Stcet8ekbvvvubjswpsb

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

オーストラリアの言語は一味違う英語!現地大学生がアメリカ英語と大きく違う表現やフレーズを紹介!

2020.02.27

オーストラリアの公用語である英語は、独自のアクセントや略語が沢山あるため、最初は少し戸惑うかも...。でも大丈夫です!オーストラリアの言語を徹底的に研究してきた私が、オーストラリア英語の特徴をご紹介します。海外旅行で使えるフレーズもお届けします!

この記事に登場する専門家

Konnxrht84d4ea24vou6

現役大学生ライター

ray

コミュニケーション学部に所属する現役大学生。オーストラリア、メルボルンの大学にて海外留学を経験。世界各国の人々と出会う中で人生観が変わり、現在は海外の大学院への進学を目指している。趣味はカフェ巡りとフラダンス、アート制作。

  1. オーストラリアで使われている言語は何?
  2. 短縮系が多い?オーストラリア英語の特徴とは?
  3. アメリカ英語との違いは?発音から単語の違いをご紹介!
  4. オーストラリアでは日本語が通じる?
  5. 海外旅行で使える英語のフレーズ17選!
  6. 海外で使える英語のフレーズ【空港・機内】
  7. 海外で使える英語のフレーズ【道や場所を聞くとき】
  8. 海外で使える英語のフレーズ【レストラン】
  9. 海外で使える英語のフレーズ 【さまざまな場面】
  10. 海外で出会った人と仲良くしたい!コミュニケーションで大切なことは?
  11. 言語を知るということは、その国の歴史や文化を知ること!
Zuwxcwpn54aahejhz9a7

皆さん、こんにちは。現役大学生ライターのrayです!


旅行をする上で、心配なことは現地で話される「言語」だと思います。


オーストラリアで話されている言語として最も多いのが、英語です。


しかし、私がオーストラリア留学で多くの人と関わって気づいたことは、

オーストラリアで話される英語はアメリカ英語とは異なるという点、

また英語だけが使用言語ではないということです!


今回は、オーストラリア英語に関する情報と、オーストラリア旅行の際に使えるフレーズを詳しくご紹介します!

Odaefk5xdqcpiuzelwqn

上の図は、オーストラリアで話されている言語の割合を表示したものです。


図からわかるように、多民族国家として知られているオーストラリアでは、他の国の言語も話されています


公用語のオーストラリア英語は、独自のアクセントがあるので初めは少し戸惑うかもしれません。

オーストラリア英語の特徴について、オーストラリア出身の知人と話した時の会話の一部です。

Woman1

私: オーストラリア英語の特徴って何?

Man1

知人: オーストラリア人は、何でも短縮して話すのが好きなんだ。

Woman1

私: 日本語でいうコンビニエンスストアをコンビニって言う感じね〜。

Man1

知人: そんなレベルじゃないんだ!オーストラリアではもっと沢山の略語が使われているんだよ。

単語を短縮させる傾向のあるオーストラリア英語は、初めて聞くと困惑するかと思います。

どれだけ多くの略語がオーストラリア英語にはあるのかを把握する際には、以下の動画を観てみてください!

オーストラリア英語の略語例


1.Defo – Definitelyの略語 (確実に・確かに)

2.Maccas – McDonaldsの略語 (マクドナルド)

3.Mozzie – Mosquitoの略語 (蚊)

4.Ripper: really greatの略語 (とても良い)

5.Arvo: afternoonの略語 (午後)


私も生活のなかで、この短縮系に混乱した経験があります!

オーストラリア滞在まもなくにオージーの友だちが「What’s your plan this arvo? 午後の予定は?」と尋ねてきて

全く理解できず戸惑ってしまいました。

オーストラリア英語はカナダ英語やアメリカ英語と異なる部分があります。


カナダ出身の友人が、ローカルに暮らすオーストラリア人の英語のアクセントが強くて、内容を理解できなかった経験があるそうです。


また、アメリカの友人は「ドラッグストア」という単語がオーストラリアでは使われておらず、

代わりに「ケミスト」と使われることに対して驚いていました。

Sjr7ocd5th14kigyofsy

・発音

アメリカ英語は明瞭な/ r /音を発音しますが、イギリス英語またはオーストラリア英語は単語または音節の最後にあると/ r /音を失います。


たとえば、「near」という単語は、アメリカ英語では/nirと発音されますが、

オーストラリア英語では/nia/と発音されます。


・単語/スペル

例えば、飴という単語がアメリカでは candyですが、オーストラリアではlolliesとなるように、日常語の多くは異なります。


同じ単語でもスペルが異なる場合もあります。

例えばアメリカ英語ではglobalization(グローバリゼーション)なのが、

オーストラリア英語ではglobalisationになります。


以下はスペルの違いを示した図です!

Noemawsaadafojbrcqqp

時々、オーストラリア英語とアメリカ英語の違いに混乱することがあります。


私は、日本でもよく使われる「テイク・アウト」で混乱しました。

オーストラリアでは食べ物をお持ち帰りする際につかうテイク・アウトを

「テイク・アウェイ take away」と表現します。


アメリカ英語とオーストラリア英語、これら2種類の英語は異なるというよりも似ており、

わずかな違いだけなので安心してくださいね!

Rimnijokrkxiiy1m9yd9

結論からいうと、大抵のオーストラリアに暮らす人たちは日本語がわかりません。


日本レストランで働く日本人のスタッフにはもちろん日本語は通じますが、

その他のレストランやホテルでは日本語が通じる確率は少ないです。


しかし、小中学校で日本語を学んでいたという人の中には、単語や文法を理解する人がいます。

日本語学習者が約36万人と、世界でも4位にランクインする数です。

小学生から中学生の頃に日本語を学んでいて、日本の文化・言語に興味を持つ人が多いのが事実です。


私の友だちのなかにも、日本語を中学の時から習っていて会話ができる子たちがいます。

その子たちは日本文化にも興味を持っており

お互いに日本文化とオーストラリア文化について共有していくうちに、仲を深めることができました!

Q7xkluujpsfnjbcx104g
引用: https://www.instagram.com/p/BkuO2rSH7IW/?utm_source=ig_web_copy_link

同じ国の友人同士での旅であっても、現地の人と関わる場面は必ずあります。


特にホテルでの案内を聞いたり、レストランでオーダーを頼んだりする際などには、

相手とコミュニケーションを取るためにも、また自分の理解のためにも、言葉は重要になりますよね。


海外旅行は、現地の言語を練習する良い機会です!

ここからは、オーストラリア旅行で使える英語のフレーズをカテゴリーごとにご紹介します!

英語圏に旅行をする際に、1番最初に英語を使う場所は空港または機内でしょう。

ご紹介するフレーズをチェックして、素敵な旅行をスタートさせましょうね。

Ayi9yhqmh0wc223ulaq4
引用: https://www.instagram.com/p/B5bXeNThJuE/?utm_source=ig_web_copy_link

1.I would like… (〜が欲しい)

このフレーズは、何かが欲しいときや何かを頼む際に使えます。

例えば、喉が乾いていて水が欲しいときは「I would like some water.」と伝えます。


2.What airline am I flying? (フライトはどこの航空会社ですか?)

乗る予定の航空会社を尋ねる際に使えるフレーズです。


3.What time is my flight? (フライトは何時ですか?)

フライトの時間を尋ねる際に使えるフレーズです。

目的の国に無事に到着できるよう、このフレーズを使用してフライトの時間を確かめてみましょう。


4.Where is my gate? (ゲートはどこですか?)

機内に搭乗する前に、待機する場所(ゲート)を尋ねるときは、このフレーズを使ってみましょう。


5.How much does the (magazine) cost? (マガジンはいくらですか?)

空港で買ったマガジンを機内で楽しみたいと言う方は、マガジンの値段を尋ねる際にこのフレーズが使えます。

もちろんマガジンだけでなくても、()の中にアイテムを置き換えて使用してみてくださいね。


6.Where is the restroom/toilet? (トイレはどこですか?)

トイレの場所を聞く際に使えるフレーズです。

トイレの言い方が国ごとに違うので、覚えておきましょう。

例えばアメリカ英語ではbathroomと言いますがオーストラリア英語では日本同様にtoiletと表現します。

初めて訪れる場所では、迷うこともしばしば。そんなときは、お店の人や通行人に助けを求めてみましょう。

スマートフォンがある今は、検索をすればほとんどの情報がでてくることは確かです。


しかし、旅行で挑戦してみたいという方や、この機会に英語を使ってみたいという方のために

使えるフレーズをご紹介させていただきますね!

Ulqfeqqbq81qxrqspab6
引用: https://www.instagram.com/p/BbTWKZDl-cP/?utm_source=ig_web_copy_link

7.Where can I find a taxi? (タクシーはどこで探せますか?)

タクシー乗り場を聞く際に使えるフレーズです。


8.Where is the bus stop? (バス停はどこですか?)

バス停を聞く際に使えるフレーズです。

また、乗っているバスが目的地に向かっているバスかどうかを確かめる際には

where is this bus going?」と聞くことができます。


9.I would like to go to 〇〇〇. (〇〇〇に行きたいです)

〇〇〇の部分には、行きたい場所の名前を入れましょう。


10.How far is it to 〇〇〇? (〇〇〇までどのくらいの距離がありますか?)

このフレーズは、目的地までの距離を把握する際に使用できます。

お店は徒歩圏内なのか、ホテルに到着するまでどのくらいの時間がかかるのかを把握することは、

旅行を効率よく楽しむためにも重要ですよね!


11.Do you know where this hotel is? (このホテルはどこにあるかわかりますか?)

もし町などで迷ってしまった場合は、ホテルまたは宿泊している場所に1度戻ることをおすすめします。

Qmmucjnlqafeepjqrgko

12.A table for two. (2名です) 

レストランに入った際には、食事を共にする人の数をお店側に伝えて、席を用意してもらいます。


13.I would like to drink 〇〇〇 (〇〇〇が飲みたいです)

〇〇〇の部分には、飲みたいドリンクを入れましょう。人気のドリンクはwater(水)、beer(ビール)、wine(ワイン)でしょうか。


14.May I see a menu? (メニューはありますか?/ メニューを見てもいいですか?)

その日食べたい食事をメニューから決めましょう。


15.I would like to order 〇〇〇. 

〇〇〇の部分には、オーダーしたい食事を入れましょう。

またはオーダーの際に使える別のフレーズとして「I will have 〇〇〇」もあります。

例:I’ll have soup, I’ll have a saladなど

Vqvfhd27uv4vzws3mirf
引用: https://www.instagram.com/p/BfkuZ07Ax0F/?utm_source=ig_web_copy_link

16.That sounds great (いいね)

相手のアイデアや意見に同意する際に使えるフレーズです。

greatの部分は、awesome(最高)やbeautiful(美しい)、perfect(完璧)などの類語と交換することもできます。


17.No worries (大丈夫・いいよ・全然いいよ!)

このフレーズはオーストラリアでよく聞きます。

お願いに対して承諾をするときの「いいよ!」という意味で使われたり、

謝罪に対して「問題ないよ」という返信をする際に使われます。

また、お礼に対する返事をする際にも「全然いいよ!」の意味で使われます。


海外旅行は、普段使わない言語に触れる機会でもあります。

現地で使われているフレーズを使って、現地の人とコミュニケーションを取ってみるのも、楽しみの1つではないでしょうか。


会話をすることで、目だけでは見えない国民性を知ることもできるかもしれません。

海外旅行で出会った人と仲良くなりたい!そう思った経験があるという人はいますか?

または、海外留学やワーホリなどを通して海外の人と仲良くなりたい、

または友だちになりたいと思ったことがある人は多いと思います!


母語が異なる同士での関係には、必ずと言っていいほど言語の壁にぶつかる瞬間がきます。

Czetmntd2eocrzjz3g12
引用: https://www.instagram.com/p/BvN2HkgHAW3/?utm_source=ig_web_copy_link

私の経験から言うと、海外で友だちをつくる際に重要なのは「相手に興味・関心を強く持つ」ことだと思います。

興味や関心は会話にも影響します。


また、海外旅行では出会いが沢山あります。

初めて会う人と会話をするときに慌てないよう、自己紹介を予め考えておくことをおすすめします!


・出身はどこか

・何を学んでいるか

・趣味は何か


これらは自己紹介の段階で、よく尋ねられるので準備しておくとスムーズに会話できるでしょう。


「自分らしくある」これは非常に重要だと言えます。

英語のコミュニケーションが心配で無理に笑顔を作ったり、自分ではない人を演じてしまうと疲れてしまいます。

わからないときは愛想笑いをせず、わからないと伝えることも重要です。


I don’t understand, (わかりません)

Could you explain? (説明してくれますか?)


と伝えると、大概の人は、優しく丁寧に教えてくれます。

Vudkvedqbjfs0oi9eqwp

いかがだったでしょうか?


今回は、オーストラリア英語についてと、海外旅行で使えるフレーズをご紹介しました。


言語を知るということは、その国の歴史や文化を知ることにも繋がります。

また、現地の人と会話をすることで、その国の魅力をもっと深く知れる場合もあります。

会話を通した人との関わりで、その日1日の気分が明るくなることもあります。


オーストラリア旅行前に、ご紹介したフレーズや単語を覚えて旅行するのもいいですね!


皆さんが素敵な旅を送れますように...!

オーストラリアのお土産情報はこちらをチェック!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.instagram.com/p/BfkuZ07Ax0F/?utm_source=ig_web_copy_link