Rpkflu30ieww6bul1lz9

ニュージーランド

CATEGORY | ニュージーランド

地元の人も良く使う!知る人ぞ知るニュージーランドのお土産10選を在住者がご紹介!!

2019.06.28

ニュージーランドのお土産は何が良いか迷いますよね。この記事ではオススメお土産、お得に買えて喜ばれるものを紹介しています。しかもこのオススメ商品は知る人ぞ知るものばかり。もしくは日本より断然お得に買えるもの!どうぞこの機会にニュージーランド文化を日本に持ち帰って下さいね!

この記事に登場する専門家

Lemh9mpr2cbxqmnzi7hs

ニュージーランド在住子育てブロガー

ひかり

NZ在住5年以上、子供がローカルの学校に通っており、現地の初等教育についての知識が豊富。Kiwiや他の国々からの人達との交流も深く、文化についてアレコレ学ばされている日々。

  1. ニュージーランドのお土産はなにを買うべき?
  2. ニュージーランドお土産1:Aratakiのマヌカハニー
  3. ニュージーランドお土産2:Robert Harrisのコーヒー
  4. ニュージーランドお土産3:Healtheries/Red sealのハーブティ
  5. ニュージーランドお土産4:Sanitariumのマーマイト
  6. ニュージーランドお土産5:BosticのBlu Tack
  7. ニュージーランドお土産6:essanoのミセラウォーター
  8. ニュージーランドお土産7:Aveenoのボディローション
  9. ニュージーランドお土産8:earthwise/eco storeの石鹸
  10. ニュージーランドお土産9:Sistemaのタッパー
  11. ニュージーランドお土産10:Thursday PlantationのTeatree oil/Lavender oil
  12. ニュージーランドのお土産は「使える」ものを!
Q3rtkorg66l9mtaro7h0
引用: https://pixabay.com/photos/shopping-cart-shopping-purchasing-1269174/

皆さんこんにちは!ニュージーランド在住のひかりです。あれこれと挑戦の毎日でとても充実した日々を送っています。

 

さて、ニュージーランド旅行。

楽しかった旅行を後々まで良い思い出として彩るもの、それはお土産です。

 

お土産は誰に送るのでもあっても、記念に残る大切なものですよね。だからこそ引き出しの奥に行ってしまうものではなく、本当に使えるものが欲しいところです。そこで私から知る人ぞ知るとっておきのお土産を紹介したいと思います

Oskhffps9nmypfhcyike
引用: https://pixabay.com/photos/girl-woman-shop-souvenirs-shelf-4181395/

気になるお値段も目安として記載しましたが、日本円の換算は$1=71円計算でしています。


今回紹介する商品でのキーワードは下記の3点です。


・実際使える

・高くない

・スーパーで簡単に買える

 

お得に買い物が出来て、貰った人にも喜ばれる。一石二鳥ですね!

 

そして私が紹介するものは、下記の2つの近くにあるスーパーマーケットで全て購入可能です。この2つはどこの都市あるので安心して下さいね!例としてそれぞれ1店舗ずつ紹介しますが、他にも店舗があります。

Countdown

Bivrtk7avftdsloxbm5y

Countdown Auckland Metro( https://www.countdown.co.nz/)

住所:19-25 Victoria St W, Auckland, 1010

営業時間:毎日 7時00分~22時00分

ルート:Britomart駅からQueenstreet 沿いに徒歩11分


Google 地図はこちら

PAK'n SAVE

Ydnfk0gfx1saxsy1aidp

PAK’nSAVE Silvia Park( https://www.paknsave.co.nz/)

住所:19-25 Victoria St W, Auckland, 1010

営業時間:毎日 8時00分~22時00分

ルート:Sivia Park駅前 徒歩数分


Google 地図はこちら

Tkpu6wiehtubyjubxsrg

ニュージーランドを代表するもののひとつ、マヌカハニー。様々な効能がありますが、特にその殺菌作用は強力で、ピロリ菌や虫歯・歯周病にも効果を発揮するのだとか。一般的にUMF10+、MGO263+ が効果的だとされています。

 

今回私がオススメするのはArataki( http://www.aratakihoneyhb.co.nz/ ) という老舗メーカーのマヌカハニー。現地の友人の多くの家にも置いてあることから、その高い品質は保証済み。

Txdmk5knxvtbvqqd72lk

Aratakiのマヌカハニー。日本での販売価格5000円(楽天)と比べると、スーパーで$20(1420円)程度。実に3割の値段でお得に購入可能なんですね!そして安心のUMF10+です!お土産としてとても喜ばれると思います。

ここがオススメ!

・薬ではないのに風邪予防にしっかり役立つ

・Aratakiのマヌカハニーは他社に比べて安い!

・日本で買うよりお得!

Ebsnnbhxnsvhkxrbjecb

ニュージーランドは正にコーヒー文化。街角には至る所にカフェが立ち並び、そこには多くの人が。そして今回お勧めするRobert Harris(https://robertharris.co.nz/ )はそんなニュージーランドを代表するコーヒーメーカーの老舗の会社です

Robert Harrisが地元の人から愛される、その人気の秘密は、商品の種類の豊富さにあるでしょう!写真にある通り、色違いで同じようなパッケージが多く陳列されていますね。これが全部Robert Harrisの商品です。こんなコーヒーをお土産にいかがでしょうか。コーヒー好きな人には喜ばれる品物です。

Nqkydgdjmlekrykzx2nr

沢山の種類の中から自分用や友人用のお土産に色違いで購入するのも良いですね。

価格としては一袋200gで一律約$6(約420円)。また頻繁にセールがあり$5(約360円)でお得に買えることもあります。

ここがオススメ!

・ニュージーランドに長い歴史がある老舗の会社のコーヒー

・沢山のフレーバーが揃っている

・他の商品より安いのに香りが高く、地元民に愛されている

Rczmcsrdagmwgx1revyc

コーヒーの種類もさることながら、紅茶、特にハーブティの種類の多さにはまた驚かされます。


今回オススメするのは

Healtheries (https://www.healtheries.co.nz/ )

Red Seal (https://www.healtheries.co.nz/ )

という会社のハーブティです。


この会社はどちらも同じくサプリメントなどの健康食品を販売している会社で、地元民が購入するサプリメントはほぼこの会社のものです。

Dfbwdu2yfwvww2aiawiz

そんなHealtheriesとRed Sealですが、どちらも豊富な種類のハーブティを展開しており、これも地元民の間でとてもポピュラーです。スーパーでどれにしようか迷う人をよく見かけるほど。パッケージも可愛く、香りも高い。そしてティーバッグで扱いやすい。数もあるので会社のバラまき用のお土産にピッタリですね!

F1i4op7cpyski6rlattv

ニュージーランドの緑茶(写真右)、お土産にいかがですか?日本の緑茶と風味は違い、苦みは全くありません。

 

価格は商品によって変わりますが、大体$3~6(約210円~430円)で考えておけば間違いはありません。

ここがオススメ!

・ニュージーランドに長い歴史がある老舗の会社のハーブティ

・日本にはないフレーバーが沢山!

・量があるのでバラマキお土産にピッタリ!

H46eederhfchjote0pfy

イギリスの文化を強く受け継いでいるニュージーランド。


イギリスと同様、マーマイトも存在します。マーマイトはビール酵母から作られるとても栄養価の高い「パンに塗るスプレッド」で、ニュージーランドではSanitarium (https://www.sanitarium.co.nz/products/spreads/marmite/marmite )から出ています。

Itbbkabgzzlv3kfvozdt

因みに同じようなビール酵母から作られるスプレッド商品でKraftのベジマイトもありますが、これはオーストラリア製造のものです。

両者どちらも国民から大いに愛され、たまにマーマイト派とベジマイト派で論争が起こるほど。栄養の高さから子供のサンドイッチに使うお母さんも多いです。そんなマーマイトをお土産にしてニュージーランドの食文化を垣間見るのも面白いですよね。この独特な味が苦手という方は、アボカドに少量付けて食べるのがオススメ。

Wjr3sbk4ququkqbozho2

実はマーマイトはベジマイトより鉄分豊富で、5gで鉄分1.8mg含有というスグレモノ!私の貧血はこれで改善しました。その事については私のブログにも書きましたので参考まで(https://sproutsdiarynz.com/vegemite-marmite/)。

マーマイトの価格は500gが約$7.50(約530円)。日本の輸入雑貨屋で購入出来るマーマイトが125gで約700円なので、2割引きの金額で購入出来ます!違う食文化を試してみる絶好のチャンスですよ!

ここがオススメ!

・ニュージーランドに長い歴史がある、非常に栄養の高いスプレッド

・地元民に愛され、健やかな健康を願って子供のサンドイッチで使うお母さんも多い

・日本で買うより断然お得!

Ea2es7anvnpfrw77nsil

BosticのBlu Tack (https://www.bostik.com/newzealand/ ) はニュージーランドでは知らない人が居ない程あまりにメジャーな文房具です。

見た目や感触はねり消しのような感じで、画鋲と同じ役割を果たします。大きさも自由自在、簡単に掲示物を壁に貼ることができ、特に小学校や語学学校等の教育機関ではその手軽さから不動の人気を誇っています。Blu Tackは商品名ですが、あまりに有名過ぎて一般名詞化しています。とっても便利なこの商品をお土産にして会社や家で使うのはいかがでしょうか。

Ylrwleoswugay3zrqrfh

画鋲は踏むと痛いですよね。しかしこのBlu Tackは踏んでも潰れるだけです。ねり消しのようなものですから。実に安全なので個人的にはBlu Tackがあれば画鋲は捨てて良いとすら思える逸品です。

 

値段は約$5。これ1個あれば、普通に使う分には1年位は持ちます!お得ですね!

ここがオススメ!

・学校やその他教育機関で見ないことがない程のメジャーな文房具!

・画鋲の役割を果たすが画鋲と比べ物にならないくらい安全性が高い!

・安いし長持ち!

Iidoi7kcdcvdhv9o0e84

ニュージーランドには様々なオーガニック基礎化粧品がありますが、essano (https://essano.co.nz/ ) シリーズはその1つ。

上記の写真はなんと全部essanoの商品です!

基本的にessanoシリーズは全て高品質でオススメ出来ますが、今回私がお勧めするのはこのessanoシリーズのミセラウォーター。地元民からの強い支持があり、男性版のコスメも展開しているほど。

Yujvbsls99bagdkp1btt

ミセラウォーターはそれで拭き取るだけで軽い化粧も落とせ、また朝の洗顔代わりにもなるという便利な化粧水。私も実際これを使っていますが、目に沁みることもなく使い心地は良いです。女性へのお土産として喜ばれる商品ですね!

価格は400mlで$13ですが、たまにCountDownで$4 (約300円)という大胆な値下げセールが行われているので要チェック!因みに日本ではオーガニックなら数千円は下らないので、お得に買い物が出来てオススメです。

ここがオススメ!

・ニュージーランド発のオーガニック化粧品!

・手軽に化粧や洗顔が出来て、目に沁みない!

・たまにビックリするくらい安く買える!

Awyjdmoymoklwaudshkp

Aveeno (https://www.aveeno.co.nz/ ) ボディローションはニュージーランド発ではないのですが保湿効果は申し分なく素晴らしく、地元民がよく買う商品の1つです。

アメリカの小児科ではAveenoの子供用のボディローションを勧めているくらい品質は確かです。私もこちらで酷い乾燥肌になってしまいましたが、その後Aveenoのボディローションに出会ってからはすっかりこれに定着しました。

Fp9h99cuxycxigpky7j2

ボディローションはこの4つの種類となりますが、どれもオススメです。値段は354ml入って約$12(850円)ですが、たまに特売で$9(500円)になることがあります。日本では2200円くらいするのでお得に買い物が出来ますよ!

ここがオススメ!

・地元の人に愛されているボディクリーム

・その保湿効果はアメリカの小児科医のお墨付き!

・日本よりお得に買える!

Jyfuzmjstpgigi23oone

環境に優しい、身体に優しいものを求める意識はニュージーランドでは至る所で感じられるものですが、その代表的な存在として、earthwise (http://www.earthwise.co.nz/ ) とeco store (http://www.ecostore.co.nz/ ) というメーカーがあります。

どちらも洗剤・石鹸の会社で、環境や体に良いものを求める地元民に根強く愛されています。特にeco storeは日本にも上陸済で、ご存じな方も多いのではないでしょうか

Shczxc1mrktmkjmvtc7s

このearthwiseとeco storeの2つのメーカーは体に有害な化学物質や動物性油脂を省いた製法を取っていて、どの商品も基本的にはオススメなのですが、今回お勧めするのは固形の石鹸

eco storeのホームページをみると、ここの石鹸を使ってからは子供の体調が良くなったという旨のくだりがありました。実際スーパーの石鹸コーナーに行くと、自分の子供のためにと購入していくお母さんの姿がよく見られます。

その他、包装材等もリサイクルのものを利用するなどで環境保全に最大の注意を払っているようです。この石鹸はそんな文化を持ち帰れる、人に喜ばれる素敵なお土産になりそうですね。

値段は大体1個当たり$2です。ecostoreは最近日本にも上陸しました( https://ecostore.jp/ )がちょっとお高め。

ニュージーランドに旅行で来たタイミングでお得にまとめ買いするのがオススメです!

ここがオススメ!

日本でも販売開始されたeco store製品を直接買える!

・環境にも配慮したパッケージ、有害な化学物質は排除された、植物由来の石鹸

・日本で買うより断然お得!

Se7lq7fnklwdyvcjolol

ニュージーランドでタッパーと言えば、ズバリSistema (https://sistemaplastics.com/ ) の製品です。

 

このタッパーはBPA等の有害物質を含まない、身体に優しい製品なんですね。上の写真全部がSistemaの製品という、驚くほどの多くの種類を展開しているので、どのようなシチュエーションにもマッチする製品が必ずあります。お土産としてオススメ商品です!

Mp7gsxpkmetv0kyatege

これがオーソドックスなSistemaのタッパーです。中が間仕切りになっていて、2種類のものを入れられるようなタッパーもあります。 

Vlczc3mh1bpaegdfnzzf

学校に通う子供たちはこんなランチボックスを持って学校に行きます。水筒は保温も保冷も長時間出来るスグレモノです。

 

お値段は品物に寄りますが、小さなものなら$5(約360円)で収まるものばかり。そして何より半額セールが頻繁にあるので、その際は更にお得に買う事が出来ますよ!友人たちに色違いで送っても喜ばれること間違いなし!

ここがオススメ!

・BPA等の有害物質を含まないタッパー(日本では規制がないためほとんどのタッパーに使われています)

・とにかく種類が豊富で、あらゆるシチュエーションにマッチするものが必ず見つかる!

・頻繁に半額セールをしているのでその場合は更にお得感アップ!

C2c6srqnoh8jdhp3nla2

ニュージーランドでは何か具合が悪くなった歳、お薬を使う頻度が日本と比べてとても低く、代わりにこのようなティーツリーオイルやラベンダーオイル等のアロマオイルを使う人も多いです。

 

そしてこれらは日本で買うととても高いのに、こちらでは流通量も多いせいか手軽に格安で購入することが出来ます。スーパーでいつもあり、格安で購入できるのはこのThursday Plantation( https://www.thursdayplantation.com/ )のTeatree oilとLavender oilです。

Wqcbf64vbu4cp8l3woli

ティーツリーオイルは夏季の虫よけもそうですが、特に殺菌作用に優れていてインフルエンザや風邪予防、傷の消毒にもってこい!消毒液のような役割を果たす上、とても香りが良いのでオススメです。

 

また地元ではなんとシラミ対策に大いに役立っているんですよ!ニュージーランドでは特に小学生の間ではシラミに悩まされる家庭が多いので、ティーツリーオイルは各家庭に1本はあるほどです。

Olrahbsgn4h70hongm8i

ご存知の通り安眠効果をもたらすこのラベンダーオイル。こめかみに付けると仕事で興奮していたりする気持ちがスッと落ち着いてお勧めです。我が家では頭痛の時に使ったりもしています!

値段は2つとも25ml入って$13(930円)くらいで購入できます。日本で買うよりもお得なのでおススメですよ!

ここがオススメ!

・地元民の間で愛されているポピュラーなアロマオイル!

・ティーツリーはインフル予防、ラベンダーは頭痛対策に有効!

・日本で買うより断然お得!

Y3zauzts8nylvgc9xu6c
引用: https://pixabay.com/photos/card-gift-gift-wrap-paper-present-1835447/

今回は「実際使える」「高くない」「スーパーで簡単に買える」というポイントから、ニュージーランドのお土産のオススメをお話させて頂きました。

 

基本的にお土産は心がこもっていれば貰う方としては中身関係なく嬉しいものでありますが、選ぶ方としては何か日本に無いものを選びたいところで、しまいには何を買うべきか迷ってしまいますよね。今回のお話がそんな方たちのお土産選びのお役に立つといいなと思います。

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!


この記事が気に入った方は、他のニュージーランドの記事もチェックしてみてください!

筆者のブログはこちら。良かったら遊びに来て下さいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://pixabay.com/photos/new-zealand-sea-sheep-coast-225540/