Uaixuhubgogxu6l1kqda

心の悩み

CATEGORY | 心の悩み

【スナックのママが語る】不倫に見る被害者意識!被害者意識が強い人の特徴と開放する方法を伝授!

2020.10.26

被害者意識とは、誰もが持っている可能性があります。人間には誰しも、時には自分を受け入れられる心と受け入れらない心の葛藤があるからです。今回は、不倫を題材にして被害者意識の強い人の特徴や、被害者意識を開放し幸せな人生を歩む方法を解説していきます!

この記事に登場する専門家

Dr7tjji8zkmrvnxgd6nw

外専の元スナックママ

カトレア

スナックのママとしてお勤めしていたカトレアです。日本の男性だけでなく、外国の男性との恋愛経験から学んだ、心も身体も心地よい"感じる恋愛’’についてお話していきます。

  1. そもそも被害者意識って?
  2. SNSで広がりやすい被害者意識
  3. 被害者意識の強い人の特徴
  4. 被害者意識には中毒性がある!?
  5. 不倫に見る被害者意識
  6. 被害者意識と加害者意識
  7. 被害者意識と被害妄想
  8. 被害者意識を開放する方法
  9. 被害者意識を持たないためにできること
  10. 被害者意識を開放して自由な人生を手に入れよう!
Yyqztyi6sbelj0rk4sa1

こんにちは!

過去の不倫は人生経験、元夜の蝶・カトレアです。


今回は、被害者意識についてお話をしていきたいと思います。


ところで、被害者意識というのは、どのようなものでしょうか。

何となくイメージは付きますが、ハッキリと言葉で説明するのは少し難しいですよね。


被害者意識とは、例えば、自分を正当化し間違いを認めないために、自分を被害者だと主張することによって責任転換をする心理状態のことを言います。


自分が不倫に走ったのは、不倫相手の奥さんがちゃんと旦那(不倫相手)の面倒をみていなかったらよ(私のせいじゃない、相手の奥さんのせいだ)、と言った感情です。

私だって不倫の被害者なのに、彼からも奥さんとはうまくいってないと聞いているし、私は悪くない、と自分を正当化する感情の事です。


また、被害者意識があると、相反するように自分を責める感情に捕らわれます。

被害者意識によって引き起こされた責任転換は、実際には起こっていない物事に対して、まるで自分のせいでそうなったのかも知れないと信じるようになってしまうのです。

それを、加害者意識と言います。


つまり、不倫をされた側の妻が、夫が不倫をしたのは夫を誘った相手の女性のせいだと思いつつも、自分が育児に疲れていて夫の夜の相手をしてあげていなかったから本当は私が悪いんだ、と言った具合です。


このような感情は、誰もが持つ可能性があると言えます。

けれども、世の中には特に被害者意識の強い人がいて、生きにくい人生を送っている場合がありますね。

被害者意識には個人差があるので、人の考え方のクセのようなものなのでしょう。


今回は誰もが感じる事のある被害者意識について、不倫を題材に扱って解説していきます。


最後には不倫についての関連記事もご紹介していますので、ぜひ最後までご覧くださいね!

Nd4bdx54y2etdf5x7h7g

昨今に見るSNSの流行によって、人々が被害者意識を持ちやすくなっていると感じます。

被害者意識とは、もともと個人差があり、考え方のクセのようなものだと先程お話しました。

物事をどのように感じ、考えるかという思考には、人ひとりひとりにクセがあります。


しかしながら、現在ではSNSの流行に従い、誰もが匿名で自分を表現することが可能です。

自分のことを全く知らない他人から賛同されることもあれば、逆に批判されることも多くなっているのです。

見ず知らずの他人が、見ず知らずの相手に向かって傷ついた、傷つけられたと発信し、感情をぶつけあっています。


場合によっては、現実世界で直接顔を合わせる人達よりも、多くの人たちから称賛されたり非難を受けたりするのは、思っている以上に人の心の感情に触ります。

そのため、自己肯定感を満足させる基準が、自分自身ではなく他人基準になってしまっているのです。

自分と他人の生活の違いを、いとも簡単に見つけ出せてしまうのも、SNSの特性と言えますね。


このような中で、人はいとも簡単に被害者意識の罠にハマっていってしまうのです。

電話占いヴェルニ「あの人の気持ちを当てる」全国の有名占い師が集結

「最近、彼からの連絡が素っ気ない…」

「仕事がうまくいかない…」

「新しい出会いが見つからない…」


そんな悩みを、全国の厳選された占い師が霊感・霊視・透視・タロットなどで悩みを解決します。


ヴェルニは1000人以上のプロ占い師が在籍し、雑誌・TVなどで活躍する全国の人気占い師との電話鑑定やメール鑑定が可能です。


復縁や不倫、相性診断、転職、金運などを幅広く相談することができます。


しかも、今なら新規会員登録で、2,500円分の無料鑑定ポイントがもらえます。


まずは無料登録して、悩み相談してみませんか?

被害者意識とは、どんな人でも持つ可能性のある考え方です。

人の心は、辛いことがあった時に自分を防衛するように働くからです。


ここでは、特に被害者意識の強い人の特徴についてまとめてみました。

L9awxxrrjv2i30viq42a

1.人や物事に対し依存性がある

被害者意識の強い人の特徴は、物事を自分の意見で処理しようとしない人です。

もともと依存性の強い考え方で、他人任せにするクセがあるので、なにか問題が起こった時の処理能力に欠けています


被害者意識の強い人の口癖は、「どうせ私なんて」。


一見、自分に自信がなく卑下しているように聞こえますが、周りの人の関心を集めたり、責任逃れをしたりと同情されるよう仕向けるのが目的です。


また、常に悲観的に物事を考えるようになるのは、本人にとっても良いこととは言えません。

2.トラブルを誇張表現する

被害者意識が強いと、自分は悪くないのに誰かのせいで悪いことが起こった、と信じるようになります。

そして、その話を人にも信じてもらえるように、実際に起こったことよりも話を大げさに膨らませて語る様子はまるで、ドラマクイーン


自分ばかりに悪いことが起こっていると信じ、謝罪を受けるまで周りを巻き込んで相手を追い詰めるのも得意中の得意。


社内恋愛中の彼氏を同じ職場の別の女性に取られてしまった時、周りの女性に泣き付き、どんなに相手の女性が悪いかを言いふらして同情をかいます

その上、周りからじわじわと相手の女性を追い詰め、相手を離職にまで追い込む。

相手の女性だけでなく、彼氏に同じことをする人もいます。


でも、落ち着いて考えてみると、彼氏が誰を好きになっても自由と言えば自由のはずですね。

また、そのような被害者意識の強さが、逆に人を遠ざけているとも言えるのです。

3.謝らない

被害者意識の強い人は、そもそも自分を被害者だと思っているので、絶対に謝りません

また、自分が悪いと指摘されると、烈火のごとく怒り出します

自分のしている事が間違っていると思わないので、反省することもありません

被害者意識の強い人にとって、悪いのは常に自分以外の他のだれか。


そもそも、自分が悪いとは思わないので、謝罪をするという考えに思い至る事もないのでしょう。

Pso2mogpgaobjcpvcwnv

人間はもともと、自分に対して優しいもの(人)が大好き。

被害者意識の強い人は、人の同情を集めて優しくしてもらうことにどんどんと慣れていってしまいます

まさに、中毒と言えるでしょう。


自分は弱くて人から同情されるべきと思ったまま生きていると、そのような考え方がクセとなって身に付きます

また、常に被害者でいるために、過去に起きた出来事をも持ち出し、いつでも進行中の問題のようにおおげさに語るようになってしまうのです。


本当に不幸な人というのは実在していますし、自分の心に余裕がある時、人は他人に優しくできます。

被害者意識の強い人というのは、人の優しさにつけ込み、いつでも自分が中心で特別に扱ってもらえるようにと物事を仕組んでいくのです。


人はおかしなもので、現状維持ではなかなか満足ができません

被害者意識の強い人は、まるで不幸自慢のように相手に同情して貰えることだけで、自分の存在価値を感じられるようになってしまいます。

そのため不幸話はどんどん盛られてエスカレートしていき、決して幸せを得ることができなくなるのです。

ちゃんと出会うには、目的に合わせて選ぶことが必要!


自分に合ったアプリを無料診断で見つけましょう!


全て『登録無料』の中から厳選しているので、気軽にやってみて下さい!

Uhx3qxh1muhnnz1mwur2

夫が不倫に走った場合、日本の法律では被害者は妻であり、加害者は夫と不倫相手です。

婚姻という契約を考慮した場合、不倫をすることは倫理的な問題もありますし、人としての感情の問題も混同しています。


これは日本では不倫は悪いこと、してはいけない事だという暗黙の共通認識があるからです。

実際、不倫された側はした側に対して慰謝料の請求が出来るのは、不貞が罪だと法でも認められているからに他なりません。

また、離婚届へのサイン(互いの了承)をしない限り、離婚が認められる事もありません。


私が現在暮らしているヨーロッパの国では、日本と違いどちらか一方の申し立てによって、一方的にでも離婚が成立します。

また、感情の問題は個人の自由意志と考えられています。


離婚の理由が不倫だろうが他にどんな理由があろうが、結局は愛がなくなったから婚姻が破綻したと言う事なのです。

一方が不倫相手と一緒になるために、パートナーに別れを宣告すれば離婚できるというのはそういうことです。

つまり、自分が悪くなくても離婚へ向けてのステップを踏むことになります。


どちらの国が良くてどちらが悪いと言うわけではなく、単なる考え方の違いでしょう。


例えばこの例のように外国にいた場合、(不倫された方は)もし日本にいたなら慰謝料が請求できたのに、と思うかも知れません。

けれども、実際に日本にいたら(不倫をした方は)外国だったら一方的に離婚できたのに、と思うかも知れませんね。


この例のように、どちらかが良い悪いと決められる状況にあるという事実は、逆に被害者意識を増長させる原因にも成り得ますね。


つまり、相手が悪いと思うことで、自分が楽になれるからです。


けれども、この世の全ての物事は多面性で、双方にそれぞれの言い分があるのです。


日本でも、例えば性の不一致は離婚条件に成り得ます。

これに対し、法律上ではヨーロッパでの不倫に対する考え方は、誰も悪くないと言うことになります。


しかしながら、多くの場合不倫をされた方は被害者意識を強く持つことになります。

不倫をしたのは相手の方なので、自分が悪いわけではないという強い主張です。


同様に不倫をした事のある人間は、不倫中は加害者だったにも関わらず自分に悪いことが起こった時に、あの時自分が不倫をしたから今こんな目に会うのかも知れないと思うことがよくあります。

日本では、因果応報という考え方が根付いているからかも知れません。


過去に不倫経験のある私も、実際に自分の家庭が壊れた時には、あとどれくらいの罪を償えばあの時の代償が払い終わるのかな、などと考えることが良くありました。

Lhzjc9ygytmvdf7esdvf

不倫を例に考えてみると、被害者意識と加害者意識の関係はとてもハッキリ分かります。

被害者意識と加害者意識は、一見して相反するもののように見えますが、実は密接に関係しているのです。


人間は、自分が悪い事をしたのが分かっている時、自分を正当化するために、自分は悪くないと思うことによって精神的なバランスを保とうとします。

つまり、自分は責められて当然の人間だ(加害者意識)とどこかで思っているから、自分は悪くない(被害者意識)のに、ひどい行為をされたと考えるのです。


夫の不倫に苦しめられている妻は、自分は家の事も子供の事も一生懸命にやっていて、夫のためにも毎日お弁当を作っているのに、なぜ不倫されたかが分かりません。

私は何も悪くない、悪いのは夫と不倫相手なのに、どうして私がこんな目に遭うの、と考えます(被害者意識)

しかし同時に、私がこんなに一生懸命になっているのに夫が不倫をするのは、自分に至らない所があったからかもしれない(加害者意識)と思い始めるのです。


それに対し、不倫をした側は家庭のある男が自分と不倫をしたのは、相手の奥さんがちゃんと夫さんの面倒を見ていないからに違いない。

奥さんは夫をきっと雑に扱っていたに違いない。

大切にして、尊敬して、愛してあげたら不倫なんかしないはずじゃない?

私は何も間違っていない、私はただ好きになった人と恋愛をしただけ。

どうせセックスレスだったんでしょ、だったら夫さんのほうが被害者じゃない?と考えます。


自分が悪いこと(不倫)をしている(加害者意識)と言う罪の自覚があるので、相手の奥さんが悪い(被害者意識)と考えるのですね。


また、不倫になったのは男が独身だと偽ったからで私は騙されただけ。

黙っていた男が悪いのだから、私には何も落ち度がない、と考えることもあります。


被害者意識と加害者意識は、このように誰もが併せ持っている考え方と言えます。

Bfihetifezbqweipkd5d

次に、被害者意識被害妄想の違いを見ていきましょう。


被害者意識は、相手を攻めることによって自分を正当化する気持ちですが、自分にどこかで罪の意識があるのを感じているからこそ発生する感情ということを先にお話しましした。


良く、不倫を疑う妻に対し、夫が「お前の被害妄想だ」と主張するような場面がありますね。


被害妄想とは、実際には起こっていない事を、まるで本当に起こった事だと強く信じる事です。

例えば廊下で人とすれ違った時に、今あの人が私の悪口を言ったと思い込んだり、誰かが話をしている時に、あの人たちは私の悪口を言っていると決めてかかったりするのが被害妄想です。


実際に夫が不倫をしていた場合に、夫と不倫相手が悪いのに自分が悪者にされていると思うのが被害者意識です。

実際に夫が不倫をしていないのに、夫が不倫をしていると信じ込むのは被害妄想と言えます。

Bumgjbudugge2jewfr08

被害者意識の強い人が、被害者意識を開放する方法として許しがあげられます。

自分を許し、相手を許すこと。

ただし、人を許せるほど強い人間になるのは、簡単ではありません。


そこで私がおすすめするのは、ブレイクスルーと言う考え方です。

ブレイクスルー(Breakthrough)という考え方は、行き詰まった状況を突破する事を示しますので、厳密に言えば方法論ではありません。


しかし、被害者意識を開放するために、ブレイクスルーという思考のクセを身につけるのがとても効果的です。


被害者意識というのは、もともとは考え方のクセによるものです。

人間のクセは努力で変えられますから、思考のクセを変えるのです。


ブレイクスルーとは、まず状況を受け入れることです。

本当に、ありのままの状況を受け入れる努力をします。

誰が良いとか、悪いとかを考える必要はありません。


夫が不倫をしたのならば、夫が不倫をしているんだ、という事実を受け入れます

そして、受け入れることができたならば、その状態は今来るべくして起こった事だと考えるのです。

つまり、今不倫をしなければ、いつか不倫をしたのかも知れない。

そこに、もし夫が不倫をしなければ、というような”もしも”の考え方は存在しません。

夫は不倫をした、という事実を受け止める事によって、自ずと夫が不倫をした理由であったり、自分が取るべき正しい行動が見えてきます。


大切なことは、夫が不倫をした事を突き詰めて自分が不幸になることではなく、夫が不倫をしたことを受け止めて、どのように現状を打破していくかを考える事なのです。

Qojnck5jlg1xvyjm9trk

被害者意識を持たないためには、まず第一に気付く事が大切です。

被害者意識の強い人は自意識過剰という場合もあります。

人の考えていることややっていることが、気になって仕方がないのです。


自分を第三者の立場で見るのは困難ですが、もし身近に被害者意識が強いと思う人がいるのならば、その人がどんな人なのかを細かく紙に書き出してみましょう。

人は自分を見る鏡とも言います。

誰かの気に入らない部分は、自分が持っている嫌な部分であることが多いのです。


その身近な人について、ネガティブな印象を書き出した箇所があれば、その項目が自分にも当てはまる可能性を疑ってみて下さい。

人の嫌なところや気になるところは、自分が持っているから気になる可能性を見つけましょう。


そうして、被害者意識に気付く事ができれば、マイナス部分も徐々に受け入れる事ができるようになっていきますよ。

Rfqnsgp0djvabhodcvdh

被害者意識を持ったままでいる限り、人は幸せとは程遠い人生を歩むことになります。

悪い事が続いているように考えるのは、悪いことが続くように願っているのと同じ。

そのままでは負のループにどんどんはまり込んでしまいますね。


被害者意識を手放せば、心が軽くなっていきます。

ありのままの自分や、自分に今起こっている状況をそのまま受け入れる事ができるので、突破口を見つけられます。


今から、心の中にある間違った考え方のクセを直して生きましょう。

自分の人生を自分で決めることが出来るのは、被害者意識から自由になった人だけの特権ですよ!

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


ここ数年、マッチングアプリを使う人が増え、何かと話題ですよね。


でも、「危険じゃないの?」「真剣な人はいるの?」等、気になることはたくさん。


そんな中で、

・日常に程よい刺激が欲しい人

・気軽に恋愛パートナーを探したい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人

に向けて、女性に優しい、安全かつ気軽に使えるマッチングアプリを紹介しますね!

①気軽・安全に使える!『PCMAX』

PCMAXは、15年以上の運営実績、累計会員数1500万という大手マッチングアプリです。


しかも顔だし不要だから安全に出会うことができるのが嬉しいです。

Woman6

男性からのアプローチがいっぱい来るから、自分の都合に合わせて使えて便利♪

Woman4

”真剣な出会い”と”割り切りの出会い”が分かれているから、どっちも興味ある!って人にピッタリかな!

 

②パパ活でお小遣い稼ぎができる!『ワクワクメール』

Bhyawimev4mkqttpnt2x

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


また、、パパ活でも使うことができるそうです。お金持ちのオジサマが多いのかも。


もちろん、若い男性もかなり使っているので、安心してください!

Woman2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

Woman5

ワクワクメールで彼氏ゲット。私スタイル良くないけど、ペアーズやOmiaiより出会いやすかったな。

Nadabvhvti6yvgrz9fbu