Lx7ii3lfwwu5p5es3pk5

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ベトナムのおすすめビーチ・リゾート5選!ベストシーズンやアクセス・観光スポットを紹介!

2019.08.08

バイクや市場などの東南アジア独特の風景で有名なベトナムですが、実は多くのビーチがあることをご存知でしょうか?日本人にはあまり知られていない穴場ビーチのベストシーズンやアクセス、おすすめ観光スポットをご紹介していきたいと思います!

この記事に登場する専門家

Sa8fj0zcku4dy9kxgg3t

ホーチミン在住ライター

nico

国内外を転々とする転勤族の妻。現在はベトナムのホーチミンに在住、ライター業などを行いながらいろんな国の方々とお仕事させて頂いています。旅行好きで、これまで8か国旅行しました。経験に基づいた、「interesting」な記事を執筆していきます。

  1. ベトナムおすすめのビーチをご紹介!
  2. ①ベトナムのビーチといえば【ダナン】
  3. ②ベトナム人もおすすめするビーチ【ニャチャン】
  4. ③ビーチだけじゃない!ベトナムの湾港都市【ファンティエット】
  5. ④ホーチミンからも行きやすいビーチ【ブンタウ】
  6. ⑤ビーチで静かな時間を。ベトナムの離島【フーコック】
  7. 実はたくさんあるベトナムビーチを満喫しよう!

こんにちは!ホーチミン在住ライターのnicoです!

近年ベトナムには多くの観光客が訪れており、日本人観光客も増えています。

一方で、実はベトナムにも多くのビーチがあるということはまだあまり知られていません。

今回は、そんな穴場ともいえるベトナムのビーチについて詳しくご紹介していきたいと思います!

ゆっくりと休暇を過ごしたい方にはピッタリですので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ダナンマップ

ベトナム中部に位置するダナンは国際空港を擁し、各国からの直行便があることなどから、近年海外旅行客から人気が高まっているビーチです。

ホイアンやフエといった世界的遺産にも車で行ける距離にあるので、観光とビーチの両方を楽しむことができます。

ベストシーズン

ダナンがあるベトナム中部は3~8月が乾季で、中でも気温が高くなる5~8月がベストシーズンであると言えます。

9~12月は雨期に当たり、雨が多くなりますのでビーチは避けた方が良いでしょう。

アクセス

ダナンへは日本から直行便で行くことができます。

成田空港と関西国際空港からの直行便で約6時間でダナンに行くことが可能です。

おすすめの過ごし方

ゴールデンブリッジ

ダナンはベトナムの世界遺産に挟まれた珍しいビーチです。

車で約1時間ほど南に行くと古都「ホイアン」が、北に2時間ほどの場所には古都「フエ」が位置しています。

せっかくダナンに来るなら、何日か古都巡りに充てるのも良いでしょう。

そこまで移動したくない方には、ダナンのテーマパーク「バーナーヒルズ」がおすすめ。

2018年に完成した新スポット「ゴールデンブリッジ」の「神の手」は日本では見ることができないような橋で、SNS映えも抜群です。

敷地は広く、他にも様々なトラクションがありますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

参考リンク:まるでCG!?ダナン「バーナーヒルズ」に現れた巨大な手

ニャチャンマップ

ホーチミンとダナンの間にあるニャチャンは、ベトナム人も「行った方が良い!」とおすすめするビーチです。

ビーチ沿いには多くのレストランやバーなども立ち並び、退屈することなく過ごせるでしょう。

ベストシーズン

ニャチャンは3~8月が乾季ですが、ビーチで過ごすなら平均最高気温が30℃を超える5~8月がおすすめです。

雨期である9~2月には台風が来ることもあります。

私は年末年始をニャチャンで過ごしたことがありますが、台風1号が接近中で強風と雨に見舞われてしまいました...。

ニャチャンの美しいビーチを楽しむためにも、ぜひベストシーズンに行かれてくださいね!

アクセス

ニャチャンには「カムラン空港」がありますが、残念ながら2019年8月現在日本からの直行便はありません

ホーチミンやハノイなどベトナム国内で乗り換えるか、仁川(インチョン)などで乗り換えて行く方法があります。


カムラン空港から市内までは30kmほど離れており、車で約50分ほど移動しなければなりません。

空港からはシャトルバスが出ており、約5万ドン(250円)で市内へ行くことができます。

バスは不安という方は割高にはなりますがタクシーで移動しましょう。

値段は30万ドン(1500円)前後が相場です。

ぼったくりタクシーもいますので、VinasunMailinなど、メーター付きの安全なタクシーのみを使ってくださいね。

不安な方はGrabというタクシー配車アプリを利用してみるのがおすすめですよ。

参考リンク:【2019】ニャチャン空港(カムラン空港)から市内まで最も安く移動する方法まとめ【往復】

おすすめの過ごし方

ヴィンパールランドジェットコースター

ビーチ沿いにもたくさんお店があるニャチャンでは、ビーチで遊ぶだけでも十分楽しめますが、ビーチ以外にも楽しみたいという方は、ニャチャンのテーマパーク「ヴィンパールランド(Vinperal Land)」がおすすめです。

ニャチャンにある小さな離島に広がるテーマパークで、ジェットコースターなど本格的なアトラクションを楽しむことができます。

遊園地以外にも水族館や植物園などもあり、丸一日時間を潰すことができますよ!


もう少しゆっくり過ごしたいという場合は、泥風呂で過ごしてみてはいかがでしょうか?

ニャチャンにはいくつか泥風呂の施設があり、肌がすべすべになると評判です。

私が行ったアイリゾート(I-Resort)は個室もあり、疲れを癒すのにぴったりの場所でした。

別途ブログも執筆していますので、詳しく知りたい方はこちらをご覧ください!

参考リンク:ニャチャンのテーマパーク「Vinpearl Land(ヴィンパールランド)」は大晦日も営業中。

雨のニャチャンはアイリゾート(I-Resort)で泥風呂!貸し切り部屋が最高すぎた。

ファンティエットマップ

ベトナム南部にあるファンティエットは漁業などで栄えた湾港都市。

ファンティエットの中にあるムイネーのビーチはサーファーにも人気です。

見どころが多いファンティエットなら、近距離間でビーチ以外の観光も堪能できますよ!

ベストシーズン

ファンティエットの乾季はホーチミンより少し遅い12~5月になります。

特に2~4月は雨が少なく、ビーチには最適なシーズンであると言えそうです。

年中を通して暖かく、雨期である6~1月でも長雨になることは少ないようなので、時間帯さえ気を付ければ雨期でもビーチを楽しめるかもしれません。

アクセス

ファンティエットには空港が無いので、周辺の都市から電車バスで向かいましょう。

ホーチミンやニャチャンからは電車で3-4時間ほどで行くことができます。

私がホーチミンから電車で向かった際は4時間ほどかかりました。

バスで行くことも可能ですので、詳細に説明している下記のサイトなどをぜひ参考にしてみてくださいね!

参考リンク:【魅惑の街】ファンティエットの観光情報&行き方:必見スポット3選!「行って良かった」

おすすめの過ごし方

ホワイトサデューン

ファンティエットのビーチといえばムイネーが有名。

ベトナムを訪れるサーファーにも人気のビーチで、サーフィン以外にも様々なマリンスポーツを楽しむことができます。

ビーチ以外の観光もしたいという方には、乾燥したファンティエットならではの砂丘巡りがおすすめです。

真っ白な砂が広がる「ホワイトサデューン」では、ジープなどに乗って猛スピードで砂丘下りが楽しめます。

黄砂の「イエローサデューン」ではソリ滑りができますよ!

養成の渓流と称される「スイティエン」で、川を裸足で散策するのもファンティエットならでは。

ビーチだけではなく、いろんなアクティビティを楽しんでみてくださいね!

参考リンク:ムイネーの5つの楽しみ方

ブンタウマップ

ベトナム南部にあるブンタウはホーチミンからほど近く、ホーチミンから日帰りで訪れることができるビーチです。

ホーチミン観光の合間に予定を組むことも十分可能なので、ぜひチェックしてみてくださいね!

ベストシーズン

ホーチミンにほど近いベトナム南部にあるブンタウは、11~5 月が乾季になります。

中でも湿気の少ない11~3月がベストシーズンです。

4-5月は1番気温が高くなりますので、熱中症にも十分気を付けながらビーチを楽しみましょう。

アクセス

ブンタウには駅や空港がありません。

基本的には車が船での移動となり、ホーチミンからはバスボートが就航しています。

バスは片道10万VND(500円)ほどで1時間半~2時間ほどで行けますが、ボートは片道20万VND(1000円)で3時間弱かかるようです。

詳しくはぜひ以下のサイトを参照してみてくださいね!

参考リンク:【2019年度版】ホーチミンからブンタウへの行き方まとめ

おすすめの過ごし方

ブンタウはあまり観光地がないので、基本的には日帰りでビーチを楽しむのがおすすめです。

ビーチ周辺には屋台なども多くあり、ベトナムのローカルフードも楽しめますよ!

中でも、「ベトナムのたこ焼き」とも称される「バインコット(Banh Khot)」は日本人にも食べやすくおすすめです。

米粉を溶いた生地にエビなどを乗せてカラッと揚げたバインコットは、そのままで食べても野菜で巻いて食べても絶品。

ブンタウ名物のバインコット、ぜひ試してみてくださいね!

フーコックマップ

フーコック島はベトナムの南西にある離島で、近年急速に人気が高まっているビーチです。

ダナンなどに比べてまだそこまで観光地化が進んでいない上、海の透明度が非常に高く、美しいビーチを眺めながらゆったりとした時間を過ごすことができます。

ベストシーズン

フーコックビーチ

フーコックの乾季は11~4月

中でも12~3月はカラッとしていて気持ちの良い日が続くので、ビーチを楽しむならベストシーズンです。

5~10月は雨が多く波も高くなっていますので、避けた方が無難でしょう。

アクセス

フーコックへのアクセスは主に飛行機になります。

日本からの直行便はありませんので、ベトナムのハノイやホーチミンを経由して行く人が多いです。

もしくはソウルやバンコク、シェムリアップなどからも飛行機が出ていますので、そちらを経由することもできます。

他に船で行く手もありますが、船が出ている街までホーチミンから5時間以上かかるということもあり、船を使う人はほとんどいないようです。

飛行機であればホーチミンから1時間ハノイから2時間ほどで着いてしまいますので、飛行機で行くのがおすすめですよ。

おすすめの過ごし方

フーコックの海は透明度が高いので、シュノーケリングやダイビングも人気です。

ツアーに参加すると最適なスポットに連れて行ってもらうことができますので、ホテルやインターネットで申し込んでみましょう。

そんなにお店は多くないので、基本的にビーチでドリンクや読書などを楽しみながらゆったりと過ごすのがおすすめです。

ビーチ以外のことも楽しみたい方は、水族館やウォーターパークを併設する遊園地「ヴィンパールリゾート」に行ってみましょう。

同施設の宿泊客は入園料も無料になるそうなので、必見ですよ!

参考リンク:ベトナムの知られざる楽園! ヴィンパール フーコック リゾート

いかがでしたでしょうか?

ベトナムのビーチはまだ日本ではあまり知られていないので穴場です!

しかも値段も手頃で、ビーチ沿いのホテルでも安いことが多いので、オーシャンビューのお部屋にも泊まれちゃいますよ!

各ビーチの乾季の時期に合わせて、ぜひベトナムの海を楽しみに来てみてくださいね!

筆者のブログ(SNS)はこちら!