V4dp0wqnsrikupvugike

フランス

CATEGORY | フランス

マルセイユの6大観光名所!フランス人が厳選したおしゃれスポットはここだ!

2019.08.06

フランス第2の都市マルセイユ!地中海を望む温暖な気候の街は、パリとは異なるフランス観光を楽しむことができます。私が現地人の方に連れて行ってもらった経験をもとに、街並みからマルセイユの自然まで、マルセイユのオススメ観光スポットをお届けします。

この記事に登場する専門家

Cruyan8v9gtbw9oxhdlx

大学生 旅人

Takayuki

フランスワーキングホリデー中。フランス人の彼女とともにヨーロッパを旅しています。地球が大好きです!

  1. ライター紹介
  2. ①マルセイユでリッチな気分に!【ヴュー=ポール・ド・マルセイユ】
  3. ②マルセイユの海も見られる!【MuCEM】
  4. ③海の真横にあるおしゃれなストライプ模様!【マルセイユ大聖堂】
  5. ④マルセイユの街歩きを楽しむ!【小さなお店を満喫!】
  6. ⑤観光地めぐりに疲れたら一休み【ロンシャン公園】
  7. ⑥マルセイユの街を一望!【カランク国立公園】
  8. マルセイユの移動手段をご紹介!
  9. マルセイユのオススメ観光地まとめ

Takayuki

Wtrahdjtqru3y8jjaz2e

大学休学中。ワーキングホリデービザを取得し、フランスに滞在しています。 フランス人の彼女とともに、ヨーロッパ制覇を目指し旅をしています。 実際にヨーロッパ人の見ている目線とともに、海外のリアルな情報、リアルな声を皆様にお届けします! ↓ブログ運営してます。

H3lcqp4ebsmis21mgzzz

街の中心ヴュー=ポール・ド・マルセイユでリッチな気分に

マルセイユといったらまずここ!ヴュー=ポール・ド・マルセイユです。街の中心でもあり、おしゃれなカフェや洋服屋、高級ホテルがたくさんあります。海辺でショッピングを楽しむことができます。 港には、お金持ちの持つ船がずらりと並んでいます。広場には大道芸人もいて、港の雰囲気を盛り上げています。 フランス語がわからなくても、観光向けのスポットではある程度英語も通じるので安心です。 ちょっとした裏道などでは、比較的治安の悪い場所もあります。鞄やポケットには注意が必要です!

50セントだけで船に乗れちゃう?

Kqxuzc4un3hhzbjudg3p

港にはさすがフランス!と感じるようなアートチックな建物もあります。 ほんのちょびっとだけでも船にのってみたい、、そんな方に朗報!ヴュー=ポール・ド・マルセイユには、50セントだけで船に乗ることができます。マルセイユの海を船の上で感じたい方にはオススメです。その船は本当にちょびっとだけなのですが、5ユーロでちょっとした船旅にもでれます。予約も必要ありません。 ヴュー=ポール・ド・マルセイユは、マルセイユ駅から地下鉄や、バス、タクシーでそれぞれ5分程度で行くことができます。歩いて20分程度なので、街並みを楽しみたい方には歩くのがいいと思います。

Zzokrzsm0zq6ijcvpltl

景色を楽しみながら歴史を学ぶ

2013年にできたばかりの、MuCEMは人類の歴史やアートの歴史を見られる施設です。独特の形をした現代風な建物が古い街並みの外れにあります。入場には9ユーロ50セントかかります。家族割引や子ども料金も設定されています。 でも少し高くて、フランス語わからないし、、という方でも大丈夫!中の博物館にさえ入らなければ、無料で建物の屋上から景色を楽しむことができます。

Xoop8sydltk60dhstmps

建物の中に入り階段を上っていけば、屋上のエリアに出ることができます。そこから隣のサン・ジャン要塞まで吊り橋が渡されています。サン・ジャン要塞は、石で造られた非常に大きい要塞です。MuCEMとサン・ジャン要塞は真隣なのでセットで楽しむのをオススメします。私はそこから見る夕日が大好きです! MuSEMのサイトは、http://www.mucem.orgになります。

U2vqhpnrzicew5arxedd

海の真横にある癒やしの空間

マルセイユには、海の真横に大きなマルセイユ大聖堂があります。せっかくヨーロッパに来たら、教会巡りをしてみるのもおすすめです!少しずつ各地の教会の違いがわかってきたりもします。例えば、建物の作りやステンドグラスの違い、使われている石などによって、教会の雰囲気も全く異なります。 世界遺産にも登録されている、ここマルセイユ大聖堂はなんとしましま模様!白と黒の石が交互に積まれています。3000人もの人が入れる大きさは、見る人を圧巻させます。真横には地中海が広がり、海と文化両方が楽しめるスポットです。海沿いを歩きながら見る大聖堂も美しいですよ~

F7ocjzktwurga3tzxaty

坂道がいっぱいの裏道でちょっとおしゃれな気分に

マルセイユの一番古い街並みが残るLe Panier地区は、マルセイユの中のちょっとした丘にあります。実は今まで紹介してきた、ヴュー=ポール・ド・マルセイユとMuCEM、マルセイユ大聖堂の間に位置します。つまり、歩いて➀~➃のスポットを回ることができます!だいたい1日あれば全てを回ることができます。

Jf0j3lonaffoeb7wnoxr

たくさんに枝分かれしている細い路地には小さなレストランやカフェ、アイス屋さん、石けん屋さんなどがあります。ゆっくりと食事をしながら旧市街の雰囲気に浸り、プロバンス地方の昔ながらの風景を楽しむことができます。 小さな発見もたくさんできます!是非きょろきょろしながら歩いて、面白い発見があったら僕にも教えてください。

Mzmhcnpmhkknzqym3yvi

都会の休日を味わおう

ロンシャン公園は緑豊かな公園や噴水、池など、人工的に造られた自然を満喫しつつ、100年以上前に造られた壮大な建築物を見ることができます。独特な形をしたロンシャン宮と、噴水や階段状のところを流れる水の流れは見る人の心を落ち着かせます。路面電車で街の中心部からもそんなに遠くありません。都会にちょっとつかれたというときに、散歩がてら行ってみるのもいいと思います。

Wzb6mruaok2w9cktwz88

この公園にはドックランがあり、犬もたくさん来ます。注意が必要なのはこの公園の周りには、犬の糞がたくさん落ちています。信じられないほどです。踏まないように注意をしながら歩きましょう。 僕は、この公園でごろごろするのが好きです。 マルセイユ駅から歩いて行くこともできますし、時間がないかたは路面電車がオススメ。路面電車は綺麗ですし、街の中心地では乗る場所を見つけやすいです。

Nu9apnoyfzodchh9mvbb

マルセイユを一望できる穴場!

最後に僕がオススメするのはカランク国立公園です。(ちなみに筆者はここが一番好き) 地中海独特の気候や自然を感じながら、マルセイユの街並みを一望できるスポットです。山の上までのぼれば、視界を遮るものは何もありません。地球は丸いと感じられます。 カランク国立公園には、いくつものコースがあります。個人で行く場合には、道を間違えないよう注意が必要です。色事にコースが分かれているため、自分の決めたコースの色をひたすらたどって行けば大丈夫!

Kequh1ptoo4hjhbijica

オススメのコースは、街側から上って海の方に降りるコースです。街側と山側両方が楽しめます。「海側に降りたら帰れないかも。。」でも心配はご無用。海側からもバスがでている場所もあり、街まで帰ることができます。先に時間を調べておくと良いと思います。現地ショップでマップを買うことができますし、以下のサイトで確認もできます。

Yn1hvkwyhfk91vkgmmjt

夏はとてもとても暑く、海で泳ぐことがもできます。そのため、比較的人も多くなります。僕は冬にもいったことがあるのですが、天気が良ければそこまで寒くなく歩くことができます。(さすが海は入れませんが、、)冬の平日とかだと、ほとんど貸し切り状態の場所もあります。 電車とバスを乗り継いで、40分程度でカランクの入り口まで行くことができます。

Bnm3wfzytho6qpmkfdvq

マップにて今回紹介した箇所をまとめました。➀~➃までは歩いて回ることができます。足に自信のある方は、➄のロンシャン公園も歩いていけます。 マルセイユの移動手段には、電車とバスが断然オススメ!なんといっても安いです。1ユーロ50セントで1時間、電車とバス、路面電車がどちらも乗り放題です。最初にSuicaのようなカードが1ユーロ60セントかかりますが、その後はチャージしていくだけで1時間乗り放題券が使えます! 僕は、歩くのもオススメ。ただ、ロンシャン公園ふきんは少し汚い場所もあるため、路面電車のほうがいいかと思います。 マルセイユの交通・観光情報は、以下のサイトにてご確認いただけます。英語版もあるので便利です。

Elyfgqrcrnqgrbwvu7wh

地中海を望むマルセイユに行ったら、現地人がオススメするのは自然と街をセットで楽しむツアーです!マルセイユはフランスの中で比較的晴天率も高く、よい天気の中で観光地巡りができると思います。 新しい旅ライフのサポートになれたら嬉しいです! この記事が気に入った方は、他のフランス紹介記事も参照してください^^