Nx4nasmpa0s6hhnybvvl

スペイン

CATEGORY | スペイン

スペインの王者!首都マドリードのオシャレなカフェ7選!ヘミングウェイ行きつけカフェも!

2019.08.20

無敵艦隊スペインの首都であり情熱の街マドリードは今回「観光時には絶対訪れるべきマストカフェ」についてを長期滞在者がご紹介! 住んだ人間だからこそ知る!せっかくのマドリード旅行は先ずココに行かなきゃ始まらない!

この記事に登場する専門家

Zsdrlrc2qggom9d5emd2

モデル・エディター・グラフィックデザイナー

ロン毛

フリーランスにてファッションエディター兼グラフィックデザイナーたまに現地ショップのモデルとして活動。ハンガリアンの友人とファッションブランド運営中など色々やってます。 仕事は全てInstagramとほかSNS経由から獲得。クライアントから友人まで全てハンガリー人ということもあり、 現地で育ってきた彼らだからこそ知る「観光雑誌には載らないホットなブダペスト」情報をみなさんにお届けできたら とおもっています。

  1. スペインの首都マドリードってこんな都市!
  2. まずは文化の理解!マドリードの気になるチップ文化は?
  3. ①まずは王道!マドリードの老舗有名カフェ【Café Gijón】
  4. ②マドリード人の拠り所!上品な雰囲気と綺麗なインテリアが魅力の【Café Manuela】
  5. ③マドリードでは珍しいブックカフェとして今注目を集める【La Libre】
  6. ④マドリード1の高級老舗カフェレストラン【Lhardy】
  7. ⑤伝統的なスペイン風カフェと郷土料理を楽しめる【Rustika】
  8. ⑥豪華な装飾がマドリードのハプスブルグ時代を色濃く残した美しいカフェ【Café de Oriente】
  9. ⑦1887年創業マドリード最古コーヒーショップカフェ【Café Comercial】
  10. マドリードの絶対に行くべきマストカフェ⑦選紹介 ー総括編ー
Atv1ls9cyxojeglvvliu

こんにちは!


ブダペスト拠点にヨーロッパ各地で色々と活動をしているロン毛ことマエダです。


今回は実際に仕事でもプライベートでも何度か長期滞在をしたことのあるマドリードのカフェ情報からおすすめ店についてご紹介をしていきたいと思います!

まずなんといってもスペインは首都マドリード!


有名なところで言えばサッカー大国スペインの世界トップのクラブ「レアル・マドリード」が本拠地と置く都市であり、観光地であればスペイン王家の彫刻から絵画コレクション数が9000満点以上を保管し展示している「プラド美術館」から、ヨーロッパ1最大規模であり豪華絢爛な王宮「マドリード王宮」にクラブレアル・マドリードの聖地「サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアム」など他にも数多くの有名観光スポットが点在している人気観光都市でもあります。

Lso4uhy2emvukenufjap
引用: https://www.instagram.com/p/B03R6mZn3Zh/

そんなこともあり、世界各国から観光目的で訪れる人々は年間どのシーズンにも関係なく多く市内は地元マドリード人から観光客で溢れかえり賑わっています。


そこで今回は、実際にマドリードに長期滞在をしたロン毛がおすすめする「実際に行ってみて分かった本当に行って欲しいマストカフェ」をこちらで一挙ご紹介をしていきたいと思います!


旅行雑誌なんかにも載らない新鮮な情報でありますので是非チェックされてマドリード旅行を楽しまれてください!

Qabsy8fdo26wtng81iji

スペインという国自体には実はチップ文化というものは確かに存在するもののそこまで重要視されるものではなく、他ヨーロッパ各国に比べても非常に店側も客側も慣用的に捉えている様に思えます。


というのも、もちろんチップを支払う人もいますが「必ずしも!」というものではなっていなく「上質なサービスを受けた」「何か店側に要求をしてサプライズイベントに協力してもらった」「席をいい場所へと変えてもらった」など、チップを支払うに値する対価を頂いた時にのみ支払うといったものであるので、アメリカの様に「支払わなければ人間じゃない」と言わんばかりの冷たい目線を受けることはありません。

カフェでのチップ事情

Wj5pc2qf3wz3mc1fepb7
引用: https://www.instagram.com/p/B0GR_3jD5N1/

マドリード市内のカフェでの場合は先ほどの内容と一緒で「普通以上のサービスを受けた場合にのみ気持ち程度の額をチップとして渡そう」という心持ちでいれば大丈夫でしょう。


なので決まった相場金額も定まってはいないため数ユーロを渡しておくといいかもしれません。


また基本的には地元のマドリード人もカフェで飲み物や軽食(タパスボカディージョ、サンドイッチなど)をとった際にはチップを残すことはあまりないと言われています。


したがって正直チップを払う必要はないのかな?と思います。


実際ロン毛もマドリード市内のカフェへと訪れた時にもチップは支払いませんでしたが、店員さんも嫌な顔一つせず普通に退店できたのでご安心を!


ただそれでもチップを残したい!という場合はお会計の際に渡してあげると喜ぶかと思います。

Xdq7jgkhdvwjkglru0j1

最初におすすめをしたいカフェはこちらの「Café Gijón」です!


Café Gijónはマドリード市内に点在するカフェの中でも最も歴史的文化遺産として現在も愛され続けられているにもカフェの1つです。

Gc4jzy6tccsinipplih9
引用: https://www.instagram.com/p/B0OAhFsC-xm/

1880年代に設立されたこちらはスペイン内戦で国民党が勝利した後、当時はフランシスコフランコの独裁政権の下で抑圧されていたアーティストや作家、知識人のための個別の待ち合わせ場所として機能し再開がはじまり、今でも当時の傷跡や痕跡というものが柱や館内にはいたるところに残っており時代の変化を肌で感じれる様にもなっています。


かのヘミングウェイが行きつけだったとのこと。


またCafé Gijónが位置する場所も中央パセオデレコテロスアベニューにあるスペイン国立図書館の向かいという恵まれたところにあり、観光客にとっても理想的な立ち寄り場所となっています。

Google mapはこちらから!

https://goo.gl/maps/zuRtVs9C1f6cMEM66

Dekqw1d6hh5gylwhgfic

続いてのご紹介をしたいおすすめカフェはこちらの「CaféManuela」は、先ほどご紹介したCafé Gijónと同様にマドリードの中心地区に位置する場所となっています。


またカフェの内観は上品なインテリアと見事な観葉植物に美術品が展示されている豪華なスペースとなっており心地よく時間を過ごせる環境となっています。

Wvpwvy1u0ax3j6c1vvyz
引用: https://www.instagram.com/p/BlhwG4Dn-ef/

他にもこちらのCafé Gijónではコーヒーやペストリーといった様々な軽食やタパスを提供しているほかボードゲームも設置されているのが印象的です。


時々ライブパフォーマンスイベントを行うことでも有名であり、常に日夜多くの人々で賑わう人気カフェ店の一つとみて間違いないでしょう!

M7npq6xb4axvjzhbgf8h

続いてご紹介するカフェがこちらの「La Libre」であります。


La Libreは今マドリードでも再注目をされてている「ブックカフェ」として現在最も急成長しているカフェであり、中でもラップトップ文化を取り入れた新しいタイプのカフェとして人気を集め始めています。


そんなカフェ店内は心地よい1960年代スタイルの内装が施されたデザインとなっており、ドリンクメニューも圃場に豊富であり、幅広く取り扱われた多くの種類の紅茶にコーヒー、フードメニューでは軽食としてスナック、ペストリーなども提供しており穏やかで居心地の良い雰囲気を誇っています。


またLa Libreならではの魅力は「現代社会に反抗するかの様に」店内はWi-Fiが通っておらず「会話を楽しみながらリラクゼーションしてもらいたい」という強いオーナーのこだわりもみることができます。

B2chiehmoleueksactw4
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&ved=2ahUKEwjPoevdh_HjAhUQLewKHaGxB_cQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Flhardy.com%2F&psig=AOvVaw0aN3TfL0gHzy0wzzbIEhpX&ust=1565277623371333

続いてのおすすめカフェはこちらの「Lhardy」であります。


ここLhardyはスペイン国内でも最も古いカフェレストランであると言われマドリードが世界に誇る自慢の老舗カフェレストランとしても知られています。


創設は1839年とされており当時から脈々と続く伝統と歴史が歩むこちらのお店は今現在でも数多くの地元マドリード人から観光客の間でも人気の高いものとなっています。

Hcsf7yq72wz9qr0f6ooo
引用: https://www.instagram.com/p/ByjqP4LoSVo/

また何十年間もの間、Lhardyの渾身の腕前をふるったスペイン料理は現在でも高い評価を受けており、ユニークなスペイン料理とカフェレストラン兼ブティックとしても運営されています。


他にもLhardyはマドリード市内に点在する他カフェとは一線を画するほどの超人気店であるため訪れる前には予約をされた方が賢明であると言えるでしょう!

B0r1if86srczkjlryncs
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwi79cS4kfHjAhXMzqQKHegPDfEQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Fwww.thefork.com%2Frestaurant%2Frustika-cafe-tapas-and-gin%2F19896&psig=AOvVaw0q7f2yFeme8c7oIyTGlCtq&ust=1565280212824440

続いてのご紹介するおすすめのカフェはこちらの「Rustika」であります!


Rustikaはマドリード市中心部近くのミナス通りに位置する非常に型破りなカフェレストランとして高い人気を誇るお店です。


また店内デザインも非常に魅力的であり伝統的なスペインのカフェの雰囲気と共に神秘的な装飾品が飾られた空間はどこかサイケデリックなものとなっています。


そしてドリンクメニューもフードメニューも豊富なものとなっており、さまざまなヨーロッパ各地の料理からアフリカ料理、東洋料理に軽い軽食などが味わえるものとなっています。

S1duvgtgs8bq2u0yivfy

続いてのオススメカフェはこちらの「Caféde Oriente」であります。


中央マドリード政権時代、ハプスブルクの華やかな時代と優雅さを洗練したようなカフェデザインが非常に魅力的なものとなっています。


また位置としてもマドリードの中心部にあるオリエンテ広場の向かい側にあるスペイン王宮に面した場所となっており非常に恵まれたロケーションに店構えされているためアクセスも容易なものです。


他にもカフェとしても人気であるCafé de Orienteですが、グルメとしても高い評判を受けており、近隣の観光スポットを巡っている最中に一休憩をする観光客から地元のビジネスパーティーやソーシャルパーティーまで幅広い人で日々賑わう人気カフェであります。

Google mapはこちらから!

https://goo.gl/maps/SfqasY1TYXMTqhbV6

Ikig84furdedqkqnhi6p
引用: https://www.google.com/url?sa=i&source=images&cd=&cad=rja&uact=8&ved=2ahUKEwjHt87cl_HjAhXM0aQKHQvPDLwQjhx6BAgBEAI&url=https%3A%2F%2Featandlovemadrid.es%2Fcafe-comercial%2F&psig=AOvVaw2DgcWhFiBiveHqk6IgJm7n&ust=1565281918032476

Café Comercialは1887年に創業されたと言われているマドリード最古のコーヒーショップと言われています。


カフェには2つの入り口があり、そのうちの1つはグロリエタデビルバオに面した回転ドアから館内へと入り、すぐ目の前には大きな窓からマドリード市内の大通りを眺めることができます。


また二階建てであるCafé Comercialは、一階をカフェとして運営し二階にはチェスクラブ、クラブデアヘドレスカフェコマーシャルがありはいつでもテーブルゲームを楽しめる様になっています。

Hyp6wphdpr3ceyqpwzzh
引用: https://www.instagram.com/p/BuAzmiOgUvM/

またCafé Comercialには各階にバーも設けておりお昼から美味しいお酒を堪能もできます。


そんなこちらのカフェは活気のある居心地の良い環境であり、地元の歴史と最高のスペインコーヒーを味わうのに最適な場所と言えるでしょう!

K5evxencemxrx3vzhgc7
引用: https://www.instagram.com/p/B018ATJnt5H/

いかがでしたでしょうか!


今回はロン毛がおすすめする人気カフェ店舗についてをご紹介してきましたが、どこか気になる場所や行ってみたい場所は見つかりましたか?


マドリードはスペインの首都なので他にもいくつもの魅力的なカフェがたくさんあります!

是非訪れた際にはマドリードのカフェ文化も存分に楽しまれてみてくださいね。


気に入った方は、スペインの記事もチェックしてみてください。

https://trip-partner.jp/528

この記事が気に入った方は、ロン毛がハンガリーをまとめた記事も読んでみてください!