Ongponjrcib0irufrmvv

性交関係

CATEGORY | 性交関係

あの偉人モーツァルトは変態だった!?知られざる性癖と変態的なラブレターの数々を紹介!

2020.12.05

モーツァルトと言えば、誰でも一度は名前を聞いたことのあるウィーン出身の古典派音楽家。世に名を馳せる人にちょっと変わった人は多いけれど、モーツァルトの変態的な性癖の数々が「ベーズレ書簡」に残されています。今回はモーツァルトが変態と言われる理由に迫ってみました。

この記事に登場する専門家

Dr7tjji8zkmrvnxgd6nw

外専の元スナックママ

カトレア

スナックのママとしてお勤めしていたカトレアです。日本の男性だけでなく、外国の男性との恋愛経験から学んだ、心も身体も心地よい"感じる恋愛’’についてお話していきます。

  1. あのモーツァルトが変態!?
  2. 性癖はすでに子供時代から!?モーツァルトの変態な幼少時代
  3. モーツァルトの変態的なスカトロ趣味!
  4. モーツァルトのうんこは愛の印!?変態と言うより芸術的!?
  5. モーツァルトは幼稚な変態!?理解者は従妹のみ!?
T3j6mafndbaecy35mjbr

みなさんこんにちは。

ごめんなチャイコフスキー、鼻からドビュッシー、モーツァ~ルト(もうちゃんと)しなさいよ! って、脳みそ夫ではありません、カトレア姐さんです。


小学校の音楽の授業でも習い、誰もが知っているモーツァルトが実は変態だったとしたらどう思いますか。


偉人と呼ばれる人の中には、結構変な人が揃っていて、その奇妙な行動や言動は時にサヴァン症候群などと憶測される事もあります。


今回は、残念な偉人・モーツァルトの性癖について、現存している手紙の足取りから追ってみましょう。


驚きの面白さと捉えるか、幼稚な変態と思うかはあなた次第。


ぜひ最後までお楽しみくださいね!

Xmqijfvtko2egvex0fkd
引用: pic.twitter.com/65mZEuqPU4

友人の子供の話ですが、彼は幼少時には既に女性のストッキングをはいた脚が大好きで、誰彼見境なくストッキング脚を見つけては、擦り寄って行ってしまう子でした。


成人した現在では、立派な性癖を持ったオトナに育っています。

みつごの魂百まで。


まずは、そんなモーツァルトの幼年時代から青年期の様子を見てみましょう。

遊び場は女性のスカートの中

モーツァルトは幼年の頃から、女性のスカートの中で遊ぶのが好きだったと伝えられています。


モーツァルトの生まれた1700年代の女性のファッションは、生地が高価だったためにスカートは自然なふくらみがあり、ボリュームと言うよりはどちらかと言うとシンプルで、甘く女性らしい作りが主流です。


重い作りではないので、子供の頃のモーツァルトでも簡単に捲って中に入って遊ぶことができたと言えますね。

ませすぎ!マリーアントワネットも誘惑!?

モーツァルトとマリー・アントワネットの逸話で、幼少の頃のモーツァルトがマリーアントワネットに求婚したと言う話が、まことしやかに伝えられています。


あのマリーアントワネットの生涯を描いた不朽の名作漫画、ベルサイユのばら(池田理代子)の中にも、同様のシーンがありました。


当時のモーツァルトの年齢はわずか6歳。マリーアントワネットは7歳の頃でした。

「大きくなったら僕のお嫁さんにしてあげる」とは、皇女に向かってずいぶん上から目線と言う印象がぬぐえませんね。

母譲りのうんこ好き?

当時の南ドイツでは、家族同士や親しい人たちの間で、卑猥な事や下ネタを言い合うのは普通の事でした。


母であるアンナ・マリーヤ・ペルトルも、姉・マリア・アンナもうんこ好きで、モーツァルトは母のうんこ話を聞いて育ったのですね。


母の手紙もうんこを連発していますし、夫に向かって「たくさんうんこして、オナラをして、ぐっすりおやすみなさい」とう手紙を送っているのでした。


こんなうんこ連発ファミリーで育てば、うんこはまさに家族の中にあるべき自然なモノに違いないでしょう。


一般的ではなかったかもしれませんが。

童貞喪失は21歳?

1756年生まれのモーツァルトですが、1777年にパリへ行く前に立ち寄ったアウクスブルクで、従妹のマリア・アンナ・テークラ・モーツァルトと再会し、並々ならぬ仲になったと言われています。


モーツァルトがベーズレと呼んでいたこのマリア宛に書いた手紙が6通残っており、ベーズレ書簡として出版もされています。


時にモーツァルト21歳

相手が従妹と言うのは、当時だったら普通にあり得る事だったのでしょうね。

21歳の童貞消失は、現代的の感覚でも普通かな、と言った印象ですが、ませていたモーツァルトにしては遅い感じがしますね。

ゆがんだ愛情?

モーツァルトは26歳の時に父親の反対を押し切って、コンスタンツェ・ウェーバーと結婚をします。


この女性は、モーツァルトがかつて恋をし、結婚まで考えていた女性アロイジア・ウェーバーの妹でした。


従妹のベーズレへの思いを断ち切れないまま、アロイジアとの結婚も反対されてパリに仕事に行かされ、また親の反対を押し切ってかつて恋した人の妹と結婚


この二人の女性の性から解るように、ふたりはあの作曲家ウェーバーの身内です。

結婚に反対される理由が、何かあったのでしょうか。

いずれにせよ、モーツァルトはあまり女運が良くなかったと言えそうですね。

うんこドリルならぬうんこラブレター

「そう、ぼくのあれは元気です。二週間後にはパリへ立つけど、きょうもひとクソたれておこう。もし、そちらのアウクスブルクの町から手紙をくれるつもりなら、ぼくが受け取れるように、早く書いてね。でないと、ひょっとしてぼくがもう立ったあとだと、受け取るのは手紙のかわりに一通のウンコ。うんこだ! うんこだ! おおうんこ! ああ、なんて甘い言葉だ。うんこ」

漢字の書き取りが全部「うんこ関係」のうんこドリルが話題になってずいぶん経ちます。

月日がたっても、子供たちにとって「うんこ」という響きは、楽しくなってしまい、惹かれずにいられない魅力という事なのでしょうか。


モーツァルトの書いた手紙は実はたくさん残されています。

5か国語を操ったとも言われ、友人や従妹、妻にあてた手紙などもあるのです。


この中で、妻をはじめ従妹のベーズレ宛に書かれた手紙が、うんこの発言のオンパレードで、それはそれはひどい物です。

セックスの経験が少なくテクに自信がない?


実は、大人の関係を求める女性はたくさんいます。女性は恥ずかしがりだから匿名アプリを使うもの。それに気づけるかがポイントなのです。

ピチピチな可愛い子ちゃんとヤりたいならワクワクメール。欲求不満で癒しを求めている新卒の子や大学生が多い印象ですね。


一方で、セフレを作ってヤってみたいならPCMAXですガチで大人の出会い目的が多いんです。


どっちも使ってみて自分に合う方を見つけてみるのもアリですね。

Bkuy8srk7tix97chtrc8

 

1000人突破!ゆいなのエッチな動画を見てみる?♡

新人編集部員ユイナのエッチなコスプレルーム、ついに1000人突破!


Youtubeでは見せれないアレコレをfantiaでは公開しているので、ファン登録をお願いします♡下のボタンから見てね♪

Mr4eczxtkw5acndnd2ly

モーツァルトのこの変態的な嗜好は、トイレのユーモアなどと美化される事がありますが、どこからどう見たって、変態でしょう!


大体、いい年をした大人が、うんこオンパレードの手紙を貰って嬉しいわけがありません。

百歩譲って母親的な慈愛から「もう、ヴォルフガングってば今日もおばかさんね」なんて思ってくれる女性がいるかも知れないにしろ、そんな手紙を1度や2度も貰えばもうお腹いっぱいですよね。


オマエは小学生男児か!

とそれこそお尻にケリでも入れてやりたくなる事でしょう。

穴を見たらうんこを入れたいらしい

「あなたの鼻に糞をします」 「花壇のなかにバリバリッとウンコをなさい。」 「ぐっすりお眠りよ。おしりを口の中につっこんで。」 「ウンコで君のベッドを汚してやるぞ!」 「僕のおしりが火事になった! どういうこと! 知ってるぞ、みえるぞ、なめてやろうか、ん、何だ?ウンコが出たがってる?そう、そうだウンコだ。俺は変態だ!」

お尻を口の中に突っ込むうんこで汚してやる、などと言うかなり過激な表現を見るかぎり、モーツァルトにはスカトロジーの傾向があったと言わざるを得ません。


鼻や口の中など、穴があればうんこをツッコみたいモーツァルト

花壇など、普通にヒトが立ち入るべきではない、禁じられた場所でうんこをしてみたいモーツァルト。


「俺は変態だ!」と言っている所を見ると、本人も自分の性癖には気づいていたようですね。



スカトロは、糞尿愛好症と言って、排泄行為や排せつ物に対して、性的興奮をすると言った1種の性的嗜好です。


現代のように、スカトロ専門の風俗でもあれば、モーツァルトの性的嗜好を満足させてくれるお嬢さんが見つけ出せたかもしれないのに。


身近な相手に対して、これをやっちゃただのセクハラもいいところ。

モーツァルトはSだった!?

これとは別に、モーツァルトにはSM的な嗜好がある事も見て取れます。


モーツァルトの逸話で、「冗談好き」と捉えられているいたずらの中に、「貴族に頼まれた楽譜を直接手で渡さずに、全部床に並べて本人に拾わせた」と言うものや、「金管楽器の譜面を小節ごとに色を変えて書き、演奏者を困らせた」などというものがあります。


モーツァルトは宮廷作曲家でしたが貴族の出身ではなく、貴族の宮廷で仕事を与えられてお金を得ていた、立場的には召使のようなもの。


マリーアントワネットに上から目線発言をしたり、自分より目上の貴族に対してこのような仕打ちをしたりするのは、スカトロジーの他にサディスト的な要素があった事が伺われますね。

Euv5geh2gulduc3xapyk
「あっ、お尻が痛い、燃えているようだ!どうしたというのだろう!もしかしたら、ウンコが出そうなのかな?―そうだ、そうだ、ウンコよ、お前だな、見えるぞ、においがするぞ―そして―何だ、これは?―そうだったのか!―やれやれ―ぼくの耳め、ぼくをだましちゃいないね?―いや、たしかにそうだ。何という長い、悲しげな音だろう!―今日、五日にぼくはこの手紙を書いています。」

モーツァルトはうんこ好きです。

ただし、この手紙の様に語感が良く、テンポよく言葉が綴られている所は、やはり優れた音楽家と言わざるを得ません。うんこだけど。


更に、触覚・視覚・嗅覚・聴覚まで全部使い、五感にも長けたうんこ表現していると言う点も、さすがに芸術家であると言えます。


そして、うんこだったのか、おならだったのか、「かなしげで、長い」音。

排せつ物に対してこんな情緒的なこと、正直誰も思いません!


うんこに込められた、愛が溢れている手紙とも言えますね。

T3zyu0chuzvlfenkqbsk

従妹との文通内容が下品

「あなたの鼻に糞をします」「ウンコで君のベッドを汚してやるぞ!僕のおしりが火事になった!どういうこと!知ってるぞ、みえるぞ、なめてやろうか、ん、何だ?ウンコが出たがってる?そう、そうだウンコだ。俺は変態だ!」

モーツァルトの童貞喪失の相手、従妹のベーズレは、長年にわたってモーツァルトと「うんこ文通」を続けていた相手のひとりです。


モーツァルト父の弟の娘(叔父の子)だったと言うベーズレなので、もしかすると似たような環境で育ち、モーツァルトのスカトロ趣味の良き理解者だったのかも知れません。


事実モーツァルトは、ベーズレに対してものすごく執着をしたうんこ手紙を書き続けています。


ものすごく身近に、理解者がいたことは、モーツァルトにとって恵まれた環境だった事には違いありませんね。

もはや異常ともとれるお尻への執着

ごきげんいかが?お通じはまだいいかい? ぼくのあれは元気です。二週間後にはパリへたつけど、今日もひとクソたれておこう。 ウンチ!ポンチ!こりゃうまい!クソ!ミソ!なめる!ああ、おいちっち!クソ舐める!ああ快感だ!ウンチ!ポンチ!クソ舐める!

モーツァルトのスカトロ趣味も凄いですが、この日本語訳のテンポの良さがまた、すごい良いですね(笑。


うんちを舐めて快感だ、とか、ああ おいちっち!とか、やっぱりモーツァルトには食糞の趣味もあったようですね。


徹底的なスカトロジストだったらしい、モーツァルト。


音楽家でなければ、糞便学を研究する学者として、また別の道が開けていたかもしれませんね。

お尻が主役の曲を作曲

モーツァルトの作曲したカノンの中には、お尻を題材にしたものも残っています。


「俺の尻をなめろ」(K.231番)は、ドイツ語でLeck mich im Arsch (英語のKiss my ass) と同様の慣用句で、日本語に摺れば「くそったれ!」のような意味に当たります。


そのため、モーツァルトの芸術性は下品なところもあるが、スカトロ趣味ではないと言う人もいます。


しかし、「俺の尻をなめろ、きれいにきれいにね (K.233番) ドイツ語でLeck mir den Arsch fein recht schön sauberを見る限り、どこからどうみてもやっぱりスカトロ趣味からは離れらえていないようです(ただし、別人の作と言う意見もアリ)。

モーツァルトの狂気

僕の事でちょっと悩んでる?

時々白墨で書いてる?

僕の事、やっぱり時々は思い出してる?

時々、首つりしたくならない?

きみはもう、僕に抵抗できないと思っていたよ。

そう、そう、僕のあれは元気です。



モーツァルトが従妹のベーズレに送った手紙の中には、ふたりの間がただならぬ関係だった事を示すと同時に、狂気めいたものも感じます。


僕のアレが良かったから、もう君は僕に抵抗できない?

僕のアレを思い出して、首つりしたくなったりする?


ちょっと理解に苦しみますが、モーツァルト、超サドで変態

そして、見事なままに見え隠れするのがかまってちゃん思考


モーツァルト、絶対に超絶めんどくさい男だったに違いありませんね!

コロナで出会いの場がすごく減って、毎日退屈していませんか?


ここ数年、マッチングアプリを使う人が増え、何かと話題ですよね。


でも、「危険じゃないの?」「真剣な人はいるの?」等、気になることはたくさん。


そんな中で、

・日常に程よい刺激が欲しい人

・気軽に恋愛パートナーを探したい人

・あわよくばお小遣い欲しいな!って人

に向けて、女性に優しい、安全かつ気軽に使えるマッチングアプリを紹介しますね!

①気軽・安全に使える!『PCMAX』

PCMAXは、15年以上の運営実績、累計会員数1500万という大手マッチングアプリです。


しかも顔だし不要だから安全に出会うことができるのが嬉しいです。

Woman6

男性からのアプローチがいっぱい来るから、自分の都合に合わせて使えて便利♪

Woman4

”真剣な出会い”と”割り切りの出会い”が分かれているから、どっちも興味ある!って人にピッタリかな!

 

②パパ活でお小遣い稼ぎができる!『ワクワクメール』

Bhyawimev4mkqttpnt2x

ワクワクメールは、累計会員数700万人の大手マッチングアプリ!女性に優しい設計になっているのが特色ですね。だから紳士な男性が多い印象です。


また、、パパ活でも使うことができるそうです。お金持ちのオジサマが多いのかも。


もちろん、若い男性もかなり使っているので、安心してください!

Woman2

私のおじ様は月額10万+αで、週1回デート。最近はオンラインが多いけど普通に楽しい。

Woman5

ワクワクメールで彼氏ゲット。私スタイル良くないけど、ペアーズやOmiaiより出会いやすかったな。

Nadabvhvti6yvgrz9fbu