Trip-Partner[トリップパートナー]

記事のサムネイル

Categoryアメリカ

巨大すぎるシカゴ・オヘア空港の乗継ぎ・ラウンジ・楽しみ方を常連利用者が紹介!

アメリカ中西部にあるシカゴ・オヘア空港は、巨大空港として有名で、とても広く多くのショップやレストランがあります。その他にも、乗り継ぎ時間が余った時などの見所もたくさん!いつも乗り継ぎなどで利用している経験者がシカゴ・オヘア空港の楽しみ方などをご紹介します。

この記事に登場する専門家

bunnyのサムネイル画像

気ままなアメリカ在住ライター

bunny

20年余前にハワイに移住、今はアメリカ中西部ののどかな田舎町に住んで、冬の間はハワイに避寒!好きな場所にはとことんリピートする性格です。趣味はジム通いと陶芸。お隣のメキシコやカナダなどの情報もお伝えできればと思っています。

巨大なシカゴ・オヘア空港って?

シカゴオヘア空港

ハロ〜!気ままなアメリカ在住ライターのbunnyです。

今回は、私がアメリカ本土からハワイや日本に行く時によく使うアメリカの中西部イリノイ州、シカゴにあるシカゴ・オヘア空港をご紹介します。シカゴ・オヘア空港は、ユナイテッド航空とアメリカン航空のハブ空港でもあり、2005年までは離着陸回数が世界で一番だった空港です。今でも巨大空港として知られていて、2019年での利用客数は、世界6位となっています。

シカゴ・オヘア空港の詳細情報

シカゴにはオヘア空港の他にも空港があるので気をつけて!

オヘア空港

アメリカの都市にはいくつか空港があることがほとんどで、シカゴにもオヘア空港の他に空港があります。間違いやすいのは、LCCで人気のサウスウェスト航空のハブ空港でもある「ミッドウェイ空港」です。

オヘア空港

通常、日本からシカゴに来る場合、シカゴ・オヘア空港を使えば、そのままシカゴ・オヘア空港での乗り継ぎになると思うので、移動を気にすることはないですが、ミッドウェイ空港まで移動が必要な場合には、オヘア空港とミッドウェイ空港間には、シャトルバス「コーチUSA」が運行しています。所要時間は少なくとも約1時間はみておきましょう。乗り場は、シャトルセンターのメイン駐車場レベル1です。

シカゴには、シカゴ・オヘア空港とミッドウェィ空港の他にもうひとつ空港がありますが、そちらはセスナなどに使われる空港なので気にしなくても大丈夫です。ただ単にシカゴ空港と言うと、どっちの空港をさしているのかわからなくなる場合もあるので、「シカゴ・オヘア空港」と覚えておくとよいです。

オヘア空港とミッドウェイ空港のシャトル-コーチUSAの詳細情報

電話番号 : 1-800-248-8747

ウェブサイト

シカゴ・オヘア空港のターミナル

オヘア空港ターミナル

シカゴ・オヘア空港には4つのターミナルがあります。ターミナル1,2,3は国内線と国際線の出発ターミナルになり、ターミナル5は、国際線到着ターミナルになります。ターミナル1,2,3は、繋がっているので歩いて移動することも可能ですが、ターミナル5は空港間の移動シャトルを利用する必要があります。通常、ユナイテッド航空とANAはターミナル1から出発、アメリカン航空とJALはターミナル3からの出発となります。

シカゴ・オヘア空港での乗り継ぎ方法

シカゴ・オヘア空港が最終目的地ではなく、ここからまた乗り継ぎをする場合、同じ系列の航空会社の場合は、日本でチェックインする時に最終目的地までの航空券を発券してくれます。シカゴ・オヘア空港から次の目的地まで、違う航空会社を使う場合は、乗り継ぎの時に航空券を発行してもらう必要があります。出発ロビー内のそれぞれの航空会社のチェックインカウンターで受け取れます。

国際線で到着する場合(カナダからの便を除く)は、乗り継ぎの際にターミナルを移動しなければいけないので、ターミナル間のシャトル「Airport Transit System(ATS)」を利用すると楽に移動できます。

シカゴ・オヘア空港の入国手続き①シカゴが最終目的地の場合

オヘア空港掲示板

国際線の到着ターミナルはターミナル5になるので、そこで入国審査と税関検査を通ることになります。自分のステータスによって入国手続きの場所が異なります。ビザ所有なのか、グリーンカード所有なのか、アメリカ国籍所有なのか、ESTAのみの所有なのかで違うので、わからない場合は係の人に自分のステータスを言うと誘導してもらえます。

1.入国審査

シカゴ空港にて入国審査を受けます。日本からESTAの取得をしている方は、入出国カード(I-94W)の記入は必要ありません。また、税関申告書は、家族に1枚必要です。申告するものがない場合も必要になるので、必ず用意しておきましょう。(機内で配っています)

2.税関検査

入国審査が終わったら、バゲッジクレームに行き、自分の荷物を引き取って税関に行きます。税関を通過したらそのまま出口に出られます。

シカゴ・オヘア空港の入国手続き②シカゴで乗り継ぎ他の都市に行く場合

ダウンタウンシカゴ

日本からシカゴに直行便で来て、他の都市に乗り継ぎする場合でも、シカゴで入国審査を受けます。

1.入国審査

日本でもそうですが、アメリカでも最初に到着した空港で入国審査をします。シカゴが最終目的地でない場合でも、シカゴがアメリカでの最初の空港の場合、シカゴで入国審査をします。(既にどこかの空港を経由してきている場合は必要ありません。)入国審査の方法は、「シカゴ・オヘア空港の入国手続き①シカゴが最終目的地の場合」と同じです。入国審査が終わったら荷物を受け取り税関検査に進みます。

2.税関検査

入国審査が終わったら、バゲッジクレームに行き、自分の荷物を引き取って税関に行きます。税関検査を受けたら、税関の出口に行って再度荷物を預けます。その際、乗り継ぎの航空会社によって場所が違うので注意です。ユナイテッド航空の場合は、税関出口手前の右手奥になり、アメリカン航空に乗り継ぎの場合は税関出口手前の左手になります。

3.出発便のゲート確認

オヘア空港の掲示板

全て手続きが終了したら、空港内にある案内表示板で、乗り継ぎ便のターミナルとゲートを確認しましょう。冬のシカゴは雪も多いので、スケジュールの変更が多い場合もあるので、ゲート番号が変わることもよくあります。一度確認しても、搭乗時間前には再度確認した方がよいです。

★シカゴ・オヘア空港からダウンタウンへの行き方

ダウンタウンシカゴ

シカゴのダウンタウンは、シカゴ・オヘア空港の南東に27kmほど行ったところになります。電車、バス、タクシーの方法で行けます。荷物が多い場合はタクシーがおすすめですが、料金的には電車がおすすめです。

①電車

シカゴトレインCTA

シカゴ・オヘア空港からダウンタウンに向かう電車は、CTAトレインのブルーライン「Lトレイン」と呼ばれています。乗り場は、ターミナル1〜3のレベル1で、バスシャトルセンターの向かい側になります。電車は、5分から15分間隔で24時間運行されているので、とても便利です。ダウンタウンまでの所要時間は約45分で、料金は5ドル(約550円)。2時間以内に最大2台のCTAバスへの乗り継ぎができます。

シカゴCTAカード

②タクシー

ダウンタウンシカゴ

荷物が多い時に便利なのがタクシーです。ダウンタウンまでは約30分から60分ほどかかります。シカゴは時間帯によってかなり渋滞するので、通勤ラッシュの時間やイベントなどがある場合には余裕を持っておいた方がよいです。

タクシー

乗り場は、各ターミナルのレベル1のA〜Cで、バゲッジクレームを出て「タクシーを探している」と告げると、係の人が案内してくれます。料金は、約30ドル(約3300円)〜40ドル(約4400円)で、渋滞具合によっても異なります。また、空港から出るタクシーに適用される空港使用料がかかり、1人乗車の場合4ドル(約440円)、2人目は1ドル(約110円)、3人目以降は0.5ドル(約55円)が加算されます。(12歳以下と65歳以上不要)。総額に対してチップを15〜20%ほど足してください。

③シャトルバス

ダウンタウンシカゴ

オヘア空港からダウンタウンに行くシャトルには、「ゴー・エアポート・エクスプレスGo Airport Express」と言うシャトルバスがあります。プライベートバンもありますが、乗り合いのバンもあるので、乗り合いの場合、同乗者の行き先によっては時間がかかることもあります。

乗り場は、ターミナル1のドア1E、ターミナル2のドア2E、ターミナル3のドア3E、ターミナル5のドア5Eです。朝4時から深夜23:30まで10分から15分間隔で運行しています。料金は30ドル(約3300円)からで、往復利用の場合、割引もあるので、乗り継ぎ時間が長い場合、ちょっとダウンタウンに出てみようと言う時などに利用できます。

Go Airport Expressの詳細

電話番号 : 1-888-284-3826

ウェブサイト

★シカゴ・オヘア空港のおすすめショップ

巨大空港でもあるシカゴ・オヘア空港にはたくさんのショップが並んでいますが、その中でもおすすめのショップをご紹介します。シカゴ発祥のお店は見逃せません!

①美味しいチョコレートの「ロッキー・マウンテン・チョコレート・ファクトリー」

ロッキーマウンテンチョコレートファクトリー

「ロッキー・マウンテン・チョコレート・ファクトリー」は、コロラド州発祥のチョコレート屋さんですが、アメリカではとても人気のあるお店です。どのチョコレートもすごく美味しいです。また、ビジュアル的にかなりインパクトがあり、日本でも屋台などで売られているりんご飴をアメリカンバージョンにしたキャラメルアップルは、日本人にはちょっと衝撃です。また、キャラメルポップコーンや箱入りのチョコレートがあるので、お土産に最適ですよ。私はここのチョコレートをいつも買って日本に行きます。とても喜ばれます。

②多彩なポップコーンがある「ギャレット・ポップコーン・ショップス」

ギャレットポップコーンショップス

「ギャレット・ポップコーン・ショップス(garrett popcorn shops)」は、シカゴ発祥のショップなので、シカゴのお土産としては人気があります。種類も豊富で、プレーン味から人気のキャラメル味やチーズ味などがあり、缶に入れてもらえるので、お土産にも最適です。

③癒しのスパ「ターミナル・ゲータウェイ・スパ」

オヘア空港のスパ

乗り継ぎ時間がちょっとある時にはチェアマッサージが受けられます。また、時間がたっぷりある時にはフルマッサージも!楽しい旅行に向けて華やかなマニキュアやペディキュアをしてもらうのもよいですよね。

★シカゴ・オヘア空港のレストラン

ターミナルが4つもあり、レストランやコンビニのようなお店もたくさんあります。また、スターバックスなどのカフェも多数あります。

①人気シェフのお店「フロンテラ」

フロンテラレストラン

シカゴに数店お店を持っていて、アメリカのクッキングショーでも人気のリック・ベイレス氏のレストランがシカゴ空港にはあります。カジュアルなメキシカン料理で、いつも店内は乗り継ぎ客でいっぱいです。素材にこだわった新鮮なヴォカモレやカジュアルでありながらキュイジーヌ風のメキシカン料理を楽しめます。

フロンテラのシェフ、リックベイレス

「フロンテラ」のオーナーシェアのリック・ベイレス氏は、シカゴ在住なので、たまたまオヘア空港の到着出口でリック・ベイレス氏を見かけたことがあります。テレビでいつも見ていたのですぐにわかったので、すぐにカメラを向けてしまいました。

②「ウルフギャング・エクスプレス」

ウルフギャング・エクスプレス

「ウルフギャング・エクスプレス」は、人気シェフウルフギャング・パックのカジュアル軽食レストランで、日本でもレストランを展開しているそうですが、アメリカでも人気のあるレストランです。サラダやピザなど、乗り継ぎの待ち時間にちょっと食べられるのがいいです。

★シカゴ・オヘア空港の見所

シカゴ・オヘア空港にはバラエティなショップや人気のレストランの他にも見応えのある場所があります。乗り継ぎ時間などが余ってしまった時にはぜひ空港内を散策してみてください。

①ターミナル1とターミナル2の間のギャラリー

オヘア空港のギャラリー

ターミナル1からターミナル2に行く通路があり、そこには素敵なギャラリーがあります。シカゴの10代の若い子達がアフター・スクール・プログラムで描いたアートをこの通路に飾っています。ベンチが置かれていて、そちらもそれぞれユニークなデザインがあり、見応えがあります。

通路のシャンデリア

天井には素敵なシャンデリアがいくつも並んでいて、外が暗い時はとても素敵です。また、お昼には明るい通路にアートが透けてきれいです。

②有名なフィールド博物館の恐竜

オヘア空港の恐竜

シカゴ・オヘア空港と言えば有名なのが巨大な恐竜の像です。フィールド博物館のブラキオサウルス恐竜の像で、4階建てほどの高さがあるので、下を向いて歩いているとうっかり見逃してしまいます。恐竜の頭は小さく、天井に着いてしまいそうなくらい高いです。

★シカゴ・オヘア空港のラウンジ

オヘア空港のラウンジ

シカゴ・オヘア空港はユナイテッド航空の本部ハブ空港と言うことで、ユナイテッド航空のラウンジもたくさんあります。ターミナル1と2に集中していて、全部で5つのラウンジがあります。私はいつもユナイテッド航空を利用するので、ユナイテッドクラブをご紹介します。

5つのラウンジの場所

オヘア空港のラウンジ

ターミナル1のコンコースBゲートB18の近く(5:30〜22:00)

ターミナル1のコンコースBゲートB6の近く(4:30〜22:00)

ターミナル1のコンコースCゲートC16の近く(4:30〜22:00このラウンジのビールとワインのセレクションは少なめです)

ターミナル2のコンコースFゲートF8の向かい側(4:30〜22:00)

ユナイテッド・ポラリス・ラウンジは、ターミナル1のコンコースCゲートC18の近く(7:00〜21:00)にあります。

シャワーもある

ユウナテッドクラブのシャワールーム

ユナイテッドクラブにはシャワーのあるラウンジもあり、受付でアメニティももらえます。アメニティの中には歯ブラシやシャンプー、ローション、リップクリームなども入っていて、旅の疲れを癒されるグッズが入っています。

ユナイテッドクラブのアメニティ

シャワー室の中にも違うアメニティも揃っています。乗り継ぎ時間がある時にはシャワーを浴びてさっぱりとすると気分が違います。

食事もそこそこある

オヘア空港のラウンジ

食事は、日本のラウンジほどバラエティではないですが、朝、昼、夜とそれぞれに軽食ができるようになっています。私は朝の利用が多いので、主にヨーグルトやフルーツ、パン、スイーツなどが揃っています。フルーツなどはバナナやりんごがそのまま置いていて、シリアルの種類も豊富なのが、いかにもアメリカらしい雰囲気です。

巨大なシカゴ・オヘア空港を存分に楽しもう!

機内から見たオヘア空港

シカゴ・オヘア空港のご紹介をしました。シカゴ発祥のショップでお土産を買ったり、シカゴの有名シェフのレストランに行ったりと、シカゴ・オヘア空港にはシカゴらしいお店もたくさんあります。また、空港内にはたくさんのアートがあるので、乗り継ぎ時間がたっぷりある時には、じっくりと散策してみると楽しいですよ。

筆者のブログはこちら

★☆気ままなアメリカ在住ライターbunnyのブログ☆★

「本音でアメリカ暮らし」よかったら観てみてくださいませ。

-本音でアメリカ暮らし- 映画を観たり♪ 旅行に行ったり♪

アメリカ生活20年余を写真いっぱいに綴っています。旅行の話題を中心に、アメリカと日本の生活を比べたり、文化や習慣の違いなどもいろいろと・・・日本人には意外なこともたくさん!

mahalobunny.seesaa.net

シカゴの観光地もチェックしておきましょう!

元駐在妻が教える!ここに行けば間違いなし!イリノイ州シカゴの定番観光スポット11選!のサムネイル

元駐在妻が教える!ここに行けば間違いなし!イリノイ州シカゴの定番観光スポット11選!

アメリカ三大都市の一つに数えられている大都会、シカゴ。たくさんのみどころがある街ですがその中でも、実際に住んでいた筆者がこれははずせない!と自信を持っておすすめする人気の観光スポットと代表的なグルメ情報をぎゅっとまとめてお届けします!3段階の『おすすめ度』も是非参考にしてください!

trip-partner.jp