Jepsmdolngzqdgibmxxw

メキシコ

CATEGORY | メキシコ

カンクンでダイビングに挑戦!カンクンのおすすめダイビングスポットをメキシコ在住者が紹介!

2019.07.19

メキシコのリゾート地としてテレビなどでも取り上げられ、人気上昇中のカンクン!カンクンの魅力と言えばやはりカリブ海ではないでしょうか?カンクンでのマリンアクティビティはダイビングがおすすめ!ダイビングが初めてという方にも安心のおすすめのスポットをご紹介します。

この記事に登場する専門家

Gdtb5co4aepwfalylf1h

メキシコ在住旅好きライター

UC

旅すること、海外で生活することが大好きで海外生活3カ国目。大自然とカラフルな景色が大好き!現在はメキシコで生活しながら国内外いろんな景色を見に行っています!

  1. ライター紹介
  2. カンクンでのダイビングはみんなの憧れ
  3. カンクンのダイビングスポット!初心者におすすめの2ヶ所
  4. カンクンのダイビングスポット!上級者向けはここ
  5. カンクンでダイビングをする際の注意点
  6. カンクンのダイビングのベストシーズン
  7. カンクンでダイビングをしてカリブ海を満喫しよう!
Cwl5gksvkbnhdlj7weye

オラー!メキシコ在住のUCです。メキシコ生活も6年目に突入!美しいカリブ海が魅力的なメキシコ・カンクンへの旅行をお考えの方に素敵で有益な情報をお届けしていきたいと思います。筆者のブログ(タビメヒコ)でもカンクンの魅力を始め、メキシコ情報の掲載していますので、ぜひ訪問してください。

Uxojgetiqg6d4zayrbhg

ダイビングを趣味とするダイバーの中では、カンクンでのダイビングはとても人気があります。透明度が高いことでも有名ですし、カリブ海の固有種を見ることもできるため「ダイバーの聖地」とも呼ばれています。もちろんダイビングが初めてという方でも、カンクンでは体験ダイビングをすることができます。そんな筆者も人生初ダイビングはカンクンでした!

ぜひ、カリブ海でダイビングデビューしてみてください!

Offb10ikn7ensnakiz9g

カンクンで体験ダイビングができるスポットを2ヶ所ご紹介します。体験ダイビングの場合は、最初にプールや浅瀬での講習があります。潜るポイントも深さが8-10mほどのところなので太陽の光も差し込み、水中も明るくて安心です。

日本人インストラクターが所属しているダイビング会社にお願いすると言葉の面でも安心して楽しめますよ!おすすめは現地ツアー会社ウォータースポーツカンクンさんです。初めてでも丁寧に教えてくれて、不安なくダイビングをすることができました。

海底美術館(MUSA)

Wr7c0mbiroeqpyyanfds

実は、カンクン沖の海底には美術館があるんです!2010年、サンゴ礁を守るためのプロジェクトの一環として沈められた彫刻が立ち並ぶ海底の美術館。これらの彫刻は海の生物が住みつきやすい素材で作られているため、今では魚の住処となっています。

Xehm0cuwdfbhy0lehbde

たくさん立ち並ぶ彫刻たちに最初は驚いてしまいましたが、慣れてくると彫刻の間を行き交う魚たちや、彫刻で作られた家の中から覗いている魚と目があったりとても不思議な空間にいるようで、楽しめました!

2本目は魚が多いポイントで、運がよければウミガメに会えるというポイントでした!なかなか見つけられませんしたが、インストラクターさんに教えてもらって無事にウミガメを見ることができました!

Erixscljwebro7dg1vuh

<海底美術館ダイビングツアー詳細>

料金:168USD(約18,000円)

ダイビング機材レンタル、マリーナまでの片道送迎もついていて手ぶらで楽しめます。

午後出発なので午前中はホテルでゆっくりできます!

詳細はこちら

コスメル島

Il4jgsfjq9yucqvavupa

クルーズ船の寄港地としても有名なコスメル島!カンクンから車で約1時間南下し、さらに40分ほどフェリーに乗ったところにあります。ここは、メキシコの中で一番大きい島で無数のダイビングスポットがあることから世界中のダイバーが集まってくる島となっています。

Lzwcglmerlgctwy5aeey

コスメル島の魅力と言えば何と言っても透明度の高さ!コスメルブルーとも呼ばれる綺麗なブルーが広がり、海の中ってこんなに青くて綺麗なんだ!と驚いてしまうこと間違いなしです!カンクンに滞在の場合でも日帰りツアーが催行されているので、1日でコスメル島の観光とダイビングが楽しめちゃいます!

Hg1scizymymda19vz01d

<コスメル島ダイビングツアー詳細>

料金:229USD(約25,000円)

・ホテルへの往復送迎つき

・ボートダイビング2本(機材レンタル込み)

水中写真も撮ってくれるので、ダイビングでいっぱいいっぱいの初心者の筆者には嬉しいサービスでした!

詳細はこちら

Ncpywvwrjq0ety8ht3qi

地形や鍾乳石などが大好きな上級者ダイバーの憧れでもあるのが「セノーテ」と呼ばれるところです。「セノーテ」とは、何万年もかけて自然が作り上げた鍾乳洞が水没してできたものと言われており、水中には無数の鍾乳洞が広がっています。

「セノーテ」は古代マヤの言葉で「聖なる泉」という意味を表し、マヤ文明の時代から儀式に使われたり、生活に必要な水の供給源だったり、人々の生活に必要不可欠の場所でした。

「セノーテ」は約3500ヶ所あると言われていますが、世界でもカンクンのあるユカタン半島にしか存在しないため、カンクン旅行の際にはぜひセノーテでのダイビングをしてみてはいかがでしょうか。

セノーテダイビング

Bflkevd21gztle8ygnzb

セノーテでダイビングをする際、オープンウォーター以上(場所によってはアドバンス以上)のライセンスが必要です。また淡水でのダイビングになるため、海水と違って浮きにくいので中性浮力をうまく取る必要があるなど、ある程度のスキルを必要とします。

セノーテの魅力はなんと言っても透明度の高さと太陽が差し込むことで出現する光のカーテン!透明度が100mと言われるところもあり、まるで宇宙遊泳をしているかのような気分です!

V96hrvbch1q45mzcdvze

セノーテダイビングツアーの詳細

料金:200USD〜(約21,000円)潜るポイントによって料金が変わります。

詳細はこちら

ライセンスが無くても楽しめる!

Smur1rxpjgxvwkce7iqj

ダイビングのライセンスを持っていないという人は、シュノーケリングでもセノーテを楽しむことができます。遠くまで見渡すことができる透明度の高さと、キラキラと神秘的に輝く光のカーテンを思い存分楽しんでください。

オススメのツアーはトゥルム遺跡とグランセノーテのシュノーケルツアー!

セノーテと遺跡の両方を1日で楽しむことができる、お得なツアーでした!

<トゥルム遺跡・グランセノーテツアーの詳細>

料金:199USD(約21,000円)

詳細はこちら

Xpb29jsejoqmz7dggy3t

カンクンでダイビングをする際の注意点として以下の3つがあげられます。安全にダイビングを楽しむために事前に注意しておきましょう。

体調を整えておくこと

日本からカンクンへは飛行機を乗り継いで約17時間。長旅と時差、気候の違いなどさまざまな理由から体調を壊してしまいがちの人が多いです。また、カンクンはオールインクルーシブホテルという飲食代込みのホテルが多いです。そのためついつい飲みすぎてしまうことも・・・。

体調がすぐれないままダイビングをするのは危険ですので、しっかり整えておきましょう。

・船酔いが不安な場合は酔い止めを飲んでおく

カンクン、コスメル島でのダイビングはどちらもボートに乗ってポイントまで移動します。ボートで移動する時間は30分程度ですが、不安な人は酔い止めを飲んでおくことをオススメします!

カンクンの薬局でも買うことができますので、「dramamine」を探してみてください!

・日焼け対策をしておく

カンクンの紫外線は日本の約7倍とも言われています。また、日差しも強く日焼けがひどくなり火傷状態なることもあります。カンクンでのダイビングではウェットスーツレンタルが含まれていることがほとんどですが、半袖のものが多いため、長袖のラッシュガードを着ておくなどの日焼け対策をしておくことをおすすめします。

Sy6eibpluwldqt1rgygr

カンクンの年間平均気温は27度。年間を通してダイビングなどのマリンアクティビティに参加することができます。カンクン在住者目線で一番ベストなシーズンは、天気が安定し海の透明度が上がる1月〜4月です。と言っても晴れの日が多いカンクンなので、その他のシーズンでも綺麗なカリブ海を見ることはできますよ!ただし、9月〜10月はハリケーンシーズンのため、天候が崩れることが多いです。

セノーテは風に左右されず、いつでもダイビング・シュノーケルを楽しむことができます。ただし、光のカーテンは晴天の日のみ出現するので、晴れることを願いたいですね。

Dbfwbos1a48el83q6ht4

カンクンへ旅行の際はぜひカンクンとコスメル島でダイビング、そしてセノーテでシュノーケル!これで、カンクンでしか味わえないマリンアクティビティを楽しむことができます。

カンクンに何年住んでいても飽きないのがカリブ海の色です。

カリブ海の綺麗なブルーを、ぜひ水中から眺めてカリブ海を満喫して旅の思い出をより濃くするのはいかがでしょうか。



この記事が気に入った方は、他のカンクンの記事もチェックしてみてください!!