Ycozzpyimhkrymsv3z9e

男女のお悩み

CATEGORY | 男女のお悩み

【風俗嬢の体験記】女子高生時代に巻き込まれた乱交体験談を暴露!バイトの先輩たちの手と肉棒が顔やアソコに…!

2020.03.30

女子高生が超エッチな複数人との乱交体験談です。3P、4Pといったセックス体験で女性ひとりに対して複数の男性による乱交パーティ初体験のお話です。男性との関係は先輩と後輩という関係でバイト仲間。バイト先の送別会で二次会が乱交だった話です。

この記事に登場する専門家

J4gp4mquvbximdoth6ez

風俗4年目夜遊び女子

アブノーマル子

日本は夜遊びの選択肢がいっぱいです!出会い・ナンパスポットもたくさんありますね。夜遊びするうちにカセが外れてメンズエステ・デリヘルなど経験して男性の気持ちいところは知り尽くしていると自負します!そんな私がよく出没するスポットや、今までの夜遊び・仕事で得た経験を元に夜のテクニックも発信します!

  1. 高3の時に乱交に巻き込まれた体験談
  2. 二次会は女子二人と男子四人の乱交パーティ
  3. もうろうとする意識の中で運ばれたのは乱交部屋?
  4. 愛撫と挿入の繰り返しで乱交?
  5. 乱交で先輩が突然イクから精液たっぷりあびた
  6. 憧れのD先輩との超恥ずかしいセックス体験
  7. 初乱交で初潮吹き体験
  8. 複数プレイは思いやりの心が超重要!

こんにちは!アブノーマル子です


私が高校生だった頃に遭遇したハプニングは、完全にオトナの世界だと思っていた乱交です。


乱交に巻き込まれるってどういうこと?って思うあなたに、実際体験した私がステキな二次会での乱交パーティ体験を告白します。

高校3年間頑張ったバイトの送別会

進学先の大学も決まったことで、ウキウキの2月のことでした。

まだ雪が残る寒い時期。


私のバイト先では進学や就職が決まったということで、お祝いも兼ねての送別会をすることになりました。


メンバーは進学組5人と就職組の5人、それに店長も合流しての楽しい送別会でした。

二次会に強引に誘われて

まだ高校生だしお酒はダメ。飲める大学生の先輩がうらやましかったですね。


送別会は店長の粋な計らいで、結構豪華な食事会って感じでした。


ほろ酔いの先輩たちに、食事中ずっと二次会行こうって誘われてたんです。

でも豪華な食事でお腹いっぱいになって、時間も遅くなっちゃったので高校生メンバーは帰ろうって話をしてました。


意見も一致したことで帰ろうとしたら、ひとりいない・・・。私をバイトに誘ってくれた友人のSちゃんです。


Sちゃんは私の腕を結構キツくひっぱってきて、一緒に帰ろうとしていたメンバーに笑顔で手を振ってバイバイしてました。


「なに?Sちゃんは帰らないの?」って聞くと二次会行くよ!って言うんです。


帰宅メンバーに後ろ髪ひかれた状態なので、かなり強引に引っ張られたって感じなんですけど。


二次会ってどこに行くんだろうって思ってたら、なんとB先輩のお家だって聞きました。


B先輩は送別会メンバーの中でも一番遊んでいそうなイケメン。お金持ちだってバイト仲間から聞いていてちょっと半信半疑でした。


二次会メンバーはかなり少なくて、女子はSちゃんと私の二人だけ。ちょっと心細かったですね。


男子はB先輩とJ先輩にF先輩、そして私が密かに憧れてたD先輩の4人でした。

ジュースとミネラルウォーターとSちゃんの行方不明

タクシー乗り合わせで到着したB先輩のお家は、いかにもお金持ちって感じのタワマンでした。


Sちゃんと「おじゃましまーす」なんて言いつつ、お部屋探検して遊んでいたんです。

だってお酒飲めないから。ほろ酔いの先輩たちの話に何となくついていけなくて・・・。


J先輩は気を利かせてくれて「ジュース買っておいたよ」って言ってくれたので、Sちゃんと超感激してました。


B先輩が「口直しにミネラルウォーター飲む?」なんて手渡されて、甘いジュースの合間に飲んでいたんですけど。


あれ?Sちゃんが・・・いない?


眠剤の入ったミネラルウォーターだった?

「Sちゃん、まだお手洗いかな?」なんて言いながらミネラルウォーター飲みつつ、先輩が用意してくれたお菓子を食べていた時に急にフワっとした感覚になったんです。


何だか、ちょっとだるい気もするし、きっと食事会で店長に気を遣いすぎたのかなって思ってました。


塩味のお菓子のせいか喉も乾くしミネラルウォーターを飲み続けていたら、フワフワ感が止まらなくって。


隣に座っていたD先輩が何となく何重にも重なって見えてきて、何か話しかけられたけど正直聞こえませんでした。


そのまま意識が飛んだ・・・というよりは意識は何となくあるけれど身体が言うことをきかないんです。



一瞬意識が飛んだみたいで、気づいたら何となく身体がユラユラする感覚に目を開けてみたんです。


先輩たちが私を運んでる?お酒飲んでないのに酔っ払い扱い?どういうこと?


次に気が付いた時には薄暗い別室にいました。


先輩が布団をかけてくれていたみたいで、私は体調が悪くなったのかなって思ったりしてたんですよね。


なんとなく寝返り打った時に、Sちゃんの笑い声が響いていたから少し安心できたんですけど、肝心なSちゃんの姿は近くにいなくって。


布団から顔を出していたら目の前にF先輩がいてちょっと焦りました。


もっとびっくりしたのは、後ろからB先輩の「ね、楽しまない?」って言うささやき声がしたことです。


一瞬どういうことなのか意味がわからなかったけれど、Sちゃんが笑ってるってことは楽しいことしてるんだって思いました。

先輩の手が伸びてきてモゾモゾ

Wjgm6nyfmxvb2mpxkeuz

B先輩が後ろ側にいて前にはF先輩がいるってことは、今って川の字になって寝てるってこと?


それにさっきから後ろ側でモゾモゾするんですけど。


まだ感覚的にフワフワモードだから気のせいかな?って思いながらも、手探りでモゾモゾのあたりに手を伸ばしたら掴まれちゃったんです。


モゾモゾの正体はB先輩の手で、私の手を軽く引っ張りながら「ちょっと脱いじゃおっか」なんて言いながら、スカートの後ろのジッパーを下ろされてました。


待って・・・なんて言えるほど意識がハッキリしてなくて、気づいたらB先輩が私のお尻を直接揉んでいたんです。


ちょっとF先輩も寝てるのに・・・なんて思ってる間に布団の中で私はハダカになってました、


二人の先輩におさえつけられちゃった

いつのまにかハダカのままで寝てたみたいなんです。


息苦しさを感じて目を開けたら目の前にB先輩の顔があって、これってキスされてる?ってことに。


普通なら飛び起きちゃうところですが、眠気のせいかトロンって感覚の中で「どうしよう、恥ずかしい」って意識では思ってるんですよね。


違う方向からのモゾモゾに気付いて、手探りしたらF先輩の手が私の胸を触ってました。


「大丈夫、優しくするから」って聞こえたんですけど、するって何を?うまく言葉にならないんですよね。


Sちゃん!どこ?って言いたいんだけど、うまく言えなくって「どうしよう」が頭の中でグルグル状態。


B先輩?お尻に硬いモノがあたってるんですけどコレって・・・。


イヤ!ちょっと待って!かすかに声になったんですが、Sちゃんの笑い声にかき消されてしまいました。


今の私って両手がふさがってる?なんて困った状況に。


F先輩が私の胸にキスしてて、B先輩が「これ、どうしてくれるの?」って言うので振り向いたら目の前に大きな肉棒がありました。


「こんなに大きくなったからさ・・・」の後は聞こえません。なぜなら私の口の中にB先輩の太くて硬い肉棒が入ってきたから。


うぐぐぐっ


声にならない叫びを無視するかのように、F先輩が私におおいかぶさってきました。


「かわいいよな、お前ってさ」


二人に手を抑えつけられてるからどうしようもなくって、ちょっと待ってって声になるはずもなく。


B先輩の大きな肉棒が口いっぱいに入ってて声にならないんです。


同時にF先輩が私のアソコをまさぐりながら、指でクリトリスを触ってきました


「すごく濡れてるね、感じてきた?」


F先輩がそう言ったと同時に、ゆっくり私の中に入ってきたんです


うぐぐぐぐっ


声にならなくて苦しいのは、B先輩が私の口の中で肉棒を動かしてるからでした。

Sちゃんがやっと見つかったけれど

布団の代わりにF先輩が覆いかぶさる形になってました。脚も両側に開かされてピストン運動が続いてます。


少し薄暗い部屋・・・だけどこんな状態をD先輩に見られたくない!


薄暗い部屋でも目が慣れてくると、先輩たちのシルエットが見えるんです。


Sちゃんがいた!いたのはいたんですけどね。


Sちゃんの頭が上下に揺れてる?そ、それってD先輩にフェラしてるってこと?


加えてSちゃんはバックでJ先輩に突かれてるんです。


ってことは、私たち乱交してるの?

2対1状態が把握できてイヤラシイ音も聞こえた

私は相変わらず抵抗できないまま、B先輩の肉棒を口に入れたままです。


F先輩の肉棒は下の口に受け入れてます。


薄暗いシルエットながらもD先輩に見られてるって気づいて、急に顔が熱くなってきました。


たぶん真っ赤になってるはずです。


超恥ずかしいからD先輩、見ないでお願い!心の中で叫び続けます。


F先輩のイジワルなのか、ちょっと突き上げるような動作をしてきた時です。


くあっ!!!!


私は声を出してしまいました。それもスゴイ感じたままで。


「すごいエッチな声だね、そんなに感じるんだ」


ピストンの度に頭が真っ白になりそうです。


あふっ!くふっ!


自分自身の声が聞こえたら、周りのイヤラシイ音も聞こえてきました。


Sちゃんのフェラする音がクチュクチュ、ってときどき喘いでてチュパって口を離す音までハッキリ聞こえるんです。


SちゃんがJ先輩にバックで挿入されてる音もしっかり聞こえます。


パンっ、パンっという音が。


F先輩は決して激しくないけど、ゆっくり挿入する度にビクンって反応してしまうんです。


「感じやすいんだね、中すごいことになってるよ」


実況中継もすごいイヤラシくって困ってしまいます。


B先輩も無理やりって感じはなくって「優しく舐めて」とか誘導してくれる感じです。


あっ・・・あっ・・・なんかもうダメかもって思った途端、上も下も両方の口からフっと肉棒の存在が消え去ったんです。


と思ったら今度はB先輩が下から突き上げてきました


ふあっ・・・あふんっ!!!!


ちょっと待って!と言おうと思ったら、F先輩が私の口に肉棒を入れながらシコシコしてるんです。


ヤダ!!なんて言うヒマもなく、ドピュっと口の中にF先輩の精液が勢いよく流れ込んできました。


いきなりだったから思わず飲み込んじゃったんですけど。


「エライなお前って」


飲みたくって飲んだわけじゃないんですけどって言えるわけもなく、頭をなでてくれました。

B先輩の巨根疑惑?

B先輩はかなり肉棒大きめだから、ギュウギュウ状態なんです。


「あ、すっげーまんこだ、コレ」


なんて言われたら、ダメ!なんて思えば思うほど感じちゃいます。


かなり息もあがってきて、さっき飲み込んだ精液がちょっぴり喉にひっかかっていたんですね。


コホン!コホって咳込んでしまいました。


「ダメだ、締まりすぎるよ」


アソコにもチカラが入っちゃったみたいで、ギュウギュウ状態なんだけどリズミカルに突き上げられて対処のしようがありません。


コホン!ヒアっ!コホっ!ああっ!


我ながら変なリズムでリアクションしてますよね。


「ダメ、限界だって」


とかB先輩は言いながら、ズルルって私の中から抜き取ってお腹にドピュって精液たっぷり出したんです。

Sちゃんは乱交計画を知ってた?

この状況って先輩たちが考えたの?ってSちゃんに聞いてみたんですけど。


「あんたを誘えって先輩がうるさいから誘ったの」


なんて言うからびっくりです。

Sちゃんは先輩たちの二次会の乱交計画を知ってたってことになりますよね。

「たしか今彼氏いないんだよね?」


B先輩はそう言いながら私の身体をきれいに拭きとってくれました


今はいないけど・・・D先輩のことが・・・なんてとても言える状況じゃないですよね。


F先輩がSちゃんの近くに行ったと思ったら交代するかのようにD先輩が近づいてきました。


思わず身体をずらしながら手さぐりで布団を探してたんですけど。


そしたらD先輩が「これだよね」って言いながら布団かぶせてくれました。


D先輩も隣に横たわってきたので、あーーー!もう恥ずかしすぎてダメです。


布団で顔を隠してたらD先輩が顔の上の布団をめくりながら


「オレのこと好きなんだよね?」


きゃー!何で知ってるの?と言う展開に。


Sちゃんは4Pで超過激な乱交

それにその声ダメ!火照ったばかりの身体の方が先に感じちゃってるんです。


顔も近すぎるし!って今近くにD先輩だけ?


ってことはSちゃんのところに3人の先輩が?


なんて思い始めた途端にSちゃんの喘ぎ声が!


は、はじまってる!Sちゃんってば4P乱交突入です


D先輩にSちゃんの声が聞こえないわけないですよね。

D先輩の言葉責めとシックスナイン

「ふたりでしよっか!」って言いながら私の肩とかウデとか優しく撫でてくれて、愛撫もとっても優しいんです。


「好きってほんと?」とか「オレよりさっきのヤツらの方が好きじゃない?」とか言葉責めも始まってしまいました。


ふたりっきりだからなのかD先輩は私の顔の上にまたがってきて、これってシックスナインってヤツですよね?


シックスナインって初めてだったし相手はD先輩だし、緊張しながら優しく肉棒を咥えて舌で刺激したりしてたんですけど。


「うまいよね」って言いながらD先輩はクンニです。


超恥ずかしいけれど、超優しく舐められてとろけそうでした。

もうどうなってもいいって思うくらい嬉しくなったら余計に感じちゃいます。


「どんどん溢れてくる」


言葉責めも相変わらずで、指を2本か3本くらい入れられてグチュグチュになってしまいました。


「中、超気持ちいいよ」


だんだん激しく指で刺激されてたら急に腰がガクガクしてきて、ピュッピューって何かが飛び出してました。


「あ、潮吹きだー」


って言われてから超恥ずかしくなったんですよね。


「ホント、イヤラシイ身体だよね」


相変わらず言葉責めが終わりそうにありません。

とうとうD先輩とひとつに

D先輩に挿入されて一つにつながった時は、嬉しすぎて涙がでちゃいました。


喘ぎ声もでてしまうんですけど、泣いてるのか感じてるのかわからなくなってしまって。


そんな私をD先輩は挿入したまま抱きしめてくれました。


耳元で「ありがと、感じてくれて」なんて言いつつ、涙でぬれた頬にキスしてくれたりして恋人気分。


もうすでにD先輩のピストンが最高潮に感じすぎてて、無意識にイクイクイクーーーとか言ってたみたいです。


D先輩は私が完全にイクまで突き動かすのをやめてくれなくって、とうとうイっちゃいました。


あーーーっ!!!!


なんて声出しちゃった時に、D先輩はヌルって肉棒を抜いてから指を挿入してまた刺激してきたんです。


「2回目の潮吹き、エッチすぎる」


とか言いながら私の胸に向かってシコシコしてたから、思わずD先輩の肉棒を手にとってしまって口で精液をうけとってました。

だって大好きなD先輩だから潮吹きをしたんだと信じてました。

D先輩に見られながらの輪姦潮吹き体験

D先輩が近くにいてくれてハッピーモードだったんですけど、それもつかの間。


B先輩が近寄ってきたんです。潮吹きのせいで床を汚したことを怒られるのかとビクついてたんですけど・・・。


なんとD先輩の目の前で、B先輩が私の身体で潮吹きさせたいってレクチャー受け始めてしまいました。


D先輩の潮吹きテクがスゴイと思っていたのに、そんな説明がつかないほどにスゴいことになってしまったんです。


その後は他の先輩たちが交代で私の潮吹きを見たり、指や肉棒を挿入されたりで腰から下が別のイキモノみたいになってました。


Sちゃんの方をチラっと見てみたら、さっきの4Pでぐったり爆睡モード。


私だけが先輩4人に囲まれて、外が薄明るくなってくるころまで続いていたんです。

Pjqs4ljlzl08imiirh1f

乱交体験と言うと大抵の人がドン引きしますよね。


でもお互いが思いやる気持ちがあるとまるでチームプレイに変化するんです。


無理矢理っていう状況ばかりじゃなくて、お互いが感じる何かを見つけるという探求心を求めるのが、乱交などの複数プレイのメリットだと感じました。


エロ動画ばかり見ている男子には通じない話かもしれませんけど(笑)。


信頼できる関係の人たちと複数プレイに挑戦してみませんか?


きっと新しい性の世界が見えますよ。