Eyzhqfk3ofeno6094vl0

メキシコ

CATEGORY | メキシコ

カリブ海パラダイスの入り口【カンクン空港】を徹底解説! ショッピングやスパまで楽しめる!

2019.09.13

見た事もないようなカリビアンブルーに思わずうっとりしてしまうメキシコのリゾート、カンクン!そのパラダイスへの入り口がカンクン空港!入国時には、日本とは違ったシステムに思わず笑ってしまう事も!カンクン空港の入出国、カンクン空港を楽しむ方法をご紹介します。

この記事に登場する専門家

S8f1uqnrootvp2fcwnbj

気ままなアメリカ在住ライター

bunny

20年余前にハワイに移住、今はアメリカ中西部ののどかな田舎町に住んで、冬の間はハワイに避寒!好きな場所にはとことんリピートする性格です。趣味はジム通いと陶芸。お隣のメキシコやカナダなどの情報もお伝えできればと思っています。

  1. カンクン空港って?
  2. カンクン空港を使って行けるリゾート地って?
  3. 事前に用意しておくこと
  4. カンクン空港に着いたら(入国手続きの流れ)
  5. カンクン空港の税関はちょっと変わってる!?
  6. カンクン空港を出る時にも注意が必要!
  7. カンクン空港からホテルへの送迎
  8. カンクン空港を出国する際の流れ
  9. メキシコのお土産ってどんなの?
  10. カンクン空港でのショッピング
  11. カンクン空港でのグルメ
  12. カンクン空港でリラックス
  13. カンクン空港で気をつけること
  14. これで完璧!カンクン空港を満喫しよう!
A51iihooexuhlzodtoes

こんにちは〜!気ままなアメリカ在住ライターのbunnyです。

アメリカ在住ですが、メキシコはお隣の国で、そのメキシコにあるリゾート地カンクンは、アメリカからとっても近く、気軽に行けるリゾートとして、毎年一度はのんびりしに行っています。日本で言えばグアムのような存在です。

Pgjpqaohgx2acv768ipv

カンクンの空港って行く度にちょっとちょっと変化があったりして、まだまだ発展する空港なのかなぁと言う印象もあります。

国内線、国際線合わせて4つのターミナルがあり、DFSやショッピング、グルメと充実した設備が整っている空港です。

4-5年前までは、税関を通ったらお店も少なく時間を持て余していましたが、今ではかなりお店も増えて、待ち時間を退屈せずに・・・いやいや!存分に楽しめるようになってきましたので、入出国手続き方法と合わせてお店などをご紹介します。

Bbkrgryhk2k8x7gcl4fo

カンクンは、メキシコのカリブ海沿にあるリゾートとしてアメリカやヨーロッパから沢山の旅行客が訪れています。アメリカの南部からはたったの2時間、北部からでも4時間で行けるため、日本で言うグアムのような存在になっていて、アメリカ国外への楽園バケーションNO.1のリゾート地になっています。

最近では日本からもハネムーンや熟年旅行などで人気上昇中のリゾート、カンクンはカリビアンブルーの海がステキなメキシコのリゾート。メキシコのカリブ海沿には、カンクン以外にも沢山の素敵なリゾートがあります。

Ctptjayfxa3ueezy4d9n

一番人気なのは20kmもの長い砂浜にホテル群が連なるカンクンですが、その南側にはプラヤデルカーメンやリビエラマヤなどの大型リゾート、海がある唯一の遺跡で有名なトゥルム、ウミガメがほぼ100%見られるアクマルなど、カンクンの南側には美しい島イスラ・ム・ヘーレスがあり、内陸部に行くと有名な遺跡チェチェン・イッツァなどがあります。

日本からわざわざ行く価値のある観光地が揃っているエリアの玄関となるのがカンクン空港です。

アメリカ経由ならばESTAが必要

日本からカンクンに行くにはアメリカ国内やメキシコ国内で乗り換える事がほとんどだと思います。 日本からアメリカ経由でメキシコに入国する際、国際線の乗り継ぎであっても一度アメリカに入国するので、ESTA(電子渡航認証システム)の申請が必要になります。(私はアメリカ在住でESTAを取る必要がないので経験はないですが・・・)最終目的地はメキシコだから!と思ってもアメリカ経由ならば忘れずに申請しておいてくださいね。

ツーリストカード(観光ビザ)

Tnsaar1erw4cpt8ati2k

メキシコに観光6ヶ月以内の滞在の場合、ビザの申請をする必要はありません。メキシコへ向かう飛行機の中でツーリストカードを配布されるので、そこに必要事項を記入して入国の際に渡します。入国の際に気をつけなければいけないのが、ツーリストカードの上部は取られるのですが、下部は返されます。下部の半券は出国の際に必要になるので、なくさないように大切に保管しましょう。無くしたら有料にて再発行手続きが必要になります。

また、入国の際に故意的に返してくれないことがあると言うことを聞いたことがあります。知らないと半券が返ってこなくても気がつかないので、入国審査の際にしっかりと確認することが大切ですよ。

カンクン空港に到着したら、他の国同様、入国審査と税関を通って入国します。

入国審査は、飛行機を降りたら係の人がいるので、案内される方に行くと到着します。中には親日家な審査官がいたりして、フレンドリーに対応してもらえます。メキシコに旅行に来る日本人は少ないので、日本のパスポートを見てにっこりしてくれる人も! アメリカなどに比べて案外簡単に通れるので、特に何もなければ心配することもありません。

無事に入国審査が終わったら、荷物を受け取って税関に向かいます。

メキシコの税関はちょっと変わっていて、くじ引き方式のようになっています。

免税範囲を超えていないかと質問はされますが、その後ボタンを押して、グリーンのランプがつけばそのまま通れます。でも、赤いランプがついたら荷物検査を受けなければなりません。

最初にカンクン空港で このシステムを見たときにはびっくりしましたよ! 通常は挙動不審かどうかなどで荷物検査などをするものだと思っていた私の観念がすっかりすっとんでしまいました

G8lehkfalurk4wievptv

税関を過ぎていざパラダイスへ!と気が緩む前にもうひとつ気をつけなければいけないことがあります。

空港のドアを出たら両替所やレンタカーを借りられるところがあるんですが、そこを過ぎたら、沢山の空港職員のような制服を着た人に呼び止められます。 

Mkrnumzqldycs4auxfdy

カンクン旅行の案内のようなことを言ってくるので、うっかり話を聞いたら・・・それは、ホテルのバケーションクラブなどの勧誘などなので、購入する気がない人はそこは素通りすると良いです。

Vdssfmbyxtskfkidg2xu

実は・・・私たちは、ここで 捕まり、当時プロモーション中だったホテルのバケーションクラブをうん100万円で購入してしまいました。

空港では、プロモーション中のホテルの朝食に参加すると100ドルくらいのツアーが20ドルで行ける!などと売り込んできます。私たちはこの時は素通りしたのですが、その後そのホテルのことが気になって自分たちから訪ねて行ったんです・・・。

そこで、バケーションクラブを購入しました。

そのおかげで、毎年メキシコにバケーションに行くことになったので、結果オーライですが! 

カンクン空港からホテルへの移動手段として、タクシー、シャトルバス、ホテルの送迎などがあります。今回は、カンクン空港から一番観光客がよく利用するリゾート、カンクンのホテルゾーンまでの移動手段についてご説明します。

シャトルを利用する場合

Wihhreplihqqtemaw4jl

カンクン空港を出るところの真ん中にタクシー、シャトルのカウンターがあります。もしくは、空港を出てすぐ左側にもカウンターがあるので、どちらかでシャトルの手配をお願いします。私たちは最近ではホテルの送迎を利用していますが、一番最初にカンクンに行った時にはここでシャトルの乗車券を購入しました。ホテルまでの行きのみで2014年の時は$17でした。シャトルは会社や季節によって価格が違い、10USドル〜20USドルくらいが相場です。日本から出発前に申し込んでおくこともできます。帰りのシャトルバスも一緒に買わないか?と聞いてくることもあり、その場合は往復なので片道よりちょっと安くなることもありますよ。

シャトルの場合は、近くのホテルを回ってから行くこともあるので、タクシーに比べて時間もかかりますが、とにかく料金が安い!ので、コストを抑えたい方におすすめです。また、いろんなホテルの入り口などをみられるのも楽しいですよ。

下記のシャトルバスは、日本語のWebサイトなので予約が簡単にできます。ドライバーさんは英語のみのようなので、日本語は通じないようですが、料金が安く、カンクン空港からホテルまで一人たったの11USドル!

タクシー利用の場合

Bkn2kriviohvfjkleql5

タクシーの場合は、自分たちだけのプライベートなので、ホテルまで直行で行ってくれます。長旅で疲れて早くホテルに行きたい方におすすめです。料金は片道40USドルから50USドル前後と様々です。また事前にネット予約すると半額くらいになるサイトもあります(下記リンク参照)。所要時間は、ホテルゾーンの北側か南側かによって20分〜30分くらいです。空港を出て左側に「Authorized Taxis」と言う看板が出ているので、ここで乗れます。空港から乗る場合、基本的にはカウンターでタクシーチケットを購入しますが、タクシーの支払いは現金のみで、お釣りをもっていないこともあるので、お釣りなしの金額で支払えるようにするのも大切です。

下記のリンクは、英語のサイトですが、タクシーやシャトルバスなど、カンクン空港から行きたいホテルの名前を入れると料金が表示されて予約もできます。

ホテル送迎を利用の場合

ホテルを予約する時に送迎込みかどうか確認しましょう。もしも送迎込みならば、ホテル送迎が一番安心です。飛行機が遅れても遅れた時間に合わせて迎えに来てくれます。送迎込みでない場合は、有料にて送迎してもらえるので、ホテルに問い合わせるとよいです。

Keyscrolgtpycxxfcxb2

ホテルからのお迎えがある人には、タクシーは必要ないので、「タクシー?」の呼びかけはきっぱりと断りましょう。

メキシコの勧誘はかなりしつこいのではっきりと言うことが大切ですよ。

ホテルのお迎えの人は看板を持って外で待っているので、自分の泊まるホテルもしくは、自分の名前の看板を持っている人のところに行けば、いよいよバケーションの始まりです! 

送迎でチップは必要?

カンクン空港からホテルへの移動の場合、当然スーツケースなどの荷物もあるので、スーツケース1個に付き1USドルほどのチップを渡すと良いでしょう。アメリカ人の場合は、チップに慣れているので、2人でスーツケース1個の場合などでも3USドルほど渡している人もいます。チップは気持ちよくサービスしてもらった場合の目安と考えるとよいですよ。

公共の交通機関の治安は大丈夫?

メキシコでは、タクシーなどの公共交通機関を利用する際に治安が心配になることもありますが、カンクン空港に入ってこられるタクシーなどはセキュリティ確認済みなので安心とのことですが、中には下記のような客引きによる詐欺被害などもあるようなので、送迎を前もって予約する場合は、迎えに来た人が自分の名前を知っているか、しっかりと確認してからシャトルバスなどに乗車するようにしましょう。特に女性だけの旅行や暗い時間帯での乗車の場合、気をつけるにこしたことはないです。

Bhrazejrz9dqcf3h6vsb

楽しかったカリブ海のバケーションも終わり、カンクン空港から出国する手順もご紹介しておきます。

シャトルなどで空港まで送ってもらう場合は、航空会社によってターミナルが違うので注意が必要です。

私はデルタ航空利用なのでターミナル3でした。ユナイテッドとアメリカもターミナル3でした。

国内線はターミナル2のようでした。

また、サウスウエストなどはターミナル4です。

カウンターの手前で質問される内容

Ufxlyxtnueonuixygchx

空港のターミナルに到着したら、それぞれの航空会社の機械でチェックインして、預ける荷物がある場合はカウンターに行って預けます。

荷物を預けるのに並んでいると、セキュリティの人が回ってきて1人ずつ質問をしてきました。

まず、英語かスペイン語か?

友達と一緒か、家族と一緒か、1人か?

荷物はずっと手元にあったか?

私は、シャトルバスに預けたので、その間は手元になかったと言いました。

プレゼントや頼まれて持ち帰るものはないか?

液体かパウダーは持ってないか?

などの質問です。

メキシコからアメリカへの旅行では、国際線ですが国内線扱いのようで、航空会社によっては荷物の料金がかかります。

次はセキュリティチェック

Wdvsdtwarikx5xgyzvq5

ボーディングパスをもらったら、空港入り口を背にして左側に進みます。

エスカレーターがあり、2階がセキュリティエリアになります。 エスカレーターの手前にはスタバや軽食のお店がありますが、セキュリティエリアの前で水ものを購入すると飲みきれない場合捨てなければいけなくなるので、セキュリティチェックをすぎてからスタバやフードコートなどがあるので、そこで購入してゆっくりすることもできます。

Ngzkzc3irrtwgkidaq2u

セキュリティチェックは、いくつかあるので空いていそうなところに並びます。

進行方向に向かって手前が割と空いていました。

この時は、靴は脱がなくても良く、エレクトリック(パソコンやipadなど)の物はトレイに出すように言われます。

携帯は出している人といないひとがいましたが、私は出しておきました。

この時、キャリーオンバッグの中にサンドイッチを入れていたけれど、問題なく通れました。

セキュリティエリアを通過したらデューティフリーやお店、レストランなどがあります。

ゲートでエキストラ・チェックがある場合も!

Iha6muyyqsxazo16m4lq

無事ゲートに到着して、搭乗を待っている時に自分の名前を呼ばれることがあり、「荷物のセキュリティチェックを再び受けてください」と言われることがあります。その際には、カウンターの隣のテーブルに行って持ち物などを再度チェックされます。何も不審なものを持っていない場合、抵抗などせず、素直に応じると問題なくそのまま飛行機の中に通してもらえます。

メキシコと言えば辛い食べ物やカラフルな飾り物などが有名ですよね。カンクン空港でもいろんなお土産のお店やDFSにお土産が並んでいるので、出国する前に最後のショッピングエリアとして楽しむこともができます。

お菓子

Tunypqwgybweawafvmsb

メキシコでは日本の豆ピーのような味のついたピーナッツが人気で、それもハバネロなどの辛いバージョンがあるので、辛いもの好きな方へのおみやげに楽しいと思います。

また、メキシコはカカオの原産国でもあるので、チョコレートの種類も多く、テキーラやメキシコ産のカルーアなどのお酒が入ったものも人気です。

メキシコのお土産も良いですが、アメリカやヨーロッパのチョコレートもあるので、いろいろ買ってみんなで食べ比べしてみると、それぞれの国によって甘さが違ったりして楽しいですよ。

ホットソース

Nluvzbegdxau5mijjlfo

日本では考えられないような辛さのソースも多種類あるので、辛いもの好きな方のおみやげにいかがですか?

メキシコと言えばドクロ!

Wxnezzzknl0icpqspyvx

メキシコと言えばドクロの置物などが有名です。日本でも人気がありおしゃれな雰囲気があるので、お土産に喜ばれるものでもあります。ちょっと間抜けな感じのドクロの置物の他にもドクロの缶入りのチョコレートなども人気です。

カンクン空港の2階にはたくさんのお店があり、搭乗時間までゆっくりお買い物を楽しめます。

免税店「DFS」

Qlwfqxuld2yc91p5qlha

カンクン空港の2階、セキュリティチェックを通過したら、DFSの入り口があります。DFSはかなり大きく、化粧品、タバコ、お酒の他にメキシコのお菓子やアメリカ、ヨーロッパのお菓子も揃っていました。価格はアメリカで税金抜きで購入するくらいの価格です。 

おみやげならば「Los cinco soles」

E4whdw0u0dy1pi3y45ab

DFSを過ぎて左側にフードコート、右側がゲートになりますが、その真ん中に「Los cinco soles」と言うお店があり、カラフルなメキシコらしい食器やグッズなどが揃っています。いかにもメキシコ!と言うおみやげならばこのお店がおすすめです。

独特のファッションセンス「iAy Guey!」

A8zzmvvf1enhxnjwdcyh

カラフルな色使いと奇抜なデザインで、いかにもメキシコらしいファッションセンスのお店。

カラフルな石鹸「bloomish」

Ktg3awilqwzzfgpoqigm

空港のキオスクの中にある「bloomish」は、「Lush」のようなお店でカラフルな石鹸が並んでいて、思わず目を引いています。ココナッツやメキシカンライムのような南国らしいものが人気のようですよ。

バイク好きな方には「HARLEY-DAVIDSON」

Rz3am5hpm0dkjezhbzsu

派手なバイクで人気のハーレー・デビッドソンのカンクンバージョンのTシャツなどが揃っています。

デューティフリーを過ぎると左側にフードコートがあり、ハンバーガーや日本食など気軽に食べられるお店や、アメリカで人気のレストランなどが揃っています。

Sushi Tequila

Mqeraghq1dnq53riprut

フードコートの入り口には日本食のお店があり、お寿司やうどん、やきそばなどがあります。

THE MARKETPLACE by Wolfgang Puck

Tqbopyd0pdr1gqnt2pkg

こちらではサンドイッチやサラダなどを購入してフードコートで食べられるようになっています。水などペットボトル入りの飲み物も購入できます。

Starbucks

N41d1en2pqm05oixalxa

スタバもあり、カンクンのご当地マグカップなども売っています。

AIR margaritaville

Eaisufp2hlpgknrtitbd

アメリカで人気の歌手Jimmy Buffett(ジミー・バフェット)がオーナーのレストラン「マルガリータヴィル」の空港バージョンのお店です。彼のヒットソングにちなんだ店名で、南国をイメージした陽気な店内が人気です。人気のマルガリータを飲んで店内でゆっくりすることもできますし、Tシャツなどのおみやげを購入することもできます。

Xsgvpjlpcqyssjptnorb

他にもピザやアメリカで人気のハンバーガー屋さん「johnny rockets」やメキシコ料理かなどもあります。

WAYAN fish spa

Zkdms3njf4tohrlxuqzc

プラヤ・デル・カーメンなどの街中でも人気のブティック「WAYAN」が経営しているフィッシュスパが空港内にあります。水槽に足を入れると小さな魚たちが足の角質などを食べてくれるんです。くすぐったいようななんとも言えない感触があります。搭乗する前に体験してみるのもよですね。

今はどの空港も水の持ち込みができないので、空港で飲み物を購入することがあると思いますが、カンクン空港での水の価格は高いです。この時で500mlボトル1本86ペソでした(400円くらい)。76ペソのところもあり、お店によって値段が違います。 

Dgjm7ijfmcxa51j1lgmj

カンクンはリゾートなので、物価はアメリカ並に高く、アメリカの物価と比べても同じくらいに感じます。空港だと、それに輪をかけて割高感があるので、節約したい人はホテル滞在中にスーパーマーケットなどでショッピングを済ませてしまう方がよいかもしれないです。でも、せっかくのリゾートなのでマリンスポーツなどを楽しんでショッピングの時間がない時などは空港でまとめて購入するのも便利ですよね。特にメキシコらしいカラフルな食器類や大きなカゴバッグなどは、重かったり、かさばったり、壊れやすかったりするので、空港で購入すると安心です。

Cfzll94u6fj3iedyrcmy

楽園リゾートのカンクンへの入り口、カンクン空港は、入国の際にくじ引きシステムによる税関チェックがあったり、出口を出たらすぐにツアーなどの勧誘があったりと、日本では考えられないようなことがあるのが楽しい空港でもあります。海外に来た!と言う感覚を十分に満喫できるので、しっかりと気をつけながら楽しむとよいですね。空港では、たくさんのお店やレストランなどがあるので、搭乗時間までゆっくり楽しめるのも魅力です。リゾートでめいっぱい楽しんだあとは、空港でも最後の楽しみを満喫してみてください。