Lcyzhve1hjsncvodrray

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

【2020年最新】メルボルン風俗は不人気!?オーストラリア美女とは出来ない?おすすめ店3選とシステム紹介!

2020.02.27

日本からもワーキングホリデー先として人気を誇るオーストラリア!首都シドニーと同一に肩を並べるほど語学留学としてポピュラーなメルボルンですが、実は市内の風俗産業については酷評続き!今回はそんなメルボルンの風俗遊びのお供として徹底的にご紹介していきたいと思います!

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. メルボルンの風俗事情と実態
  2. メルボルン風俗で唯一可能性を感じる【GOTHAM CITY】
  3. メルボルン風俗①騙されるな!年増嬢と地雷嬢だらけ【Main Course】
  4. メルボルン風俗②本番ナシ!ただし嬢は確かに美女揃い【Kittens】
  5. メルボルン風俗③良い評判は聞かない訳ありエスコート【Skokka】
  6. メルボルン風俗事情まとめ
Ziouz5n826s41e0cqhhl
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.traveller.com.au%2Fbest-things-to-do-in-melbourne-at-night-afterdark-guide-to-citys-top-spots-h0hk6c&psig=AOvVaw1LXlCgvAASn1GCv0nqjjpY&ust=1582868671986000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCMDO_bmD8ecCFQAAAAAdAAAAABAV

こんにちは、シラフシラズです!


例年日本中から海外生活に夢憧れ、たくさんの人たちがオーストラリアへとワーキングホリデーを使って短期滞在をする人たちが増えてきてますが、首都シドニーの人気っぷりは去ることながら、メルボルンも渡航先の都市として非常に人気を誇っています。


シドニー市内の風俗実態は、アジア人好きの人向けの「アジアン風俗店」から、白人好きの人向けの「オージー風俗店」が綺麗に二極化されていて、非常に遊びやすく充実した風俗環境を築いています(ページ最下部にシドニー風俗についての記事リンク有り)。


そんなメルボルンの風俗実態については、正直シドニーと比べてもかなりレベルが大きく下がり、間違いなく違うのは「嬢のレベル」と「店数の少なさ」が変わってきます。


今回はそんなメルボルンの風俗事情・実態・オススメの遊び方とオススメしない遊び方等についてをゴソッと丸ごと解説紹介!

Hhouulbhquvmwwmxnzey
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.flickr.com%2Fphotos%2F39600304%40N07%2F4545119522&psig=AOvVaw1LXlCgvAASn1GCv0nqjjpY&ust=1582868671986000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCMDO_bmD8ecCFQAAAAAdAAAAABAb

メルボルン市内を散策すれば直ぐに気づきますが、街の中には「赤線地帯」といった様に風俗街・エリアというものが一切なく、公に店を構えている風俗店がなく、売春行為も違法なため、こうした風俗遊びのできる地域が立っていません。


なので、現地で風俗遊びをすること自体、かなりハードルが高い状況となっています...。


結果、メルボルンの風俗遊びかシドニーでの風俗遊びかとなれば、やはりシドニーの方が公を称してしまうといった様子。


また日本であれば、風俗遊に足を伸ばす時は、事前に店の情報・嬢の出勤情報・料金等を調べて出向くのが基本ですが、メルボルンの売春宿へと行く際には、事前に店を丁寧に調べること自体あまり意味がありません。


理由は単純で、出勤中の嬢の人数が日にちや時間帯によってはバラバラだからです。


また、入場料も必要ないので気軽に入ることができる場所が多く、女性を指名せずに店を出たとしても嫌な顔をされることはありません。


比較的サウスメルボルンであれば、いくつかの売春宿がかたまって存在しており、新宿・歌舞伎町や東京・吉原など日本の風俗街のように、店舗が密集しているわけではなく、車で5分ほどの地域に数店舗が点在しているという形になっています。


よって気になる女性がいるかどうかは運次第なので、ランダムに入っても問題ありません。

【GOTHAM CITY】基本情報

Vdlke0als1fvcyxiufzi
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.heraldsun.com.au%2Fentertainment%2Fpage-13%2Fholy-brothel-bust-batman-south-melbournes-gotham-city-bordello-raided-by-police%2Fnews-story%2Ffe4be762486a570678c602aa6dd80aad&psig=AOvVaw1yu5_HB8CMhlFotST8-3wb&ust=1582868798741000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCKjq5vaD8ecCFQAAAAAdAAAAABAD

映画バットマンの舞台として出てくる「GOTHAM CITY(ゴッサムシティ)」をなぞった、メルボルン市内にある超高級風俗店の一つとなっています。


店の外観はメルボルン市内の中心地にポツンと一つ立った大きなビルとなっており、店内に足を運んでみれば、受付ルームにはバットマンの等身大フィギュアや看板が飾られ、雰囲気としてはパッと見た感じ、日本のおしゃれなラブホテルといった様子。


初めて訪れた際には、少し気負わに感じてしまうかも知れない威圧感が店内を巡っていますが、全体的にブルーライトが光っており、装飾もギラギラしています。


流れとしては、店内に進んでいくと受付にて入場料金を支払い、待機室へと案内されると、その日出勤をしていて今スグ遊べる女の子たちが部屋へと入ってきて挨拶をしてきます。


女の子のレベルについては、全体的に20歳前半の子が多く、種類についても白人系が多く基本的に地元のオージーの子が殆どで、中にはアジア系の女の子もいるものの間違いなくオージー女子の方が見た目もポテンシャルも非常に高くなっています。

Zlr49lqoyddydt1flipx
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fredlightaustralia.com%2Fgotham-city-melbourne-review%2F&psig=AOvVaw1yu5_HB8CMhlFotST8-3wb&ust=1582868798741000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCKjq5vaD8ecCFQAAAAAdAAAAABAZ

そんなGOTHAM CITYを訪れてみた筆者。


待機室にて女の子数人が挨拶を受け、1人気に入った子(黒髪でしたが堀の深い顔をしていて非常にタイプでした)を指名し、見た感じ年齢も若干若そうな様子。


GOTHAM CITYへと訪れたの夜9時頃でしたが、女性の人数も非常に多かったですが、おそらく、11~12人ほどの女の子が挨拶をしに来たのではないかな?といった感じでした。


風俗嬢を指名した後、受付へと戻り、総額をこの時点で前払いを済ませました。

一応現金に限らず、クレジットカードでの支払いも可能なので安心して遊べます。


また店内にはATMもあるのでクレジットカード払いだけでなく、その場でキャッシングして現金を引き出すことも可能。


その後プレイルームへと移動した筆者、部屋に入って早々ベッドに横たわるようにと指示され、その後は女の子と抱き合う展開へと移行。


どうやら筆者が指名した嬢は隠れ巨乳であったのか、指名する前はそこまで胸も大きくない様に見えたものの、実際生で対面するとEカップくらいはある様子。

もちろん年齢も若く、二重まぶたに青い目、整った顔、そして巨乳という大の好物。


そのまま彼女が着ていた下着を引きはがし、ピンク色の乳首を吸い上げ、キスをしていく...。

Nzxguis5v3ceqyv8seg3
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.heraldsun.com.au%2Fentertainment%2Fpage-13%2Fholy-brothel-bust-batman-south-melbournes-gotham-city-bordello-raided-by-police%2Fnews-story%2Ffe4be762486a570678c602aa6dd80aad&psig=AOvVaw1yu5_HB8CMhlFotST8-3wb&ust=1582868798741000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCKjq5vaD8ecCFQAAAAAdAAAAABAD

ある程度前戯をした後は、彼女からのフェラへと移行し、息子も大きくなった後にローションを垂らされて騎乗位でセックス開始。


プレイとしてはかなり満足度も高かったです。


腰を振られるたびにベッドが揺れ、上には青い目の黒髪美女がいて、白人の女の子がこちらのために思いっきり腰を振ってくれているという、優越感に浸ることができました。


その後「Change.(体位を変えよう)」と言われ、次は筆者が正常位で上から彼女を突き、今度はバックへと移ります。


白人女性の場合、足の長い女性ではバックをするときに腰の高さが合わないことがありますが、今回はオーストラリア出身のオージーガールであったものの、背はそこまで高いわけではなかったため、問題なくバックで腰を振ることもでき、バックでセックスをしていると、射精感が高まってきます。


最後はそのまま後ろから発射してプレイ終了。


今回筆者が遊んだ女の子は、射精してすぐに終わりというわけではなく、終わった後の余韻も一緒に楽しんでくれて、この店が良かったのか、彼女自身のサービスが良かったのかは分かりませんが、嬢の質やプレイ内容を含めて非常に満足できました。

【GOTHAM CITY】料金設定と営業時間

GOTHAM CITTYの料金設定と営業時間については以下の通りです。


  • 営業時間:24時間営業(年中無休)


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:250USD(約18,000円)
  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 60分:350USD(約25,000円)


最もメジャーな料金プランである30分コースも、60分コースも諸々全てがこちらの金額に含まれているので、キスや胸揉み・本番行為をするために別途料金を支払う必要はありません。


ただ、受付のスタッフが一応60分コースの方をガンガン進めてきて軽く営業を受けましたが、お金に余裕のない場合は断って問題ないです。

【GOTHAM CITY】場所とアクセス方法

GOTHAM CITYの場所とアクセス方法については以下の通りです。

GOTHAM CITYはメルボルン市内にあるサウスバンク通りに位置していて、ここの通りには他にもいくつかエスコート会社やエロマッサージパーラーの派遣元が立っています。


一応、街中を走っている12番線トラムに乗車し、最寄停留所の「York St/Clarendon St」で下車すると、徒歩5分の距離にあります。


またメルボルンでは、基本的にトラム(路面電車)を利用して移動することになり、先進国であるため、タクシーよりもトラムを利用しての移動が基本となっています。

Ae3ogxzf4cyzcbrswyje
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fbrothel-in.com%2Fmelbourne%2Fthe-main-course%2F&psig=AOvVaw19AVyIhlaCcKg_xVRwBJBT&ust=1582868940761000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCMjb0LqE8ecCFQAAAAAdAAAAABAP

GOTHAM CITYでは料金に見合った真っ当な風俗体験が味わえた筆者ですが、その他の店へと訪れてみて思った印象は、それ以外がかなり残念であるということ。


基本的に「メルボルン市内で風俗遊びをする場合は、GOTHAM CITY以外はオススメしない」といったものの、一応こちらの置屋「Main Course」も調査してみることに。


中に入ってみると、一般的な海外の置屋と同じ造りとなっていて、受付には1人のオーストラリア人らしき若い男が立っており、簡単な挨拶を受けるとすぐに待機室へと通されます。


待機室のソファーで座っていると、すぐに次々と嬢が入れ替わり立ち代わりで入ってきて挨拶をするといった様子、筆者が訪れた時は10人ぐらいは居たと思いますが、嬢のほとんどがアジア系とデブ嬢ばかり。


最初の1人目だけならともかく、それ以降も見てすぐに却下するレベルで、普通のオバサンが出てきたりもして、嬢ではなくスタッフかと真剣に勘違いする程。


間違いなくオススメしない風俗店舗の一つでしょう。

【Main Course】料金設定と営業時間

Main Courseの料金設定と営業時間についてはこちらから。


  • 営業時間:昼10時〜夜中12時まで(年中無休)


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:120USD(約8,000円)


ネットでもそうですが、口コミ評価が高い(厳密には体験者たちの声が載ってる)ところは、GOTHAM CITYのみとなっており、こちらのMain Courseに至っては同じく情報もなくリサーチするのも厳しいです。

【Main Course】場所とアクセス方法

Main Courseの場所とアクセス方法についてはこちらから。

シドニーには可能性のある置屋が沢山あましたが、メルボルンの置屋事情についてはかなり酷い状況。


Main Courseは「DUDREY Strert(ダッドリー・ストリート)」に位置しており、フラッグスッタフガーデンズ(Flagstaff Gardens)という小さな雑貨チェーン店のちょうど向かい側にあります。

Vsgx4jgsyjj0urtbbwqb
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D2GZbnFHDZ9w&psig=AOvVaw3FXhmykhRo8-acipYxh-fO&ust=1582869011020000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCLjMw-GE8ecCFQAAAAAdAAAAABAD

本番行為や前戯等は一切無いものの、本物のオージー美女を間近で拝めるストリップクラブは、壊滅的な風俗事情んメルボルンにとってはかなり貴重になってきます。


中でも筆者がオススメするストリップクラブがこちらの「Kittens」


まず入ると真ん中には2〜4人の女の子たちが踊れるポールダンスステージがあ、手前と奥と右奥には1人ずつ踊るステージ、そしてフロアにはかなりレベルの高いオージー美女たちが常に客の席の近くに寄ってきて営業をしてます。


そして、何より女の子の数が多く、連日常に20人以上は出勤しており、店自体は1フロアだけなので、他の店に比べると大きくはないにも関わらず、嬢の数が多いので1人の客に1人が付いてるんじゃないかのレベルであちらこちらでお喋りやお酒を一緒に楽しむことができます。


Kittensは8〜9割が美人揃いとなっており、様々な国出身の女の子がいますが、スタイル抜群で高身長のブロンド美女が多く、それ以外にはブラジル系の黒人、中東系、アジア系と選び放題となっています。

Sf5werrrplyfatgio3sr
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.youtube.com%2Fwatch%3Fv%3D2GZbnFHDZ9w&psig=AOvVaw3FXhmykhRo8-acipYxh-fO&ust=1582869011020000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCLjMw-GE8ecCFQAAAAAdAAAAABAD

あとはどのストリップクラブもそうですが、基本的にはある程度お金を使わないと楽しめないものの、Kittensに関しても他と同様に男客の殆どがお金を使って楽しみに来ている人が多いです。


フロアにあるメンズギャラリーやゴールドフィンガーズも見るだけで楽しんでいる人が多かったですが、ここは平日も関係なしにガンガンお金を使って遊ぶ人が多く、もちろん常についてもこうした太客へのサービスレベルは最高です。


ただし、女の子たちのクオリティもスキンシップの良さもKittensはかなりレベルが高いので、当然かなと思います。


メンズギャラリーは広々としていて、座れるとこも沢山あり、落ち着いてる雰囲気とは少し対照的です。

【Kittens】料金設定と営業時間

Kittensの料金設定と営業時間についてはこちらをチェック!


  • 営業時間:夜7時〜翌朝3時まで(年中無休)


  • 入場料:30AUD(約2,000円)
  • 個人ダンス / 20分:100AUD(約7,500円)
  • キス・胸揉み等のオプション:30AUD(約2,000円)
  • チップ相場:10〜20AUD(約700〜1,500円)


個人ダンス中は、やりたい注文を例えば「キスがしたい」「胸を触りたい」等、女の子に伝えるとその都度言い値を告げてくるので遊びやすいシステムとなっています。


ただしキスに関してはNGの子もいるので、お金を払う前にキスがOKかを聞くのがベター、あとチップはもちろんですが、普通にトークするだけでも楽しく会話してくれるので、チップを払う前に仲良くなってからの方がサービスレベルもより上がってくるのでオススメ。


追加のお金を払うような時は、自分が払った分のサービスを受けてからにしましょう。


女の子にも「終わったら払うね」と伝えれば、騙されるも心配なく安心して楽しめます。

【Kittens】場所とアクセス方法

Kittensの場所とアクセス方法についてはこちらから。

場所はサウスバンク内にある、サウスメルボルンマーケットのすぐ近くにあります。


トラムで行くならサウスメルボルンの一つ前のCity Rd/Light Railから降りて行くのが一番楽なのでオススメ、平日の夜中12時以降〜はトラムが運行していないので、タクシーで行く必要アリ。

Ou2ux19w4hgyko1dvgyr
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.shutterstock.com%2Fes%2Fvideo%2Fclip-7858624-sexy-young-couple-kissing-playing-bed&psig=AOvVaw04Jz_vQ6i1Vuu2_YB8Bcg9&ust=1582869102937000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCMjOjomF8ecCFQAAAAAdAAAAABAO

海外のエスコートはどこに限ってもそうですが、やはり定評は少ないといった様子。


メルボルン市内にはエスコート会社も多く、基本的には個人売春をしている女の子よりかは、店が雇っている店舗売春の女の子が多い為、他の国のエスコートと違うのが、嬢と連絡を直接とって予約するというよりも、店に連絡をして予約をすることとなります。


女の子の年齢はピンからキリまで、ルックスレベルもまちまちといった感じで、特にパネルマジック(公開されている写真と全く違う)が酷い子も多く、かなり運ゲーに近いといった感じ。


個人的にメルボルンのエスコートは、こういった面からギャンブル性の高いためあまりオススメしたくはないといった印象です。

【Skokka】料金相場と公式ホームページ

メルボルン市内の中でもGoogle検索の結果、上位にヒットしたSkokkaの料金相場がこちら。


ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:250USD(約18,000円)


一応下のリンクにも公式ホームページを貼っておくので、興味のある人は少し覗いてみてください。

Dp4osxib5q2mdai1ro9g
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.agoda.com%2Fja-jp%2Friverside-apartments-melbourne%2Fhotel%2Fmelbourne-au.html&psig=AOvVaw333z3xzEmgNxP7Z8ACXGWF&ust=1582869150508000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCPikq56F8ecCFQAAAAAdAAAAABAD

如何でしたでしょうか。


今回は世界の風俗体験記 in オーストラリアということで、シラフシラズが訪れた・知ってるオーストラリアの人気都市であるメルボルンの風俗実態、事情から各種遊び方などについてをご紹介しました。


他にも欧州を中心に欧米等、世界の主要都市へと旅行や長期滞在した際に周った風俗店等についてもご紹介をしているので、興味のある方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.webjet.com.au%2Ftravel%2Ftips%2F5-things-melbourne-night%2F&psig=AOvVaw1LXlCgvAASn1GCv0nqjjpY&ust=1582868671986000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCMDO_bmD8ecCFQAAAAAdAAAAABAE