Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Categoryアメリカ

観光もホテルライフも!ラスベガスを満喫するための季節別・シーン別服装 徹底解説!

ラスベガスの楽しみ方は千差万別。24時間眠らない街は、あらゆる欲望を満たすようにできている。カジノもクラブも、大自然も。砂漠の中の非日常、ラスベガスで心地よくカッコよく楽しむための服装、知っててよかった情報をお届けします。

この記事に登場する専門家

haruru21のサムネイル画像

プロギャンブラー兼プロ料理人

haruru21

十余年前、子連れでラスベガスへ留学、その後移住。カジノと美味しいご飯が好物です。

24時間眠らない街。ラスベガスでのお楽しみは?

ベラージオの月代わりお花畑

ラスベガス旅行にあたり、まず現地で何をするか?それによってワードロープが全く変わってきます。なんてったって24時間眠らない街。誘惑がたくさんです。

ホテル内でカジノやショーを楽しむのか、グランドキャニオンなどの自然に親しむのか、はたまたゴルフ三昧、それともアウトレットやショッピングモール巡りをするのか。自分も寝てる暇がないほど、お楽しみ盛りだくさん。さあラスベガスへ出発しましょう!

まずはラスベガスの気候を知る

ラスベガスの月別気温と降水量

まずは気候。ラスベガスは北半球にあるので四季は日本と同じです。砂漠なので雨はほとんど降りません。昼夜の気温差が大きく、夏は40度超の暑さになります。私は日本から晴雨兼用傘を持ってきましたが、使ったことはないです。観光やら山登りやらは帽子かぶりますし、街中もほとんど歩かないので、出る幕なし。たまに街中で見かけますが、みんな(たぶん)日本人。

ラスベガスの夏は未体験ゾーン

夏のアウトドア

6月から8月は超夏。この時期のラスベガスの暑さは日本では経験できません。40度超えの日も珍しくなく、湿度が低いせいもあって、日差しが強い、と言うよりは痛く感じます。ペットボトルの水は常に持ち歩き。汗は体を流れることなくそのまま蒸発。それでもベトベトの日本の気温32度湿度80%よりカラカラのラスベガスの気温40度湿度20%の方が不快度、大幅に低いです。

春秋は爽やか〜

基本、ホテル以外では、日本の夏の服装と同じでいけます。外では日差しを避けるために、うすーい長袖シャツが重宝します。そしてホテル内では、防寒対策が必要です。アメリカ人観光客もびっくりのラスベガスホテルの寒さ。カジノが寒すぎてホテル名入トレーナーを買って着込んでいる人も少なくありません。夏のホテル内は20度前後です。カーディガンやジャケットは必須、靴下もないと寒いです。ミニスカートやワンピースだと、寒すぎて何も楽しめない状態になることも。夏のホテルの寒さには要注意です。

秋・冬は日本と同じ服装で

2月の梅

3〜5月、9・10月は暑くもなく寒くもなく過ごしやすい時期ですね。日本の初夏のような気候です。半袖で過ごせる日も多いです。もちろん、日によって突然寒〜くなったりすることもあります。


11月〜2月、東京の冬みたいな気候です。2月には梅が咲きます。日本の服装そのままで問題ありません。ただ、東京よりも乾燥がひどいので、静電気が起きたり、肌がカユカユになったりします。朝方氷点下になることはありますが、日中は気温が上がります。街中では厚手のコートなどは必要ないと思われます。


四季を通じてラスベガスで必要なのは羽織りもの。砂漠の一日の寒暖差とホテルの寒さ対策のマストです。

ラスベガス周辺・観光の服装は?

8月のグランドキャニオン

アウトドアでも近場であれば街中と同じ服装で構いません。夏は紫外線対策。サングラスもあったほうがいいですね。いきなり寒いと困るので、腰巻カーディガン。

夏でも腰巻カーディガン

春・秋はベストシーズン。特に3〜4月、10〜11月頃が最高気温20度台の日が多く過ごしやすいです。ただし、季節ハズレな寒い日や暑い日がかなりあるので、外出前の天気予報チェックは忘れずに。

1月のグランドキャニオン

冬は防寒。乾燥していてビュービューと風が吹くので、見かけの気温より体感温度が低いこともあります。街中で必要のないダウンも、行く場所によってはアリ。そして自然を楽しむには、帽子と履きなれた運動靴が必須。レンタカーの場合は車に積んでおきましょう

ラスベガス・ゴルフの服装は?

ラスベガスのゴルフ場

また、ラスベガスは知る人ぞ知るゴルフ天国。一年を通して楽しめます。夏、特に6−8月は早朝のプレーがお勧め。夜明けとともにティーアップし、午前中にラウンド終了。

日の出の時間が一番涼しいのですが、それでも暑い。基本、2人乗りカートでセルフで回るので、直射日光は打つ時だけ。ですが日焼け止めはホールごとに上塗りします。

夏のゴルフはサングラス、短パン

男の人はショートパンツがほとんど。ひんやりアームカバーとか、ひんやりUVカット帽子とか、スペシャルグッズは、ここで大活躍しそうです。

午後2−4時頃のラウンドは激安ですが、「サウナ内ゴルフ+直射日光のおまけ付き」な体感です。水分を十分補給してくださいね。

10月のゴルフ。女子は長袖で日焼け対策

3〜5月、9・10月はベストシーズン。半袖、短パンで楽しめます。でもここは砂漠。極端に寒い日やら暑い日もあるので、温度チェックしてくださいね。ラスベガスはあまり雨が降りません。そして雨が降る時は雷を伴なうことも多いので、雨のゴルフはほとんどないでしょう。

冬はウインドブレーカー

11月〜2月、特に年末年始頃は寒いです。グリーンが凍っていることもあります。からっ風が吹くことが多いので、セーターの上にウィンドブレーカーとか、薄いダウンベストを着るとか、風を遮る格好がお勧めです。さらに耳と手の甲も防寒できれば理想的。日中気温が上がることもあるので、薄いものを重ねて、脱ぎ着しやすくしておくと冬の砂漠ゴルフは完璧です。

ラスベガスホテル内での服装は?

プールは宿泊客専用

シーザーズパレス、独立記念日のプール

ラスベガスのメジャーなホテルには、大きなプールがあります。リゾート感たっぷりです。時差ぼけ解消、お昼寝にもぴったり。基本ホテルの宿泊客しか入場できません。せっかくですから楽しみましょう。「私何年も水着なんて着てない」「お腹出てるし」なんて言い訳は、プールエリアに入った途端、吹き飛びます。日本にはないサイズの水着姿の方もたくさんいらっしゃいます。

ホテルのプール。じっとしてる人多し。

ホテル内の移動

ここで活躍するのが、一枚ペラっと着るようなカジュアルワンピ、またはパジャマと兼用できるような長Tシャツ。ホテルが大きくて、プールまでの距離が結構あるので、水着で出かけるわけにもいかず、そして濡れちゃったら、帰りの歩きは冷房で冷えるので、上に何か着てください。男の人は上Tシャツ・下水着(トランクスタイプ。ビキニは???)で大丈夫です。水着は露出とかサイズとかの問題が心配な方は、日本から持って行った方が安全です。ビーチサンダル・日焼け止めも忘れずに。

スパやジムなどへの移動も、同様に楽ワンピがお勧め。部屋で着替えてちょっと上に一枚着て出かける。ホテルライフならではです。

元ラスベガス駐在妻が教える!定番から穴場までラスベガス観光おすすめスポット11選!のサムネイル

元ラスベガス駐在妻が教える!定番から穴場までラスベガス観光おすすめスポット11選!

アメリカきっての一大観光リゾート、ラスベガス。 芸能人も多く訪れるこの場所で、最高の思い出を作るために、ラスベガスに駐在していた筆者が、ラスベガスのおすすめ観光スポットを定番から穴場までたっぷり紹介しちゃいます!!!

trip-partner.jp

ラスベガスの名物ショー・高級レストランを楽しむ服装は?

おしゃれしてトクしよう!

シーザーズ、ノブの店内

ラスベガスのホテルには、素敵なレストランがたくさん。ショーもやってます。ナイトクラブもしのぎを削ってます。ドレスアップのチャンスがいっぱい、おしゃれして出かけましょう。

ドレスコードがない限り、どんな服装でも断られませんが、実際ホテル側が人を判断するのは、まず見かけ。おしゃれしている方がいい席に通してもらえることもあります。

アメリカ人はカジュアルな人が多い

日本食屋さんのバー。アメリカ人は軽装

現実的には、アメリカ人もみんなが服装に気を使っているわけではありません。高級レストランだってポロシャツ・チノみたいな人は多いし、ちょっといいレストラン程度だと、Tシャツ短パンも見かけます。

ショー会場は寒い!

コロシアムのボックスオフィス

ショーは防寒、大切です。1時間半前後中にいるので、じんわり冷えます。座ってから靴下履くとか、膝掛けするとか、暖かくしないと楽しめません。トイレに立ってしまうと、区切りのいいところまで中に入れてもらえないショーもあります。気をつけて。

ラスベガスで有名DJに会いに行く〜ナイトクラブを楽しむ服装は?

シーザーズ内オムニア

ラスベガスの大きなホテルにはナイトクラブがあり、カルバン・ハリスやスティーブ・アオキをはじめ有名なDJがこの街をメインに活躍しています。ドレスコードがあるので、事前のチェックが必要。男の人は、襟付きシャツに長ズボン、革靴。女の人はドレスにヒール。ここでは寒いなんて言ってられません。

おしゃれ度は事前にチェック

オムニアに並ぶ列。土曜日オープン2時間前

ナイトクラブは入り口に入場者の列ができるので、まわりがどんなか、下見もできます。カッコつけの程度はそれ見て判断するのがいいかも。列に並ぶ時には防寒要です。もちろん21歳未満入場禁止です。IDチェックされます。見かけ40歳でもチェックされますので、パスポートを忘れずに。

おしゃれなバーもたくさん

シーザーズのバーの入り口

ナイトクラブまでは大げさではなく、普通におしゃれなバーもたくさんあります。

こっちはそんなに待ちません。気軽に楽しみましょう!

お助けアイテム〜軽い・小さい・でもラスベガスで大活躍なアイテムたち

旅に出る前に日本で準備、ちょっとしたお助けグッズをいくつかご紹介しましょう。


まず、腹巻。今風に言うとボディーウォーマーですね。これ、バカにできません。Tシャツの下、スカスカするんですよ。ホテルの中では気がつくと体が冷たくなっています。小さな一枚で服一枚分助かります。

スパッツ。見かけは涼しく。でも中はババシャツやらスパッツやら。スカートの中はスパッツ(または毛糸のパンツ)で保護。

スカーフ。ホント、ラスベガスは寒いんです。どれだけ強調してもし過ぎじゃない。首もお腹もお尻も、暖められるところは小物で守れ、です。

うすーいシャツ。冬以外の重宝アイテム。夏は半袖より快適。外では日差しを避けられるし、屋内では冷房の直撃を防ぐ。ちょっとおしゃれなシャツがあれば、大活躍間違いなしです。

雨風対策。ウィンドブレーカー腰に巻く

小さくなるウィンドブレーカー、またはコンビニとか100均で売ってるポンチョ。雨がザーザーってことはめったにないけど、パラパラはある。傘さすほどでもないし、手がふさがるのイヤ、ってときに使います。防寒にもなる。軽いし、安いし。

洗濯洗剤と物干しヒモ。ラスベガス、ホテルのお部屋乾燥してます。夏より冬の方が暖房でひどいかも。せっかくだから洗濯しましょう。半日でたいがいのものは乾きます。ノドも守って一石二鳥。

かゆみ止め。乾燥で体が痒くなることも。ただでさえ時差ぼけなのに、痒くてねれなくなったら日中も楽しめません。万が一のために、軟膏一本のお守り。

シーザーズのチェックインカウンター

いざとなったら服装まるごと現地調達

フォーラムショップ

いろいろ楽しめるラスベガス。ショッピングモールやアウトレットも充実してるし、街中にドラックストアもあるので、時間があれば、ひととおり現地調達も可能です。キラキラも大自然も買い物も。満喫しましょう!

半袖オンリーは危険です。

お土産やさんもたくさんあるよ

ラスベガス、ご紹介したようにお楽しみが無尽蔵。お気に入りの服装で、心地よくカッコよく!

最後にもう一回。ホテルの寒さにはくれぐれもご注意くださいね。

ベラージオ、シャネルの前にフォトスポット♪