Xp3iewspi6evujp5qrxf

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ベトナム物価を徹底解説!日本の物価の3分の1⁉旅行の節約術も伝授します!

2019.08.20

「ベトナム旅行に行ってみたい!でも、お金が足りるか不安!」そんな方は多いのではないでしょうか?ベトナムの物価は安いですが、旅行の仕方によっては意外とお金がかかってしまうことも。そこで今回は、格安旅行でのベトナムの物価をご紹介!

この記事に登場する専門家

Muldkpatxziernhpcd3q

極貧バックパッカー

フタマタ

世界20カ国を旅した学生極貧バックパッカーが実体験とともに旅情報をお届けします!現在ミャンマーでインターン中。

  1. ベトナムの物価は日本の3分の1程度
  2. ベトナムの通貨はドン(VND)
  3. 【食費】ベトナムでの食事は200円で楽しめる!
  4. ベトナム食費を格安にするための注意
  5. 【宿泊費】ベトナムは一泊1000円でも快適清潔なゲストハウス!
  6. 格安で宿泊費を抑えるにはアプリを活用!
  7. 【移動費】ベトナムのタクシーの初乗りは50円程度
  8. 次の休みはベトナムへ!
Rm1dbgrioqok64tnspcq

こんにちは!極貧バックパッカーのフタマタです!

皆さん、ベトナムを訪れたことありますか?日本からも近く、日本人にとっては比較的旅行しやすい国です。しかも、物価は何と日本の3分の1程度とかなり安いです。しかし、旅行の仕方次第では余計にお金がかかってしまうことも。そこで、今回はベトナムの物価と格安旅行の仕方を解説したいと思います!

まずは、ベトナムの通貨からおさらいしていきましょう。ベトナムで使われている通貨はベトナムドンVNDです。(1ドン=0.004円)

広く流通している紙幣は以下のようになります。

  • 500ドン
  • 1000ドン
  • 2000ドン
  • 5000ドン(白と青)
  • 10000ドン(茶色っぽい)
  • 20000ドン(青)
  • 50000ドン(ピンク)
  • 100000ドン(緑)
  • 200000ドン(オレンジ、50000ドンと似ているので注意!)
  • 500000ドン

になります。硬貨もありますが、ほとんど流通していません。ベトナム旅行では紙幣だけを使うと考えて大丈夫です!5000~200000ドンまでをベトナムの格安旅行ではよく使います!これらの紙幣にはベトナム独立の父「ホーチミン」の肖像画が描かれています。なので、見分けるポイントは色!

(20000ドンで約100円として計算するといいですね!)

ベトナムの紙幣にはベトナムの名所が描かれているので、紙幣に描かれている場所に訪れてみると楽しいかもしれませんね!

それでは、ベトナムの物価を見ていきましょう!

Exnztnm6eyqmje2lksus

旅行の醍醐味と言ったら何といっても「食事」ですよね。ベトナム料理は日本でも大人気のパクチーを使ったエキゾチックが有名ですね。そんなベトナム料理がおよそ200円でおいしいベトナム料理を楽しむことが出来ます。

(余談ですが、ベトナムはパンがとても美味しいです。フランス統治時代の影響でしょうか?バインミーと言うベトナム風サンドイッチがるので食べてみてください!)

ベトナムではフォーが150円

日本でフォーを食べようと思うと700円くらいしますよね。しかし、ベトナムのローカルレストランでは150円で食べることが出来ます!格安ですね!ローカルレストランは最初は入りにくいのですが、勇気を出して入ってみてください!想像以上のフォーを食べることが出来ます!

ベトナム風サンドイッチ「バインミー」は50円

先ほど少しだけ紹介した「バインミー」は何と50円で買うことが出来ます!パンの中にはパクチーやレタス・鳥や豚肉が入っていて、そこにたっぷりとピリ辛ソースをかけて食べます。具材ももちろん美味しいのですが、パンが本当に美味しいので試してみてください!

屋台などで格安で買うことが出来ます!

コーヒーは一杯50円から

Gqxmctcwe8shh2xkgvrt

ベトナムはベトナムコーヒーが有名ですね。現地民向けのカフェでは一杯50円程度で楽しむことが出来ます。

水は30円

ベトナムでのミネラルウォーターは1.5リットルで30円で購入できます。ベトナムは水道水を飲むことが出来ないので、ミネラルウォーターには毎日お世話になります。30円なので、熱中症対策を兼ねてこまめに水分補給をしましょうね!

ベトナム食費まとめ

ベトナムでの食費をまとめると以下のようになります。

  • フォー・・・・・150円
  • バインミー・・・50円
  • コーヒー・・・・50円
  • 水・・・・・・・30円

ベトナムの食費は物価が安いためすごく安くなるのですが、旅行の仕方によっては高くなってしまいます。それでは、いくつか注意事項があるので見てみてください!

Nvxmyokznzpgep3juypp

旅行者向けは一食で500円以上する

ローカルレストランでは200円もあればしっかりと食べることが出来ます!しかし、観光客向けのレストランでは500円以上かかってしまいます。場合によっては日本での一食よりも高くなってしまうことも。注意してください!

ローカルレストランを目指すなら、現地民が多く入っているお店を目指しましょう。大通り沿いよりは、路地裏などに多いです!

チェーン店は日本と変わらない

チェーン店の値段は日本でのものとあまり変わりません。100~200円くらい安いくらいです。うっかり入ってしまうと「あれ?あんまり安くない・・・」となってしまうので、注意してくださいね!(ロッテリア・スタバ・KFCなどがベトナムに進出しています)

Ezwbpyhk3ilk7jwlsg8d

ベトナムは旅行者もおおいことから、ホテル・ゲストハウスのレベルがとても高いです。それでは、ベトナムでのホテル事情についてみていきましょう!

中級ホテルは3000円~5000円

ベトナムの中クラスのホテルは3000円~5000円で泊まることが出来ます。もちろん、室内は清潔で朝食もしっかりついてきます。ツアーやタクシーの配車も頼むことが出来るので、不安な方はホテルでいろいろ手配してもらうといいですね!

ゲストハウスは700~1300円

ゲストハウスでは700円~1300円程度で泊まることが出来ます。ドミトリーの値段になるので、「個室じゃなきゃいや!」という方でなければ問題なく過ごすことが出来ます。1000円程度のゲストハウスであれば、快適で清潔な部屋に泊ることが出来ます。軽いものですが朝食などもついているところも多いです。朝起きて、外に出ずにご飯を食べられるのは良いですね!

700円以下は避けた方がいい

700円以下のゲストハウスも稀にありますが、できれば避けた方がいいでしょう。あまり、清潔でなかったり、シャワーが出なかったりと「安かろう悪かろう」な所が多いです。

ベトナム宿泊費まとめ

  • 中級ホテル・・・・・3000~5000円
  • ゲストハウス・・・・700~1300円
Gwyup5vvbgh3fgycflbl

ベトナムのゲストハウスの多くはbooking.comagodaなどのサイトからも予約を取っています。ここに登録されているようなホテル・ゲストハウスは信用できますし、他の人の評価も見ることが出来るので安心できます。さらには、自分の予算にあった価格帯だけを検索すること置出来るのでその地域での最安値を探すことが出来ます!

Qtudbaid24zer0cuvtxl

ベトナム観光をよく利用するのは「タクシー」ですが、ベトナムでは初乗り50円程度。とっても安いですね。それでは、詳しくベトナムでの移動での物価を見ていきましょう!(タクシー会社にもよりますが、50円前後だと思って大丈夫です)

市内の移動なら300円以下

ベトナムのタクシーはメーター制です。ホーチミン市内の移動であれば高くても300円程度に収まります。およそ1キロあたり60円程度ずつ加算されていきます。

郊外まで行くと600円程度

ホーチミンの郊外(空港など)まで連れて行ってもらうと、およそ600円程度かかります。かなりの遠出をするときは、事前に距離を計算しておくといいですね。1キロ60円ほどなので、「距離×60+初乗り」で考えるといいです!

長距離バスが快適

ベトナムは長距離の移動手段としてバスが非常に発達しています。そして値段もリーズナブル!ホイアンからホーチミン(約1000キロ)の大移動で2000円!(その代わり24時間バスの中です(笑))ベトナムのバスはシートもほぼフルフラットになるので、深夜の移動でもしっかり眠ることが出来ます!

ベトナム移動費まとめ

  • タクシー初乗り・・・50円
  • タクシー1キロ・・・60円加算
  • 長距離バス・・・・2000円(1000キロ)
N81wbbfdzrxl1qzzwf0b

いかがでしたか?ベトナムはすべてにおいて日本よりも安くすみます。是非、こちらの記事を参考にベトナム旅行の計画を立ててみてください!

それでは、良い旅を!

筆者のブログはこちら