Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Category長崎

長崎の特別な温泉エリア別ガイド10選!肌がキュキュッと鳴るほど酸性の秘湯!

長崎といえば和華蘭文化と言われる歴史と文化の都。観光スポットはたくさんありますが、長崎県外の方には温泉のイメージが薄いかもしれません。ですが、実は雲仙や稲佐山など、各地に良い温泉があります。筆者が実際に行った温泉、カップルで行きたい温泉をご紹介いたします。

この記事に登場する専門家

若おっさんのサムネイル画像

福岡&大阪在住ライター

若おっさん

福岡と大阪を行き来する営業マン。仕事と同じくらい、いやひょっとするとそれ以上に現地でのグルメを大切にする男。九州・近畿各県のグルメ情報を中心とした情報を中心にお届けします。

長崎県は隠れた温泉県なんです

皆様こんにちは。若おっさんです。

長崎といえば温泉じゃなく、ちゃんぽんや皿うどん、カステラやミルクセーキなどのグルメのほか、雲仙や稲佐山などの自然観光、世界遺産の大浦天主堂など史跡観光のイメージが強いと思います。


ですが実は!長崎にはいい温泉がいくつもあるんですよね。そう、隠れた温泉県なんです!


筆者は仕事や旅行で長崎に行く機会がとっても多いので、カップルやご家族連れの方々に観光+温泉でさらに長崎を楽しんでもらえるよう、独断と偏見でおすすめ旅館や日帰り温泉をまとめてみました。

長崎県のおすすめ温泉~雲仙編~

長崎の温泉と言えば雲仙!そう言っても過言ではないほど有名ですよね。

硫黄香る本格温泉、そしてかけ流しのお宿・日帰り温泉が多いです。

ご参考までに、

福岡市中心部から車で2時間半ほど、長崎市中心部からは1時間強、長崎空港からも1時間強の距離にある温泉郷です。


湯けむりがもうもうと立ち上る温泉郷は、カップルでのそぞろ歩きにぴったりの街だと思いますよ。

①カップルで源泉露天風呂付客室を満喫【雲仙いわき旅館】

雲仙温泉郷といえば長崎のみならず、九州でも有名な温泉郷なので、少し高級な旅館やホテルが多いのですが、筆者がカップルで実際に宿泊したのがコチラです。安いのに源泉露天風呂付客室まであります。


一泊最安(素泊)¥5,500(1名)~という価格帯。

源泉露天風呂付客室でもおおよそ¥20,000(1名)程度と良心的。

食事はコスパが良くボリュームがありましたし、お部屋食のプランもあります。

品数もしっかりありますし、カップルでもゆっくり二人で食事ができると思いますね。

そして、カップルでしっぽり過ごすなら露天風呂付客室をおススメします。


温泉はもちろん源泉かけ流し。湯の花もお湯にたっぷり浮かんでいて情緒たっぷり。

とにかくお湯がイイ!雲仙の源泉かけ流しをカップルだけで満喫できる、こんな贅沢が¥20,000以下で味わえるのは贅沢というよりほかないでしょうね。


地元民が知る穴場旅館、そういう雰囲気のお宿です。

泉質は酸性・含硫黄・アルミニウム・硫酸塩温泉です。


実際に入ってみた感想としては、お肌の脂分がきれいに溶けてなくなるような、お肌がキュッキュとするような強い酸性感があります。

雲仙のお湯はだいたいこんな感じのお湯です。お肌すべすべ。そういう温泉でした。

雲仙いわき旅館の動画

詳細情報

②カップル・家族でもOKの貸切湯あります【雲仙よか湯】

雲仙の本格硫黄泉をお手軽に堪能したいという方にはコチラがいいのではないでしょうか。

もちろん源泉かけ流し。厳冬期には加温もあるようですが、これは源泉が40℃台ですので仕方ないと思います。


ちなみに泉質は単純硫黄温泉。酸性で肌がキュッキュと鳴るような、老廃物を洗い流してくれる良い温泉です。


そしてコチラ雲仙よか湯さんではなんと、貸切家族風呂があります。これはカップルや家族連れにも嬉しいですね。

雲仙よか湯さんは公式HPによりますと、そもそも入浴料金が大人¥450と激安なうえ、


● 貸切家族湯(1時間・1部屋)

貸切料 ・・・・・・・・・・ 1,100円(税込)

大人 ・・・・・・・・・・・・・・ 550円(税込)

子供 ・・・・・・・・・・・・・・ 230円(税込)

となっているようです。安いですね。

若年層のカップルさんでも利用しやすい日帰り温泉施設です。


宿泊用客室のほか、コンドミニアムもあるようですのでお問い合わせされてみてはいかがでしょうか。


なお、長崎市とは車で75分ほどの距離にありますので、長崎観光と温泉を組み合わせ易いですね。

雲仙よか湯の動画

詳細情報

長崎県のおすすめ温泉~小浜温泉編

全国的なネーミングバリューでは雲仙温泉郷に若干遅れを取る印象がある小浜温泉ですが、実はとってもいい温泉。


美しい橘湾を見ながら入る温泉は最高です。


夏も冬も、素晴らしい景色を見せてくれますよ。

①海鮮と絶景の貸切露天風呂を満喫【旅館ゆのか】

小浜温泉といえば、温泉湧出量と源泉温度(105℃)が日本最高レベルと評される温泉です。

長崎でも有数の穏やかな湾、橘湾を目前にするロケーションから、海鮮系のグルメが充実した温泉旅館が多いのですが、筆者が超絶おススメするのがコチラの旅館ゆのかです。


なぜかってまず価格が安い。おおよそ価格帯は一万円台前半~二万円台前半(1名)といったところ。源泉かけ流しの半露天風呂付客室を利用したとしても二万円とちょっと。

そしてお料理が素晴らしい。

海の幸をふんだんに使ったお料理が食事処でいただけます。

筆者がお伺いしたときは伊勢海老やあわび付きのプランでしたので、それはもう贅沢させていただきました。

海の幸でお腹がはちきれそうになる幸せを味わってみてください。

そして温泉が素晴らしい。宿泊者は貸切露天風呂が空いていれば予約制(1回50分)何回でも無料。これはカップルや家族に嬉しいサービス。


泉質はナトリウム塩化物泉、いわゆる潮湯なのですが、いつまでたっても湯冷めしない。

体はポカポカです。当時、ちょっとした擦り傷があったのですが、めちゃくちゃ染みましたね~。でもすぐ傷も治りましたし、いい泉質なんでしょうね。

この露天風呂から見る橘湾は、朝も夜も最高です。

湯船につかって水平線を見れば、橘湾に浮かんでいるような解放感が得られます。


長崎の潮湯系温泉では個人的にナンバーワンだと思います。

旅館ゆのかの動画

詳細情報

住所:長崎県雲仙市小浜町北本町905-26


旅館ゆのかのマップなどの詳細情報はコチラです!

②無料で利用できる日本一長い足湯【ほっとふっと105】

小浜温泉の源泉温度105℃にちなんで作られた無料の足湯。日帰り温泉とは言い難いかもしれませんが、何せ無料ですからね。日本一の長さを誇ります。


源泉かけ流しを足で満喫できますし、何よりカップルや家族でも着衣のままなので利用しやすい。小浜をぶらぶらして長崎市内に宿泊し、稲佐山の夜景を見たりいうプランもありじゃないかなと思いますね。


無料駐車場もすぐ近くにありますし、高温の源泉を利用した蒸し釜も体験できます。

ほっとふっと105の動画

詳細情報

住所:長崎県雲仙市小浜町北本町905-71


ほっとふっと105のマップなどの詳細情報はコチラです!

長崎県のおすすめ温泉~稲佐山温泉編~

実はあまり知られていませんが、長崎市内にもいい温泉があるんですよ。


長崎有数の観光名所、稲佐山に湧く温泉。

絶景と長崎の街並みを見下ろす解放感がカップルに最高のシチュエーションを与えてくれます。


心地よい潮風と温泉の組み合わせは最高ですよ。

①稲佐山の絶景温泉を堪能【大江戸温泉物語 長崎ホテル清風】

今や日本各所にある大江戸温泉物語チェーンだけに、なんで!?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、ここはホントに良かったです。


まずは価格!

一泊の価格目安は一室二名利用で一万円台という安さ。

そのかわり、布団敷きやお茶出しなどのサービスは一切なく、仲居さんがついてくれるというようなこともありませんが、これはこれで合理的。

次にアクセス。

長崎市の観光名所でもある稲佐山にありますので、一日長崎グルメや名所めぐりをした後チェックインできます。

そして稲佐山からの景色と夜景が素晴らしい。

昼は長崎港に行き交う船と青い海が素晴らしく、そして夜は100万ドルの夜景が楽しめます。


長崎といえば夜景、夜景といえばカップルですから。

温泉だけでなくお部屋でもとんでもなく美しい、稲佐山からの夜景を楽しむことができるのです。長崎稲佐山の夜景、ぜひ一度見てほしいですね!

「夜景でうっとり、君にもうっとり」なんていう雰囲気になれちゃうわけです。

これだけで男子はウハウハなんじゃないかと(笑)

お若いカップルにおすすめ。稲佐山効果は絶大ですぞ。

温泉からの景色は本当に素晴らしいです。

長崎の温泉でひょっとすると一番じゃないかなと思います。卓球やカラオケ、ダーツなんかもありますからぜひカップルで楽しんでほしいですね。


泉質は塩化物泉。まったくクセのないお湯。かけ流しではありません。泉質より稲佐山からの景色。そういう温泉です。

朝食、夕食ともバイキングです。

何より感動したのはこのお刺身。バイキングのクオリティでは到底ありません。

ヒラス(ヒラマサ)の腹身、脂がのっているのに食感がよく最高でした。

飲み放題もありますので酒豪の方はぜひどうぞ。


長崎ご当地名物のレモンステーキや五島うどんなどもあり、とっても楽しめるバイキングです。

稲佐山からの景色も楽しめるレストランでいただきました。

バイキングなのになかなかクオリティが高かったですね。

大江戸温泉物語グループってこんなにイイんだなと思いましたよ。

驚かされましたね。


デザートコーナーにはハーゲンダッツのアイスもありました。

カップルなら彼女さん、ご夫婦なら奥様も大喜び間違いなし。

客室もとても広く、窓からも稲佐山から長崎市内の景色を一望できる素晴らしいものでした。

稲佐山展望台まで行かなくても、カップルで二人だけの景色を楽しめますよ。

大江戸温泉物語長崎ホテル清風の動画

詳細情報

②手ぶらで楽しめる日帰り温泉【稲佐山温泉 ホテルアマンディ】

こちらは名前のとおりホテルですが、日帰り入浴にとても力を入れておられる施設です。

大人¥800の入館料で手軽に稲佐山からの景色と温泉を楽しむことができます。

画像は内湯のものです。

フェイスタオルの販売やバスタオルの有料貸出もあり、手ぶらでもOKというのが嬉しい。

男女入れ替え制で「バリ風」「和風」が入れ替わるようですね。

筆者が入浴したのはバリ風のほうでした。カップルでお互いの感想を言い合うのも楽しいかも。


やはりこちらも泉質より景色。

泉質は塩化物泉でクセがないのですが、悪く言えば特徴がない、そういうお湯。

ジェットバスもあって、いわゆるヘルスセンター感が強い設備だと思いました。

筆者が入浴したバリ風露天風呂は、標高が低いためか少し景色のインパクトが弱かったです。

でもね、他県でなかなかこの解放感は味わえないと思いますよ。


坂の街長崎だからこそ。さすが稲佐山。

脱衣場は広いし収容人数はかなりのものだと思います。

清潔感もまずまずありました。

もちろんドライヤーや最低限のアメニティ系はありました。

筆者は宿泊もしましたので部屋の画像もアップしておきます。

広いですが、ズボンプレッサーがなくビジネスユースには不向きだと感じました。

靴もロッカーに入れてカギを預けるので、メンテができなかった。


安いプランで宿泊したので、部屋からは稲佐山の夜景は見れませんでした。

当然ですが。

ベッドが大きかったのはナイスでしたね。

ビリヤードやカラオケ、卓球があってカップル・家族で行っても楽しいでしょうね。

レストランも景色が楽しめるところでいい雰囲気でした。

筆者は朝食をいただきました。

けっこうこだわりがあって、地元食材をしっかり使ったものでした。


筆者のブログをご参照ください。

稲佐山温泉 ホテルアマンディの動画

詳細情報

長崎県のおすすめ温泉~県北エリア編~

佐世保、平戸などの長崎県北部エリアはそもそも温泉じたいが少ないのですが、筆者が実際に入浴、宿泊したホテルをご紹介いたします。


ド迫力の佐世保バーガーや平戸の美しすぎる海など、観光と合わせて温泉をお楽しみください。


もちろん、カップルにもおススメですぞ。

①海きららに近い【九十九島ベイサイドホテル&リゾートフラッグス】

長崎市中心部からは離れますが、佐世保市の温泉ホテルをご紹介いたします。

ちなみに、長崎市中心部から佐世保市中心部までは1時間30分ほどの距離。


正直佐世保エリアには温泉が少ないです。このホテルも平戸温泉からの運び湯ですが、佐世保の水族館「海きらら」に近いので便利なホテル。


しかも価格帯は最安値なら朝食付きでも一泊一人¥5,000くらいからというリーズナブルさが売りです。ご家族でもカップルでも、正直安いというのは魅力ですよね。

宿泊した際はツインルームをシングルユースで使わせていただきました。

ホテル名のリゾートという名前に偽りなく、快適な空間でした。

狭すぎず広すぎず、カップルでの利用などには最適なお部屋じゃないかと思います。

温泉はナトリウム・炭酸水素泉で柔らかいお湯です。

佐世保エリアで温泉に入れることがありがたいですね。

申し訳程度に半露天風呂もありました。

秋から冬にかけては外の寒さと温泉の温かさを味わえるのでいいと思います。

浴槽が小さいのが玉に瑕ですが。

朝食はレストランでいただきました。

けっこう品数が多くて充実したものでした。

リーズナブルのに嬉しかったです。


朝食の詳細は筆者のブログをご覧ください。

詳細情報

②カップルや家族でリーズナブルに【平戸千里ヶ浜温泉 ホテル蘭風】

長崎県平戸市は長崎県の北端に位置する街で、決して温泉が有名な街ではありません。

平戸千里ヶ浜温泉ホテル蘭風は平戸千里ヶ浜温泉唯一の温泉旅館です。


このホテルは言わずと知れた湯快リゾートの運営ですので掲載しようか迷ったのですが、価格が安いうえにとっても内容が充実していたので今回ご紹介させていただきたいと思います。

筆者は一室4名利用、一泊二食付きで一泊一万円強で宿泊することができました。

安いので若いカップルや大家族でも利用しやすいと思いますよ。

温泉は炭酸水素塩泉です。

目前が千里ヶ浜海水浴場ということもあって見晴らしがよかったです。

泉質がどうこうというより、シーサイドの雰囲気を味わいながら体をほぐす、そういう温泉かと思います。

客室はまさにオーシャンビュー。

潮風を感じながらカップルで、ご夫婦でお酒でもどうですか?

稲佐山の夜景も長崎名物ですが、この水平線も素晴らしい。

夕食バイキングはお刺身あり、BBQありで大満足です。

家族連れなら子供たちも大喜びですよ。

平戸千里ヶ浜温泉ホテル蘭風の動画

詳細情報

長崎県のおすすめ温泉~その他もろもろエリア編~

いろいろな温泉を紹介してきましたが、ほかにもたくさん温泉があるんですよ。

最後にその他のエリアとして、東彼杵郡川棚町と諫早市の日帰り温泉をご紹介しましょう!

①大村湾を一望できる【川棚大崎温泉しおさいの湯】

長崎県北、佐世保市の少し南に位置する東彼杵郡川棚町にある日帰り入浴施設です。

この施設のキャッチコピーは「海の見える温泉」です。


波の穏やかな大村湾(小串湾)を眺めながらゆっくり入浴できます。

そして入浴料金が安い!

なんと¥600ですよ。

それから、カップルやご夫婦へのおすすめポイントが、家族湯があること。

入浴料金に+¥1,000で2人だけの空間を満喫できます。


泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素温泉。

クセのないお湯でお肌しっとり。

川棚大崎温泉しおさいの湯の動画

詳細情報

②天然温泉&ホットヨガが女性に嬉しい【諫早もとの湯】

諫早市と言えば長崎市の隣、交通や物流の重要地点としてガヤガヤしているイメージがあるのですが、諫早市でも少し奥に入るだけで自然あふれるのどかなエリアとなります。


そこに位置するのがこの「諫早もとの湯」です。

ココロとカラダの美を施設のモットーに営業されている日帰り温泉施設。

女性に嬉しいホットヨガやリラクゼーションなど、カップルで行っても彼女は大満足間違いなし。お食事処も充実しており、観光メッカの長崎市にも近いことからおすすめできる施設です。


入浴料金は大人¥670とお安いうえ、手ぶらセットでも¥950とお手軽なのが嬉しい。

泉質はナトリウム炭酸水素塩泉で、pH値が7.8なので肌にまとわりつく柔らかさがあります。

いわゆる美人の湯ってやつです。

詳細情報

長崎観光に温泉を組み合わせて癒しを楽しみましょう!

観光・グルメと魅力たっぷりの長崎県ですが、意外にも温泉が充実している県です。

カップルで、ご家族で長崎を歩き回って疲れた体をぜひ温泉で癒す、そういう旅を楽しんでいただけたらとっても嬉しいです。


長崎を含めた関西・九州のグルメ情報をまとめた筆者のブログはコチラ