O82kywpntlrkrh6nprfg

京都

CATEGORY | 京都

鴨川の納涼床でリーズナブルな料亭から高級老舗を紹介!京都の夏は川床で和の時間を!

2020.01.14

夏になると鴨川沿岸に登場する納涼床(のうりょうゆか)は、京都の夏の風物詩。川面を渡る風を楽しみながら食事のできる、二条から五条辺りで見られる仮設のテラス席です。リーズナブルなお店から高級料亭まで、シーン別におすすめのお店を紹介します!

この記事に登場する専門家

Zz54k3lpykijgxugrsip

冒険と登山が好きな自転車乗り

うなお丸

植村直己さんに憧れて登山を始めました。世界のあちこちに旅をするのが大好きです。よろしくお願いいたします。

  1. 京都・鴨川の床をいろんなシーンで楽しもう
  2. 鴨川納涼床ってそもそも何?
  3. お得な納涼床は上木屋下木屋
  4. リーズナブルに楽しむならランチタイム!
  5. ①おしゃれでリーズナブル【amore 木屋町】
  6. ②アラカルトがおすすめ【先斗町百練】
  7. ③納涼床でお手軽タイ料理【バーンリムナーム】
  8. ④有名ラーメン屋さんの納涼床ランチ【天下一品先斗町味がさね】
  9. ⑤舌にも目にも楽しい京料理【木屋町雪月花】
  10. ディナーはリーズナブルもあれば高級料亭もあり
  11. ①ディナーでもコスパ重視で【呑食べ処 のん亭】
  12. ②四条大橋の顔【東華菜館】
  13. ③高瀬川を拓いた豪商の別邸【がんこ高瀬川二条苑】
  14. ④桂小五郎と恋人の住んだ地【上木屋町幾松】
  15. おすすめのカフェ
  16. ①おなじみカフェも床で飲めば格別【スターバックスコーヒー京都三条大橋店】
  17. ②涼やかなテラスで絶品スイーツ【サロンドロワイヤル京都】
  18. ③隠れ家のような入り口を抜けた先は南欧の風【Kawa Cafe】
  19. 納涼床で京都の夏を満喫しよう!
Pdbs5pwmesaewhon6da3

こんにちは! うなお丸です。

京都の町に、夏の間だけ登場する、「納涼床」をご存知ですか?

四条大橋を中心に、仮設の床が川面に張り出され、そのうえで食事をすることができるのです。


一昔前までは、このエリアは高級店ばかりで、京都に住んでいてもあこがれるだけの存在でした。

が、最近は安く利用できるお店も増加中。

リーズナブルなお店から高級料亭まで、シーン別におすすめのお店を紹介します!

二条から五条にかけて仮設の床が並ぶ

Qgcxrxga2lxzuobz8hf2

納涼床は、鴨川の脇を流れる「みそそぎ川」という人口川の上の仮設テラス。

二条から、五条辺りに見られる、京都の夏を彩る、風情ある一角です。


エリアとしては、以下の四つに分けられています。

・上木屋町エリア

・先斗町エリア

・西石垣エリア

・下木屋町エリア

5月~9月のみ登場

Sdrhqlnrarpkzvxmh3ez

納涼床が登場するのは、毎年5月~9月。

湿度が高く空気がこもりがちな京都の夏を、少しでも涼しく過ごすためのものなのです。

納涼床の登場は戦国時代以前

Bficlsfnzzbjjpnfr6bb

納涼床の始まりは戦国時代以前。

秀吉によって三条や五条の橋が新しくなり、行き交う人々が多くなったことで、この辺りに出店が並ぶようになりました。

江戸時代にはものすごくお店が増え、「河原の涼み」と呼ばれて大人気だったとか。

当時は仮設ではありませんでしたが、昭和4年に常設床は禁止となり、現在のような仮設の床となります。

納涼と言っても真夏は暑い

Evh21722r89yxz9niivo

いくら風があるとはいえ、真夏の京都、真昼に外で食事をするのは少し危険な行為。

納涼床も、6月~8月は夜しか営業していません。

お店によっては、5月、9月のみランチ営業をしています。

9月の昼間はまだまだ暑いですけどね!

それでも、季節を肌で味わえる納涼床を楽しむのが京の粋なのです。

「かわどこ」と「のうりょうゆか」は異なるもの

Eu9rzov65ccws1jpwehh
引用: https://www.instagram.com/p/B52hdQ8jpCw/?utm_source=ig_web_copy_link

鴨川の川床、という言い方をする人もいます。

が、「川床」というのは貴船神社辺りに登場する川の上の席のこと。

貴船は「京の奥座敷」と呼ばれるエリア。

座敷にある「床」は、「ゆか」ではなく「とこのま」なので、「かわどこ」と呼ばれているのです。

四条あたりにあるのは「のうりょうゆか」「ゆか」と呼んでくださいね。

Qmsqb9v6gr1sc0kaogjh

先斗町辺りは、京都でも高級なお店が並ぶエリア。

特に、納涼床を利用するとなると、追加料金を取られたり、専用のコースしか注文できなかったり。

そんな納涼床をリーズナブルに利用する方法があります。


三条大橋と四条大橋の間は、高めのお店が集まっています。

ですが、その上下(北や南)になると、少し安いのです。

お手軽cafeもあって、気軽に利用できますよ。


後述のランチタイムを狙うのもおすすめです。

Kvx7hgkbcl1egiwzwv5n

5月と9月にだけ実施されているランチ営業。

昼とは異なる雰囲気で、涼やかに楽しむことができます。

夜用の懐石やディナーコースに比べるととても安い値段になっているお店が多いです。

半額以下で楽しめるお店も。

Wyp3xymp0hjcrvfzf36j
引用: https://www.instagram.com/p/BzIGhBTnDlB/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

下木屋街にあるイタリアンのお店。

ピザやパスタのメニューが豊富なのですが、通常サイズのピザが直径30センチもあって、おなかを満腹にしてくれます。

ランチタイムのメニューは本当に安くて、マルゲリータなら1,500円。

欧米のアンティークを並べたインテリアが素敵で、ランチデートにおすすめです。

amore 木屋町の詳細情報

Hbjgazoypihpzo8qdd1x
引用: https://www.instagram.com/p/B03l2v5Flww/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

三条大橋から下がってすぐ、先斗町エリアにある居酒屋さん。

席料が取られないし、アラカルトで注文可能なので、好きなものを選びつつリーズナブルに食べられます。

隣が歌舞練場のため、連なる床の切れ間となっていて、広く鴨川の風景を楽しむことが可能。

先斗町百練の詳細情報

Xxb0dcrcu2n1u6oabdjx

四条大橋を下り、先斗町がなくなる辺りの西石垣エリアにあるタイ料理のお店。

対岸に南座が見える、風情あるエリアなのに、異国情緒あふれるインテリアの中でタイ料理を食べられるのが面白いです。

コースを注文したら、席料がサービスされます。

バーンリムナームの詳細情報

Qn1sdbaifhr0p6qk6vlf
引用: https://www.instagram.com/p/Bwe92x4HVsp/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

京都に本店のある有名ラーメンチェーン、天下一品の会席料理店が、なんと先斗町エリアにあります。

元お茶屋さんを改装したお店で、今にも舞妓さんが姿を見せそうな風情。

納涼床で食事をするためには会席料理を注文する必要があるのですが、税込でも3,000円を切る値段設定。

ちょっと贅沢な日のランチにおすすめ!

O35ovukqcmtuf42vq9oe

お店のメニューには天下一品こってりラーメンや中華料理のアラカルトもありますが、納涼床のコースには含まれていません。

天下一品先斗町味がさねの詳細情報

Mtsby92gr6h62vbzioyq
引用: https://www.instagram.com/p/B06AUHtAAJb/?igshid=e3w9vsye9qog

四条と五条の中間辺り、静かな下木屋街エリアにある京料理のお店。

若い人から、ちょっと年配の人まで落ち着けるお店です。

夜は席料がかかるのですが、ランチタイムはかからなくなっています。

テーブル席ではなくて掘りごたつ形式の席なので落ち着いて座れます。

床ではコースのみオーダー可能で、ランチコースら2,200円〜

木屋町雪月花の詳細情報

Pybufrj1vxidgpvrczce

夜の納涼床は、一層風情あふれる雰囲気。

川面に溢れるお店の灯り、風鈴の音、はんなりと明るい中で、京の人々は昔から暑さをしのいできました。

現代社会に欠かせないエアコンの空気から離れ、時代を超えて愛されてきた納涼床の雰囲気に酔いしれてください。

リーズナブル居酒屋や歴史ある高級料亭を紹介します。

Vmllyidrzvpssniqkrpf

京都の食卓に欠かせないのが、おばんざい。女将さんが作るとりどりのおばんざいが美味しい居酒屋さんです。

四条大橋すぐ北、先斗町エリアにあるのにお値段は普通の居酒屋と同じくらいで、お手軽セット3,800円(席代込)が人気。

納涼床でアラカルトも注文できるので、お財布調整も簡単です(別途席代600円)。

呑食べ処 のん亭の詳細情報

Kgaqmpnym9p8hszmemos
引用: https://www.instagram.com/p/B2VfHcdgxwe/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

京都の中心地、西石垣エリアの四条大橋のたもとには、大きな洋館がそびえています。

大正時代から昭和にかけて活躍した建築家ヴォーリスの手によるもので、スパニッシュ・バロック風デザインとなっています。

中には海鮮や野菜をモチーフにした装飾があったり、大正時代に作られた主導のエレベータが現在でも活躍していて、家族連れ(特に男の子)にも人気の建物。

洋館ではありますが、提供されているメニューは中華料理。

コース料理は6,000円~で、納涼床でのアラカルトの注文も可能です。席代はかかりません。

東華菜館の詳細情報

Ht1f3qyqybvjzt4qtbfc
引用: https://www.instagram.com/p/B230uDPgYhe/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

高瀬川は、江戸時代、角倉了以の尽力によって拓かれた運搬のための人口川。

森鴎外の小説でも有名な川が鴨川から分かれているところに、角倉了以がすんでいた屋敷があり、それを改築したのが上木屋町エリアのがんこ高瀬川二条苑です。

建物だけではなく、江戸時代から守られてきた庭も美しい料亭ですが、夏には納涼床も登場します。

夜の平均予算は6,000円(席料込)で、アラカルトの注文はできません。

子供向けメニューもあるので、特別な親族の集まりなどにおすすめです。

がんこ高瀬川二条苑の詳細情報

E6sb0mxbbwjrvp1yztfq
引用: https://www.instagram.com/p/B2HBKW9FBcd/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

桂小五郎は、明治維新の功労者。

彼が妻・幾松と結婚前に住んでいた長州藩控屋敷が、現在の上木屋町幾松。

幾松が小五郎を新選組から隠し通したという「幾松の部屋」は、国の有形文化財に指定されています。


粋を凝らした京懐石料理は、夜は15,000円~

ドレスコードもカジュアル不可となっていて、数ある納涼床の中でも、とっておきの日にドレスアップをして行きたいお店の一つです。

上木屋町幾松の詳細情報

Hp7g3y27vppybcp8ylkd
Hcjezpozghduph2usxcz
引用: https://www.instagram.com/p/B2_c0o2HdsJ/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

世界的コーヒーチェーン店、スターバックスも納涼床を出しています。

上木屋町エリア、三条大橋のとなりにあるこのお店は席代はかからず、いつものコーヒーを納涼床の上で楽しむことができます。

300円から楽しめる納涼床は大人気。

Emfljsxn2s1tvw2mnjjf

建物は煉瓦、テーブルセットはスターバックスらしくアメリカ風になっていて、時代を感じる三条大橋とのアンバランス感も楽しい。

予約は不可なので、並ぶのを覚悟で行きましょう。

スターバックスコーヒー京都三条大橋店の詳細情報

Jbugfdrfpl8j7ictnpza
引用: https://www.instagram.com/p/BvSQmLPFsuX/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

上木屋町エリアにある老舗ショコラカフェでも、夏になれば納涼床を出しています。

コーヒーやワインとともに、チョコレートやスイーツをいただくひと時。

コーヒーや紅茶が1,000円と、一般的なお店に比べると少し高いのですが、お店おすすめのショコラがおまけについてきます。

ワインやビールは900円。

ショーケースにはいくつものケーキやショコラが並んでいて、乙女心をくすぐります。

サロンドロワイヤル京都の詳細情報

Pa182si8pxbggffvefxo
引用: https://www.instagram.com/p/BwadMkql4xt/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

四条大橋から少し下がった下木屋町エリアあるカフェ。入り口は純和風の路地なのに、そこを抜けると南欧のような空気感があり、そのギャップが楽しいお店です。

席料が250円ですが、夜はアラカルトの注文もできるのでリーズナブルに楽しむことができます。

cafeメニューはドリンク500円、スイーツ750円。

食事や飲み物はヨーロッパ風のものが多いのですが、日本酒や鳥の照り焼き、サバの味噌煮なんかもあります。

Kawa Cafeの詳細情報

Tta21w2eoj33cexk65p1

京都中心部で、祇園と並んで人気の高い繁華街、先斗町。

京都の発展とともに成長してきた納涼床を楽しまなきゃ、京都の夏を味わったとはいえません。

数百円で楽しめるカフェから、とっておきの日のための料亭まで紹介しました。

どれだけ暑くても外に席を出し、涼しい風情を大切にする京都の夏を、肌と舌で味わってくださいね!

この記事を読んだあなたにピッタリの京都の情報はコチラです!