Qitgogeturhzfzlhm9uu

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

一人旅で思いっきりニューヨークを観光できるスポット5選!モデルコース付き!

2019.07.12

一人だからこそ周りの好みを気にせずに、あまり有名では無いディープな観光地をまわれるのが一人旅の魅力です。今回はニューヨークに何度も行った経験から学んだ、ガイドブックにはあまり載っていない、マイナーだけど面白いニューヨークの見所をご紹介します

この記事に登場する専門家

Bueafr2fva1ohdx1pvai

世界を飛び回るトラベラー

ちょこ

オーストラリア、アメリカ、スペインに1年の長期滞在を経験し、これまでに24カ国を訪れた。大学では観光学とスペイン語を中心に学び、来年の3月に卒業予定。大学を1年休学をしウォルト・ディズニー・ワールドのキャストメンバーとして13ヶ月間勤務。また旅のVlogerとして、海外旅行に行く際には必ずカメラを回し最新の情報を提供するYouTuberとしても活躍中。

  1. NYの観光について
  2. ニューヨーク一人旅観光スポット①一人だからこそマイナーなスポーツを:アイスホッケー
  3. ニューヨーク一人旅観光スポット②一人で好みのミュージカルを格安に
  4. ニューヨーク一人旅観光スポット③一人で気ままにユニオンスクエア・グリーンマーケットを散策しよう
  5. ニューヨーク一人旅観光スポット④無料で有名人と会えるかも?! テレビの収録を見学してみよう
  6. ニューヨーク一人旅観光スポット⑤アメリカの最高峰の大学のキャンパスを見てみよう
  7. ニューヨーク一人旅観光スポットのまとめ

世界を飛び回るチョコです。今回はNYで一人旅する方におすすめする今最新スポットをご紹介します。一人で心配するかもしれませんが、実際に行ってみると楽しいことばかり、最高の時間をNYで過ごしましょう。

P4qno5hx1bcd9meay79l

誰もが憧れるアメリカの大都市ニューヨーク。ミュージカルから最先端のファッションそして有名なスイーツショップなど世界をリードする大都市です。今回はそんなニューヨークを一人旅するあなたにお届けする、一人旅おすすめ観光スポットをご紹介します。

Jqucrwkucitdg1dvgub4

アイスホッケーは野球、バスケ、アメフトと並んで国民的スポーツと言われていましたが、現在の人気は下火と言わざるを得ません。なので、自ずとガイドブックでも紹介されることはあまりありません。しかし、迫力あふれる氷上の格闘技を目の前にしたらハマること間違いなしです。

アイスホッケーの魅力

アイスホッケーはすべてが凄まじい速度で動くスピード感が最大の魅力です。選手は時速50km、シュートに関しては時速160km以上出ることもあり、一度生で見ると、その迫力の虜になるでしょう。また、氷上の格闘技と呼ばれることもあり、タックルは可能な上、試合をヒートアップさせるために二人の選手の合意があれば素手の殴り合いに突入することもルールで可能とされています。

ニューヨークから行けるアイスホッケー場

ニューヨークからアクセスが良いのは、ニューヨークレンジャーズの本拠地のマディソン・スクエア・ガーデン、ニュージャージー・デビルズの本拠地のプルーデンシャルセンター、そしてニューヨーク・アイランダーズの本拠地のバークレーセンターです。


マディソン・スクエア・ガーデンだけは、立地のせいかチケットが割高ですが、それでもNBA の試合などよりは安く楽しむことができます。

見に行くときの注意点

バスケなどの試合でも同じことが言えますが、アメリカでは基本的にスポーツの試合や、コンサートのイベントには手荷物を持ち込めないことが殆どです。小さめなポーチでも、運が悪いと入れてもらえないこともあります。


試合を見に行くときは、事前に荷物を置いてくるか、試合会場の外にあるクロークサービスをしているトラックに預けてから向かいましょう。また、会場内は寒いので、上着を予備でもう一枚持っていくと助かることもあるかもしれません。

I4wm74atmedjas9nbhwz
引用: https://www.google.com/url?sa=i&rct=j&q=&esrc=s&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwiA1t71zabjAhVNG6YKHevrDUUQjRx6BAgBEAU&url=%2Furl%3Fsa%3Di%26rct%3Dj%26q%3D%26esrc%3Ds%26source%3Dimages%26cd%3D%26ved%3D%26url%3Dhttps%253A%252F%252Fwww.timeout.com%252Fnewyork%252Ftheater%252Fcheap-broadway-tickets%26psig%3DAOvVaw2jVmhRIEBdu-_jA7Kj6QKw%26ust%3D1562719485467753&psig=AOvVaw2jVmhRIEBdu-_jA7Kj6QKw&ust=1562719485467753

ニューヨークと言えばやはりブロードウェイのミュージカルを思い浮かべる方もおおいでしょう。ミュージカルは人気のものは連日満席で、大人数で行くとまとまった席が取れなかったりしますが、一人で行けば他人の好みを合わせることもなく、穴場の席が空いていたりもします。そんなミュージカルを安く楽しむ方法をご紹介しましょう。

チケット取るのなら当日券

事前にチケットを確保したいとは思いますが、ミュージカルの前売り券は安くても$120、高いと$300も$400もしてしまいます。それを安く抑えるためには、タイムズスクエアにあるtktsという当日券販売ブースに行ってみましょう。


ここではその日まだ空いている席を$100以下で売ってくれます。決して怪しいダフ屋ではなく、各シアターと提携しているので、全く問題なくミュージカルを鑑賞できます。

一人だと、より安くなる可能性も

Tktsは最初から割安価格ですが、残りの席を売っているため、団体と団体に挟まれた席が空いていたりすることが多いです。


二人や三人並んで座れるところを探すと、価格が少し高かったり、場所があまり良くないことがあります。そんなときに一人でいると、最高の価格で、最高の席をゲットできる確率が高くなります。

最新ミュージカルは対象外

残念ですが、出てきたばかりのミュージカルはtktsでは販売されていません。ですが、逆を言うとロングランするほど人気のミュージカルが安く見られるということです。事前に何が対象なのかをチェックして、狙いを定めて行ってみてください。

Tkts詳細情報

住所:7th Ave &, W 47th St, New York, NY 10036

営業時間:主に午後3時から8時までチケットを販売

料金:$70 - $100

ウェブサイト:https://www.tdf.org/nyc/7/TKTS-Overview

D9eryo3b1d7trxoltdtq

ユニオンスクエア・グリーンマーケットは、ニューヨーク近郊の農家さん達により毎週月、水、金、土曜日に開かれる蚤の市のことです。お土産屋さんや普通のショップでは手に入らない心のこもった手作りのものがたくさん売られています。

フルーツやスナックなどをつまんでみよう

グリーンマーケットでは植木や花、魚やお肉など、なんでも売っています。一人旅にちょうどいいのは新鮮なフルーツや、それらを加工したスナックです。僕も前回行ったときは、じゃがいも農家さんが丁寧に手作りした堅揚げのポテトチップスをいただきました。保存料や化学調味料を一切使っていない自然な美味しさは、今でも忘れられません。

ユニオンスクエア・グリーンマーケット詳細情報

住所:E 17th St &, Union Square W, New York, NY 10003 

営業時間:8:00am – 6:00pm (月水木土)

料金:$1 ~ (100円から)

ウェブサイト:https://www.grownyc.org/greenmarket/manhattan-union-square-m

マーケットを通り越したらShake Shack一号店へ

Union Square Parkをでてブロードウェイを北に真っ直ぐ行くと、すぐMadison Square Parkに着きます。その中に一際人だかりができているのが、かの有名なShake Shackの一号店です。日本でも人気の味を、始まりの場所で食べるのは感慨深いものがあります。

Shake Shack詳細情報

住所:75 9th Ave, New York, NY 10011 

営業時間:9:00am – 11:00pm (定休なし)

料金:$5 - $25 (500円から2500円)

ウェブサイト:https://www.shakeshack.com

最後はChelsea Marketでおやつでも

ユニオンスクエアあたりから4ブロック程西へ行くと、Chelsea Marketという場内マーケットがあります。Chelsea Marketも多くのお店で賑わっており、美味しいチョコレートから大きなロブスターまで様々なものを楽しむことができます。場内市場になっているので、天気に左右されることなくご飯を楽しむことができます。バーやグリルなど、ディナーを楽しめるお店もいくつかあるので、早めの一杯を楽しむのも良いかもしれません。

Chelsea Market 詳細情報

住所:Madison Ave &, E 23rd St, New York, NY 10010 

営業時間:7:00am – 0:00am  (月) 7:00am – 2:00am (火〜土) 8:00am – 10:00pm (日)

料金:$5 - $25 (500円から2500円)

ウェブサイト:http://www.chelseamarket.com

Sli9msqad9xlhph9uipp

ニューヨークはABCやCBSなどの大きなテレビ局があり、TV番組の収録も数多く行われています。特にアメリカで人気なのは、ホストが有名人を招いてトークをするレイトショーで、運が良ければ大物俳優だったり、有名歌手を間近で見られるかもしれません。

なんと収録はすべて無料

テレビ局側としても、会場を盛り上げてくれる人が必要なので、収録を見学するのにお金を取られることはありません。有名人に無料で会えるなんて割が良すぎますね。

チケットはすべてすぐに無くなる

無料であるがゆえ、収録のチケットはほとんど数分で売り切れてしまいます。前もって旅程と相談しながら、どの日程の収録がいつ発売されるのか前もってチェックしておきましょう。

チケットがしっかりと取れなくても、並べば入れるかも?!

入場が保証されているチケットはすぐに売り切れてしまいますが、平日に収録が多いせいか、来なかったりする人も多いそうです。そこで、「入場の保証無し」チケットも売られることがあります。そのチケットを持って、会場の前に早めから並んでいると、収録に来なかったお客さんの分だけ、列の前から入れてもらえるシステムになっています。行きたい日に取れなくても、もう一度だけサイトをチェックしてみましょう。

有名人がよく出るTV番組

1.    The Tonight Show Starring Jimmy Fallon

2.    The Late Show with Stephen Colbert

3.    The Daily Show with Trevor Noah

4.    The Today Show

チケットの購入方法

番組の名前で検索をかけて、オフィシャルサイトに飛ぶと、殆どの場合わかりやすい位置にチケット購入の項目があります。

W91a0bveaggo29ri7cvw

マンハッタンには、オバマ元大統領も通った名門中の名門のコロンビア大学や、ルーニー・マーラ、チャイルディッシュ・ガンビーノ、レディーガガなど俳優や歌手を多く排出しているニューヨーク大学のキャンパスがあります。そんな有名大学のキャンパスを見てみるのも、一つの刺激になるでしょう。

都市に溶け込んだアーバンなキャンパス:ニューヨーク大学

ニューヨーク大学は、総合大学として名高いのはもちろんのこと、芸術科目に秀でており、映画監督、俳優、歌手、作曲家など、多くの人材を排出しています。自前の敷地を持つことはなく、様々な映画のロケ地として有名なワシントンスクエアパークを中心に、多くのビルの中にキャンパスがあります。ツアーでは、総合図書館や寮の中、どういったカリキュラムを組んでいるかなど、様々な施設を紹介してくれます。キャンパスのあるソーホーのエリアはおしゃれなお店が多くあることでも有名で、ツアーが終わったあとにリラックスしたランチを食べられるお店もすぐ見つかることでしょう。

セントラルパークを超えれば、世界最高峰の名門校:コロンビア大学

コロンビア大学はアメリカの名門私立校のグループ、アイビーリーグの一つです。様々な政治家や学者を排出しています。


キャンパスは都市にあるためカリフォリニアの大学のように広大ではありませんが、歴史を感じさせる荘厳な建物には圧巻させられます。キャンパスツアーでは図書館などに案内してもらえます。お土産屋さんでパーカーを買うのも一つの思い出になるかもしれません。

キャンパスツアーの申込み方法

キャンパスツアーは事前に申し込む必要があります。決して学生である必要があるわけではありません。一日に複数回行っているので、自分の予定にあった時間に行くことができます。

詳細情報

ニューヨーク大学キャンパスツアー申し込みサイト:

https://www.nyu.edu/about/visitor-information/campus-tours.html

コロンビア大学キャンパスツアー申し込みサイト:

https://undergrad.admissions.columbia.edu/visit/tours/campus

複数人で旅行をすると付き物なのがお互いの行きたい場所が違ってしまうことですよね。その結果無難なところを観光して、お土産屋さんでお土産を買うに終わってしまうこともあるでしょう。一人で気ままに好きな事を好きなだけ楽しむニューヨークも、一度試してみてください。


この記事が気に入った方は、他のニューヨークの記事もチェックしてみてください!