Ojkal7mur8u3ez0hcccw

アメリカ

CATEGORY | アメリカ

州の形がミトンでかわいい!アメリカミシガン州の魅力を在住者が紹介!

2019.10.30

日本人には知名度が少ないアメリカ・ミシガン州ですが、カーマニアやアーティスト、ミュージシャンなどあらゆる分野に優れているとてもユニークな州です。一年を通して美味しいフルーツも採れフェスティバルも開かれています。知られざるミシガン州の魅力を在住者が紹介します。

この記事に登場する専門家

S8f1uqnrootvp2fcwnbj

気ままなアメリカ在住ライター

bunny

20年余前にハワイに移住、今はアメリカ中西部ののどかな田舎町に住んで、冬の間はハワイに避寒!好きな場所にはとことんリピートする性格です。趣味はジム通いと陶芸。お隣のメキシコやカナダなどの情報もお伝えできればと思っています。

  1. ミシガン州ってどこ?
  2. 日本との時差は?
  3. 全米の州の中でも州の形がかわいい!
  4. ミシガン州で有名なもの①フルーツ
  5. ミシガン州で有名なもの②自動車
  6. ミシガン州で有名なもの③モータウン・ミュージック
  7. ミシガン州のおすすめ穴場的観光地
  8. ①アートの街【デトロイト】
  9. ②チェリー・フェスティバルで賑わう【トラバース・シティ】
  10. ③有名ミシガン大学がある【アナーバー】
  11. ④車好きにはたまらない【ギルモア・カー・ミュージアム】
  12. まだまだある素敵なスポット
  13. ミシガン州の素敵な街並みや穴場的観光地を巡ってみよう!
Hmhurrngvxekpee0stdh

ハロ〜!気ままなアメリカ在住ライターのbunnyです。

実は私もアメリカに住むまでは、ミシガン州って州なの?と言うくらいミシガン州に関しては無知でした。でも、五大湖と聞けば「あ、知ってる!」と言う方も多いのではないでしょうか?ミシガン州は、ニューヨークよりは西側のアメリカ中西部にあり、五大湖を挟んで北側にはカナダがあります。冬は雪が多くかなり寒いですが、夏は避暑地として人気の観光地がたくさんあります。

ミシガン州の地図

ミシガン州は、ヨーロッパからの移民が多く、ドイツ人の街などもあり、素敵な街並みが多いです。日本で言えば八ヶ岳や軽井沢のような雰囲気です。自然がいっぱいですが、それだけではなく、カーマニアやミュージシャン、アーティストなど優れた才能のある人たちが集まる州でもあります。

F84jowmsdfunm1foqblc

ミシガン州の時間帯は、ニューヨークやワシントンD.C.と同じ東海岸時間になります。ミシガンと日本の時差は13〜14時間です。サマータイムの時期は13時間の時差で、それ以外は、14時間の時差になります。13-4時間も時差があるので、日本とミシガン州ではお昼と夜がまったく逆になります。また、ミシガン州の隣にあるインディアナ州の一部でアメリカ中部時間に変わるので、高速道路を走っている時に携帯電話をみていると時間が変わるのがわかるので面白いです。

Quf4kedudba2hfmxuht5

日本でそれぞれの県の形を型どったものってあまりないので、それぞれの県の形ってあまり知らないですよね。でも、アメリカでは、自分の住んでいる州や出身の州を誇りに思って、州の形をデザインしたアクセサリーやTシャツ、クッキー型など、いろんなものがあります。

全米の中でもミシガン州の形はとてもかわいく、手袋のミトンのような形をしています。そのため、ミシガン州に住んでいる人は、自分が住んでいる場所を表す時に手のひらを広げて見せて(親指が右側に来るように)、指差します。車にもミトンの形をしたステッカーを貼っている人をよくみかけます。

Yvqtlbzygbbsqhgawoor

ミシガン州は、日本のように四季があるので、いろんな野菜やフルーツが採れることからフルーツ・ステートとしても有名です。特にフルーツは豊富で、ストロベリーやブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなどのベリー系が豊富で、他にもピーチ、アップルなど、たくさんの農園があります。その中でもチェリーは特に有名で、チェリー・フェスティバルも開かれるほどです。

Dbho0ogugleh20jxg8bd
Ai3bnmzbqgxraupyixa0

ミシガン州のデトロイトは、車産業が盛んな街で、デトロイトと言えばモータウンと言われるほどです。今ではアメリカの車産業は縮小されてきていますが、日本のトヨタやニッサンなどの会社や子会社が進出していることもあり、日本人の駐在の方もたくさんいます。

Erjrcthr9ujunnsjicdo

アメリカ車やヨーロッパ車などのクラシックカーを大切に乗っている人もたくさんいて、夏の時期には一般の道路でも普通の人たちがクラシックカーで列を作って走るパレードなどがあったりします。日常的にとても珍しい車をみることができるので、街全体がクラシックカーミュージアムのような雰囲気で、カーマニアにはとても楽しめます。

Ixpnlwj5imkkigrgzxbk

ミシガン州を代表する都市としてデトロイトがあります。デトロイトは、一時期市が倒産してしまい廃墟のようになってしまいましたが、今では若いアーティスト達が移り住み、アートの街として人気が出てきています。全米一治安の悪い都市としての評判も徐々に挽回されつつあるようです。

そんなデトロイトで有名なのは、モータウン・ミュージックです。元々デトロイトは車の街で、「モータータウン」と呼ばれていたのが愛称として「モータウン」と呼ばれるようになりました。その後、「モータウン・レコード」が出来て、そこから有名な歌手がどんどん出てきて、モータウン・ミュージックが完成してきました。有名な歌手はたくさんいますが、マービン・ゲイやスティービー・ワンダー、ダイアナ・ロスなどみんなが知っているミュージシャンが揃っています。モータウン好きな方には「モータウン・ミュージアム」もおすすめです。

Ykgff44ncpc7cejihbsu

ミシガン州と言えばデトロイトしか思い浮かばないかもしれませんが、実は日本からわざわざ来ても値打ちがあるほど、興味深い観光地がたくさんあるんです。シカゴやトロントからもそれほど遠くないので、ついでにちょっと回ってみるのも楽しいですよ。日本のガイドブックには載っていないような、アメリカで人気の観光地をご紹介します。

Mlsrbv0k20rfzpgxb4ot

以前は車の街として有名だったデトロイトも今ではアートの街として復活してきています。ダウンタウン・デトロイトはきれいに整備され、治安も守られてきています。そんな中、観光客にはあまり知られていないアートな場所もいくつかあります。

デトロイトのおすすめの穴場観光地

Mkf088cbk8tpmkgkwtmy

デトロイトに観光に来たら、やはりダウンタウン・デトロイトを巡ると思います。「グリークタウン」や自動車会社のGMのビル「ルネッサンス・センター」、散歩するのに美しく対岸にはカナダが見渡せる「リバーフロントのプロムナード」などを見るのも楽しいですが、観光客にあまり知られていない穴場をご紹介します。

Y6pp97bnajducdip8vr9

デトロイトらしい寂れた雰囲気の中に有名アーティストがウォールアートを描いている場所がいくつかあります。その中でもダウンタウン・デトロイトから数キロのところにある「デクインダー・カット・グリーンウェイ(Dequindre Cut Greenway)」は、ダウンタウン・デトロイトの観光に組み合わせると楽しく、日本人観光客はまず見かけることのない穴場的スポットです。

ダウンタウン・デトロイトから穴場スポット「デクインダー・カット・グリーンウェイ」への行き方

Ccdktzgtsne8ggevryzl

ダウンタウン・デトロイトから対岸にカナダを見ながら川沿いを東に1kmほど歩いて行くと小さな灯台が見えて来ます。そこを左に曲がると「デクインダー・カット・グリーンウェイ」と言う歩道にでます。この歩道は約2マイル(約3km)続き、周りにはウォールアートがたくさん描かれているので、地元の人たちの散歩道として使われています。

Ifovoatvqcgrtqjw0hol

レンタル自転車もあるので、約3kmの道を自転車で回ると楽です。自転車の他に電動キックボードのレンタルもあり、道の途中には誰でも使えるジムマシーンなども置いています。

Vspr6uadhycoohjh6ahk

「デクインダー・カット・グリーンウェイ」の先には「デクインダー・カット・フレイト・ヤード」と言う小さなイベント広場があって、夏の間にはライブミュージックや屋台などが出ています。

Odgkg27ki8ndpowvsxbl

その先を進むとちょっと寂れた雰囲気になりますが、有名アーティストのウォールアートが描かれたエリアがあります。離れた場所にあるので、車で回ってみるのもよいですが、歩いても回れます。ちょっと寂れた感じの所なので、夕方から夜は避けて、明るいうちに行くことをおすすめします。ダウンタウン・デトロイトから車でならば5-6分で、駐車場もあります。

Dequindre Cut Greenwayの詳細情報

Uhrawzhgsiseetq9f926

トラバース・シティは、ミシガン州の北側にあるリゾート地で、最近ではアメリカの億万長者と言われている人たちが好んで住む所でもあります。夏は避暑地として人気の場所で、寒い冬にはフロリダに移動しやすい立地も人気の秘密でもあります。

Traverse Cityの地図

Zdikt2gtectbt0z65h1i

ダウンタウン・トラバース・シティには、ユニークなお店がたくさん並んでいて、かわいいミトンの形をしたミシガン州をデザインにしたお土産もいろいろとみつかります。

Bumyneb9pdv3w3tf8ryw

トラバース・シティはチェリーの産地としても人気で、夏(7月上旬)にはチェリー・フェスティバルが開かれます。チェリーを材料にしたジャムやサルサなど、日本ではあまり見かけないようなものもあり、珍しいお土産などをゲットできます。フェスティバルでは、子供達が喜ぶ移動式遊園地があり、アメリカらしい屋台なども出ています。また、ミシガン湖の湖岸なので、のんびりとビーチを楽しむこともできます。

Gcx3ahrm4z6ofgaa54gh

また、トラバース・シティには二つの小さな半島があり、それぞれにたくさんのワイナリーがあります。素晴らしい景色を眺められるワイナリーやマドンナの両親が経営するワイナリー「Ciccone winery(チッコーニ・ワイナリー)」は、日本人にもあまり知られていないので、穴場的な観光地でもあります。道路も一本道なので運転しやすいので、ぜひレンタカーを借りて小さな半島を自由に回ってみてください。

Ciccone Wineryの詳細情報

電話番号 : 231-271-5553

営業時間 : 月〜土 11:00〜18:00 日曜日 12:00〜17:00

定休日 : 水曜日

予算 : ワイン1杯8ドル(約880円)〜12ドル(約1300円)

ウェブサイト

Ahhhscatzntlmpltufud

デトロイトから車で40分くらいのところにある都市アナーバー(Ann Arbor)は、ミシガン大学がある街で、いろんな国から学生が来ていて、豊かな多国籍な雰囲気を味わえる街です。大学を中心にお店があるので、歩いて散策するのが良いです。ちょっとヒッピーっぽい雰囲気のお店や異国料理のレストランも多くあります。

Ann Arborの地図

Ufkeq3cpwak2siebb1f8

ミシガン州のカー・ミュージアムと言えばデトロイトにある「ヘンリー・フォード・ミュージアム」が有名ですが、こちらはカーマニアのためのミュージアムではなく、フォード社の製造プロセスなどを紹介したミュージアムで、カーマニアにおすすめのミュージアムは他にもあります。

Gd83sxm0ocnvvwuwm1no

それは、知る人ぞ知るカー・ミュージアムで、デトロイトから車で2時間ほど西に行ったところにある「ギルモア・カー・ミュージアム」です。車が好きな人に人気のミュージアムで、通常のクラシックカーの展示の他にも夏の期間、毎週水曜日には、自慢の愛車を展示しに「ギルモア・カー・ミュージアム」にたくさんの車が集まって来ます。アメリカ車の他にヨーロッパの車などクラシックカーがずらっと並ぶ光景は、カーマニアにはたまらないでしょう。ミュージアムの外にはノスタルジックな雰囲気のダイナーもあるので、インスタ映えも抜群です。

Fmfgqojgpil4atljl5vu

観光地のデトロイトやトラバース・シティとは離れていますが、このあたりには夏になると普通の道をクラシックカーが連なって走っていたりするので、運が良ければそんな光景も見られます。周辺には学生テニスで有名な私立大学「カラマズー・カレッジ」などがあり、最近では地ビールのブリューワリー&バーがたくさんできているので、地ビールのお店を巡るツアーなどもあります

Gilmore Car Museumの詳細情報

電話番号 : 269-671-5089

入場料 : 大人15ドル(約1700円)、子供(7歳〜17歳)10ドル(約1100円)、子供(6歳以下)無料

営業時間 : 月〜金 9:00〜17:00 土日 9:00〜18:00

ウェブサイト

C4gdw5pj1dk2mndyockl

ミシガン州は、日本人にはあまり馴染みがない州ですが、とても魅力的なところです。今回ご紹介した他にもまだまだ紹介したい素敵なところがいっぱい!ミシガン州の北部には車が入れない島「マキノー・アイランド」やミシガン湖に沿った小さくてユニークな街や砂丘などもあります。日本と同じように四季があるので、季節の移り変わりがとても美しく、特に秋の紅葉は見応えがあります。

A3yqv98zdrigge0chko8

日本人にはあまり馴染みのないミシガン州をご紹介しました。車の街が多く日本からは駐在で来られる方も多い州です。自然が豊かでいつでもフルーツが豊富に採れるのでフルーツ狩りも楽しめます。アートの街として発展しているデトロイトをはじめ、避暑地としてアメリカ人に人気のトラバース・シティなど、広い範囲に渡って見所がたくさんある州でもあります。シカゴやトロントの観光のついでに寄ることもできます。東京などの都市の喧騒に疲れた方、ぜひ広大でバラエティに楽しめるミシガン州の魅力に取り憑かれてみてください。

筆者のブログはこちら

★☆気ままなアメリカ在住ライターbunnyのブログ☆★

「本音でアメリカ暮らし」よかったら観てみてくださいませ。