Pgqycr4nb1rgafde7xju

中国

CATEGORY | 中国

中国・成都の観光スポットを1泊2日モデルコースで紹介!パンダや三国志を楽しむ!

2019.08.27

中国は地域ごとに文化・グルメの特色は異なってきます。今回は、中国の西方、重慶の近くにある「四川省・成都」にスポットライトを当てます。成都と言えば四川料理にパンダと、とても有名なものがあり、見どころいっぱいのスポットが満載。中国に観光予定のある方も要チェック◎

この記事に登場する専門家

Wbkuhobhw8k8vzunuuvl

中国在住ライター

はなまる

北京を拠点に活動中。アジアのイイトコを発信します!趣味はK-POPと火鍋店巡り。

  1. 中国の成都はどんな都市?
  2. 旅行を始める前に。成都の基礎情報をチェック
  3. 1日目AM:まずは【杜甫草堂博物館】に行こう
  4. 1日目PM: 次に行きたいのは【成都武侯祠】
  5. 1日目夜:【錦里古街】は夕方の赤提灯がおすすめ
  6. 2日目AM:ここは行かないと!【成都パンダ繁育研究基地】は必見
  7. 2日目PM:【小拉薩】で異文化を体験!
  8. 2日目夜:成都で買い物するならココ【成都春熙路歩行街】
  9. 成都から行ける近隣の観光スポットは?
  10. 成都をたくさん楽しもう!<振り返り>

ニーハオ!中国在住ライターのはなまるです。

今回は中国の古都・成都の観光スポットを紹介したいと思います。


中国はとっても広く、北方と南方、西方と東方では、雰囲気も話す言葉も違います。

成都は、四川省の大都市で、人口1120万人の大都市です。


歴史は長く、三国志でお馴染みの蜀の首都として栄え、その後も重要な拠点として栄え続けていました。日本にとっては、あの激辛の四川料理の中心地といった方がピンときますね。また、日本人が大好きなパンダの保護センターであるジャイアントパンダ繁殖研究基地もあります。


そのため、様々な観光スポットが目白押しで、特に歴史・動物好きにとっては必見の観光スポットがたくさんあります。

観光スポットをたくさん紹介することも可能ですが、それでは「結局どこに行けばいいのか分からない!」「中国の色んな都市を回りたいから時間がない!」といった人も多いかと思います。


そこで、今回は成都を2日間で巡るならどこに行く?というテーマでおすすめの観光スポットをベースにモデルコースを組んでみましたので、ぜひご参考にして貰えればと思います!


では早速見て行きましょう!

成都の位置&行き方

成都は中国の西方に位置する都市になります。

北京や上海から高速鉄道に乗っていくと丸一日かかってしまうので、飛行機で行った方がよいです。


東京からも直行便がありますが、北京や上海での乗り換えが一般的です。


参考URL:

https://jp.trip.com/trains/

Czkrgawwiggdjmjwuuix

成都の治安

成都は、中国の中でも大都市の部類に入ります。北京・上海に比べるとまだまだですが、かなり水準の高いレベルで発展しています。


地下鉄も発展しており、交通関係で不自由することはないかと思います。

ただ、スリなどの軽犯罪は気を付けるようにしましょう。

成都旅行のベストシーズン

春(3月~6月)、秋(9月~11月)が良いかと思いますが、パンダを見に行くことがメインの場合は夏が良いです。と言いますのも、ジャイアントパンダが最も活動的になるのが夏だからです。せっかく行ったのに、可愛い動きを十分見れないなんてことは悲しいので、そこはしっかり確認しましょう。


また、成都は曇りの日が多く、日照時間が短いのが特徴ですが、そんなに気にしなくても平気かと思います!

 

では、基本情報を抑えたところで、さっそくモデルコースを見て行きましょう!

最初のスポットにしてはちょっと地味かもしれないですが、歴史好きにはたまらなーいスポットです。


中国・唐代の詩人、杜甫が晩年の4年間を過ごしたと言われている場所が、ここ、「杜甫草堂博物館」です。


ここは敷地がとても広く、緑が豊かです。休憩所もたくさんあるので、観光に少し疲れた時も一休みできます。

特に訪れてほしいのは中心部にある浣花祠です。赤い壁と竹林の組み合わせは必見!


また、ここはそこまで有名な観光スポットではないため、公園内を散歩する人、思い思いに談笑をする人、お茶を飲んでいる人など、市民の憩いの場となっています。

Pzca2lwgkqmjbikrir1l

杜甫の有名な国破れて山河在り・・・の詩もあります。

Pnvnh0uwizqy6lgmg5bc

詳細情報

名称:杜甫草堂博物館

住所:四川省成都市青羊区草堂路28号

サイトURL:http://www.cddfct.com/main.html

あの有名な中国三国時代の蜀の丞相・諸葛亮が祀られていたことで有名です。

さらに劉備、関羽、張飛なども祀られており、他にも三国志に出てくる英雄の彫像(14体)を見れたりします。


三国志ファンには必見の観光スポットです。

現在、15万㎡の面積を持ち、三国歴史遺跡エリア(文物エリア)、西区(庭園エリア)や錦里民俗エリアといった三つのエリアからなり、

中々広いので、見回るのはおおよそ2時間程度は見ておいてた方が良いと思います。

N55doovkvurkpctvflze

詳細情報

名称:成都武侯祠

住所:成都武侯祠大街231号

営業時間:最盛期(7月1日~10月7日):08:00~21:00。閑散期(10月8日~来年6月30日):08:00~18:00。

サイトURL:http://www.wuhouci.net.cn/Main.asp

そして、武侯祠の近くにある、中国の浅草「錦里古街」に夕方に行ってみましょう。あまり広くはない歩行街なのですが、レストランや土産物売りなどが集まっているので、

夕食や成都のお土産を買うスポットとしてオススメかと思います。

さらに、ここは夕方から赤提灯が灯るので、雰囲気アップ!インスタ映えするスポットなので、ぜひ行ってください。

Qp2hmixanhqtgpwmj99f

食べ歩きもかなり楽しめます。やはり三国志の街なので、「張飛牛肉」という乾燥牛肉料理などもあります。

ただ、成都は基本的に料理がすべて、激辛なので気を付けてください!辛くないものが欲しいときは「不辣(bu la)」と言いましょう。

Mkrqo2ohng7rtrtrjiao

詳細情報

名称:錦里古街

住所:成都武侯区武侯祠大街231号 

成都の三国志と並ぶもう一つの人気観光スポットが、こちら成都パンダ繁育研究基地となります。

皆さん大好きな可愛いパンダがたくさん見れちゃいます!エリアは子供パンダエリア・未成年パンダエリア・成年パンダエリアと分かれています。

私のオススメは、やはり子供パンダエリアから順番に見て行くのが良いかと思います。

また、どちらかというと外国人の観光客が多い印象でした。


地下鉄3号線のPanda Avenue駅からシャトルバスで行くのが便利かと思います。

X47qijnbdl515bbxho81

詳細情報

名称:成都パンダ繁育研究基地

住所:成都市成華区外北三環熊猫大道1375号

サイトURL:http://www.panda.org.cn/jp/

せっかく中国の西方まで来たので、チベットの文化を垣間見てみましょう。小拉薩は、武候祠の近くにあるエリアなのですが、

いわゆる、リトル・チベットと言われていて、チベットのお坊さんや民族衣装を着た人がたくさんいます。チベット料理を食べることができるレストランも

たくさんあるので遅めのランチをここで取ると良いかと思います!

詳細情報

名称:小拉薩

住所:成都市西藏街区

成都が発展している都市であることが一番感じられるスポット、そこが、春熙路歩行街です。

イトーヨーカドーや伊勢丹などもあり、どこかホッとするスポットかと思います。辛いものが苦手な人も、ここなら安心して日本料理を食べることもできます。

今回の趣向とは異なりますが、例えば1週間程度中国に滞在する場合、一度は日本食を挟みたくなるもの。そんなときはこの歩行街を訪れるのが良いかと思います。

Yimtllfv83kgt9owpbgj

詳細情報

名称:成都春熙路歩行街

住所:成都市錦江区春熙路 

関連サイトURL:https://4travel.jp/overseas/area/asia/china-sichuan_province/chengdu/shopping/10492900/

せっかく中国の西方に位置する成都まで来たのですから、他の都市も回りたいと思いますよね。

そんな方は、下記を参考にしてみてください!

①個人的には一番美人さんが多いと思います!:重慶に行こう!

重慶は、成都のお隣に位置する大都市です。

特徴は、

・火鍋の店がたくさんある(レストラン全部、火鍋料理屋?っていうくらい)

・山城都市なので、坂が多い。地下鉄が地上を走っていたりして、まるで香港のような風景が見られる

・何といっても、美人が多い!白くて肌が綺麗で、スラリとした人が多い印象です。

坂道が多くてよく歩き、また火鍋を日々食べていて発汗作用が効き、なおかつ湿度の高い都市だから、というのが私の仮説です!

Hqg6lxgvkukpftnp0vav

火鍋だとこの蜀九香がとてもおいしかったのでお勧めです。

ただ、油を大量に摂取することになるのでそこは注意!

Gh6iauiziwg3tq1zry3i
Z5weucvrfhgcp9zmxlav

少数民族の文化を楽しみたい方:雲南省に行こう!

雲南省は、中国国内の南西にあります。

北京や上海からかなり離れているので、おそらく皆さんが思い描いているような中国ではない一面を見ることができます。

 

私は、昆明から入り、大理⇒麗江⇒シャングリラというルート。特に麗江古城の街並みは美しいです。

ナシ族が建設した古代都市で、街全体が観光スポットになります。変わった楽器や特産品の米粉(米粉で作った麺料理)まで見どころ満載、色彩豊かな街並みで歩くだけでも楽しい街です。

Bph8ssqtye7cavlmgptg

また、シャングリラはデチェン・チベット族自治州という地域に属しており、チベット族を中心に13の民族が住んでいます。チベットの文化を知ることで、中国が多民族国家であることを実感できると思います。

Fcf6jrjoqzd0v7grqysy

いかがでしたでしょうか?今回は中国の四川省・成都の観光情報として、

成都の基礎情報

杜甫草堂博物館・・・詩人気分でゆっくり散策♪

成都武侯祠・・・三国志の世界にタイムスリップ!

錦里古街・・・赤提灯が綺麗!インスタ映え◎

成都パンダ繁育研究基地・・・パンダ!パンダ!

小拉薩・・・リトル・チベットを体験!

成都春熙路歩行街・・・成都の中心でお買い物!

を見てきました。成都は中国の西方にあり、なかなか訪れる勇気が出ない人も多いかと思いますが、1つ1つのスポットはとても見どころがあり、ぜひ訪れてほしいところばかりです。

また、中国には他にも魅力的な都市がたくさんあるので、下記の記事も参考にしてみてください!

それでは、夏休みや冬休みなどの長期休みに向けて、ぜひぜひ旅行の計画づくりの参考にしてみてください!

以上、はなまるがお伝えしました◎