Ffcuhx8oetntlpi9hrq1

韓国

CATEGORY | 韓国

【福岡⇔韓国釜山旅行】福岡と釜山をつなぐ超快適なビートルを経験者が徹底解説!

2019.07.30

もしみなさんが福岡に近い場所にお住まいなら、【ビートル】に乗って韓国の南に位置する釜山に行ってみませんか?移動時間も短い、料金も安く、快適な乗り心地。本記事ではたくさんのメリットがあるビートルの詳細情報やおすすめする点、乗り方まで徹底的にご紹介します!

この記事に登場する専門家

Usuvblmynn8arbwsgdee

スウェーデン在住ライター

Maddy

西洋史とマヤ文明を学んだ大学時代を経て、バックパックと共に旅をした国は30カ国以上!現在はスウェーデン在住、たまにバンコク。歴史オタクと現地在住の知識を活用し、活きた旅情報をお伝えします!

  1. 福岡から韓国釜山の旅!ビートルってなに?
  2. ビートルの魅力【福岡⇔韓国釜山】
  3. ビートルの料金【福岡から韓国釜山へ】
  4. ビートルの予約をしてみる【福岡➡韓国釜山】
  5. ビートルに持ち込める荷物について【福岡➡韓国釜山】
  6. 福岡からビートルで釜山へ①博多港国際ターミナルに向かう
  7. 福岡からビートルで釜山へ②チェックイン
  8. 福岡からビートルで釜山へ③出国手続き
  9. ビートルの船内
  10. 釜山からビートルで福岡へ①釜山港国際旅客ターミナルに向かう
  11. 釜山からビートルで福岡へ②チェックインと出国手続き
  12. ビートルに乗って福岡から釜山に行った感想
  13. そうだ、釜山に行こう
釜山の市場

こんにちは!ヨーロッパを含む30カ国以上をバックパックとともに旅をした経験のあるMaddyです。今年の5月にはじめてビートルを利用して釜山へ行き、ビートルってこんなに使い勝手がいいのか!と驚きました。今回の記事では福岡と釜山を結ぶ【ビートル(BEETLE)】について徹底解説と乗った感想をお伝えします!

※本記事の情報は全て2019年7月現在の情報です。

ビートル(BEETLE)が動く原理

ビートル 動く

まずはビートルの基本情報です。一般の船とビートルは一体何が大きく違うのか。一般の船はスクリューを利用して海を進むのですが、なんとビートルは水中を浮上しながら進むのです!JR九州高速船株式会社のホームページにはさらに詳しく説明がありますが、簡単に【ビートルは海の上から少し浮いて移動している】と考えください。

乗り心地は?

上記で説明した通り、海面から浮いて移動するのでまず揺れが少ないです。飛行機ですら乗り物酔いをすぐしてしまう筆者ですがビートルは平気でした。


JR九州高速船株式会社は就航率は97%であると発表していますので欠航になることも少ないようです。そして船内の快適さ!シートピッチが広く、シートの質もとても良いので飛行機に比べて長い乗船時間のあるビートルですが快適に過ごせます。

乗船時間は長いがそれ以外がかなりスムーズ

飛行機に乗るよりもスムーズに乗船できるのがビートルのメリットだと思います。乗船時間は3時間5分です。飛行機の方が移動時間が短いと感じるかもしれませんが、空港に2時間前に到着し、チェックイン、荷物を預ける、セキュリティチェック、出国審査・・・と考えるとビートル利用を利用する場合とあまり差がありません。また、空港は他の場所へ行く多くの旅行者で混雑するのに対し、博多港にはビートルのチェックインがあるときはビートル利用者のみがいますので空港に比べてターミナル内が混まないのも特徴です。

ビートルの通常運賃

JR九州高速船株式会社のホームページから予約ができます。電話やFAXでの予約も可能のようです!福岡〜釜山の通常料金は上記の設定ですが実は空席の数によって金額が変動する【うみ旅】というWEB限定運賃があり、変更不可という条件付きですが、一番安い運賃は片道なんと4900円となります!グリーン席も用意してあり、3000円追加で支払うとより快適なシートで、かつ様々な特典を受けられるのが特徴です。


ちなみに全ての運賃には燃油特別付加運賃とターミナル使用料、国際観光旅客税が含まれていませんので別途こちらは港でのチェックイン時に支払うことになります。

料金についての詳細・ウェブページ一覧

パスポート 予約

予約をする際に準備するものは以下の通りです。

・名前(パスポートと同じ表記) ・国籍 ・性別 ・パスポート番号 ・生年月日(西暦)

・電話番号

インターネットから予約をする場合はさらにメールアドレスとクレジットカードが必要となります。クレジットカードは必ず予約する人、もしくは乗船者本人の名義のものが必要となりますので注意が必要です!

予約は以下の方法で!

・インターネットでの予約はこちらから

・電話での予約は【ビートル予約センター】へ (TEL 092-281-2315) 年中無休 9時〜18時まで

・耳や言葉が不自由な方のためのFAXでの受け付けはこちらから(FAX 092-272-5219) 年中無休 9時〜18時まで

手荷物は一人2つまで持ち込めます。手荷物の大きさは3辺の和が158cm以下で、手荷物は総重量20kg以内にまとめる必要があります。リュックサックは手荷物扱いになります!また、3つ目の手荷物は有料で、1000円(釜山から乗船する場合は10000ウォン、約920円)かかります。お土産の袋も手荷物として数えられますので注意が必要です。詳しくはこちらをご確認ください。

博多港国際ターミナルの外観

まずは博多港国際ターミナルへ向かいます。博多駅から【中央埠頭】行のバスに乗って、博多港国際ターミナル停留所で下車、25分ほどかかります。また車で来る場合はターミナルの目の前、または周辺に駐車場があります。ゴールデンウィーク時に車で行きましたが十分駐車スペースがありましたのでご安心ください

ターミナルに着いたら入り口の横にある販売機で【ターミナル利用券】を購入しておきましょう。乗船時に必要となるのでお忘れなく!

博多港国際ターミナルの詳細情報

住所: 福岡県福岡市博多区沖浜町14-1

ウェブサイト: http://www.hakataport.com/

予約するときに座席指定はできず、チェックインの際に座席指定をします。なので座席指定をしたい場合は早めにチェックインをする必要があります。チェックイン開始は出航時刻の90〜60分前から。乗船券をすでに購入している人はカウンターで予約情報を伝え、乗船券を受け取り、燃油特別付加運賃とターミナル使用料、国際観光旅客税を支払います。電話などで予約した場合はこれに加え乗船券代を支払います。

手荷物は自分で船内に持ち込むので預ける必要がなく、また手荷物検査もありません

博多港国際ターミナルの様子

出国手続きは出航時間の60〜45分前から始まります。パスポート、乗船券、ターミナル使用券、外国籍の方は在留カードとともに出国手続きをします。出国審査を抜けると待合室と免税店がありますので乗船までゆっくりできます。

ビートルの座席表

座席表はこのようになっており、1階にはグリーン席エリアと3-6-3(一部3-4-3)、2階席は2-4-2(一部2-5-2)の並びとなっています。座席のシートが柔らかく、シートピッチも広くとても座りやすい!一般席でも高級感があります。

ビートルの船内

席にはUSBポートがあり充電ができ、そして船内には無料Wi-Fiも飛んでいます!荷物を置く場所は十分あるので荷物を置けない、ということはありませんのでご安心を!韓国に入国する際【入国申告書】【旅行者携帯品申告書】が必要となります、船内でもらえますのでボールペンを持参しましょう。

博多港でのお見送り

いよいよ出航です。グランドスタッフの皆さんが手を振ってお見送りしてくれます。船内では波が高い、もしくは海洋生物の出現率が高いエリアを通るときはシートベルトの着用が義務付けられていますが、それ以外はトイレ休憩したり体をストレッチするために船内を少し歩くことが可能です。

釜山港国際旅客ターミナルの外観

釜山駅からシャトルバスが30分間隔で運行していて、料金は1200ウォン(約110円)。歩いても10分程度です。南浦洞エリアからはタクシーで10分程度、4000ウォン(約370円)で、とても交通の便が良いです。

釜山港国際旅客ターミナルの詳細情報

住所: 釜山広域市(プサンクァンヨッシ) 東区(トング) 忠壮大路(チュンヂャンデロ) 206 (부산광역시 동구 충장대로 206)

ウェブサイト: https://www.busanpa.com/jap/Main.do

3階にビートルカウンターがあります、チェックイン開始は出航時刻の90〜60分前から。釜山港でのチェックインも福岡での方法と同じです。また出国手続きは出航時刻の60分前からはじまります。こちらはパスポートと乗船券を持って手続きをします、スタッフの皆さんは日本語で対応していましたので安心ですね。

日本に入国する際【旅行者携帯品申告書】が必要となりますので入国前に記入しておくとスムーズです。

韓国の港 お見送り
ビートルは快適

今年2019年の5月、ゴールデンウィーク真っ只中に実際に乗ってきました。ビートル内は往復ともに満席でしたが、チェックインや出入国手続きなどで混雑することもなく、全てスムーズでした。ビートルスタッフのみなさんはとても丁寧に対応してくださり、特に釜山側のスタッフ・入国管理官のみなさんは日本語で接客されていました!日本語以外話せないから海外旅行に踏み出せない、という方も安心してビートルの利用ができますね。

釜山の街並み

最後まで読んでいただきありがとうございます。ビートルは予約も簡単ですし、合計の移動時間、乗り心地の快適さ、料金、言語で不自由をしない、などが大変魅力的です。出発地は福岡のみと限定的ではありますが、福岡近隣にお住いのみなさんはぜひとも一度ビートルを利用して釜山旅行に行ってみてください!


この記事が気に入った方は、他の韓国の記事もチェックしてみてみてください!