Kmdvjtvvdel3faoph2h3

オーストラリア

CATEGORY | オーストラリア

西オーストラリア州パースの観光スポット20選を在住者がお届け!パースの全てが丸わかり!

2019.08.02

テレビでもあまり紹介されていないオーストラリアのパースの全てを紹介します。パースは、訪れる人がほとんどがここに定住したい!と言うほど素晴らしい土地なのです。そんなパースをもっと知ってもらいたいのでパースの魅力的な観光スポット20箇所をドドンと一挙にご紹介!

この記事に登場する専門家

Cgwi3jonxjoz0if7pf4t

パース在住主婦ライター

Akky

パース在住歴6年、2016年にオーストラリア永住権取得。新婚時代は西オーストラリアをあちこち周り、現在はパースの郊外に居を構え、夫と犬猫とのんびり生活。カフェ巡りと料理が大好き食いしん坊主婦です。

  1. 西オーストラリア州・パース基本情報
  2. オーストラリア・パースの気候
  3. オーストラリア・パースまでのアクセス
  4. パースシティまでのアクセス
  5. オーストラリア・パースの観光スポット20選!
  6. オーストラリア・パースシティ中心部の観光スポット(Zone0・乗り換え無料区間圏内)
  7. ①まだまだ進化中!スワン川の観光スポット【エリザベスキー(Elizabeth Quay)】
  8. ②ガラス張りが美しいパースのシンボル【ベルタワー (The Bell Tower)】
  9. ③パースの中のロンドン!【ロンドンコート(London Court)】
  10. ④現在も操業中!【パース造幣局 (The Perth Mint)】
  11. ⑤癒しの空間でインスタ映え!【キングスパーク&ボタニックガーデン(Kings Park and Botanic Garden)】
  12. ⑥レアな掘り出し物を発見できるかも?!【ウォータータウンアウトレット(Watertown Outlet)】
  13. オーストラリア・パース郊外 Zone 1 エリア (大人$3.20 子供$1.40)
  14. ⑦ゴージャス!【クラウンカジノ・パース(Crown Casino Perth)】
  15. ⑧本物のコアラに会える!【パース動物園(Perth Zoo)】
  16. ⑨癒しの空間でバードウォッチング【モンガー湖(Lake Monger)】
  17. オーストラリア・パース郊外 Zone 2 エリア(大人$4.90 子供$2.10)
  18. ⑩直接動物と触れ合えるのが嬉しい!【カバシャムワイルドライフパーク(Caversham Wildlife Park)】
  19. ⑪パース空港併設のアウトレットでお土産をまとめ買い!【DFO Perth】
  20. ⑫おしゃれな街並みが広がる港町【フリーマントル(Fremantle)】
  21. ⑬クォッカに会える!【ロットネスト島(Rottnest Island)】
  22. オーストラリア・パース郊外 Zone 3 エリア(大人$5.80 子供$2.50)
  23. ⑭ワインやビール好きにおすすめ!【スワンバレー(Swan Valley)】
  24. ⑮動く歩道がメインで美しい【西オーストラリア水族館(AQWA)】
  25. 西オーストラリア州他の観光スポット(パースより100km〜、要自動車)
  26. ⑯真っ白な砂丘が美しい!【ランセリン大砂丘(Lancelin Sand Dunes)】
  27. ⑰まるで「荒野の墓標」!【ピナクルス(Pinnacles Desert, Nambung National Park)】
  28. ⑱あの映画のモデルとなったと噂される【バッセルトン桟橋(Busselton Jetty)】
  29. ⑲マリンスポーツや洞窟探検が楽しめる【マーガレットリバー(Margaret River)】
  30. ⑳神秘的なインスタ映えスポット【ウェーブロック】
  31. 筆者からのちょっとしたアドバイス : 無理なく楽しいご旅行を!
  32. オーストラリア・パース観光ツアーのリンク先
  33. 世界で一番美しい街パース

オーストラリアのパース在住のAkkyと申します。皆さんはオーストラリア旅行といえばどちらへ行きますか?シドニー?メルボルン?ゴールドコースト?ケアンズ?どれも素敵な場所ですよね。


パースって結構マイナーだったりするんです。自分が住んでみてわかったのは、パースだって他地域に負けないくらいの魅力満載の都市だってこと!そんなパースの魅力を一気にご紹介していきたいと思います。

では、いってみましょー!

西オーストラリア州ってどんなところ?

引用: https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/d/dc/Flag_of_Western_Australia_%281870%E2%80%931953%29.svg/1920px-Flag_of_Western_Australia_%281870%E2%80%931953%29.svg.png

まずはざっくりと西オーストラリア州について。


  • 州都 :パース(Perth)
  • 州総面積(パース市域):2,645,615㎢(6417.9㎢)
  • 総人口(パース人口):2,642,419人(2,059,484人)※2018年度
  • 州の花:カンガルー・ポー
  • 州の動物:フクロアリクイ
  • 州の鳥:ブラックスワン(黒鳥)
  • 時差:日本から−1時間


西オーストラリア州の面積を数字で見たところであまり想像できないですね。

なんと、日本列島がスッポリ7個ほど入っちゃうそうです!どれだけ大きいのでしょう!

オーストラリア国内で一番大きい州なのはもちろんのこと、オーストラリア大陸の西側3分の1を占め、南は南極海、東に砂漠、西にインド洋、北に東南アジアとそれはそれは壮大な州になります。

州都・パースはどんなところ?

Ok0qeoutagzwp8luts2q

パースは西オーストラリア州南西部、スワン川の下流に位置し、自然と都会がうまく調和した美しい街です。

パースシティ中心部でもすぐそばに緑の美しい公園がたくさん点在し、天気のいい日にはスワン川沿いの芝生でのんびり過ごす人がたくさんいらっしゃいます。

Ryxjpbbugeq3cdynkrq5

皆さんご存知の通り、オーストラリア大陸は南半球に位置し、日本とは季節が真逆です。

日本の気候は温暖湿潤気候、夏に雨がよく降り、冬に乾燥する気候ですが、ここパースはそれも逆です。

パース周辺は地中海性気候、夏にはカラっとした暑さが連日続き、冬は毎日のように雨が降ります。

蒸し暑いのが苦手な私にはとても快適です(笑)

X5sitd0ledxr7czyscga

日本からパースへ行くまではいくつかのルートがあります。

シンガポールやマレーシア、香港などの東南アジアの都市を経由してパースまで行くルートがほとんどです。

かつてはカンタス航空が成田空港からパースまでの直行便を運航していたのですが残念ながら2011年に廃止となってしまいました。

しかし!!2018年に素晴らしいニュースが飛び込んできました!

2019年9月1日より、われらが全日本空輸(ANA)の成田-パース直行便が毎日運航することが決定しました!!

より行きやすくなったパースへたくさんの旅行者が訪れるのではないかと期待しております。

Wotz0ny0tb4diw50j25j
引用: https://images.app.goo.gl/u3V7VzFM3VAtxrh59

パース空港を降り立ったら空港の前にタクシーがたくさん停まっており、そこからホテルまで直行するのが一番楽ですよね。

しかし空港タクシーは基本割高。シティまでおよそ50ドル。

もっとお安くあげたいなら、思い切って現地の人と同じようにバスを利用しちゃいましょう。

空港からシティまで、380番バスがたった一本であなたを運んでくれます。

運賃も5ドル未満ですので、タクシーに比べたらぐっとお得。

380番バスの中にはスーツケースを置ける棚が設置されていて旅行者にとっても優しい、お財布にも優しい。


さらに、ただいま空港の地下で路線の建設が行われているのです。

パース空港線は2020年頃開業予定となっていますのでこれから要チェケラです!

Uvoxhiegkn0kif95tzrn

パースの観光地といってもとっても広く、正直どこから紹介していこうか本当に迷うところです。

パースの公共交通機関、Transperthのゾーンマップに従い、パースシティから同心円状のエリア毎にわかりやすくご紹介したいと思います!

シティからの観光アクセスの参考としてぜひお役立てください☆

Ivee3xytcxxr6uoqy2h0

ここに来た観光客は必ず思い出のワンショットを撮影するような、そんなインスタ映え映えスポットがこのエリザベスキー。

暖かい季節にはスワン川と戯れる海鳥たちを眺めながらアイス片手にボーッとするのが私は大好きです。

Prr7pqsjak0c3ivee0rn

近くにはメリーゴーランドもあるので乗りたい方は是非☆

Svbpuz0czxmsgiy0erjb

ここは最近できたスポットなのですが現在も開発途中で、今はリッツカールトンホテルが建設されています。(2019年10月完成予定)

完成した暁にはぜひそこのセレブリティなレストランでお食事をしてみたいです(笑)

セレブな方は優雅にこのホテルでの宿泊をお楽しみください。

●住所 : The Esplanade, Perth WA 6000

●行き方:パース中心部より南へ徒歩5~10分

C3ewolehcalhco7q7hbu

エリザベスキー、リッツカールトンホテルのお隣にそびえ立つ、ガラス張りが美しいパースのシンボルタワー。日本人の方はパースのグループツアーでよく行かれるらしく、日本語の案内も用意していただけてるようです。

●住所:Barrack Square Riverside Drive,Perth WA 6000

●行き方:パース中心部より南へ徒歩で約5〜10分、 リッツカールトン隣

●営業時間:毎日10時 - 16時、クリスマスデー、グッドフライデーは休館

●入場料:$18

●ウェブサイト:https://www.thebelltower.com.au/(英語)

Jgovuz8l8croe2cpwqfv

パースのど真ん中、とても賑わってる街中にひょっこりとあるこの場所。

ロンドンの街をイメージした、とてもかわいい商店街の中にお土産屋さんやかわいいカフェ、そしてUGGブーツのお店が建ち並んでいます。

Qoqdrkqszrwskayxu89a

UGGもお安く、友人や家族を案内する時に私は必ずここを案内しています。

お土産探しに、インスタスポットに、ザ☆外国な可愛い風景にいいね!間違いなし☆

●住所:Between Hay St Mall and St.Georges Terrace, Perth CBD,WA 6000

●営業時間:8:00 - 17:00(各店舗による)

●ウェブサイト:https://www.londoncourt.com.au/(英語)

Glwi0txf6qjnt4cofjp7
Kqdgy05d7ylryrsjzyjt

ちょっと逆光ですが(汗)

オーストラリアで現在も操業している最古の造幣局です。

西オーストラリアでもかつてあったゴールドラッシュの歴史など、造幣局の中をガイド付きで9時半から15時半まで1時間ごとに案内してくださいます。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRxTtEXvfFodpsAhl4HpneBTIbL2ViyQw9PUDktYVcnHKiSLVxG

西オーストラリア州の北部にはアーガイル鉱山という、超希少なピンクダイヤモンドの採掘地があるのですが、かつて90%のシェアを誇っていた鉱山も年々採掘量が減少しており、2020年頃には閉山を迎えるかも、と噂されています。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcSpY8GsxBT5QDjC8N-zOut8uYcEdvq1R3cGv5zrtNzXO-dHZA8p

アーガイル鉱山で2012年2月22日に採掘された史上最大の12.76カラットのピンクダイヤモンドジュビリー。

世界中で大きな話題となりました。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQ0drkOraZ5lT7bThnGx1A77KsiPF-h-YanvRQh-HRyXNj_PEzg

造幣局内にあるギフトショップには入館料なしで入れて、宝石コーナーには金銀ダイヤモンド真珠など、キラキラジュエリーがいっぱい!

目の保養にピッタリですね☆ちなみにパスポート持参で手続きをすれば免税価格で買える、らしいです。ショップには日本人の店員さんもいらっしゃるのでお買い物時も安心。

高額なダイヤモンドを買って帰る暁には税関申告をお忘れなく!(笑)

●住所:310 Hay St, Perth WA 6004

●行き方:パース中心部より東へ徒歩で約15分、 または2番バスRed CAT「Perth Mint」下車徒歩1分

●営業時間:毎日9時 - 17時、クリスマスデー、ボクシングデー、元日、グッドフライデー、アンザックデーは休館

●入場料:大人 : $19.00

子供(4歳以上16歳未満) : $8.00、3歳以下無料

ファミリー(大人2人子供2人) : $48.00

●ウェブサイト:http://www.perthmint.com/(英語)

A5qssbgrkidrgimxlyxl

パース市内を望む小高い丘に大きな美しい公園があります。

地元の方たちはそれぞれピクニックをしたり、のんびり寝ていたり、ボーッと過ごしていたり、パースの都会の中にこんな癒しの空間があるなんて素敵ですよね。

特に夜になると雰囲気は一変、ロマンチックな夜景スポットへと大変身します。

カップルが語らいあったり、夕涼みをしていたり、デートには最適のスポットです。

もちろんインスタも超映えます!!

Zxxftxdyyihop6awttmr

毎年9月から10月にかけて、ワイルドフラワーフェスティバルという大きな花の祭典が開かれ、春のパースツアーでは必ずと言ってもいいほど行く場所でもあります。

絵本の世界に紛れ込んだようなメルヘンチックなお祭りは必見の価値あり!

●住所:Fraser Ave, Perth WA 6005

●行き方:パース中心部より935番バスで約10分(無料区間につき運賃無料)

●営業時間:24時間営業(カフェ・レストランは除く)

●入場料:無料

●ウェブサイト:https://www.bgpa.wa.gov.au/(英語)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQZ26hiWxq0Hr46K6UlRw4-hTdNbOJ97l5YhjtjqNL5UX_RieAG

パースには大きなアウトレットモールが2件あります。

そのうちの一つはシティ西側、ウォータータウン。

オーストラリアのファッションブランドからスポーツウェア、寝具、食器など幅広く取り揃えられています。

私はここでウェッジウッドのマグを破格の値段でゲットしました!

日本にはないレア物が見つかるかも?

●住所:840 Wellington St, West Perth WA 6005

●行き方:エリザベスキーバスステーションから→

5番 Green CAT 「Surtherland St」下車徒歩すぐ

パース駅前から→ 3番 Yellow CAT「Surtherland St」下車徒歩すぐ

●営業時間:9時-17時(月曜-土曜)、11時-17時(日曜・祝日)

●ウェブサイト:https://www.watertownbrandoutlet.com.au/(英語)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQ72ENwY7_t_RJELHqQSSRv5u7OUh5TZfk2TLfMblOnJoKTmPwE

日本とは違う、ザ☆外国感を味わうのにカジノはピッタリ!

一度はこの大人なゴージャスさを味わうのもまた一興。

ゲームをしなくても雰囲気だけでも楽しめます!ゲームをする場合は節度をしっかりお持ち下さい!

カジノへは男性ならスーツ、女性ならワンピースなど、少しだけドレスアップしてお出かけください。

私はここへ初めて行った時、パスポート提示を求められました…アラサーで。

●住所 : Great Eastern Hwy & Bolton Ave, Burswood WA 6100

●行き方:パース駅からThonlie線Burswood駅下車、徒歩約10分

●営業時間:毎日24時間営業 クリスマスデー、グッドフライデー、アンザックデーは休館

●ウェブサイト:https://www.crownperth.com.au/casino(英語)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQWbTsE9q6884jmnfkQ2-2-aPuArKCzVbQp0dyy4hYFyz8G-RVW

西オーストラリア最大規模のパース動物園。

動物好きさんやファミリー層にぜひおすすめしたいこの動物園は、シティからのアクセスも簡単でとても行きやすいです。

かなり広いので、ゆっくり回ればあっという間に数時間が経過してしまうほど。

Iu4qwwbbobuj0lo683gy

パースシティからはこのフェリーに乗ってスワン川の対岸まで行くのがおすすめです。

川の対岸にもオシャレなカフェがたくさんあるのでホッと一息つけちゃいます☆

●住所:20 Labouchere Road, South Perth WA 6151 

●行き方:エリザベスキーフェリー乗り場から渡し船に乗船、Mends St Jetty下船後徒歩10分

●営業時間:9時– 17時の毎日営業 但し10月27日と大晦日は15時閉園

●入場料:大人$33、子供$16.50(15歳まで)、 4歳以下は無料

ファミリーパック(大人2人、子供2人)$86.60

●ウェブサイト:https://perthzoo.wa.gov.au/(英語)

引用: https://www.cambridge.wa.gov.au/files/assets/public/image-resources/parks/lake-monger-reserve-west-leederville.jpg?dimension=pageimagefullwidth&w=768

パースから少し北へ行ったところに綺麗な三角形の形をした湖があります。

そこは西オーストラリア州旗のシンボルともなった黒鳥が数多くいる場所。

地元の方々はウォーキングやランニング、犬の散歩に湖畔デートなど、思い思いの過ごし方をされている、癒しのスポット。

Pelgyxkgwhtelxbovcbx

私が以前に行った時は黒鳥の親子が道を横切っている場面に遭遇し、とても珍しい光景に興奮しました!

黒鳥だけでなく、カモなどの水鳥もたくさんいるので、バードウオッチング好きにはたまらないと思います☆

●住所:Lake Monger Drive, West Leederville 6007 

●行き方 : パースバスポートから83番または84番バスWembley Down行き約15分、下車後徒歩約15分

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTA3Cw72vp8BuWOeI9sTIk-HiuG5QsWPaz_TcsBjuES2m46xBQo

パースから北東へ行った郊外の、ホワイトマンパークという大きな公園の中に併設されている動物園です。

パース動物園と何が違うの?となりますが、こちらは直接動物に触れ合える動物園になります。

カンガルーにエサをあげたり、コアラを抱っこしたり、ウォンバットに触れたり。

お子様の忘れられない楽しい思い出になること請け合いです!

Ri1rh0bckwhuqlqkflgh

時間のある方は動物園の後でホワイトマンパークの中をゆっくり散歩してみてください。

こーーーんなにカンガルーがたくさんいます!

こちらは保護下の野生カンガルーなので触れ合うことはできませんが、目の前に現れると圧巻です!

ちなみに夕方頃になるとカンガルーがご飯を食べに森の中から出てくるので、たくさん見たい方は夕方閉園前くらいがオススメ!

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTKUuy-Z_iwNEbvlCSU8KHQRlwAkVSy84hb1VXrgRFOSvM5oxOK

ウォータータウンと並ぶパースの二大アウトレットモール。

こちらはパース空港に併設され、2018年9月にオープンしたばかりのフレッシュなスポット。

外観も内装もとてもオシャレ。

ウォータータウンと同じブランドのラインナップの他、COACHやラルフローレン、FULRAやケイトスペードなど日本でも大人気のブランドが勢ぞろい!

オーストラリア限定のレア物もあるかも!?

●住所 : 11 High Street, DFO, Perth Airport WA 6105

●行き方:パース中心部から935番バスPerth Airport T3/T4行き約45分

●営業時間:10時–18時まで毎日営業

●ウェブサイト:https://www.dfo.com.au/perth/(英語)

B7vmrjwigzysgoxo6sph

パースの次に有名と言っても過言ではない、港町フリーマントル。

海外からの貨物や船便はここから陸へと上がっていきます。

アンティークでオシャレな街並み、綺麗な港、そして美しい夕日。

パースからバスまたは電車一本で到着できるアクセスの良さも人気です。

ここからロットネスト島へのフェリーが出港していますので、クォッカに会いに行く前に必ず立ち寄る場所ともなるでしょう。

●行き方:パース駅からFremantle線で約30分

Fdxuqmd7uofbmupqykyg

現在パースに来るほとんどの人がこのクォッカ達に会いに来るのではないでしょうか?

インスタやネットでも大人気、世界一幸せな動物と言われていることでおなじみ。

オーストラリアの中でもここでしか野生の子たちに会えない、とってもレアな動物でもあります。

前述したフリーマントル港からフェリーが1日数本、だいたい40分程で到着します。

島内は車移動出来ないのでバスツアーを申し込むか、自転車をレンタルして島内を探索するか、はたまたひたすらクォッカ探しの旅に出るのか、それぞれの楽しみ方を見つけてみてください。

●行き方:フリーマントル港からフェリーで約30分

●運賃:日帰り往復で大人$70 子供$32.50

●ウェブサイト:https://www.rottnestexpress.com.au/(日本語あり)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTbqPOerpHapMkZbUJ2ip9m3EV1D-LR2zj7V8QeeoQkNj5BkvFi

ワインやビールがお好きな方なら大興奮間違いなしのスポットといえばココ!

平野一面に広がるブドウ畑、インスタ映えスポットとしても間違いはありません!

ワインやビール、チーズの試飲や試食も出来るワイナリーがたくさんあり、週末には観光客でとても賑わっています。

ワインの他にも(筆者はアルコールが飲めない)、チョコレートやアイスクリーム、はちみつ屋さんなどお子様にも楽しめる場所もあるので退屈はさせません!

お土産探しにもピッタリです。

オーストラリアの法律では18歳以上が飲酒可能年齢になっています。

スワンバレーはとても広いのでツアーまたはレンタカーで行くのをオススメします。

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcQFlRuKAhlAz-CTh-v2a2qJpFi-AiR5K5yN1vFeroEGKPYgay4g

パースの北側、インド洋近くの街ヒラリーズにある大きな水族館。

館内は紺碧のインド洋の海中を模したような綺麗な青!!本当に圧倒されるほどの美しさ。

写真もバッチリ映えます。

Asxmoew8vwnkuovvqy1e

館内は動く歩道になっており、メイン水槽が大きなトンネルになっていてゆっくり海中散歩を楽しめます。

Poaye6ra4r2md2hcs1uv

頭の上を巨大なサメが通ると迫力満点!!

U9fzf61uuagryuteph1h

水族館の海中散歩を楽しんだ後には綺麗なボートハーバーでデートも楽しめますね☆

●住所:91 Southside Dr, Hillarys WA 6025

●行き方:パース地下駅からJoondalup線Butler行きStarling駅下車、

423番バスWarwick行き約30分、下車後徒歩約10分

●営業時間:10時– 17時の毎日営業(クリスマスデーは休館)

●入場料:大人$30、子供$18(15歳まで)、 3歳以下は無料

ファミリーパック(大人2人、子供2人)$79

●ウェブサイト:https://www.aqwa.com.au/(英語)

いよいよここからは車でしか行けないエリアとなります。

おおよその距離と所要時間を記載していますが、くれぐれも無理な運転を控え休憩を挟みながら安全運転に努めてください!

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcTulLVYZwqmIAhEMRPr-wQ4rQkFuX5-eGbUoAYk8uBK9X03wQrh

パース郊外のフリーウェイの制限速度は大体110km/hと、かなりのスピードで飛ばすことになります。

途中カンガルーがいきなり飛び出してくることがあるのでなるべく早朝、夕方、夜間の運転を避け、日中に行かれることをおすすめします。

私も一度カンガルーにぶつかったことがあります…命に別状もなくカンガルーは逃げていきましたが…。

Ofnfeylr14apav2dzmbe

パースから海沿いを北上し、ランセリンという町に突如現れる真っ白の砂丘。

知る人ぞ知る観光地、インスタ映えスポット、そしてたくさんの観光客が砂丘滑りを楽しんでいます。

Hwtrjdrj8ydzkruuhxyu

ピナクルスヘの中継地点として、いい休憩スポットになること間違いなし。

砂丘の上からの見晴らしも抜群です!

●住所:Beacon Rd, Lancelin WA 6044

●行き方:パースから北へ車で約1時間半(128km)

●ウェブサイト:https://www.lancelin.com.au(英語)

Tkvu0fbvbx1ocegcgocy

パースに旅行に来られる方が必ず名を挙げる場所の一つがピナクルス。

「荒野の墓標」と例えられるこの不思議な石群。

太古の昔、原生林が砂によって風化され、石灰分だけ残ってこのような形になったんだとか。

大自然の神秘を目の当たりにすることでしょう。

●住所 : Pinnacles Dr, Cervantes WA 6511

●行き方:パースから北へ車で約2時間半 (191km)

●営業時間:7時15分–17時30分まで毎日営業

●入場料:車一台につき$13

●ウェブサイト:http://www.visitpinnaclescountry.com.au/(英語)

Mykyul1szcvvoat0qd8t

マーガレットリバーへの中継地点としてよく立ち寄られるバッセルトンという町。

元々は木材を運ぶために造られていたこの長ーーーい桟橋がここの1番有名なインスタ&観光スポット。

あの「千と千尋の神隠し」のモデルになったと噂されています。

Mnhala0znowlfv7ynvid

桟橋を歩いていたら浅瀬にエイを発見しました!

エイは尾に毒を持つからちょっと怖い(笑)

●住所 : 3L Queen St, Busselton WA 6280

●行き方:パースから南へ車で約3時間 (224km)

●営業時間:9時–17時までクリスマスを除く毎日営業

●入場料:17歳以上$4

●ウェブサイト:https://www.busseltonjetty.com.au/(英語)

引用: https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn%3AANd9GcRmgeXwglEvCq6ZqBy1SAs_lhdlwGs4ujZTOvCYD6ADzHz0NHBY

北にはスワンバレー、南はマーガレットリバーと、パース周辺にはワイナリーがたくさんひしめき合っています。

マーガレットリバーはインド洋に近い町のため、海でマリンスポーツ、洞窟探検など、スワンバレーとはまた違ったアトラクションが数多く楽しめます。

●行き方:パースから南へ車で約3時間半 (270km)

Cw0swjeggqs8ljy27k8q

オーストラリア・パースへ旅行に来られる方の行きたい観光スポットベスト3には必ず入るような観光地といえばウェーブロック。

オーストラリア南東部にあるHydenという町を見下ろすように佇んでいます。

まるで大きな波が迫って来るような迫力満点のこの岩はインスタスポットとしても大人気です。

●住所 : Wave Rock Rd, Hyden WA 6359

●行き方:パースから南東へ車で約5時間 (336km)

●入場料:車一台につき$10

●ウェブサイト: http://waverock.com.au/(英語)

以上に挙げたスポットはパース市内からエリア毎にわかりやすく並べてみました。

有名な観光地の中には車で4時間以上走らなければならない場所もあり、西オーストラリア州の広大さを感じると思います。

旅行計画の際はぜひ無理のないよう楽しめるスケジュールを立てて下さい。

私としてもそのお手伝いが出来るよう、コラムを通じて紹介をしていけたらと思います。

以上にご紹介した観光スポットですが、個人でご旅行されることを想定に所要時間などを記載いたしましたが、ガイドさん付きのツアーに行きたい!!という方ももちろんいらっしゃるかと思います。

安心の大手旅行社等、現地オプショナルツアーを催行していらっしゃる会社もたくさんありますので一部掲載しておきます。

いかがでしたでしょうか?

この素晴らしく美しい街パースを、夏休みや年末年始の旅行先の候補に挙げてみて下さい!

筆者のブログはこちら!

この記事が気に入った方は、他のオーストラリアの記事もチェックしてみてください!