Wk0yfyqcx0psqcvuodgm

エロ漫画

CATEGORY | エロ漫画

【変態女子が厳選】おすすめの官能小説20選を紹介!アダルト映像・エロ漫画よりも上品でエロい!

2021.07.19

オナニーやセックス、あるいはえっちな妄想をするときなにを参考にしていますか?多くの場合は漫画やAVなどの視覚的にも楽しめるコンテンツを利用する人も多いですが、官能小説を利用するのもおすすめです。今回はそんなおすすめの官能小説についてご紹介します。

この記事に登場する専門家

Ykuvp90awjhyuedrhgww

3桁の男を食べた女

ライターDOs

趣味は旅行とカフェ巡り。初体験は学生の頃、モテ期が遅い割に今に至るまでの経験人数は3桁(正確な数字を覚えてない)。
気分に流されやすいこともあり男性経験が多い割に恋愛経験は思ったより少ないのは玉に瑕。

  1. 官能小説とはなに?その魅力
  2. 官能小説にもジャンルがある
  3. おすすめの官能小説とレーベル
  4. 官能小説は電子書籍でもよめます
  5. 官能小説を選ぶポイント
  6. レーベルやコンセプトによってエロの度合いが違う。試し読みをしてきめましょう

こんばんは!ライターDOsです。

オナニーやセックス、えっちな妄想でより想像力を豊かにして、知識もつけられるのがアダルト作品の存在です。


AVや漫画は視覚的に楽しませてくれるうえに、えっちな想像もしやすくなりますよね。

どんなことをしているのか絵や映像でわかってしまうので、わかりやすさもAVや漫画作品の魅力。


しかし、それと匹敵するくらいに繊細で上品、難易度は高めですが豊かな想像を繰り広げられるのが文の世界。今回はそんなおすすめの官能小説についてご紹介します。


記事の最後にはえっちな想像に関する記事もご紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

個性豊かなストーリー性

官能小説とは濡れ場シーンなどの描写がある小説のこと。アダルトで官能的な世界に浸れば物語に心動かされるだけではなく、えっちな気分になったり、想像力の手助けをしてくれることでしょう。

そんな官能小説の魅力からまず知っていきましょう。


まず一つ目が豊かなストーリーが多いという点です。

現代ストーリーから、ファンタジーストーリー。和風なストーリーやシンデレラストーリーなど無限大にあり、想像力を広げてくれるのは文字の世界ならではです。


AVや漫画では中々再現できないストーリーや構成も小説の世界でなら、妄想することが可能。

また、文を読み、考える行為は脳にいい影響を与えてくれます。

知識を蓄えていき、なおかつ性的知識も増やしていくという点では官能小説に勝るものはありません。

物語に没頭できる

次に官能小説は物語に没頭することができます。


漫画や映像作品といったものは視覚、聴覚的に楽しむもので、文章を読み想像するといった行動と比べると、脳を使う機会も少ない傾向があり、文章を読むことと比べると物語に没頭するといった体験があまりできないことも。


ある程度の想像力も必要とするのが小説を読むという行為なのですが、これも文字を読むにつれて自然に身に付きます。

また、没頭することにより一時的に現実世界のことも忘れられますので、リラックスできる時間を過ごすことも可能です。


文章を読むという行為になれない場合は最初のうちは疲れますが、慣れていくと没頭する時間がなによりもいいと思うこともあるので、おすすめです。


物語を読むという行為は想像力を鍛えることにもつながります。

これはドライオーカズムなどでも非常に必要とする力なので、ぜひ挑戦してみてください。

筆者のさらなるえっちな知識も官能小説から学んだところもあります。

前述を受け、官能小説に手を出してみたいと思っていただけたら幸いです。

しかし、官能小説に手を出したいといっても、数多くの作品がありますので、どれから手を出せばいいのかわからないといったこともありますよね。

次はそんな官能小説の種類などについてご紹介します。

官能小説にもジャンルがある

素人ものや企画ものなど、AVにジャンルがあるように、官能小説にもジャンルがあり、またレーベルによって取り扱っている作品のコンセプトやジャンルに大きなが違いがあります。



官能小説のジャンルをいくつか挙げるとすればティーンズラブやボーイズラブ、あとはジュブナイルポルノなどのジャンルです。



ティーンズラブはその名の通り、女性向けの恋愛小説で、官能小説の場合は濡場も含まれています。



ボーイズラブは男性同士の恋愛を題材にした小説。ボーイズライブの小説の多くは濡場も描かれています。



最後にジュブナイルポルノというものがあります。ジュブナイルは子供向けといった意味合いもありますが、官能小説自体が大人向けであるので勘違いしないようにしましょう。

ジュブナイルポルノは異性間、同性、または人外などの恋愛と性描写を含むジャンルです。



本の仕様はライトノベルのような感じで文字自体も読みやすいように大きく、挿絵も入っているのが特徴です。



といったように、官能小説にもそれぞれのジャンルやコンセプトがあります。

数あるエロ漫画サイトの中でも特におすすめなのが、まんが王国です!


まんが王国は、株式会社ビーグリーが運営する漫画サイトで、登録やアプリ不要無料作品だけでも3000種類以上もあるんです!


特にエロ漫画に力を入れており、最新作はもちろん、他のサイトでは読むことが出来ないようなレアな作品も無料で読めちゃうので驚きです。


毎日新作が大量にUPされているので、あなた好みのエロ漫画にきっと出会えるはず!

有名なもので例えると、週刊少年ジャンプが少年向け、ちゃおが少女向けのジャンルの漫画が掲載されているように、官能小説にもレーベルによって発刊している小説のコンセプトやジャンルに違いがあります。


今回は王道のレーベルと会社、そしておすすめの官能小説についてみていきます。



〇フランス書院

三笠書房の子会社で、官能小説を取り扱っている会社です。フランス書院のレーベルはティーンズラブの中でも名のしれているティアラ文庫、アダルトゲームのノベライズも発行をおこなう美少女文庫など、有名なレーベルをもっています。


ライトノベルという形態なので、程よく挿絵が入っており、小説を読むのが初めて。優しいストーリーが読みたいという人にはおすすめです。



〇集英社

週刊少年ジャンプでも有名な集英社は数多くの小説も出版しています。その中のひとつが集英社、シフォン文庫です。シフォン文庫はティーンズラブを取り扱っており、胸がきゅんとするような乙女向けの作品が多いです。


設定もお姫様や貴族の娘など、主人公が上品であることがおおく、現実では味わえないような非現実的なときめきを与えてくれます。



〇KADOKAWA

書籍発行をはじめ、映像系でも有名なKADOKAWAでは多くの官能小説を取り扱っています。ティーンズラブをはじめ、ボーイズラブも多く発行されておりされており、角川ルビー文庫はBL小説の代名詞ともされています。



など、初心者でも読むのにおすすめなライトノベルを中心にご紹介しましたが、官能小説にはさまざまなレーベルもあり、ライトノベルだけでなく、純文学などのジャンルもあります。


何事にも自分が興味が持てないものは中々記憶にとどめることもできませんので、自分のお気に入りの小説が見つかったらぜひ読んでみてくださいね。

おすすめの小説

次に筆者が読んだことある初心者でも読める本をいくつか紹介します。

まずは傾国の美姫の初恋 求愛は熱く淫らにです。


このストーリーは武将のお相手と悪名が高い元皇后の話なのですが、両方ともそれなりの身分同士の物語で、上品で濃厚なストーリーになっています。

甘く綺麗な物語を探している人にもおすすめです。

傾国の美姫の初恋 求愛は熱く淫らに (シフォン文庫)
価格

間違いで求婚した公爵様は、そのまま結婚することをお望みですというこの小説は自分が美人だと自覚しており、それを隠す主人公と令嬢の憧れの的である公爵家のお相手とのストーリーです。後半になってストーリーが徐々に盛り上がるので、物語を最後まで楽しみたい人にもおすすめな作品になります。

シチュエーション、というか主人公の設定も特別感があっていいですね。

間違いで求婚した公爵様は、そのまま結婚することをお望みです
価格

官能小説は紙媒体でも読むことができますが、嵩張るのが嫌。買いに行くのが面倒な人は電子書籍をおすすめします。手軽に購入できますし、サイトによってはクーポンなどがついてきて、紙媒体を新品で買うよりお得になることも。


次に官能小説がよめるおすすめの電子書籍サイトをご紹介します。


〇コミックシーモア

電子書籍サイトの中でもとくに有名なサイトです。

漫画のイメージがありますが、女性向けの官能小説なども多く取り扱っています。


〇めちゃコミ

軽快なCMソングでも特徴的な電子書籍サイトです。漫画の取り扱いも多く、官能小説も取り扱っています。ライトノベルの取り扱いが多いので、マニアックなジャンルも見つけれますよ。


〇Amazonkindle

Amazonが運営しています。電子書籍が購入でき、官能小説も数多く取り扱っていますのでお気に入りの官能小説や、おすすめの官能小説を見つけるのも容易でしょう。

男性が意外に気にするところ。それはデリケートゾーンの臭いです。


せっかく良い感じにデートしてお泊り・・ってなっても、変なニオイがしちゃったらすべてが台無し!

Woman1

ハーバルラビットラクーンナチュラルミストは長く使い続けれて安心。持ち運びも便利だから手放せないです。(29歳/会社員)

官能小説は多くありますので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。

次はおすすめの官能小説を見極めるポイントについてみていきます。

官能小説を選ぶポイントとは

まずひとつめは読みたい官能小説のジャンルを絞ること。

筆者もよくやるのですが、このジャンルを絞るのは大切なポイントとなるのです。


例えば、ティーンズラブは異性との甘い恋愛と性行為のシーンを読むことができる反面、性行為のシーンに物足りなさを感じることも。


ボーイズラブは抵抗がなければ性行為シーンも濃厚なものが多いので、おかずにできる人にはピッタリなジャンルです。ただし、同性同士の恋愛が苦手という人には向きません。


次に小説の文字の大きさ、挿絵があるかどうかも重要なポイントです。

ライトノベルは挿絵や文字も大きいので万人が好む仕様になります。純文学などは挿絵がない反面、文字が小さいですが、小説をよく読む人であればなじみ深いレイアウトになります。

レーベルによって官能小説のエロの度合いに違いがあります。自分の理想と違い、おかずに使えないなんてこともあります。


そんな場合には試し読みなどがあるので、こういったものも利用すると良いでしょう。

今回はおすすめの官能小説のレーベルなどをご紹介しましたが、まだまだ多くの官能小説があるので自分に合うジャンルの官能小説を見つけてみてくださね。



筆者もあったのですが、表紙買いをしてしまい、中身が面白くないなんてこともありました。

えっちな小説は子宮がぞくっと快感が走るほどに、そしてオナニーの役に立つもの

です。


官能小説を読むと相性がいいものだととくに体がぞわっとするような快感を得ることができました。まるでオーカズムを迎えるような快感を迎えることや感動を体験できたり、ドライオーカズムに役立てることも可能。


文章の世界は奥深いので、ぜひ挑戦してみてください。

大人の恋愛ゲーム PLUS MATEって知っていますか?

イケメンたちとのリアルなトークが楽しめる恋愛シミュレーションゲームで、

等身大な自分を出しても、どんどん楽しめちゃうゲームなのです。


もちろん無料ですよ♪


期間限定イベントも開催中なので、このお休み中に始めてみませんか?