Zw5al10dis9yywfeee4h

台湾

CATEGORY | 台湾

在住者が教える台湾の原宿・西門町でショッピング三昧!グルメ情報もお届けします!

2019.12.19

台湾の観光スポットの一つとして知られている西門町。「台湾の原宿」と呼ばれるほど、現地の若者からも愛されているホットスポットです。今回は、留学生活を通して何度も西門町に行っている私がオススメするショッピングスポットからカフェ、グルメまでたっぷりご紹介します。

この記事に登場する専門家

Kyuf1eai8pifitu92dxc

留学生ライター

ほのげ

台湾の大学で韓国語学科を専攻している現役大学生。韓国短期留学済。台湾生活4年目突入、そしてKpopの魅力にハマってからいつの間にか11年。韓国カフェ、Vlog編集なども好きです。寒さに弱い沖縄人、今年の冬頑張ります。

  1. 台湾の原宿・若者が集まる街西門町
  2. 台湾・西門町へのアクセス
  3. 台湾・西門町周辺のホテル
  4. 台湾・西門町のショッピングスポット5つご紹介!
  5. ①西門町【ショッピングストリート】を探検
  6. ②女子必見、西門町で台湾コスメを買うなら【康是美】
  7. ③大型スーパー【家樂福】でお土産一気買い!
  8. ④台湾・西門町の象徴【西門紅楼】でショップ巡り!
  9. 台湾・西門町のオススメタピオカドリンクショップ&カフェ5選!
  10. ①台湾人お墨付き【50嵐】でタピオカを飲もう
  11. ②タピオカはミルクティーだけじゃない!【Coco】
  12. ③西門町インスタ映えカフェ【Meet up】で一休み
  13. ④オシャレな上にケーキが美味しいカフェ【MKCR】
  14. ⑤こだわりインテリアが自慢のカフェ【妳有咖啡】
  15. 台湾・西門町オススメグルメ4つご紹介!食べ歩きなら西門町
  16. ①台湾・西門町名物、外国人からも大人気【阿宗麵線】
  17. ②ローカルな味!西門町【天天利】のルーローファン
  18. ③【三兄弟雪花冰】のふわふわマンゴーかき氷
  19. ④現地感満載の【珍品養生坊】で台湾スイーツ豆花を食べよう
  20. 台湾・西門町で注意すること
  21. 一日中いても飽きない魅力がたっぷり台湾・西門町
Vexbt5fflkzxhsobtmob

台湾で現地大学に通っている大学生ほのげです。


台湾の観光地を検索すると必ず出てくる有名な観光スポット「西門町」。今回は西門町を観光する際にオススメのショッピングスポットから、グルメ、カフェまでたっぷりご紹介します。この記事ひとつで西門町観光で抑えるべきポイントはばっちりです!

Dvwwuwttstevlikvkbwv

西門町は台北駅から一駅と、とても交通に便利な場所に位置しています。台湾の電車、MRTの 青い線(Bannan Line)に乗れば台北駅から約2分で到着します。


台北駅から歩いて行く場合は大体10分〜15分ほどで到着しますが、台湾は交通費が非常に安く、16元(57円)で移動可能な上に迷う確率も低いので私は電車をオススメします。


桃園空港から台北駅までは空港からの直通電車があるので、台北駅に着いたついでに西門町をぶらりショッピングするのもオススメです。

Gznlnauajp5pqqz5pcuc

西門町の周りには多くのホテルが存在します。観光地なこともあり、日本語対応が可能なホテルも多いのが特徴です。


高級ホテルからリーズナブルな価格のホテルまで様々で、旅行プランに合ったホテルを選べるのも西門町付近で宿を探すメリットのひとつです。西門町は台北駅だけでなく、龍山寺や行天宮などの観光スポットとも近いため宿泊に最適!夜遅い時間でも比較的街が明るく、帰り道も安全です。

ダイアリーオブ西門

Zlgz8a8gf28aqul00psr
引用: https://www.diaryofximen.com/ja-jp

数ある西門町のホテルの中でも私が宿泊したことのあるホテル、ダイアリーオブ西門は西門町から200メートルの場所に位置しています。立地はさることながら、部屋がとても綺麗でWiFi環境も良く、とても心地のいい快適なホテルでした。日本語対応もOK。


ぜひ参考にしてみてください。

ダイアリーオブ西門詳細情報

スタンダードダブルルーム1,800元〜2,500元(6,500円〜9,000円)

ファミリールーム2,000元〜4,000元(7,000円〜14,000円)

トリプルルーム1,800元〜3,000元(6,500円〜18,000円)

U8vdrmoh6730edixjbyq

ここでは西門町のショッピングスポットを5つご紹介します。


西門町には台湾ならではのお土産が売っている場所がたくさんあります。若者が多く集まる場所なだけあって、可愛い雑貨やコスメ、ユーモア溢れる商品が全て揃っているので家族や友達にあげるお土産は西門町でゲットしましょう!

Ocobkwvfp2anoybkr4uj

西門町の正門をくぐって進んでいくと、お土産や雑貨、おもちゃが売っているお店がずらりと並ぶショッピングストリートが続いています。

Sjev1hlmnbf8hfwmxfdn

日本ではなかなか見ることのない面白くて個性的な商品が沢山あり、ある意味外国感を感じられる場所です。ぬいぐるみや台湾をモチーフにしたキーホルダー、携帯ケース、針金で作られたフィギュアなどが人気です。

Ueuo0hkewjihw1yej1lt

こんなにぎゅうぎゅうに詰め込まれて陳列されている風景は、日本ではなかなか見ませんよね!


上にぶら下がっている商品でも、店員に声をかければ棒を使って快く取ってくれるので気になるものがあれば気にせず聞いてみましょう!

Ygwyg2oenylm9bxnr6zu

針金で丁寧に作られたキーホルダーです。私もお土産として買ったことがありますが、なかなか頑丈で壊れにくく、ガンダムやキャラクター物は特に小さな子供に喜ばれます。大体100元〜200元程(日本円350円〜700円)。


まとめ買いをする場合などは、お店の人に交渉すると安くしてもらえることも多いので是非チャレンジしてみてください!

ショッピングストリート詳細情報

営業時間:朝10時頃〜夜11時頃(店舗によって多少差は有)

定休日:無し

外国に旅行に行くと気になるのが現地の化粧品。自分用として買うもよし、友達にプレゼントするもよし!化粧品はコンパクトなのでキャリーバッグのスペースを奪うこともなく、さらに持ち運びにも便利なためお土産には最適のアイテムです。


そんな台湾ブランドの化粧品が多く取り揃えられているのがコスメショップチェーン店康是美(カンシーメイ)です。

Wevv9vuutmsqruzigip8
引用: https://www.instagram.com/p/B5osZZhB4vE/

コスメといえば韓国のイメージが強いですが、最近では日本でも中華圏のメイク方法がユーチューブやTwitter等SNSを中心に注目を集めており、「中華圏コスメ」が次のブームになるのではないかと予想されています。

J7pla6d4ngbvxljmdkaj

台湾コスメは日本のコスメより華やかな色合いとはっきりとした発色が特徴的です。


私も台湾コスメのキラキラ感が好きで、アイシャドウは特に台湾のものを愛用しています!


コンパクトで持ち運びにも便利な上、キャリーケースのスペースも取らないのでお土産に最適。値段がとても安く、お財布に優しいところも魅力ポイント。

康是美詳細情報

営業時間:朝10時〜夜11時


定休日:無し

Olprppnopzwomx8xkrs8

台湾の商品なら何でも売っている大型スーパーマーケット、家樂福。


家樂福は台湾のスーパーマーケットチェーン店で、台湾のあちこちで見ることが出来ますが、西門町にある家樂福は他のところと規模が違います。食べ物以外にも衣類や電化製品まで揃っており、価格も安いのですごくおすすめです。

E89mmesgzhtwkmi57y3w
引用: https://www.instagram.com/p/BWtNgf4hNrY/

家樂福で人気の代表的なお土産といえば台湾茶、マンゴーゼリー、パイナップルケーキ、ヌガークラッカーなどがあります。小分けになって売られているお菓子も多いので友達や職場先にくばるお土産にぴったりです。


お土産を選ぶ時間を長く確保出来ない人は西門町を観光するついでに家樂福でぱぱっと買い物を済ませてしまいましょう!

家樂福詳細情報

24時間営業

定休日:無し

Vaqwdldj3scybc3sebrv

若者が集まる西門町にひっそりと佇むレトロな赤レンガの建物。それが西門町のシンボルとも言える西門紅楼です。


日本統治時代に台湾で初めての公設市場として建設された西門紅楼。設計士はなんと日本人でした。アジアでありながら西洋の雰囲気を感じる外観で、昼と夜でまた違った綺麗さがあります。


また、西門紅楼の中では台湾人クリエイターが手掛けた雑貨も販売しています。台湾の雑貨は素朴で可愛らしいデザインが多く、世代を問わずに人気が高いため、お土産としてあげても良いでしょう。

西門紅楼詳細情報

営業時間:朝11時〜夜9時半

定休日:毎週月曜日

Svze1w4ctkdfywpzsnq3

近年、日本は驚異のタピオカ大ブーム。


タピオカミルクティーの本場、台湾では日本より安くてボリューム満点のタピオカを堪能できます!


現地暮らし4年目の私が、西門町付近でおすすめのドリンクショップをご紹介します。また、ショッピングの休憩に入れるおしゃれなカフェも一緒にご紹介するので是非チェックしてみてください。


美味しいタピオカを飲みたい方、インスタ映え写真を撮りたい方は必見!

Fjte9kwdhyzvmrwudpk0
引用: https://www.instagram.com/p/By9VmGcJaSD/

タピオカミルクティーの本場である台湾には日本よりも多くのタピオカドリンクショップがありますが、旅行で来た場合はどこのタピオカを飲めばいいのかわからないものです。「どうせなら本場の味を楽しめる美味しいタピオカが飲みたい!」そんな方には50嵐がオススメです。

Uml5e1ihkclrzw7qr4ku

50嵐は、台湾人からも安定に美味しいと言われているドリンクショップで、タピオカの大きさを選べるところが特徴です。少し粒が大きめのタピオカ・波霸(ボーバー)or小さなつぶつぶ型のタピオカ・珍珠(ジェンジュー)から好みのものを選べます。


また、50嵐は変わったメニューが多く、プリンやアイスクリームがそのまま入ったミルクティーも飲むことができます。私のお気に入りは、写真の抹茶タピオカミルクティーです!

50嵐詳細情報

営業時間:朝10時〜夜10時半

定休日:無し


価格:Mサイズ30元前後(100円程)、Lサイズ50元前後(180円程)。


チェーン店なので色々な場所にありますが、地図は西門町付近のものです。

Tloxeovi76t1agjm0x6y

実はミルクティー以外にも美味しいタピオカドリンクは沢山あります!ドリンクショップCocoのパッションフルーツタピオカティー・百香雙響炮(バイシャンシャンシャンパオ)はミルクティーとは違って爽やかでスッキリとしたフルーツティーです。


パッションフルーツの種とタピオカ、ナタデココなどが一緒に入っていて後味さっぱり、ミルクティーよりも重くありません!


私の周りの日本人はみんなもれなく百香雙響炮の虜になるので、日本人が好きな味なのかもしれません。一度ハマったら毎日飲みたくなる味です!

Coco詳細情報

営業時間:朝11時〜夜11時

定休日:無し


価格:写真の百香雙響炮40元(150円前後)

その他ドリンクMサイズ30元前後(100円程)、Lサイズ50元前後(180円程)。


こちらもチェーン店なので色々な場所にあります。

地図は西門町付近のものを使用。

Nyugz9bswtj5ifzne3vu

日本人からも人気の高いカフェMeet upはとにかくドリンクも飲み物も可愛いお店です。カラフルな店内が写真映えするので、どこで撮ってもインスタ映えな写真が撮れます。


私が行った時は苺のドリンクを頼みましたが、上には沢山の苺、加えて下はストロベリーシェイクと非常にボリューミーがあって贅沢でした!

Giy63j0halrjbnpvffdm

季節ごとに変わるメニューのドリンクにも注目!日本語メニューも置いているので中国語が出来なくても安心。


店内の席数が多くないのでおやつ時に行くと少し待つ可能性も。お昼前もしくは5時以降だと比較的空いています。私は5時頃行きましたがすぐに入れました!

Meet up詳細情報

営業時間:朝11時〜夜10時、土日のみ朝10時〜夜10時

定休日:無し


価格:ドリンク180元〜250元(650円〜900円)

スフレ220元〜280元(800円〜1,000円)

パスタ・リゾット220元〜340元(800円〜1200円)

Sjihxihw4jbhjcgwdw52
引用: https://www.instagram.com/p/B39fpZinl-4/

シンプルで落ち着いた雰囲気が魅力的なカフェ・MKCR。看板メニューのプリンがオススメですが、どのケーキも見た目のクオリティが高い上に味も美味しいのでどれを食べるか迷ってしまいます。


西門町は人が多いので、ショッピングの休憩にゆったりとした空間でお茶をしたい方に最適です。

Sk4cdblchlqpwumwpblu
引用: https://www.instagram.com/p/B5LK9nVnzLm/

白でまとまった店内はこじんまりとして暖かい雰囲気。私は友達と落ち着いた雰囲気の中でゆっくり話したい時や、読書したい時によく利用します!

MKCR詳細情報

営業時間:朝8時〜夜10時、日曜日のみ朝10時〜夜8時

定休日:無し


価格:ドリンク100元〜200元(360円〜720円)

ケーキ120元〜160元(430円〜570円)

Lvyg20t5gbaypeplnc4v
引用: https://www.instagram.com/p/B2tCJMnAQgU/

デザート以外に軽食も食べられるカフェ・妳有咖啡。ピザやガパオライスが美味しいことで人気があります。妳有咖啡は、なんと言っても店内のインテリアがおしゃれなところがポイント。ひとつひとつのインテリアにこだわっていて、店内にはインスタ映え写真を撮るおしゃれ女子たちが沢山!


最近西門町でホットなカフェのひとつです。

Zxdazu5doozvmyomh9sa
引用: https://www.instagram.com/p/B1Q-xyNnweW/

店名の「妳有咖啡」は中国語で「あなたにはコーヒーがある」という意味。なんだかオシャレで可愛い名前ですよね!ランチを食べに来るもよし、おやつタイムにドリンクだけ頼むのもよし。私はよくランチを食べに行きます!

妳有咖啡詳細情報

営業時間:昼12時半〜夜9時

定休日:無し


価格:ドリンク100元〜150元(360円〜530円)

軽食:100元〜200元(360円〜720円)

Dktfw2io2agqaz5piaqi

西門町はグルメが多いことでも有名。いろんな国の観光客が台湾グルメを求めて西門町を訪れます。数多い西門町のグルメを効率良く楽しむなら「食べ歩き」がオススメです。


今回は西門町食べ歩きに置いて絶対に外せない4つのグルメをご紹介します。しっかり事前にチェックして漏れなく食べ歩きを楽しみましょう!

Yuwfx6mrxqolgrqojndj

西門町の名物グルメといえば阿宗麵線。


現地人だけではなく、多くの外国人が阿宗麵線を食べるために西門町を訪れます。毎回列を作るほどの人気グルメ。台湾の食べ物は香辛料を使う料理が多いため、好き嫌いが別れがちですが、阿宗麵線はかつお節テイストのため、日本人が親しみやすい味です。

阿宗麵線詳細情報

営業時間:朝9時〜夜11時

定休日:無し


価格:小碗55元(200円程)、大碗70元(250円程)。

Ysgu8mc6mxwfmdcstnlw

観光客には比較的知られていない隠れた名店・天天利。台湾人も口を揃えて美味しいと言うだけあって、いつでも満席です。テイクアウトも可能ですが、お店の回転が早いためあまり待たないので店内で食べたい方は少し待ってみてもいいでしょう。

Yqa61vmn7ip5nuj4smeq

ここのルーローファンは他の店と違って、上に目玉焼きが乗っていて更に美味しく仕上がっています。甘めの味付けでクセがないため、日本人の味覚にも合うようで、日本人の友達を連れて行くと毎回みんな絶賛してくれます。


台湾人の友達に「ここはあまり日本人が来ない隠れたローカル店なのに知ってるなんてすごいね!」と言われたので、ローカルなお店を体験したい方は是非!

天天利詳細情報

営業時間:朝9時〜夜11時

定休日:無し


価格:小40元(140円程)、大60元(210円程)。

Bvcketxnhiwlinm9x5a6

台湾名物といえば、マンゴーをふんだんに使ったふわふわかき氷。西門町にもかき氷のお店は沢山ありますが、私がオススメしたいのは三兄弟のかき氷。とにかく大きく、ボリューム満点。夏はマンゴー、冬は苺を贅沢に使ったかき氷を楽しめます。


私は行くたび毎回一人で食べきれないほど大きいので、みんなで分けて食べるもよしです!

三兄弟雪花冰詳細情報

営業時間:朝10時〜夜11時

定休日:無し


価格:100元~150元(360~540円程)。

Z17hnwwlox0huch6qeiy

ふわふわかき氷の他に、ぜひオススメしたい台湾スイーツが、豆花(ドウファー)。


甘めに味付けた豆腐を氷と餅、タピオカなどのトッピングと合わせて食べる、日本にはない発想のスイーツです。現地では凄くポピュラーな食べ物で、台湾人が愛する台湾の代表デザート。

Agxtr74mtxsv2gyqbkzg

私はここの「道路に面した開放的なお店で食べる豆花」が台湾感があって好きなので、西門町に行くと必ず食べます!現地感溢れるお店で美味しい豆花を楽しみましょう!

珍品養生坊詳細情報

営業時間:朝11時〜夜11時

定休日:金曜日


価格:50元〜100元(180円〜360円程)。

Tkezg8jbfovt9hwxcbag

西門町を訪れた際の注意点として、路上での禁煙が挙げられます。


台湾は電車の中で飲食を禁止していたり、街の清潔な環境を保つために様々な取り組みを行うなど、環境管理に力を入れています。西門町では基本的に、路上での喫煙が禁止されており、実際に観光客が現地の人に注意されているところを何度か見かけたこともあります。喫煙の際には路上ではなく、きちんと準備された喫煙エリアに行くように気をつけましょう。

K0hxs2iq6fiskangyucz

西門町は台湾の若者が多く集まるパワー溢れるスポットです。ショッピングスポットから美味しいグルメまで、ここひとつで全て楽しめる場所なので、旅行の際に是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。


ほのげの台湾留学ブログはこちら

Spysdtiutk2qm3yjz8np

台湾での正規留学生活をつづっているブログです。


台湾だけじゃなく、韓国についても書いているので是非のぞきに来てください〜!


この記事を読んだあなたにピッタリの台湾の情報はコチラです!