Ijjcgt9f5hr6ugp3ozzd

ドイツ

CATEGORY | ドイツ

現地留学体験者の体験談!ベルリンに来たらこれを買おう!おすすめのお土産5選【ドイツ】

2019.10.08

モダンで都会的な街ながら、激動の歴史を感じられるベルリン。年間1,300万人もの観光客が訪れており、お土産ショップもいくつもあります。ですがせっかくお土産を買うなら、ベルリンらしいアイテムをゲットしたいもの。ここではベルリンならではのお土産5選を紹介します!

  1. ライター紹介
  2. ベルリンのお土産①アンペルマングッズ
  3. ベルリンのお土産②テディベア
  4. ベルリンのお土産③「オスタルギー」雑貨
  5. ベルリンのお土産④「リッタースポーツ」のチョコレート
  6. ベルリンのお土産⑤「ユーネマンス パントッフェルエック」のスリッパ
  7. ベルリンならではのお土産を見つけよう
He7eldngzmsgscfyrhnl

松本マユ/旅ライター 北海道出身。大学時代にドイツ語に惚れ込み、ドイツ南西部のトリーアに留学する。食品系メーカーで広告制作・役員秘書の経験を経て、現在はフリーライターとして活動中。ドイツ滞在と世界15ヶ国以上を旅した経験を活かして、ドイツ旅行・ヨーロッパ旅行・海外留学・ペットなどの記事を中心に、さまざまなメディアに寄稿している。 旅先はヨーロッパや南の島が多め。旅行と犬とドイツビールが何よりも好き。

アンペルマンとは?

Tswhvjl5ldkdlmy7bf0k

ベルリン生まれのキャラクター「アンペルマン」。ドイツ語でアンペル(Ampel)は信号を指しますが、アンペルマンはその名の通り、東ドイツ時代の信号機がモチーフとなっています。低頭身で愛嬌あるフォルムと、帽子をかぶった姿がとてもユニークですよね。 もともとは東ドイツの時代に使われていたアンペルマンですが、そのかわいらしい姿が人気を集め、ベルリンでは現在もアンペルマンの信号が採用されています。

グッズがずらり!アンペルマンショップ

Zqnsmg9rqqsv2lalh2bj

かわいいグッズを扱う「アンペルマンショップ」は、ベルリン市内に8店舗あります。観光客が行きやすいのはベルリン中央駅構内のショップか、ブランデンブルク門近くの「ウンター・デン・リンデン」のショップでしょう。 バラまき可能なお菓子に加え、Tシャツやパーカー、トートバック、文房具、時計など、さまざまなグッズがありますよ!

Dhapxsj8znftgyrpbofq

お手頃なものから少し値が張るものまでそろっているので、自分用のお土産を探すのにも最適! 私は自分用に、マグネットやハンドタオル、グミなどを購入しました。マグネットは4.95ユーロ(約600円)、グミは3.50ユーロ(約430円)だったので、ちょっとしたお土産がほしい人にもぴったりです。

※1ユーロ=約121円

名称:アンペルマンショップ(AMPELMANN Shop)

住所:Unter den Linden 35 10117 Berlin

営業時間:9時30分~22時(月~土曜日)、13時~18時(日曜日)

公式サイト:https://www.ampelmann.de/

Spem089bnmmclppjxj8b

なぜテディベア?

Qfd7nvskctop3bi2hyeh

ドイツのお土産として、テディベアは安定した人気を誇ります。なんと世界初のテディベアを生み出したのは、ドイツの老舗メーカーである「シュタイフ(Steiff)」。そのこともあってか、ドイツでは各地でテディベアのお店が見られます。もちろんベルリンも例外ではありません。

Q6yznlqib8lbhbnrxsrt

ちなみにベルリンのシンボルはクマで、市内各地のいたるところにクマのオブジェがあるのです! クマの街でクマのぬいぐるみを買う……というのもなんだかオツですね。

おすすめは「シュタイフ」!限定ベアも!

Madz7ne3j5vu0whltohk

お土産におすすめなのは、やはりシュタイフ。シュタイフのぬいぐるみはすべて職人が手作りしているため、表情などが一体ごとに異なります。さらに子どもにも安心して持たせられるよう、素材や丈夫さにもこだわっているそうです。 スタンダードなものだと、8cm程度のキーホルダーでも約50ユーロ(約6,050円)と、値段は少々お高め。しかし子ども用のシリーズだと、25cmのものでも約35ユーロ(約4,240円)と比較的安く買うことができます。 ベルリン限定のテディベアもあるので、ショップで探してみてくださいね。

またシュタイフ以外にも、聖ニコライ教会の近くなどには、数々のテディベアショップが並ぶエリアがあります。お気に入りのベアを見つけて、日本に連れて帰ってはいかがでしょうか。

名称:シュタイフショップ ベルリン(Steiff Shop Berlin)

住所:Kurfürstendamm 38, 10719 Berlin

営業時間:10時~19時30分(月~土曜日)

公式サイト:https://www.steiff.com/

スーパーの近くにあります。

W0pl4tppwkpghjlqxfgz
引用: © OpenStreetMap contributors

「オスタルギー」とは?

Zinkga7gz2mmwhqwlcxb

ベルリンを語る上で欠かせないのが、東西ドイツ分断の歴史。当時1つの街だったベルリンは2つに分けられ、西側半分が西ドイツ、そして東側半分がソ連統治下の東ドイツとなりました。 当時の東ドイツでは、シンプルで素朴な日用雑貨が使われていました。ドイツの再統一後も、そのレトロなデザインは東ドイツを懐かしむ人々の間で愛されてきました。 ドイツではこのように東ドイツ時代を懐古することを、「オスト(東)」と「ノスタルギー(郷愁)」をかけ合わせ、「オスタルギー」と呼んでいます。

「オスタルギー」な雑貨が買えるお店

東ドイツ時代の「オスタルギー」な雑貨が買えるのは、エバースヴァルダー・シュトラーセ駅から徒歩10分ほどの場所にある、「VEB オランジェ」というお店。 店内には東ドイツ時代の人形やぬいぐるみ、電気スタンド、椅子などをはじめ、目覚まし時計やキッチン雑貨、衣服などがあります。 少し変わっているのは、写真左下にあるにわとり型のエッグスタンド。このように実用的でかわいらしいグッズをお土産にするのもよさそうです。 レトロ好きにはたまらない「VEB オランジェ」。まさに「ベルリンならでは」のグッズが買えることでしょう。

名称:VEB オランジェ(VEB Orange)

住所:Oderberger Str. 29, 10435 Berlin

営業時間:11時~19時

公式サイト:https://www.veborange.de/index2.html

N4aeei2jdete78sghat3
引用: © OpenStreetMap contributors

ベルリンに専門店が!

「リッタースポーツ(Ritter Sport)」はドイツのチョコレートブランド。ベルリンにはリッタースポーツのチョコレートの世界が楽しめる、「ブンテ・ショコヴェルト・ベルリン」というお店があるのです! 中ではいろいろなチョコレートを購入できるほか、オリジナルチョコを作れるコーナーや、ブランドロゴを用いたグッズのコーナーもあります。 ちなみに「ブンテ・ショコヴェルト」とは、ドイツ語で「カラフルなチョコの世界」という意味。その名の通り、店内は色鮮やかで凝った造りになっていて、写真を撮るのも楽しめますよ。

日本人の口に合う?リッタースポーツの特徴

Ptbuj0bwktmg8wkggoqk

リッタースポーツのチョコレートの特徴は、正方形のかわいらしいパッケージ。フレーバーごとに色が異なり、カラフルでお土産にも喜ばれそうな見た目です。値段も100グラムで1ユーロ(約121円)程度と、かなりお手頃。 ヨーロッパのチョコレートはくどいくらいの甘さのものが多いですが、リッタースポーツのチョコはそれほど甘すぎず、日本人の口に合いやすいと思います。 学校や職場でのバラまき用として、ミニサイズのチョコの詰め合わせを買うのもおすすめです!

名称:ブンテ・ショコヴェルト・ベルリン(Ritter Sport Bunte SchokoWelt Berlin)

住所:Französische Str. 24 10117 Berlin

営業時間 9時30分~22時(月~土曜日)、13時~18時(日曜日)

公式サイト:https://www.ritter-sport.de/de/besuchen/berlin.html

Whjrcmk5fkjzcrlk7ofx
引用: © OpenStreetMap contributors

100年以上の歴史を誇る!老舗スリッパ店

最後に紹介するのは、老舗スリッパ工房である「ユーネマンス パントッフェルエック」のスリッパ。4世代にわたってスリッパを製造してきた、100年以上の歴史を持つ伝統ある工房なのです。 「ベルリンのお土産になぜスリッパ?」と思うかもしれませんが、こちらの工房はベルリン観光局のサイトや日本のガイドブックにも掲載されていて、観光客が自分用のお土産に買っていくことも多いそう。もちろんベルリンっ子もよく通うみたいですよ。

実用的&長く使える一品を

Tbxm145gg4gsaqkdpc5a

ドイツの職人が一つ一つ手で作ったスリッパは、非常にハイクオリティ。とても丈夫な作りになっており、底の部分もしっかりとしています。履き心地も抜群で、足を入れた瞬間にフィットする感覚があります。値段はスタンダードなものだと17ユーロ(約2,060円)程度です。 工房兼ショップがあるのは、ローザ・ルクセンブルク・プラッツ駅のすぐ近く。ヨーロッパでは靴のサイズの表記が日本と異なるため、自分のサイズを確認してから行くといいでしょう。

※写真はイメージです。

名称:ユーネマンス パントッフェルエック(JÜNEMANN‘S PANTOFFELECK)

住所:Torstraße 39, 10119 Berlin

営業時間:9時~18時(月~金曜日)

公式サイト:https://www.pantoffeleck.de/

Bctq1rpqdzodada95hrc
引用: © OpenStreetMap contributors
X906jhqm5vxgjyjzgknh

ベルリンにはおしゃれで都会的なお店や、ドイツらしい実用性の高いグッズを扱うお店まで、さまざまなショッピングスポットがそろっています。そのためお土産を選ぶのも実に楽しめることでしょう。 気になるショップはありましたか?みなさんも、ベルリンならではの素敵なお土産をゲットしてきてくださいね! この記事が気に入った方は、以下の記事もチェックしてみてください!