X2fi2hwhrdgun0lh9ysh

韓国

CATEGORY | 韓国

ソウル旅行の服装選びはこれで完璧!春夏秋冬の季節別おすすめまとめ

2019.07.23

韓国と日本の気候は似ており四季がありますが、ソウル旅行の時期によっては、そのシーズンにぴったりの服装を想像するのが難しくなることもあるかもしれません。今回は、ソウルを訪れる際にぴったりな季節に合わせた服装を紹介しましょう!

この記事に登場する専門家

Njahb2joik2mdyltwxnn

韓国在住webライター

レンズ

韓国ソウル在住歴12年のwebライターです。観光だけでは知ることができないソウルのコアな情報や、人気の観光地、グルメ、ショッピングはもちろん、若者文化の発信地としても注目を集めている韓国のポップカルチャーなどをお届けします!

  1. ソウル旅行にぴったりの服装は?
  2. 春のソウル旅行にぴったりの服装は?
  3. 春のソウルっ子たちの服装ってどんなの?
  4. 夏のソウル旅行にぴったりの服装は?
  5. 夏のソウルっ子たちの服装ってどんなの?
  6. 秋のソウル旅行にぴったりの服装は?
  7. 秋のソウルっ子たちの服装ってどんなの?
  8. 冬のソウル旅行にぴったりの服装は?
  9. 冬のソウルっ子たちの服装ってどんなの?
  10. ソウル旅行では季節に合わせた服装をしましょう!
Ntsi515fsippcjqm8m40

こんにちは!韓国在住webライターのレンズです!

韓国ソウルの旅行予定を立てている時、気にしなけらばならないのはやはり服装。韓国と日本の気候は似ていますが、一年を通しての寒暖差が激しいので季節によっては手持ちの服では防寒が不完全だった…ということにもなりかねません。

今回は、ソウル旅行で準備しておくべき服装を季節別にご紹介していきましょう!また、ソウルっ子の季節に合わせた服装もまとめてご紹介するので、ソウル旅行の際の参考にしてみてくださいね!

Yuuqsjocvsyppvikhk1k

温暖化の影響のせいか、2019年の春は例年に比べ温かくソウル在住者にとっては過ごしやすい年でした。ソウルの3月の平均気温の最高気温は11度、最低気温は1度くらいですが、日によっては日中の気温が10度を下回り、夜は氷点下になることもあるので、冬の服装が必須です。

4月のソウルの平均気温は最高が18度、最低が7度くらいなのでスプリングコートでも大丈夫ですが、日によっては突然寒くなるので念のため体を温められる薄手のセーターやカーディガンを準備しておいた方がおすすめ。

Piqsqcreqo8cohol3byl

5月になるとソウルの平均の最高気温が23度、最低気温が13度くらいになるので、薄手のシャツや日によっては半そででも問題ありません。ただ、夜になるとヒヤっとする日もあるので、この時期も薄手のジャケットかカーディガンは準備しておいた方が安心です。

W2ngmrzjuwspspzdj56r

まだ寒さが残るソウルの3月のはじめは、冬のダウンを着ている人もまだ見かけるくらいの気候。2019年の春は、冬から引き続きの人気だった内側がファーで覆われた厚手のパーカーが若者の間で流行しました。寒さが和らいだ4月頃からは、Gジャンやスプリングコートなどを着用した春らしい服装の人が増えます。

2019年の5月は例年に比べるとそれほど暑くなく、夜は薄手のジャケットが要ることもありました。ボトムスにおいては、日本と同じくワイドサイズのものや長めのスカートも人気ですが、スキニージーンズやミニスカートなども、根強い人気を誇っています。

Gupwmhyw7vwx7qf6gehk

2019年のソウルの夏は、例年とあまり変わらない暑さと言って良いでしょう。6月は日本と同様、梅雨に入るのですがその期間の降水量はさほどありません。日本のように梅雨の間毎日雨が降るというよりは、日によってドッと降る印象です。

6月から7月にかけて、ソウルの気温が上がりますが、この頃の服装は日本と同じようなもので問題ありません。ただ、夜になると冷える日もあるので念のためカーディガンや薄手のアウターを準備しておくことをおすすめします。

S9nbmslalvm2c3qyjydj

8月は30度を超す日が続きますが、日本に比べると湿度が低いので比較的過ごしやすいのが特徴。これまで韓国では「夏のエアコンが効き過ぎている」という話がよく聞かれていましたが、2018年から駅や地下鉄といった公共機関の温度設定が上がったので、そこまで涼しくありません。ただ場所によってはエアコンの効きがいいこともあるので、上に一枚羽織るものは準備しておいた方が良いかもしれませんね。

Bdj6loruh8mi18avtvyg

夏のソウルでよく見かける服装といえば、外せないのがショートパンツ。老若男女問わず、7月~8月にかけて履いている人をよく見かけます。ままた、日本に比べ圧倒的にサングラスを着用している率が高いのが夏のソウルのイメージ。夏のソウルではサングラスを着用して、旅の気分を満喫してみるのもいいかもしれませんよ。

また、中高生の女の子の夏のファッションはTシャツにショートパンツといった、カジュアルなスタイルが主流で、男の子もTシャツにジーンズ、又はハーフパンツといったファッションが多い印象です。しかし、大学生以上になると、急にファッションの幅が広がり女子のスカート着用率が跳ね上がります。日本より世代間のファッションに違いがあるので、観察してみると面白いですよ。

Xhz9mx3e1lf8bqdvrlzy

ソウルの秋、9月~10月の間は日本とあまりかわらない気候と考えて大丈夫でしょう。

9月は残暑が厳しい日もあるので、夏の服装がおすすめ。ただ、日本より朝晩冷える日もあるので、薄手のアウターを準備しておきましょう。

10月になると昼間の平均気温が20度前後になり、夜は10度を切ることもあるので長袖が必要になります。夜間の外出には、薄手のアウターが必要なのでお忘れなく。

11月になると冬の服装になります。冬用のコートやジャケット、ストールなどの準備は必須です。2018年は11月下旬にソウル市内で雪が積もったので、日によっては真冬レベルの寒さになることも。旅行前に天気予報をチェックするのはお忘れなく!

9月はまだまだ夏の服装の人が多いですが、10月を過ぎると、ソウルでもGジャンや薄手のジャケットなどを羽織る人が増えてきます。ここ数年は、ロング丈のニットカーディガンも流行しているので、人によってアウターにしているファッションスタイルも様々。

そんな中でも不動の人気なのが、日本でも人気の「トレンチコート」。しかし、韓国では「トレンチコート」とは呼ばず、なぜか「バーバリー」と呼びます。正確に言うと、フォーマルなスタイルの薄手コート全般を「バーバリー」と呼ぶので、おもしろ韓国ネタとして覚えておくのはいかがでしょうか?

Wfhqnpylu5yhvhtauuqi

ソウルの冬は非常に寒く、特に12月中旬から2月上旬にかけてはマイナスの日が続くとんでもない寒さ。この時期は、最高気温がマイナスになることもよくあるので、ソウル旅行をする場合は完全防寒が必要です。

当然ながらマフラーや手袋は必須。日本だとオシャレアイテムの帽子やイヤーマフも、防寒目的で着用している人がたくさんいます。アウターはできれば北国仕様や登山もOKな厚手ダウンがおすすめ。どうしても冬用コートを着たい場合は、寒さを完全に凌ぐことはできませんがコートの下に薄手のダウンを着て防寒しておくと良いでしょう。

ただ、部屋の中はとても暖かいので、ヒートテックのような薄手の下着を重ね着するのはおすすめしません。室内で汗をかいてしまい、外に出た時の寒さが増してしまうことがあるので気を付けましょう。足元は、内側がファーで覆われたブーツがおすすめです。

Vmpatvglmjhrdzstzqb3

2018年の冬、韓国で爆発的人気となったアウターが「ぺディング」と呼ばれる、厚手のロング丈ダウンコート。若者を中心に人気が集まりましたが、中高年にはあまりウケなかったような印象です。ひざ下まであるダウンコートだと、動きが制限されるからかもしれませんが、中高年の間では登山家が着るような防寒に優れた厚手のジャケットが人気です。

また、ボトムスにおいても、中高年は温かい生地の防寒タイプスラックスを着用している人が多いですが、若者は寒さよりファッションスタイルにこだわるようです。マイナス10度以下でも足首がチラリと見えるスキニージーンズを履き、スニーカーで足元をキメます。もちろん、人によってはブーツを着用していますが、防寒というよりはファッションアイテムとして着用している印象が強いですね。

Arvcfupfgum8gm2tqhk7

いわゆる、日本でも旅行に適しているとされる季節に、ソウル旅行するのであればそれほど神経質に服装の心配をすることはありません。

ソウル旅行で服装に気を付けたいシーズンは、11月下旬から3月上旬です。特に気温がマイナスになる12月から2月の間は、温暖な地域に居住している人であれば想像を絶する寒さを体験することになります。

ソウル旅行の時期に合わせた気候の情報は事前に必ずチェックして、楽しい旅行にしてくださいね!