Bilrfrqw6vvda74flgnj

フランス

CATEGORY | フランス

パリのおしゃれエリア【マレ地区】を在住者が解説!スイーツにショッピングに魅力満載!

2019.10.16

パリの中でも特におしゃれなエリアとして有名なマレ地区。名前は有名だけど、どんな地域?という声をよく聞きます。そこで今回は、フランス在住者の筆者がマレ地区のお店を分野別に徹底解説していきたいと思います!

この記事に登場する専門家

R0ii2xqdcxjviks5bban

フランス在住ライター

emma

旅行と歌が大好きなemmaです!
フランスパリにフランス人彼氏と住むため、2018年ワーホリビザにて渡仏🇫🇷 パリのおすすめ観光地、穴場情報や他国の観光情報も発信していきます!

  1. パリのおしゃれエリア、マレ地区!
  2. マレ地区~雑貨編~
  3. ①パリの東急ハンズ?【Le BHV Marais】
  4. ②日本人にも大人気なセレクトショップ【Merci】
  5. ③レトロで可愛い雑貨がたくさん!【Au Petit Bonheur la Chance】
  6. ④日本人デザイナーのキュートなお店【Atsuko Matano PARIS】
  7. マレ地区~ミュージアム編~
  8. ①あの超有名アーティストの美術館【Picasso National Museum】
  9. ②パリの大人気大型アートセンター【Le Centre Pompidou】
  10. ③パリの邸宅を使用したモダンなアートギャラリー【Galerie Perrotin】
  11. マレ地区~スイーツ編~
  12. ①ちっちゃなタルトがとってもキュート【Maison Aleph】
  13. ②パリで唯一の日本のクレープ屋さん【Princess Crêpe】
  14. ③パリスタイルの抹茶専門店【Umami Matcha Café】
  15. ④とってもファンシーなイギリスカフェ【Lily of the Valley】
  16. ⑤カラフルなプチカップケーキがずらり!【Berko】
  17. おしゃれなパリにあるさらにおしゃれな地区、マレ地区に行ってみよう!
Nd2uww3oel6b2zugztcd

Bonjour! みなさんこんにちは、フランス在住ライターのemmaです。


みなさんは“マレ地区”をご存知ですか?


日本のパリガイドブックには必ずといっていいほど掲載されている、おしゃれなパリの中でも特におしゃれなエリアです。


今回はそんなパリ一おしゃれなエリア、“マレ地区”について紹介していきます!

マレ地区ってどんなところ?

K3uemceockyjztohhiof

マレ地区は、1605年にブルボン朝の創始者であるアンリ4世がヴォ―ジュ広場を設計して以降、貴族の居住地域として人気が上がり多くの貴族が住んでいました。

A0ol2qplkdrw9qtq5eno

その後はユダヤ人居住地区になり、現在でもユダヤ料理のお店やユダヤスタイルの建築を見ることができます。

 

その後も、時代に合わせマレ地区には様々なコミュニティの人たちが住んでいました。

Ob2qttan8wn4uawtaack

ちなみに現在マレ地区はLGBTQコミュニティの人たちの活動の場となっており、マレ地区の街中ではLGBTQの象徴であるレインボーの飾りをたくさん見ることが出来ますよ!

Zqnhusomofuxgwjl4jvd

まず初めにご紹介するのは、マレ地区の雑貨屋さんです。

Ci1s4xkmbldf4ugchf4o

パリ市庁舎のすぐ近くにある6階建ての大型デパートが、この”Le BHV Marais”。


このデパートでは、まるで日本の東急ハンズのように本当に何でも手に入るんです!


日曜大工用品から香水に洋服、本コーナーやおもちゃコーナーまで入っています。

Yfeoygpxfi7kt43irzgb

お土産にぴったりのフランスのお菓子コーナーや、、、

Jbliozlxcscc7o7zlwsq

キッチン用品に、、、

E2c5t99sgnqzrgb4b1te

ディズニーストアまで入ってます!


フランスのお土産何を買おう?と悩んでいる方は、是非BHVへ!

詳細情報

場所:52 Rue de Rivoli, 75004 Paris

営業時間:月-土 9:30~20:00 /日 11:00~20:00

行き方:Hôtel de Ville駅(メトロ1.11番線)から徒歩1分

Ljco01bnd7putvripveo

マレ地区の北側に位置する大人気セレクトショップが、この”Merci”。有名子供服ブランド”Bonpoint”のオーナーが作ったお店なんです。


店内には洋服やキッチン用品、家具など幅広い商品が売られています。


また、ハイブランド商品を安めに提供している事でも有名なんです。

Fqhqtvg7f0kvsazhms1k

Merciのロゴが入ったとってもキュートなポシェット(€22/約2.500円)や、、、

Yvy6eh7le7nu8mfl9iar

ちょっとレトロなデザインの文房具など、見てるだけでもワクワクしてきますよね!


店内にはオーガニックフードも楽しめるカフェが併設されているので、ぜひゆったりとしたひと時を味わってみてはいかがでしょうか?

詳細情報

場所:111 Boulevard Beaumarchais, 75003 Paris

営業時間:月-土 10:00~19:30 /日 休み

行き方:Metro Saint-Sébastien - Froissart駅(メトロ8番線)から徒歩1分

Ncia1h9jyepeuhl0u9wa

レトロ商品を取り扱うお店が多く並ぶ通り、”Rue Saint-Paul”にあるのがこの”Au Petit Bonheur la Chance”。


通りを歩いていると、可愛らしいショーウィンドーが一際目を引きます。


このお店では、1920~70年代のレトロな商品が中心に扱われています。

Ar3mvzkytlryvpjb4zhx

レトロなポストカード(約€1~/約100円~)や、、、

Bmbodntseagynz6q8tbq

鉛筆(約€2~/約200円~)などの文房具、、、

Ogern0gkjd5caugfxgss

赤と白で統一されたキッチン用品(約15~/約1,700円~)などもあります。

Aygpvsg3rkw5szddv2ar

狭い店内に所狭しと並べられたたくさんのレトロ商品は、見てるだけでも全く飽きないですよ!


レトロ商品で、是非家の中を飾り付けてみてはいかがですか?

詳細情報

場所:13 Rue Saint-Paul, 75004 Paris

営業時間:月-土 11:00~13:00 14:00~18:30 /日 休み

行き方:Sully-Morland駅(メトロ7番線)から徒歩2分

Bochmpvaizj0duohfo6f

マレ地区の静かなひっそりとした通りにポツンと可愛らしいお店があります。そのお店が、こちらの”Atsuko Matano PARIS”。


日本人デザイナーである俣野温子さんという方がオープンしました。


俣野さんは1979年に東高円寺にギフトショップを開き、それ以降企画デザイン会社を創設したり美術館に作品を展示したりと幅広く活躍されている方なんです。


全ての商品はオリジナルで、俣野さんの手によって作られているんですよ。

Bkpwfrvuhbve8jkbv6p5

俣野さんの商品の特徴は何といってもこの可愛らしい黒猫ちゃんとカラフルな色合い。


上記のスリッパ(€43~/約5.000円~)を始め、ハンカチやバックなど様々な商品があります。



ちなみにオンラインショップもあるので、是非そちらも覗いてみてくださいね!

詳細情報

場所:64 Rue du Temple, 75003 Paris

営業時間:火-土 11:00~19:00 /月 13:00~19:00 /日 休み

行き方:Rambuteau駅(メトロ11番線)から徒歩3分

Yh29vtfoxvftxhhwvofb

次にご紹介するのは、マレ地区のミュージアムです。

Lfhgxuv5me7e5jwtytyp

元々塩税徴収官の邸宅であった場所にある美術館が、この”Picasso National Museum”。


ピカソの死後、ピカソの遺族が相続税として納品した作品が多く展示されている貴重な美術館なんです。


ピカソ美術館はヨーロッパを中心に多くありますが、その中でもこちらのピカソ美術館では多くの有名な作品を見ることができるので必見ですよ!

Yljxdgroks9u4m0bnjph

1937年に制作された、ピカソの愛人の一人でもあったドラ・マールの肖像や、、、

U8jxhp5zibwrymxowuvs

上記の肖像と同年に描かれた、同じくドラ・マールをモデルにした泣く女。

Uekqvd5fh6kd1jfvjhpq

1939年制作の鳥を食べる猫など、他にも数多くの有名作品を鑑賞することができます。


ピカソのファンでも、ファンでなくても楽しめる美術館ですよ!

詳細情報

場所:5 Rue de Thorigny, 75003 Paris

営業時間:火-金 10:30~18:00 /土・日 9:30~18:00 /月 休み

行き方:Metro Saint-Sébastien - Froissart駅(メトロ8番線)から徒歩7分

入場料:大人 €12.50(約1,400円) /18歳未満 18~25歳のEU国籍者 無料 /毎月第1日曜 無料 /オーディオガイド €5(約600円) フランス語・スペイン語・英語対応

X62ezofnvytbg8jhgsfx

映画館や図書館なども併設されている大人気大型モダンアートセンターが、この”Le Centre Pompidou”。


1970年、当時の大統領であった”Georges Pompidou”の命令により建設が始まり、1977年に完成しました。


とっても現代的な見た目とは裏腹に、以外に昔に建てられたんですね!

Xr1il1qkqhzauu3fxgcg

外観自体がもはやアートです!

Ztveuekmxwcgshgqkbif

アートセンターに入るなり、早速斬新な作品がお出迎えしてくれます。

Llfh4zt9m6bwwxl03ewp

アメリカ人ポップアーティストのJim Dineの作品を筆頭に、たくさんのモダンアートを鑑賞することができます。

Civ2epsf5yowciqxsvnp

こちらのJim Dineの一番有名な作品、"ハート”ももちろんありますよ。

Rroddnivpomhwmpwia9y

またアートセンターの最上階からは、パリを一望する事も出来るんです!


最上階にはオープンカフェもあるので、洗練されたモダンアートを楽しんだ後にパリを一望しながらコーヒーを楽しむのもおすすめですよ。

詳細情報

場所:Place Georges-Pompidou, 75004 Paris

営業時間:水-月 11:00~21:00 /火 休み

行き方:Rambuteau駅(メトロ11番線)から徒歩2分

入場料:大人A(特別展示期間) €14(約1,600円) /大人B(特別展示期間外) €11(約1,300円) /18歳以下 無料 /18~25歳 特別展示以外 無料 /毎月第1日曜 無料

Ahya0i3d7fvifsmf8ak0

ギャラリストである”Emmanuel Perrotin”が1990年に21歳でオープンしたアートギャラリーが、この”Galerie Perrotin”。


Perrotinは、上海やニューヨークなどにもギャラリーを持っている有名ギャラリストなんです。

E6h5igtb1v1qpsqi95x9

広々としたギャラリーに、様々なユニークな作品が展示されています。

Usurvljp11xicsdw1kgr

上記でご紹介した大人気セレクトショップ”Merci”からとても近いので、是非合わせて訪れてみて下さいね。

詳細情報

場所:76 Rue de Turenne, 75003 Paris

営業時間:火-土 11:00~19:00 /日・月 休み

行き方:Metro Saint-Sébastien - Froissart(メトロ8番線)から徒歩4分

入場料:無料

Ejpxhhckuasxkssfe8bk

最後にご紹介するのは、マレ地区のスイーツです!

Uqzpfx8zyjtxj26etxff

このとっても可愛らしいスイーツを提供しているのが、"Maison Aleph”というお店。


中にはチョコが入っていて、外側のパリパリと中の柔らかいチョコレートがぴったりマッチしていてとても美味しいんです!

C4v1vtoucav7njz44aj2
引用: https://www.instagram.com/p/Bw6WfNIH403/?igshid=o8gan01l9aas

このお店は、シリアで10歳まで育ったオーナーがオープンしました。


このお店の特徴は、レバントというシリアやヨルダンなどの国々を含むエリアの伝統的な食材を使用して作られている点。


例えば、この鳥の巣をイメージして作られたスイーツ(各€2/約200円)の外側には、レバントの伝統デザート”Kanafeh”のメインにも使われている麺状の材料を甘くした物が使用されています。


一風変わったこちらのパティスリー、是非お試しあれ!

詳細情報

場所:20 Rue de la Verrerie, 75004 Paris

営業時間:月-金 11:00~20:00 /土・日 10:00~20:00

行き方:Hôtel de Ville駅(メトロ1.11番線)から徒歩2分

Hjskuijdvloabpua3lec

日本人の元ロリータファッション店員の方がオープンしたクレープ屋さんが、この”Princess Crêpe”。


こじんまりとした店内に入ると、まるで原宿に来たかのような気分なります。


今回私が注文したのは、バナナチョコホイップクレープ(€4.2/約500円)。


パリで日本のクレープが恋しくなったら、是非行ってみて下さいね。

詳細情報

場所:3 Rue des Ecouffes, 75004 Paris

営業時間:月・木以外 13:00~19:00 /月・木 休み

行き方:Saint-Paul駅(メトロ1番線)から徒歩3分

Kh9asylj6bpzvikfbvme

モダンで広々としたおしゃれな空間が広がる抹茶専門店が、この”Umami Matcha Café”。


どの商品も抹茶づくしのこのお店、抹茶好きには本当にたまらないお店なんです。


今回私が注文したのは、抹茶のパウンドケーキ(約€5/約600円)と抹茶のチーズケーキ、(€6.8/約800円)そして抹茶ラテ(€5/約600円)。


変な甘さや苦味がなく、とても食べやすくて美味しい抹茶の味を楽しめますよ。

Jbtpsarvpjq3ougakytw

また店内には、日本の様々な物産品を購入できるお土産コーナーもあるのでそちらも忘れずに見てみて下さいね!

詳細情報

場所:22 Rue Béranger, 75003 Paris

営業時間:火-金 9:00~19:00 /土・日 10:00~19:00 /月 休み

行き方:Temple駅(メトロ3番線)またはRépublique駅(メトロ3.5.8.9.11番線)から徒歩2分

Innhluxatawbzmjkna53

イギリス風の花柄で彩られた可愛らしいお店が、この”Lily of the Valley”。


イギリスらしく、様々な紅茶やイギリスの紅茶菓子を楽しめます。

Pei1wr9est52mutlljnv

店内のショーウィンドーにはエリザベス女王が描かれたティーカップセットが並んでいて、なんともおしゃれです。

Njxwmholzjtl6njlk5cc

今回私は、キャロットケーキ(約€4/約470円)を注文しました。


ケーキの上部分のクリームバターがさらに美味しさを引き立ています。

Kiejzpawwbcsfraziwkt

店内では、このような快適なソファイスに座ってゆっくりお茶やケーキを楽しむことができますよ。

Iv1a5t1mvq7i3uvi5s31

そしてこのお店は、トイレまでこのようにとっても可愛いんです。


ついつい写真を撮りたくなっちゃいますよね。


おしゃれなパリの街で、パリとは雰囲気の違ったブリティッシュスタイルのお店で落ち着いたひと時を過ごしてみては?

詳細情報

場所:12 Rue Dupetit-Thouars, 75003 Paris

営業時間:月-金 8:00~18:00 /土・日 11:00~19:00

行き方:Temple駅(メトロ3番線)から徒歩2分

Shdk2u2j1htae7fge2ew
引用: https://www.instagram.com/p/BDdSAWntIhR/?igshid=vccx505efhut

上記でご紹介したアートセンター”Le Centre Pompidou”のすぐ近くにあるカップケーキ専門店が、この”Berko”。


ショーウィンドーには、見てるだけでもとってもワクワクしてくるようなカラフルなカップケーキの数々が並んでいます。

Xgpchwhxwdadt2ogisis

今回私は、オレオ味と、、、

Rns9vnsw1cpcnud8kbyu

ピスタチオ味(各€2.5/約300円)を注文しました。


見た目とは裏腹に甘すぎず、日本人の私たちの口にも合う甘さなのでとてもおすすめですよ!

詳細情報

場所:23 Rue Rambuteau, 75004 Paris

営業時間:月-日 11:00~19:30

行き方:Rambuteau駅(メトロ11番線)から徒歩1分

いかがでしたか?今回は、マレ地区のお店を分野別に紹介していきました。


“おしゃれな地域って言うけど、具体的にはマレ地区はどんな感じなの?”とマレ地区のイメージがあまり湧かなかった方たちも、こちらの記事で少しイメージが湧いてマレ地区に行ってみたいなと思っていただけたら幸いです!


それではみなさん、Adieu!

この記事が気に入った方は、フランスの観光スポットをまとめた記事も読んでみてください!