Txmppmm3sffcpbzbprnk

インドネシア

CATEGORY | インドネシア

世界一簡単?インドネシア語の特徴と旅行で使える簡単フレーズを紹介!

2020.01.22

インドネシアで使われる言語はとても簡単。旅行前にもサクッと覚えることができます!半年あれば基礎をマスターできるとも。今回は、遠く離れた民族同士でも意思疎通ができるインドネシア語を中心に、インドネシアの言語について紹介します。

この記事に登場する専門家

Lpjhzj0vgkb8s3kpda0l

ジャカルタ近郊在住ブロガー

maple bozu

学生時代よりアジア・ヨーロッパを中心に放浪していた元バックパッカーが30代妻子持ちになって辿り着いた地はインドネシア・ジャカルタ。現地採用で働くブロガーが生の声をお届けします。

  1. インドネシアは住みやすい国?
  2. インドネシアでは複数の言語が話されている?
  3. インドネシアには沢山の言語があるがインドネシア語ができればOK
  4. 世界一簡単な言語はインドネシア語って本当?
  5. インドネシアでは簡単な言語の弊害がある?
  6. コレだけは覚える!旅行で便利なインドネシア語のフレーズ!
  7. インドネシア国内で英語は通じる?
  8. インドネシア国内で日本はどの位知られているか
  9. 新しく言語を覚えたいならインドネシア語がおススメ!
Mfqacd7h3tltufmhazno

みなさんこんにちは。インドネシア・ジャカルタ在住の現地採用のmaple bozuです。

インドネシアはインフラの整備もまだまだこれからで、住みにくいというイメージをお持ちの方が多いかもしれません。

実はインドネシアは住んでみると意外と住めば都で、快適に暮らせるのです。

その一番の大きな理由は、言語習得が簡単ということです。最初は聞き取りも難しく苦労するのですが、半年くらい経つと簡単なやり取りでしたら現地の方とインドネシア語は多少はできるようになるという方が多いです。

では、実際にインドネシアでは、どんな言語が話され、他の言葉は通じるのか国内の言語事情を紹介していきます。

引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/8f/Indonesia_Ethnic_Groups_Map_English.svg/1280px-Indonesia_Ethnic_Groups_Map_English.svg.png

インドネシアというのは、東西5110kmととても横に長く、大小合わせて13,466もの島からなる世界最多の島国です。

その為、多くの民族が共存しており、300以上の民族があり、言語は、語彙も文法も異なる言葉が、なんと500以上も存在しています。

ジャワ語、スンダ語、マドゥラ語、バリ語…それぞれの民族のそれぞれの言語が今でも使われています。同じ民族同士で会話する時は、インドネシア語ではなく、各民族の言葉が使われるそうです。

インドネシア語誕生の背景

B7wbra55vnbs48287xx6
引用: https://www.instagram.com/p/BpkFBUulsIM/

そのままでは、統一国家として成り立たないので、共通言語としてインドネシア語が誕生しました。

インドネシア語は、ベースになっているのは、マラッカ海峡で海上交易の為に共通語として使われていた海峡マレー語、すなわちマレー語の一種がベースとなっています。

戦後独立し統一国家となった際に、多数派のジャワ語を国語とすると一民族の支配国家となってしまうという観点から、どの民族にも属さない海峡マレー語をインドネシア語と定めて、国語として整備をしました。

ですので、インドネシア語というのは、日本語や英語のようにその国で昔から話された言語ではなく、第2言語として使われている歴史の浅い言語なのです。

その為、日常ではジャワ人はジャワ語を、スンダ人はスンダ語を、自分の民族の言語がいまでも優先して使われています。


Wpwniyvqc1zvd0z5w8tr
引用: https://www.instagram.com/p/Bo8gvsbAMIa/

沢山の民族、沢山の言語があるインドネシアですが、一部の地域をのぞいて、国語として学校でインドネシア語を教えていますので、多くの民族の共通語となり、ほとんどの方はインドネシア語を話せます。

インドネシア人の人たちは第2言語としてインドネシア語を習得しています。

インドネシア語はマレーシアでも通用する?

前述しましたが、インドネシア語は元々マラッカ地方の交易で使われていたマレー語の一つです。様々な国の人たちが行きかう港で、共通に理解できる言葉が必要だった背景から誕生した言語です。

ですので、マレー語とは語彙もかなり共通していて、多少単語の違い等はありますが、ほぼ通じます。

おそらく日本でいえば、標準語と関西弁程度の違いだと思われます。

現地の方に聞くと、話しているとお互いにインドネシア人か、マレーシア人かはすぐに分かるそうです。やはり要所要所のフレーズが違うそうです。

Nw0e0szlghnmnyenuzbt
引用: https://www.instagram.com/p/B6hC1p_pHo-/

インドネシア語は、世界一簡単な言語だということを言われます。

その為、ある程度年配の方でも、半年ほどすれば基礎的な意思疎通はとれるようになるので、新しく言語を覚えたい方には、うってつけの言語です。

インドネシア語が簡単だという主な理由は以下のようになります。

発音が簡単!記載はアルファベット

文字の記載は、アルファベットで、一部例外を除けばほぼローマ字読みと同じなので、アルファベット通りに読むだけで発音は、特別覚えることはありません。


タイやベトナムなど他の東南アジアみたいに独特の文字もないので、発音と筆記はすぐにクリアできます。

唯一困ることと言えば、英語由来の言語もインドネシア語読みのスペルに変わるので、英語とインドネシア語のスペルが混同してしまうことくらいです。

英語のcがkになったり、tがsになったりします。(例:collectionがkoleksi)

インドネシア語に慣れてしまおうと英語を書こうとしたときにうっかりスペルを間違えてしまうことが度々あります。

文法が簡単!

インドネシア語が簡単といわれる最大の要因は、文法の決め事が極めて少ないことです。


他の言語にあるような、過去形、未来形などの時制、男性言葉女性言葉、複数形単数形といった言語学習でつまずくようなルールがあまりありません。


過去の事なのか未来の事なのかどう判断するのかというと、「明日」という単語がついたら、未来の事、「昨日」という言葉ついたら過去の事と文脈で判断したり、会話の流れで判断したりと結構アバウトです。

唯一難しいのは、語幹がベースになって、接頭語、接尾語がつくと他動詞化、自動詞化、名詞化といったようなルールがあり、覚えるのが少し大変です。

ただ、語幹を覚えておけば、何となくの意味は理解できますし、話す時も語幹で言えばある程度は、通じます。


また、単語を並べる順番にも寛容なので順番が前後していても意味はある程度通じます。

Rkyyygacldbigflzmivo

言語を覚えるのが簡単というのは、学習者にとってとてもいいことなのですが、ある程度話せるようになって、より綿密な意思疎通を図ろうとすると困ることもあります。


細かいニュアンスを伝えることが難しくなってきてしまいます。日本語ならこの微妙に違うニュアンスを表現できるのに、上手く伝わらないなという場面がでてきます。


ただし、インドネシアでは基本的に細かい部分はあまり気にしないという文化があるので、言語もその文化が反映されているのかもしれません。


ミスコミュケーションしているのは、自分の語学不足と思っていたのですが、お店や会社で、インドネシア人どうしでも頻繁に意思疎通ができていないことがあるので、大雑把なのがインドネシア語の特徴でもあるようです。

明日や昨日という言葉のとらえ方に注意

大雑把なのがよく表れているのが、「昨日」や「明日」という時間を表す単語です。

日本語なら当然、昨日は1日前、明日は1日後なのですが、インドネシア語は違います。

昨日という意味のkemarin(クマリン)は、昨日よりも前の事を言います。つまり、1日前も1週間前も昨日という表現になってしまいます。

明日を意味するbesok(ベソック)も翌日という意味だけでなく、何日後でも「明日」のひとくくりになってしまいます。


日本人と感覚が大きく異なる部分ですので、期限等の確認は特に注意が必要です。「明日やります」と言われたからと言って翌日やるとは限らないので、日付をしっかりと確認するといった意識が必要になります。

Go8wlkzd9tzlaxpxqgne
引用: https://www.instagram.com/p/B6mDBkuHaZg/

それでは、実際にすぐ使える簡単なインドネシア語を紹介します。

発音も簡単なので覚えるのも簡単です。

旅行前にサクッと覚えておきましょう。


インドネシア人の人たちは、インドネシア語で話しかけるととても喜んでくれるので、積極的に使ってみましょう。

挨拶

挨拶は朝、昼、夕方、夜によって変わってきます。

一つ注意するのは、夜というのは0時まで。0時を過ぎると朝の挨拶になります。

日本人からすると夜中に「おはよう」というのは、違和感を感じますが、正しい使い方になりなります。


  • selamat pagi(スラマッパギ)「おはよう」0時から10時くらいまで
  • selamat siang(スラマッシアン)「こんにちは」10時から16時くらいまで
  • selamat sore(スラマッソレ)「こんにちは」16時から18時くらいまで
  • selamat malam(スラマッマラム)「こんばんは」18時から時くらいまで


顔見知りになり、親しい間柄になるとselamatを省略して、pagiやsiangと挨拶するようになります。

お礼

ありがとうは、「terima kasih」(トゥリマカシ)です。

挨拶同様に省略して「makasih」(マカシ)というとよりフランクな感じになります。

ありがとうに対してどういたしましては、「sama sama」(サマサマ)です。とても覚えやすいフレーズですね。

問題ない!

南国特有のゆるーくおおらかな「問題ない」という言葉は、インドネシアを象徴するようなフレーズです。


問題ないは、「tidak apa apa」(ティダアパアパ)といいます。

tidakは英語のno、apaはwhatにあたります。こちらも独特な響きが覚えやすいですね。

インドネシア人の人たちは、良くも悪くも何かあっても、「tidak apa apa」の一言で片づけてしまいます。よく使われるフレーズなので、耳にする機会も多いと思います。


まけて下さい

Eag7doufp62oggkpqvgc

買い物で覚えておくと便利な言葉です。

まけて下さいは、「boleh diskon?」(ボレ ディスコン)といいます。

お土産屋さんなどでは、予め値段が上乗せされてる場合もありますので、値引き交渉はしてみる価値があります。インドネシア語でお願いすれば、値引きしてもらえる確率もあがるかもしれません。

Yirifg7dzesjbyb927je

インドネシア内でも、バリはかなり英語が通じます。ほぼどこに行っても英語で話しかけられます。ジャカルタも英語を話せる人は多くいます。また英語を使いたいという人も多いようで、カフェの店員さんも英語で話しかけてくることが多いです。

ただし、インドネシア訛りが強い方が多いのも特徴です。インドネシア語はローマ字読みしている単語が多いので、英語も同様にローマ字読みされています。またrの巻き舌が強く日本人には聞き取りにくいのが特徴です。

Iadexiwruaviaoelwek2
引用: https://www.instagram.com/p/B6acZ0hBWC-/

インドネシアは親日国家と言われており、車、バイクや家電メーカーなど多くの日本のものが浸透しています。また、若い人の間では、ナルトやワンピース、ドラえもんなどアニメが大きく影響を与えています。

日本語を話せる人、学習している人も、一定数います。「こんにちは」「ありがとう」など簡単な言葉はいろいろなところで聞くことができます。

車、バイクは90%が日本メーカー

インドネシアにいると多くのトヨタをはじめとした日本車や、ホンダやヤマハなどのバイクを見かけます。日本メーカーのシェアは、なんと90%以上。

多くの日系企業も進出しているので、日本と何らかの関わりがある人も結構います。

MIYABI?

D1iamjtcbm5utww7gsct
引用: https://www.instagram.com/p/BdxAxdhFbvd/

男性に限った話になってしまうのですが、現地のインドネシア人男性に「MIYABI」というとみんな大喜びします。

その理由は、元AV女優の小澤マリアが、インドネシアでMIYABIという名前でセクシータレントとして活躍しているそうです。

男性の認知率はおそらく100%!ミヤビというと、みんな嬉しそうに食いついてきて、「知ってるのか?」などと質問攻めにあいます。現地の人と打ち解けるには、間違いなくこの言葉が一番効果的です。

どこに行っても男性は同じですね。

B3nnlpdr6ihb8lylhzpf

というわけで、インドネシア語を中心にインドネシアで話されている言語についてご紹介しました。

インドネシア語は他の言語に比べて本当に難易度が低く、敷居が低いのでこれから覚える言語としておすすめです。英語やその他言語で挫折してしまった方でも、しばらく勉強すれば気持ちがいい位に通じて、外国語を話しているということに喜びを得ます。

ジャカルタなどだけでなく、バリ島もインドネシア語は全く一緒ですから、観光で行く方も事前に少し勉強してから行くと、楽しさ倍増することでしょう。

ぜひインドネシア語に触れてみて下さい。

筆者のブログはこちら

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/B6iZyv3At4C/