Kqhjthc5bhsfodxzanp2

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

【2020年最新】ニューヨークの風俗は微妙!?実は白人美女がいない!裏風俗・韓国系デリヘルを紹介!

2020.02.27

アメリカの人気観光都市であるニューヨーク!自由の女神、エンパイアステートビルなど数多くの観光地が点在しており、毎年世界中からたくさんの観光客で賑わっています。今回は、そんなニューヨークの風俗事情、実態から遊べる女の子のレベル等を徹底解説していきます!

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. 正直微妙!ニューヨークの風俗が劇的に終わっている
  2. ニューヨークの裏風俗エリア【チャイナタウン】
  3. ニューヨーク風俗②それでも一度はどうしても遊んでみたいという場合は【NYBodyLove】
  4. ニューヨーク風俗①HIV・性病感染率も高め!ゲイが大多数【立ちんぼ】
  5. ニューヨーク風俗②値段に見合わない悪質サービス嬢多数【エスコート】
  6. ニューヨークの風俗遊びが微妙まとめ
Dnvhgkh5zfur0brnwm54
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.grayline.com%2Ftours%2Fnew-york-city%2Fnew-york-city-night-tour-5870_25_12130_434%2F&psig=AOvVaw3C1nRtj0MUGvtthUqPa-EK&ust=1582863774632000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCLD_4tzx8OcCFQAAAAAdAAAAABAD

こんにちは、シラフシラズです!


アメリカの人気観光都市ニューヨーク。

市内には有名な観光スポットである自由の女神、タイムズスクエア、数々の映画の舞台となった街並みが多くの日本人を魅了して止みません。


世界中からも多くの観光客が集まるここニューヨークは、今でも年間多くの日本人観光客が集まっています。


そんなこんなで、一度はニューヨークの風俗遊びを体験してみたいと思った人も多くはないでしょうか。


ただし、アメリカ全土に言える事ですが、アメリカ国内では買春行為が禁止となっており、また風俗産業で働く常に限っては一般職につけない不法移民・ゲイが蔓延っていて、正直風俗遊びについては満足出来無いといった様子。


特にニューヨークの風俗体系として、主にマンハッタン市内にあるチャイナタウン・コリアンタウンを中心に、中国人や韓国人が呼び込みで風俗営業を行っているところがメインとなっており、クイーンズ周辺においては裏風俗産業が盛んで、クイーンズボロなどの地域では、中国人やメキシコ人が潜りの格安風俗が集まっています。

Ufg6lycbggpdw43mdgbj
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.tripadvisor.com%2FLocationPhotoDirectLink-g60763-i18948826-New_York_City_New_York.html&psig=AOvVaw1a3RV9XK74c1iNcvI7KIDn&ust=1582863985062000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCKDM7f_x8OcCFQAAAAAdAAAAABAD

また、アメリカ全土では売春行為は違法行為としてみなされています。


なので、風俗遊びは全て売春とみなされ、警察に現場を抑えられたりすれば、売春者と買春者は共に、厳しい罰則や高額な罰金を背負ってしまう程、厳しく取り締められており、そのサービスを受ける側も摘発されてしまいます。


本番行為が無いフェラや手コキだけのサービスであったとしても全てが売春行為となるので、国としては売春を取り締まる法律はないものの、ニューヨーク州では罰則が設けられています。


日本とは違って買春行為自体が犯罪なため、サービスを受けてしまった時点で立派な前科者となり、売春に対してはかなり厳しい風紀なため、思う存分安心して風俗遊びを楽しむことは少し難しい状況となっています。


そしてニューヨーク市内では、定期的に潜りの覆面警官が風俗店へと潜入捜査しているので、ここは非常に注意して遊ぶ必要があります。

風俗専門新聞【Screw】は一応大切な現地のお供

Sfvf7rhwde1lsppkqgzs
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=http%3A%2F%2Fwww.come-sundown.com%2Fblog%2F2015%2F7%2F21%2Fscrew-magazine-1968-2003&psig=AOvVaw0ZZ2j0nY2IglzldLrE9k1Z&ust=1582864047124000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCNjfwZzy8OcCFQAAAAAdAAAAABAa

ニューヨーク市内のコンビニや路面店の至る所にある、風俗専門新聞「Screw」は現地の風俗情報のお供として非常に優秀です。


Screwとは、セックスを意味する隠語で、ニューススタンドの中にある沢山の新聞紙の中に紛れている風俗専門新聞となっています。


全10ページは含まれているこちらのScrewは、全てセックス関連の記事や広告で埋め尽くされた新聞となっており、日本ではコンビニで売っている風俗紹介新聞みたいなものに近く、主にホテルへと派遣するエスコート嬢についての広告が一番多いです。


その他では、アジアンエロマッサージ、個人売春をしているエスコート嬢のIn callの情報も乗ってるため、一応懐に隠し持ってニューヨークの風俗遊びをしてみるのがオススメ!

そんなニューヨークの風俗ですが、法によって厳しく規制されているためか、市内では公に店を出して営業をしている様な風俗店は少なく、街中を歩きながら探し出すのはほぼ難しい状況です。


特にこうした裏風俗に関しては、冒頭でもご紹介をした様に、アジア系やメキシコ系の不法移民や貧困層、そしてトランスジェンダーの人たちが大半を占めているため、マンハッタンの中心地である「五番街」や「SOHO地区」といった、いわゆる繁華街には一切店が入っていません。

マンハッタン市内の裏風俗が集中しているエリアは、上のグーグルマップにある「チャイナタウン」の中に多く点在しており、基本的に中華系の移民者たちが経営をしている店が多く、働いている子についてもアジア人を中心に集まっています。


ニューヨークの中でも、特に活気のあるチャイナタウンは、市内でも人口密度の高い一帯となっていて、昼間から地元で人気の中華料理や東南アジア料理の店が多数連なっており、グルメ街としても非常に人気のエリアとなっています。


人通りの多い歩道沿いには、土産物やタピオカ、ミルクティー等のたくさんの店がひしめき、マーケットでは鮮魚や干し魚からハーブ、香辛料まであらゆるものが売られているため、有数の観光地として知られています。


緑豊かなコロンバスパークでは地元の人たちが太極拳、チェス、麻雀などを楽しんでいる姿を目にすることができ、裏風俗の店については、大通りの外を中心に裏路地を中心に連なっています。

Mqrw330vogasgpglftxh
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fnybodylove&psig=AOvVaw2xovNhOA7mXWTJ0q225Xg8&ust=1582864129604000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCJCd5MTy8OcCFQAAAAAdAAAAABAD

もしそれでも一度はニューヨークで風俗遊びを体験しておきたい!という場合は、こちらの「NYBodyLove」で遊んでみるのがオススメです。


NYBodyLoveは、一言で言うとエスコートエロマッサージ店となっていて、店に連絡をし時間・好みの嬢の見た目・自分の宿泊先ホテルの住所を伝えると、当日指定した時間に女の子がこちらへと派遣され、エロマッサージと本番行為をすることが出来る様になっています。


在籍中の嬢の比率は、白人系4割・黒人系2割・アジア系4割となっており、他の風俗店ではほぼアジア人嬢だらけとなっている為、唯一白人と遊べる店といった様子。


筆者がニューヨーク観光旅行時に宿泊していたホテルはマンハッタン市内に位置していた為、実際に遊んだ際には店側へと電話で連絡をし「金髪・白人・若い」を条件に出し、当日連絡をした時間から約3時間後に女の子が到着しました。


ちなみにニューヨークのホテルは、宿泊者以外の入室を断っている場所が多いので、予約が出来たらすぐにフロントに連絡をし、友人が会いにくるから通しておいてほしい等の旨を告げておく様にして下さい。

Ul4kjzvoxe6pybaeta4r
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Ftwitter.com%2Fnybodylove&psig=AOvVaw2xovNhOA7mXWTJ0q225Xg8&ust=1582864129604000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCJCd5MTy8OcCFQAAAAAdAAAAABAD

実際、筆者が遊んだ子は見た目も少しガッカリレベル、おそらくFKK(ドイツにある世界最強風俗)で見つけたら絶対に遊ばないレベル。


プレイ自体もかなり淡白で、部屋に着くなり簡単な自己紹介をお互いにし、一緒にシャワーを浴びることに。


シャワーに至っては割と結構真面目に筆者の身体も洗ってくれたりと、少なからずサービスは最低レベルを下回っていないといった印象。


部屋では先ず、軽いキスをしながら胸をやさしくタッチし耳元にキスをしながらキメの細かい体を繊細に愛撫していく、それから股間に手をもっていくと「まずはマッサージからね」と告げられベッドへ横になる様に誘導されました。


横になるなり、彼女が持参してきたオイルを背中に塗られ、裸姿になった彼女が全身を使って優しくマッサージをしてくれて、非常にリラックスができ、おまけに手コキをしてくれることに。


マッサージが10分ほど続いた後、我慢ができなくなってきた筆者の手が彼女のアソコに手を伸ばしていく、タオルで念入りに拭いていた彼女のアソコは既に濡れていて、「すごい濡れてるよ」なんてからかって言うと、少し恥ずかしそうな顔をしてくれて、これがまた可愛いい...。

Lumvqfohnx7dg5iu6ycn
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.grandcentralbodywork.com%2F&psig=AOvVaw2xovNhOA7mXWTJ0q225Xg8&ust=1582864129604000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCJCd5MTy8OcCFQAAAAAdAAAAABAV

それからはゴムフェラを受けつつ彼女のアソコをイジっていましたが、彼女のフェラは日本人に比べて舌が長いのか、舌があちこちに絡みつく感じでとても気持ち良く、もう直ぐにでも逝きそうになったのでおもむろに挿入をすることに。


中は抜群の締りで、始めはゆっくりピストンをし始め、次第に早く動かしてみると、彼女も本気かと思うくらい喘ぎ始め、正常位から騎乗位へと移行、それからバックへとポジションを変え、最後は正常位でゴム中フィニッシュ。


征服感と満足感に浸りながらそのまま彼女のアソコの中で余韻を楽しみ、プレイが終わればウェットティッシュで綺麗にしてくれて、そのあと腕枕でしばしお話をし時間が終わるまでゆっくりしました。


その後はもう一度シャワーを浴び、チップを多少あげ、お別れのキスをし彼女が退室していきました。

【NYBodyLove】料金設定と営業時間

NYBodyLoveの料金設定と営業時間については以下の通りです。


  • 営業時間:昼11時〜夜中11時まで(年中無休)


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:150USD(約16,000円)
  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 60分:200USD(約23,000円)


日本よりは料金設定も少し高めに設定されてますが、ニューヨークでこれ位のサービスを受けたい場合は致しかたないと思います。


もちろん、その分日本人女性では味わえないTHEアメリカンな激しいセックスを楽しめますが、とは言え日本ほど細やかなサービスをしてくれるだったり、モデル級の女の子と遊べる!といった事はないので、過度な期待を持たない様にしてください。

Fytooc58sl4x9jf1tccc
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.vice.com%2Fda%2Farticle%2Fdpwx9a%2Fmeet-the-pier-kids-the-homeless-gay-teens-of-new-york-656&psig=AOvVaw2Te0SvM3ARtVfKnfBI2K6Z&ust=1582864224157000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCLjXpYTz8OcCFQAAAAAdAAAAABAJ

ニューヨークの中心にあるマンハッタンでは、実際に昼夜問わず路上に立ち、隠れながら営業を掛けている立ちんぼを見かけることが多いです。


基本的に料金はかなり安く設定されていて、立ちんぼ嬢の殆どがあまり期待できる様なスタイル、見た目といった訳ではなく、場合によっては摘発されてしまう可能性や性病観戦・HIVリスクも非常に高いので、ニューヨークの風俗遊びの中では、かなり低い位置で認知されています。


マンハッタン市内であれば、主にチャイナタウンを中心に立ちんぼが集結していますが、中にはアッパーイースト方面でも見かけることが多く、半数以上は性転換者(元男)のニューハーフが女装し、紛れている場合が非常に多いため遊ぶ際には要注意が必要。


実際、彼らの場合、普通の女性の立ちんぼ嬢たちよりも破格の料金設定をしてることが多く、そして見た目も彼女たち以上なため、よく騙されてしまうケースが多いといった印象。

【立ちんぼ】料金相場と出没エリア

ニューヨークの立ちんぼの料金相場については以下の通りです。


  • ゴムフェラ + ゴム本番(一発):30USD(約3,200円)
  • トランスジェンダー嬢の場合、この金額の半分 or 20USDが相場


個人的に世界中から多くの人が集まっているニューヨークにおいて、不特定多数の人たちとセックスをしている立ちんぼ嬢と遊ぶことはかなりオススメしません。


やはり性病・病気の感染リスクが高すぎるため、もし遊ぶ場合は絶対にコンドームをつけましょう。

立ちんぼについては人通りの多い繁華街沿いの道に立っているというよりかは、人集りの多い休憩スポットである公園を中心に出没します。


中でも特に昼の11時〜でも立っているのが、Columbus Park(上のGoogle map)


一応マンハッタン市内の地下鉄に乗り、最寄駅である「Cnal St(カナル・ストリート)」を下車すると徒歩5分の距離に位置しているため、アクセス自体は非常にしやすいです。


またトランスジェンダーの立ちんぼ嬢は、多くの場合そのことを隠さない為、そういった経験をしてみたい人にとっては、逆にぴったりな場所かも知れません。

Opygjvszgfgtrgprxky2
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fgfycat.com%2Fcarefreecreepyiberianbarbel&psig=AOvVaw0ihxDboeyr4ma3U3HVRAo3&ust=1582864313731000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCOig55zz8OcCFQAAAAAdAAAAABAD

ニューヨークで最も可能性のある風俗が、こちらの「エスコート」です。


エスコートには2種類の形態があり、会社が仲介し女の子を派遣するものと、女の子個人で売春をするものとがあり、会社が仲介するエスコートは基本的に日本のデリヘルの様な感じです。


ただし日本のデリヘルと違ってくるのは、店側が嬢を客の場所へと派遣するOut Callだけでなく、出勤している嬢の家へと客のほうから訪れるIn Callの二つが設けられており、嬢によって「In Callだけ!」という場合や「Out Callだけ!」ということもあるので、かなり店主体で異なってきます。


また、嬢の見た目のレベルによって値段が異なっており、値段が一律の日本のデリヘルには見られないシステムは少し遊びにくい印象。


ただし常に至っては、料金相場が高めに設定されている人気嬢だったとしても、実際のサービスクオリティはその金額に見合わない雑務感・業務感たっぷりといった様子で、値段に見合わない悪質なサービスを提供してくる嬢が多数。

Vf4nvprrvufle4lsvk4d
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fcatalinarose.co%2Ftag%2Fcatalina-rose%2Fpage%2F4%2F&psig=AOvVaw0ihxDboeyr4ma3U3HVRAo3&ust=1582864313731000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCOig55zz8OcCFQAAAAAdAAAAABAQ

個人売春をしているエスコート嬢の場合は「Clacifaund」という中古品売買の掲示板で、今から遊べる嬢を探すことができます。


もちろんネットで「Escort New York city」と検索しても見つけることは出来ますが、どのサイトでも法の規制を免れるためか、ネットのサイトや掲示板で投稿されている嬢の情報については、個人を特定されない様な大まかな内容になっていることが多い傾向。


よって、いざ実際に遊ぶとなったとしても、先ずは連絡をとって予約をし、嬢が指定した場所へと向かうと、そこからまた再度電話をして、次はアパートの住所を教えてもらい、ようやく家の前まで到着してから部屋番号を教えて貰うといった様に、煩わしい手順を踏まなければならず、非常に遊びづらい様子。


また基本的に個人売春のエスコート嬢に至っては、掲示板やサイトで見た写真と実物が、全くの別人並みにクオリティが格段と下がることも普通。


ごく稀に、部屋を訪ねてみると、実際には部屋の中に複数人の男が待機しており、到着早々に取り囲まれ、金銭を奪われるといった危険な事件に巻き込まれてしまったというケースも後を絶ちません。


エスコート遊びでは、こういったリスクも抱えている為、遊ぶ場合は気をつけてほしいところです。

【エスコート】料金相場とエスコートサイト各種

エスコートの料金相場についてはこちらをチェック!


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:250USD〜(約30,000円〜)


基本的に生フェラやキスといったサービスは別オプションとして設けている嬢が大半で、オプション別に事細に追加料金が加算されていきます。


以下がニューヨークの人気エスコートサイトになるので、興味のある人は一応チェックしてみてください。


また、エスコートサービスでは、単に性的サービスを提供するだけでなく、デートや食事にも付き合ってくれるので、その点も日本の一般的なデリヘルとは少し異なっています。

H67owd2st4bjxszxxars
引用: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fcatalinarose.co%2Ftag%2Fcatalina-rose%2Fpage%2F4%2F&psig=AOvVaw0ihxDboeyr4ma3U3HVRAo3&ust=1582864313731000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCOig55zz8OcCFQAAAAAdAAAAABAQ

如何でしたでしょうか。


今回は世界の風俗体験記 in ニューヨークということで、シラフシラズが訪れた・知ってるニューヨーク市内の風俗実態、オススメ、風俗事情から各種遊び方などについてをご紹介しました。


他にも欧州を中心に欧米等、世界の主要都市へと旅行や長期滞在した際に周った風俗店等についてもご紹介をしているので、興味のある方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.aroundtheworldl.com%2Ftimes-square-nyc%2F&psig=AOvVaw0wXY0HCMNJbl5ymhCus60l&ust=1582863787816000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCLCh2aTx8OcCFQAAAAAdAAAAABAD