伝統的郷土料理【鮒ずし】
  7. 彦根の名産品の③:名前の由来にもびっくり【赤こんにゃく】
  8. 彦根の名産品④:素朴な彦根の味【若鮎の甘露煮】
  9. 彦根で人気のお土産 ~お菓子編~
  10. 彦根のお菓子のお土産①:彦根が誇る有名店【バームクーヘン】
  11. 彦根のお菓子のお土産②:コスパにも味にも満足【末廣饅頭】
  12. 彦根のお菓子のお土産③:彦根藩お墨付き【埋れ木】
  13. 彦根のお菓子のお土産④:かわいいひこにゃんのプリント入り【ひこどら】
  14. 彦根のお菓子のお土産⑤:老舗が見せるお茶目心【ひこにゃん人形焼】
  15. 彦根で人気のお土産 ~雑貨編~
  16. 彦根の雑貨のお土産①:彦根のお土産の定番【ひこにゃんグッズ】
  17. 彦根の雑貨のお土産②:おしゃれなカバンに目移り【カバン】
  18. 彦根の雑貨のお土産③:自作でキャンドルも作れる【キャンドル】
  19. 城下町の彦根で人気のお土産を買おう!
B8urnarh0fy9bh7qckgy

こんにちは!meshimeshiです。彦根のゆるキャラであるひこにゃんで知られる彦根は、有名な観光地であるだけでなく、魅力的なお土産が沢山あります。今回彦根で特に人気のあるお土産を、名産品・お菓子・雑貨に分けて紹介します。

Khh9dwvqzxkeo9hjgrym

彦根は滋賀県の北東部に位置する市で、県庁所在地の大津の次に大きな街です。彦根は歴史的にも重要な土地で、昔から交通の拠点として繁栄してきました。牛肉を食べることが禁じられた時代に、唯一彦根藩だけが牛肉を食べることが許された藩で、近江牛がブランド牛となったルーツがあります。彦根城は彦根の最大の観光名所となっており、彦根城に続く道はキャッスルロードと呼ばれ、たくさんのレストランやお土産屋が集まっています。

Qedktm84nmgbljqd3hy4

彦根のお土産は、名産品である近江牛や鮒ずし、赤こんにゃくなどに人気が集まっています。ひこにゃんが彦根のイメージキャラクターになって以来、ひこにゃんグッズも人気のお土産となってきました。また、彦根はお菓子でも有名な土地であり、すでに全国区となったたねやの和菓子やクラブハリエのバームクーヘンなどもお土産として人気です。

Eigcjilr1uapschjld8t

それでは、彦根で人気のお土産の名産品編を紹介します。人気の近江牛しぐれ煮や、赤こんにゃく、鮒ずし、鮎の甘露煮など観光に訪れた際には是非、注目して欲しい名産品ばかかりを列挙しました。

Bcyev9ytqo5vtcsbeyr0

近江牛は彦根を代表する名産品ですが、生鮮食品なのでお土産としては持ち帰りにくい点が挙げられます。近江牛のしぐれ煮は厳選された近江牛を甘辛く煮こみ、真空パックや缶、瓶詰めにし、日持ちすることができる近江牛の加工品です。加工品といえど近江牛の美味しさは変わりません!近江牛の濃厚の旨味や甘みがぎっしり詰まった商品です。

Ydrbru2hcrb2l7huk7gx

近江牛しぐれ煮は、彦根の大きな精肉屋で買うことが出来ますが、彦根のお土産や郷土料理の店が集まっている4番町スクエア内の4番町ダイニングでも購入することができます。お店や商品によって差がありますが800円~1500円くらいで購入することができます。そのままでもおかずになりますが、私はご飯の上に乗せて近江牛しぐれ煮丼にして食べています。

詳細情報

Ubnvz1w8ze6k8tig1jtk

続いて紹介する彦根の名産品のお土産は鮒ずしです。独特の臭いが特徴で、臭い物代名詞と呼ばれている鮒ずしですが、濃厚なチーズのような味わいでご飯やお酒のお供として人気があります。鮒ずしとは、日本古来の鮓であるなれずしの一種で、琵琶湖に住むニゴロブナを原料として作られている滋賀の代表的な郷土料理です。

Rx54fuopd7lysuvm1qz2

鮒ずしを発酵させる時に出る発酵臭が特徴で、この発酵臭も慣れるとさほど気にならないようになります。鮒ずしも4番町ダイニングで購入することができ、1000円前後から販売しています。購入する前にお試しすることもできるのでお店の人に尋ねてみましょう。チーズに似た味や風味があるので私はワインと合わしたりします。最近では地域限定で鮒ずし味のポテトチップスも発売されています。

詳細情報

Ydson8witpagisd1ms9o

続いて紹介する彦根の名産品のお土産は赤こんにゃくです。赤こんにゃくの由来は諸説があり、有名な戦国大名であった織田信長が度々滋賀に訪れ、近江八幡市の日牟禮八幡宮で行わる左義長祭りという火祭りに参加して激しく踊ったそうです。その火祭りにちなみ、こんにゃくの色赤くしたというのが有力な由来となっています。

Qy5qzs8awdefhmgn0y8r

滋賀に住む人はこんにゃくが赤いのが普通と思っている人が多いほど滋賀では浸透しています。おめでたい色なので、お祝い事に使われることも多いそうです。食べ方も特に違いはないですが、通常のこんにゃくと同じような使い方で大丈夫です。乃利松は、赤こんにゃくの老舗であり、通常の赤こんにゃく以外にも、様々な種類の赤こんにゃくを販売しています。私も彦根に行ったらよく訪れるお店で、品質も高いです。

詳細情報

Yqirtsowc6ln2i6stub2

続いて紹介する彦根名産品のお土産は鮎甘露煮です。鮎の甘露煮とは、淡水魚である鮎を砂糖や水飴、ハチミツなどの甘味料と、醤油、味醂などを使用し甘辛く煮締めたもので、彦根を含めた滋賀の郷土料理にもなっています。甘露煮にすることで保存がきくので、甘露煮の技術は冷蔵庫のない時代には必要不可欠の保存手段でした。

Vneolqhzi4w6ynk0w3zr

真空パックをあけると鮎特有のすがすがしい香りと甘露煮の甘辛い香りが漂います。鮎家の甘露煮は昔からの製法を継承し、手作りの味わいを大切にしています。鮎の甘露煮は頭からしっぽの先まで柔らかくなるまで火が通っているので、そのまま頭から食べることが出来ますご飯のお供としてもお酒のあてとしても良く合うので、失敗のないお土産としてよく買っています。

詳細情報

Yimvut3ea6mjsw4h1t8a

続いては、彦根でおすすめのお菓子のお土産について紹介します。滋賀は江戸時代から琵琶湖の豊富な水量、伊吹山麓などの住み切った岩水を利用して独自のお菓子の文化を形成してきました。京都とはまた違った趣のある上品なお菓子も多いので是非試してみましょう。

Nwigpgit5ctbzuntp8d8

最初に紹介するお菓子のお土産はクラブハリエのバームクーヘンです(1188円~)。今や全国的に有名になったクラブハリエのバームクーヘンは滋賀県が発祥です。和菓子屋のたねやの洋菓子部門として創設され、ふわふわでしっとりとした食感のバームクーヘンは一躍大人気の商品となり、各店舗で売り切れが続出し、その様子をメディアが放送し社会現象に発展しました。

Dq1mvhrkvpojbs6nmfuf

今では、落ち着きを取り戻し購入することができるようになりましたが、当時、並んでも買えないこともありました。クラブハリエ 彦根美濠の舎では、カフェも店内に設置されているので、お店で美味しいバームクーヘンやその他の洋菓子を食べることができます。私は、新作のバームクーヘンや洋菓子を定期的にチェックしており、時々購入しに行きます。

詳細情報

H5gtxbrnosz609ohgose

次に紹介する人気のお菓子のお土産はたねやの末広饅頭(4個入り476円)です。末広饅頭はたねやの主力商品の一つで季節関係なく通年購入することが出来ます。沖縄のサトウキビから採った黒糖を用いた生地に、たねや自慢の優しい甘みのこしあんが包まれています。可愛い一口大サイズの饅頭で、お手頃な価格なのでばらまきお土産として利用しています。

詳細情報

Hdrdnx1eludqecc5msfp

埋れ木は彦根を代表する銘菓でいと重菓舗が製造しています。創業200年以上の歴史のある老舗の和菓子屋で、彦根城藩主井伊直弼との親交も深かったそうです。埋れ木は、創業当時から変わらぬ製法でこだわりの求肥求の中に北海道産の大納言など厳選した素材で作った自家製の餡が入っています。また、和三盆を惜しげもなく使用し上品な味わいとなっています。目上の人や大切な人に贈るお土産として利用しています。

詳細情報

Vaszsvpuuhxeekrf1m8e

続いて紹介するお菓子のお土産はひこどらです。ひこどらはどら焼きの専門店の虎てつの商品で、彦根城から歩いてすぐのところに店を構えています。かわいいひこにゃんの見た目とは相反して、虎てつは厳格なまでに手作りにこだわり、一つ一つの工程に一切の妥協をしていません。素材も厳選し、北海道産の良質の小豆に最高級の近江産の羽二重粉、近江米ゆめおうみ、宮古島の雪塩を使用しています。

Cxlvgvx5bvadrkm275cg

ひこどらは彦根のイメージキャラクターであるひこにゃんが生地に焼き印されており、見た目にも可愛いどらやきです。ふんわりしっとりとした生地のどら焼きは、優しい甘みの小倉餡が良く合います。続いて虎てつの人気商品は生どらです。ふんわりとしたホイップが和菓子に洋菓子のエッセンスが加わっています。入りやすいお店なので、彦根城に来たらほぼ毎回伺っています。

詳細情報

P1y4ui8tywirqplwi1ix

続いて紹介するお菓子のお土産は、菓心おおすがのひこにゃん人形焼きです。菓心おおすがは、キャッスルロード沿いに店を構える老舗の和菓子屋で60年以上の歴史を持っています。店内はスタイリッシュなおしゃれな内装の中にも和の心を感じさせる造りとなっています。全国菓子博で名誉総裁賞を受賞したことがある「彦根三十五万石」をはじめ彦根銘菓が陳列されています。

Tvey4qaqqbjxejozqpge

そんな格式のある菓心おおすが販売する可愛いひこにゃん人形焼き(126円)は、すごくギャップがあるように感じてしまいます。ひこにゃん人形焼きは可愛いだけでなく、味も本格的で、もっちりとした生地の中に大粒の小豆が入っており食感のアクセントになっています。甘さは控えめなので、食べやすくお茶請けにも最適です。可愛いので食べるのがもったいないような気もします。

詳細情報

Mimudzxwwtgjudaohklz

続いて彦根の雑貨のお土産を紹介します。キャッスルロードを中心に彦根はおしゃれな雑貨のお店も多く、定番の雑貨から最新の雑貨まで様々な雑貨のお土産を見つけることができます。

Ebgeeuvjwu7yfdg7qfh6

彦根で人気の雑貨のお土産として人気があるのがひこにゃんグッズです。ひこにゃんは彦根のキャラクターで、彦根藩の2代目藩主であった井伊直孝に縁のあった白猫をモデルにしているそうです。そのゆるさが人気で全国のゆるキャラブームの火付け役になったとも言われています。

Vxsolivbi59cwt9qwfri

アジアン雑貨屋クル・クルをはじめ、多くのお土産屋でひこにゃんのぬいぐるみやキーホルダー、文具などの雑貨が販売されており、彦根の雑貨のお土産の定番商品となっています。

詳細情報

Adnmrtwygitmzpu8yhla

続いて紹介する雑貨のお店は100childrenです。2011年オープンのカバンの専門店であり、店主自ら製作した一点物のカバンが店中に陳列されています。帆布や皮のカバンを中心にカラフルなトートバックや、落ち着いた色合いのハンドバックなど裏地にもこだわったおしゃれなカバンばかりです。どこにも販売されていないカバンばかりなので、見て回るだけでも楽しめます。

詳細情報

Q2im6m2tzcylqhw2okvn

夢京橋あかり館は、キャッスルロード沿いに店を構える雑貨屋で、明かりと香りに焦点を当てた様々なお土産が販売されています。夢京橋あかり館は、1階がキャンドルやお香などの商品が販売されているお土産屋、全国から様々な招き猫を集めた招福本舗、キャンドルが自作できるキャンドル工房からなっています。

Preccvwxl7oykbwjya4o

2階は彦根に住む人々の生活から得られた様々なコレクションが展示されたまちなか博物館、様々なお土産が揃うグッズ販売スペースとなっています。手作りの趣があるキャンドルや、気持ちを落ち着かせてくれるお香は種類が豊富で、選ぶ楽しみがあります。私は、お香好きの友達のお土産にお香のセット(3000円前後)を購入しました。

詳細情報

Krtkqsorihzzsgunqzgh

彦根は有名な観光地であるだけでなく、魅力的なお土産が豊富な地域です。お土産屋さんも多く、キャッスルロード沿いや、彦根城、彦根壱岐前、4番スクエアなど多くのお店で購入することができます。是非、彦根に訪れた際にはこの記事を参考に、素敵なお土産を購入してください。