Gy5x93q62vykxuazm5me

韓国

CATEGORY | 韓国

韓国・チェジュ島が誇る性のテーマパーク「ラブランド」に潜入!大人のインスタ映え間違いなし!

2020.01.02

皆さんインスタ映えスポット、探してますか?もしいいところが見つからないとお悩みなら、オススメしたいとっておきの場所があります。それは済州島のラブランド!友達に羨ましいと思われるかどうかは別として、インパクト最強の写真が撮れまくることは確実。韓国が誇る性のテーマパークへ、いざ大人の社会見学へ!

この記事に登場する専門家

Peevnwgzduhoivsjteoe

編集者、ライター、翻訳者

もがき三太郎

都内の出版社で男性誌、シニア向け一般誌など複数媒体の編集長を務めた後、40にして日本脱出。現在は中国の雑誌社に勤務しつつ主にエロ方面で日本国内のメディアにも寄稿している。

  1. チェジュ島のラブランドは韓国初の「性のテーマパーク」
  2. 風光明媚な観光地・チェジュ島になぜラブランドがあるのか?
  3. チェジュ島・ラブランドへの行き方
  4. チェジュ島・ラブランドには日本語ホームページがある!
  5. チェジュ島・ラブランドの料金と開園時間は?
  6. 見るべきは屋外オブジェ!チェジュ島・ラブランドのアダルトアート
  7. インスタ映えお手本編!チェジュ島・ラブランドではこう撮るべし!
  8. 【まとめ】チェジュ島・ラブランドを訪れてオープンな性を考えるキッカケに!
Ouizzqsjefdlsmdudlpe

アニョハセヨ、中国在住編集者のもがき三太郎と申します。


韓国は儒教の伝統が色濃く残る保守的なお国柄。特に性に関して言えば、何かと緩い日本に比べると決してオープンな国ではありません。


ところがそんな韓国に、アジアでも屈指の規模を誇るアダルトテーマパークがあります。それがチェジュ島の「ラブランド」です。

Dpvqujosamv54xaz0xkg

性がお題のテーマパークと聞くと、日本人なら真っ先に秘宝館を思い浮かべるでしょう。


ざっくりカテゴライズすれば同類には違いありませんが、ラブランドはだいぶ趣きが違います。とにかくデカい、そしてあけっぴろげ!秘宝館のような妖しさは微塵もありません。

Ks9srs0phubfg9ep4haq

園内にはやたらと写真映えする(と思うかどうかはその人次第の)オブジェが乱立し、見どころいっぱい。インスタに上げまくれば、友達に驚かれるどころか心配される可能性すらあるほどのインパクトを誇ります。

Vfartzrkw21jprhg4ty2

ラブランドは単なる面白観光地ではなく、本来はカップルのための場所。そもそもチェジュ島は少し前まで、韓国人にとってハネムーンの定番スポットでした。

Woxlsfw4wzfzqhhwax56
引用: https://www.instagram.com/p/BA1EtNcGQQY/?utm_source=ig_web_copy_link

新婚旅行でチェジュ島を訪れた夫婦に興奮を与えたい…との願いが込められているかどうかは知りませんが、実際カップルで来ている人は少なくありません。

Nnzwb6m02tq8chfckenz

そんな場所に自分は男一人で行ったわけですが、それはそれで楽しめます。むしろ女子旅にだってオススメ!とまでは断言できないものの、ここではラブランド行き方から見どころまでをズビズビっとご紹介!

Tpwwdkfc7apqdysmy8sp

何と言っても韓国は近い国。日本からチェジュ島への直行便はソウルや釜山に比べれば少ないとはいえ、日韓関係が緊張中の今、観光客は減りまくりで安い便なんぞいくらでも見つかります。


チェジュ空港に着いたらホテルにチェックインして、タクシーを拾いましょう。市内の渋滞状況にもよりますが、チェジュ空港からなら20分もあれば着くはずです。

Vy3x6bmk5okcx7qb7sez
引用: https://www.instagram.com/p/B02Lo-hnFIV/?utm_source=ig_web_copy_link

チェジュ島のタクシーは日本語が話せる運ちゃんも結構います。自分が乗ったのは英語も通じないドライバーでしたが、「ラブランド!」と行き先を伝えると、運転手のおっさんが無言でニヤリと笑顔を浮かべたのが印象的でした。

なお、帰りの足が心配な方はタクシーの運転手と連絡先を交換しておく、時間を決めて迎えに来てもらうなどの対策を忘れずに。

土日であればそれなりに観光客もいるので、来場者が乗ってきたタクシーを拾うという手で市内に戻ることも可能です。

Csez3o3x9q8yt9maxtmk

観光客数では中国に抜かれましたが、日本人の旅行者とてまだまだ多いチェジュ島。ラブランドには日本語サイトも用意されています。

サイトには「国際自由都市である済州(チェジュ)の位相を高める新しい観光スポット」との記述があります。


さらに園内では『ペニス木彫り展』『大人のおもちゃ展』『性についてのぶっ飛んだ想像展』が常設されているという説明も。


「むしろ位相、低めているのでは…」というツッコミは野暮というもの。性にまるわるアートを真摯な気持ちで体験する場所なのです(たぶん)。

Wbby8dsrcc7qnlrzig5p
引用: https://www.instagram.com/p/Bl-wEj-HBSY/?utm_source=ig_web_copy_link

入場料は12000ウォン(1000円ちょい)と、日本の秘宝館などに比べたら割とお値打ち価格と言えます。


また、開園時間は朝9時から夜12時までとやたら長いのも特徴です。

Cct7ukjc5alop4vjkzhr

ちなみに18歳未満は入場禁止。ラブランドは大人になってから!ということなのですが、そもそも園内で見かけるのは結構年くってる人ばかり。大人のフリしてこっそり入ってきている中学生や高校生など全く見かけません。

チケット売り場で入場券を買い、中に入るとまず見えてくるのは野外展示場です。

Xwsslrgovptf9livlnkb

「お入りになるところ」の表記。筆者は1年だけ朝鮮語(韓国語と微妙に違う)を学んだ経験があり、ハングルがギリギリ読めます。というか2つの「矢印」で方向が違う気も。

Omozioh89uh33rvwvbcy

眼前に現れるのは箱根彫刻の森美術館を彷彿とさせるオブジェ群。ただし現代アートと違って主張はストレート。何を表現したいのかひと目で分かるのが特徴です。

Xqjfdb2mnku3wg1kzeyp

こちらは屋外トイレではなく手洗い所を兼ねたアート。あまり利用したくない気もしますが、こちらのおっさんは興味津々の様子でした。

Grnnz22jtyw82sdoslm3

ハンドルを回すと動く体験型アート。結構痛みが目立つのもまたいい味を出しています。

B6ovopw6t14vphmyrgme

「日本人はこうやってやるんだよ!」と言わんばかりの白亜の彫像。


なお、写真中の説明板はハングルと英語だけですが、現在は日本語も加えられています。やはり日本人も結構行っているということなんでしょう。

Cla1yhjdnyzvucnrrjtx

オブジェを眺めるだけでもいい思い出になりますが、できればこのカップルのように楽しみ方を工夫したいもの。撮影しまくるなら三脚はマストです。

行ったつもりになれるパノラマビューでラブランドの模様をお届け。卑猥な像がある以外はいい感じの自然公園なのですが…。

芸術が爆発!チェジュ島・ラブランドに来たら必見(?)のペニスアート

ラブランドは一応アートスペースということで、性にまつわる芸術作品も多数展示されています。そのひとつがこのペニスを題材とした連作です。

Xmbgvvmtrdpyse48kqb7

直訳で「兄貴の刺青」。モザイクタイルで色彩豊かなペニスを表現しています。

E6lacrnxmmq4sorg1jk9

ターミネーター・ペニス。電気を流したら爆発しそうですが、とりあえずスイッチは見当たりませんでした。

チェジュ島・ラブランド内には性がテーマの美術館も!

野外展示を堪能したら(もしくは飽きたら)続いて美術館へ!

Hhgx5pxkqhf8hvpxshu4

「性に対するぶっ飛んだ想像展」の案内板。心配せずとも全く「ぶっ飛んだ」内容ではないので、恥ずかしがり屋の方でも安心!

Gbzncocnamznwxz2kdqc

「何と、これは…!」という驚きは特段なく、なんだかほのぼのする展示内容です。

Saehelsieulmh1i8mo0k

さまざまなエロシチュエーションが展示されています。淫靡な感じはなく、むしろ可愛さを感じてしまうほど。

Petngphdzcle7gpoyasb

こちらは大人のおもちゃ展。日本が誇るTENGAも見られます!「だからどうした」と突っ込まれると困りますが…。

ここまでご覧いただいて「どこがインスタ映えスポットやねん」と感じた方もいるかもしれません。そこで世界中のインスタ愛好者たちがラブランドで生み出した作品を一挙ご紹介!

Ccvh6wwjbxtnzestdw6q
引用: https://www.instagram.com/p/B0YhDsPH78S/?utm_source=ig_web_copy_link

ペニスに抱きついているだけなのになぜか絵になるお姉さん。玉、踏んでる!


これがおっさんだとかなり大問題ですが、ここで紹介しないだけで実際にはオヤジもかなりいます。

Fa0bueyvrdovlgizkg96
引用: https://www.instagram.com/p/Bz5DhrRgYaT/?utm_source=ig_web_copy_link

こういう場所では恥ずかしがらずに思いっきり楽しむのが正解!ということが写真から伝わってくる一枚です。

Ok6qzmeai5fcszefhsta
引用: https://www.instagram.com/p/B4hngjsiWXt/?utm_source=ig_web_copy_link

中にはオブジェより本人の方が圧倒的にインパクト抜群な方も。

Bzktnrsu0e4f8bdnu678
引用: https://www.instagram.com/p/BxRRSkXD9Hd/?utm_source=ig_web_copy_link

ラブランドには世界中から謎の痴女、もとい性にオープンな女性がやってきます。

Xhefqiiv76xmkqj9sers
引用: https://www.instagram.com/p/Bxl7hp9JhkR/?utm_source=ig_web_copy_link

珍スポ巡り好きな日本人はたくさんいますが、ここまでできる人はまれ。やはり外人さんは突き抜け度が違います。

B9xh813ipvwnaqxcvqqm
引用: https://www.instagram.com/p/BpjyzX2nBrL/?utm_source=ig_web_copy_link

表現の仕方は人それぞれ。せっかく面白スポットに行く以上、これくらいアクセル全開の写真に挑戦したいところです。

皆さんもうお分かりの通り、ラブランドは性がテーマパークといいながらエロさは皆無。あくまでもオープンに性文化を満喫する場所なのです。

Y5w2h1vqtl5lsfzpkvtk

それゆえに、女性の一人旅であったとしても、何も身構える必要はありません。珍スポットとして楽しむもよし、ここでご紹介した外人さんたちに負けじとインスタ映えを狙うのもまた一興です。

Xel0thqugxy8brpimbv5
引用: https://www.instagram.com/p/BocCoCKHdYI/?utm_source=ig_web_copy_link

園内を巡っていると、開かれた性とは何かということを考えさせられます。やはり性というのはある程度「秘め事感」が必要なのでは、いやこれくらいオープンであるべきだ等、人によってさまざまな感想を抱くことでしょう。


そんな問題意識を持たない方でも、運がよければインスタ映え狙いで激しいポーズに挑戦中の人に遭遇できるかもしれません。訪れる目的はあくまで自由!ぜひチェジュ島に行った際は、タクシーをぶっ飛ばしてラブランドへ!

他の韓国記事もチェック!