Tapum27fpxhg6xt7bbwy

性交関係

CATEGORY | 性交関係

【変態女子が解説】野外でバイブを使う魅力!普通のバイブの使い方じゃもう満足できない!

2020.12.10

野外でバイブを使う魅力はスリルと非日常感といってもいいでしょう。とくに興奮は快感に近く、いつもの快感とは違った、けれど鋭い快感を感じさせてくれます。今回は経験を元に野外でのバイブでのおすすめの場所や使いかたなどをご紹介します。

この記事に登場する専門家

Ykuvp90awjhyuedrhgww

3桁の男を食べた女

ライターDOs

趣味は旅行とカフェ巡り。初体験は学生の頃、モテ期が遅い割に今に至るまでの経験人数は3桁(正確な数字を覚えてない)。
気分に流されやすいこともあり男性経験が多い割に恋愛経験は思ったより少ないのは玉に瑕。

  1. 野外でバイブを使うと普通のバイブの使い方に戻せなくなる
  2. 野外バイブを使うに至ったきっかけ
  3. 見つかりにくい。野外バイブをするのに絶好の場所
  4. 恰好で誤魔化して野外バイブを楽しむ
  5. 野外でバイブを使う際に注意して欲しいこと

こんばんは!気持ちいことが大好き、ライターDOsです。

今回は野外でのバイブの使用についてのあれこれについてご紹介していきます。

普段オナニーなどでバイブを使っていて、快感にマンネリ化が来ていませんか?

バイブは普通に使っていても気持ちがいいですが、慣れてくると味気がなくなってしまいます。


そんな快感に変化がつけられ、シチュエーションでも楽しめるのが野外でのバイブの使用なのです。

野外でのバイブはスリルはもちろん、いつもと違ったシチュエーションで興奮し、快感をより広げてくれるので筆者も好きです。


記事の最後にはバイブに関する記事もご紹介していますのでぜひご覧くださいね。

野外バイブの魅力

野外でバイブを使うってどういった感じなの?と思われる人はたくさんいるでしょう。

また、野外で破廉恥な行為をするといったことになりますので、気が引けてしまったり、「見つかったらどうしよう」と不安になる人もいらっしゃいます。

例えば、近所でバイブを使って見つかった際にどう顔を合わせたらいいか、街を歩けばいいのか。想像しただけで怖いことでしょう。


しかし、その逆を言えば、その「見つかるかもしれない」という瀬戸際のスリルが野外でバイブを使う魅力のひとつなのです。



スリルとは一種の脳の興奮状態ですので、良いようにいえばその怖さが快感になり、性的な快感の質を向上させてくれるのです。



シチュエーションひとつ、使い方ひとつ変えるだけで、いつもの味気ない興奮を変化させることができます。


また、家やホテルのように屋根や壁がないので、外ならではの解放感と非日常感を味わえるのも魅力。いつもと違った風景でするオナニーも乙なものなのです

筆者も日頃のオナニーに飽きたとき、学生の時にふと思いつきで近所の林でオナニーをしたのがきっかけで、ついに野外でバイブを使ってしまうまでになりました。

そのときは近所ということもあり「知り合いに見つかったら絶対終わる」という恐怖とドキドキ感の中で必死にオナニーの手を動かしました。


心臓の音も早く、いつもより快感は拾いやすいし、何倍もの速さでオーカズムを迎えられました。

経験と成功例は自分に自信をつけさせてくれ、野外でイケないことをする勇気にもなりますので、せひ挑戦してみてください。


ただし、無理は禁物です。

見つかったら元も子もありませんから。

LOVEな気分を高めるSEXに興味ある?


人恋しくなる季節。女性を気持ちよくするテクに長けた男性と出会える秘密の場所。


本気の出会いじゃなくていい。気軽に会ってSEXを楽しむ。もちろん匿名で。


女性は完全無料。30代の女性もたくさん登録していますよ♪

Woman5

友達にコッソリ教えてもらって使い始めた。必ずご馳走してくれるし、恋人探しだけじゃないから、ペ〇ーズとかより穴場かも?

Woman3

仮名OKなので、ちょっとアブノーマルなSEXもできて楽しい♪

野外でバイブをするのに必要なことは、絶対に野外でバイブを使っても邪魔をされない場所、見つかってしまう可能性があるかもしれない、けれどそういうことをしてもなかなか見つかりにくい場所を選ぶのがコツです。


野外でバイブを使う魅力として、スリルがあげられます。ギリギリ屋内で絶対に見つからない場所、なんて味気ないものです。


ただ、それを重視しすぎて人通りの多いところや、集まりやすい場所でしてしまって見つかってしまえば噂も立ちますし、最悪警察に通報されてしまうことも。


社会的に終わらないように、けれどスリルもきちんと楽しめる場所をピックアップしていきましょう。

なるべく人に見つかりにくく、スリルも楽しめる場所

では、なるべく人に見つかりにくく、なおかつスリルも十分に楽しめる場所といえばどこになるのでしょうか。

経験を元に上げるならば、以下がおすすめです。


〇森林や林など植物の障害物が多い場所

オーソドックスなことをいえば、森や林など植物の障害物が多い場所をおすすめします。

草木特有の自然の匂いと、土の匂い。そして植物が生い茂る特有の肌につくじめっとした空気は、室内ではない環境を全身で楽しませてくれます。


また、解放的なので、性的なことをすれば「外でしてる!」とダイレクトに感じることもできますし、運が悪ければ人の声も聞こえますので、スリルを得るという点でも申し分ありません


ただし、観光地などでは当然人も多く、森林や林でも町に近ければ近いほど人に遭遇する確率も高く、トラブルに発展する可能性も高くなります。

実際、筆者も何度かバレてしまいそうなこともありました。

仮にするとしても、あまり人が来ない場所。誰かといくなら夜など人もあまり来ない時間帯をおすすめします。


〇公園などの広場

人も程よく集まり、市街地ほどの騒々しさもない公園などもおすすめです。

ただし、森林や林のように開放的な格好はしてはいけませんし、できないのがネック。

ですが、服の下からバイブを固定して「見つからないように」すれば、誰かに見られているかもしれないというスリルを味わうことができます。


ただし、人がいるときはバイブを動かしてはいけません。下手したら服の下からの形、バイブの音で使っていることがバレてしまうことも。

本当に小さな子供であれば誤魔化すことも可能ですが、最近の子供は性的知識も豊富なので、下手したらバレてしまいます。


「絶対に見つかりたくない」という人はせめてバイブ機能の使用のタイミングは考慮しましょう。

ちなみに、筆者のおすすめのバイブの使用のタイミングは、子供がいるけれど、十分に離れた場所で遊んでいるときです。

静音のものを使えば静かすぎない限りは聞こえませんし、スリルも味わうことができましたよ。

裸で野外にでて、なおかつバイブを使うなんて考えられない......!

この意見は野外での性的行為に慣れていない人の共通認識といってもいいでしょう。

野外で性的な行為をするとどうしても感覚がそちらに慣れてしまい、羞恥心も薄れてしまうので、ほどほどが一番です。


また、こういう認識を持っていれば中々野外でバイブを使うことに勇気を出せない人もいるでしょう。


野外でのバイブの使用は裸になってするだけではありません。恰好で誤魔化してバイブを使う。これをすれば場所もあまり気にすることなく、裸よりバレてしまうリスクを減らすことができます。


ちなみに、野外でおすすめ。そしてバイブを使うときにおすすめの格好はロングスカートです。


スカート特有の解放感と、ズボンのように股が窮屈ではありませんので、自由にバイブを固定することができるほか、ペニス型のバイブも使うことが可能になります。

おすすめのバイブの固定方法

しかし、スカートを履くといってもズボンのようにバイブを固定するのも難しいですよね。


ズボンをはいてしまえば、バイブの形もわかってしまいバレてしまう可能性も高まります。


そんなときはパンツを履いてバイブを固定するのがおすすめです。

ローターであれば万が一、膣から落ちそうになってもパンツで落ちるのを食い止めることができますし、大きいバイブであっても布が固定の役割をしてくれます。

家であるもので固定できるので、今すぐにでも野外でバイブを使うことができますね。


しかし、パンツでバイブを固定するといっても限界があります。


実際、筆者も一度ペニス型のバイブをパンツで固定して外に出たことがあるのですが、まんこもびしょびしょに濡れており滑りがよかったこと。そして移動距離も多かったので、その歩く際の反動でバイブがパンツの布からずれてしまい、落ちそうになったことがありました。


幸い人が見ていなかったので、手をつかって固定位置にもどしました。しかし、人通りがあるとバイブの位置を戻すこともままなりませんよね。


なるべく落ちないように固定したいというときは、通販でバイブの固定ベルトが売られていますので、そちらの購入を検討しましょう。

安くはないのですが、バイブを固定できるほか、位置の調節もできるためおすすめですよ。

男性が意外に気にするところ。それはデリケートゾーンの臭いです。


せっかく良い感じにデートしてお泊り・・ってなっても、変なニオイがしちゃったらすべてが台無し!

Woman1

ハーバルラビットラクーンナチュラルミストは長く使い続けれて安心。持ち運びも便利だから手放せないです。(29歳/会社員)

野外でバイブを使うときに絶対に注意して欲しいのが人に見つからないことです。

「スリルを求めるんだから、人に見つかるかもしれない瀬戸際を楽しむのがいいんじゃないの」と思われる人もいるでしょう。

実際その通りで、それが野外でバイブを使ううえでの魅力でもあります。


ただし、感覚が麻痺してしまうと、その瀬戸際の先を超えてしまうことも。

例えば、本当に人に見つかってしまい、警察を呼ばれてしまえば、公然わいせつなどで捕まってしまったり、性犯罪者として扱われてしまうことも。


強大なスリルは一般常識の感覚を麻痺させてしまうので注意してくださいね。

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


・日常に程よい刺激が欲しい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人


お金をもらいながら、美味しい食事を食べる生活を始めてみませんか?


パパ活はコツをつかめば、初心者でも優良パパを見つけて安全に稼げるのです。


もちろん身体の関係なしです!


詳しい方法はこの記事で紹介しています。

パパ活でお小遣い稼ぎができる!『ワクワクメール』

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!特に女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


パパ活有名アプリ(SugardaddyやLove&)は競争率が高いので、ワクワクのようなマッチングアプリの方が初心者におすすめです。

Woman2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

Woman5

35歳で見た目も普通だけど、会うたびにお手当くれる人がいます。丁寧に接することを心掛けるのがポイントですね。