Hsbc4flpbaqmu7zozv7k

カンボジア

CATEGORY | カンボジア

カンボジアの物価は安い?両替のお金はいくら必要?在住者が旅行者へ向けて解説します!

2019.07.19

旅先でお金が足りなくなった経験はありませんか?私も8年前、カンボジア旅行の時がそうでした。それは物価は安い!と思い、事前にカンボジアの物価を調べなかった事が原因です。事前に現地の物価事情を知る事は大切です。在住暦6年の私が、カンボジアの物価事情をお届けします

この記事に登場する専門家

I5ssimbfbmdvolrre4bg

カンボジアに嫁いだライター

イワ

カンボジアに魅了され移住し、カンボジア人と国際結婚したイワです。現在4歳と1歳のママ。アンコールワットがあるシェムリアップの村で、マイホームを建て、家族4人でのんびり暮らしております。カンボジアでブログ書いたり、タロットしたりしてマス!

  1. カンボジアの物価は安いの?それとも高いの?
  2. まずはカンボジアの通貨リエルを紹介
  3. 重要!カンボジアではUSドルが使えます。両替はUSドルに!
  4. カンボジア通貨リエルの利用方法
  5. カンボジアのお店でクレジットカードは使えるの??
  6. カンボジアでも日本円を両替出来る?
  7. 2019年現在のカンボジアの物価状況
  8. カンボジアの観光客向け飲食店の物価
  9. カンボジア観光客向けのお土産店の物価は高い
  10. カンボジアの観光客向けのバー
  11. カンボジア人が通う飲食店は物価が安い!
  12. カンボジアではどこの店を利用するかで物価は変わります!
  13. カンボジアの物価まとめ
我が家からの風景

こんにちは!イワです!今回の記事もカンボジアのマイホームからお届けします。

さて、「カンボジア」と聞くと「物価は安い」というイメージがあるかと思います。しかし実際は、観光客用の飲食店やお土産店は、それほど物価は安くありません。



日本と同じ値段か、少し安い程度です。小額のお金しか持参せず、現地で再度換金したり、欲しいものを諦めた!という旅行客の声をよく聞きます。

今回はカンボジア物価について、詳しく説明していきます。

カンボジアの通貨リエル

カンボジア通貨のリエル紙幣は種類がたくさん。ここでは旅行中に、おつりでもらう可能性があるリエル紙幣「1000リエル」と「500リエル」「100リエル」を紹介します。


2019年7月現在のレートは100円=約3,741リエル、1$(108.6円)=4,072リエル となります。分り易い計算として、4000リエル=1$(約110円)と覚えておきましょう。


青色は「1000リエルで約25円」赤色は「500リエルで約15円」、オレンジ色は「100リエルで約6円」となっております

カンボジアではUS$が流通しているので、お店や市場でもUSドルの支払いが可能です。ですが1$(約110円)以下はカンボジアの通貨・リエルを利用する事になります。


例えば、合計が10.5$(約1130円)であれば、10$札1枚と、2000リエルを支払います。

たまに合計が10.75$(約1160円)となった場合、在住6年目の私ですら、何リエルかな?とわからなくなりますが、すぐ店員さんが「3000リエル」と教えてくれます。慣れないとリエルを使えず、大量にリエル札が余っているという旅行者がよくいます。

先にも伝えましたが4000リエルで1$(約110円)の計算になります。なのでホテルのベッドメイキング用のチップ代で4000リエルを出したり、マーケットで水だけを購入した時、トゥクトゥクやガイドさんのチップ代をリエルで支払ったりと、なるべく使い切ってしまいましょう。


又、お店や空港には募金箱も設置してあるので、使い切れなかったリエル札を募金するのもひとつの方法です。

募金箱
カンボジアクレジットカード表記

カンボジアの店舗でも、クレジットカードを利用出来るお店が増えてきました。大きい店舗では比較的利用できます。店舗の入口には、利用可能なクレジットカードが表記されているので、事前に確認しましょう。

両替所

観光地周辺では、数多くの両替所があります。日本円をUS$に両替する事も可能です。

ただし、レート率は良くない可能性があります。

カンボジア人でもドル紙幣からカンボジアのリエル紙幣によく変換したりするので、混雑している時が多いです。

どの国もそうですが、観光名所にある飲食店やお土産店は物価は高いです。カンボジアでは観光客向けのお店と、現地の人達が行くお店は値段や質に差があります。

まずは観光客向けのお店の物価を紹介します!

レストラン

店舗前に設置してあるメニュー

観光客向けの飲食店は、オシャレな雰囲気や冷房やWi-Fiが完備だったり、そしてスタッフが英語を話せます。気になったお店は、店舗前にメニューが設置してあるので、食べ物や値段を事前に確認する事が出来ます。

パスタは6$(約650円)〜、バーガーも6$(約650円)〜。ココナッツは1.5$(約170円)。

ココナッツ

アイスとカフェでちょっと休憩

Blue Pumpkin外観

観光の中心パブストリート周辺に、何店舗もある「Blue Pumpkin」

アイスはたくさんの種類があり、1カップ2US$(約220円)〜。カフェも3$(約330円)程度です。

センスがいい、おしゃれなお土産店は物価は高い

個性的なお土産屋

観光地で有名なパブストリート周辺には、個性的でかわいい商品が置いてあるお店がたくさん並んでいます。カンボジア原産のもので、外国人のデザイナーが作っている洋服やグッズは、どれも可愛らしいですが、値段は高いです。

カンボジアならではのお土産を探している人は、是非チェックしてみて下さいね。

お土産屋
バーの価格

ビールは1杯0.5$(約60円)と激安です。カクテルは2.5$(約270円)〜で、日本に比べると安いですね。

飲み過ぎには注意です!!

カンボジア人が行く飲食店

現地のレストラン

日曜日の夜ともなると、ほぼ満席!こちらはパスタやピザも3$(約330円)から。1つの品を皆でシェアして食べるのが一般的なので、ひとつひとつの品がボリュームあります。3.5$(約380円)のパパイヤサラダも美味しいです!!

パパイヤサラダ

オールドマーケット周辺のローカル屋台

カンボジアローカル屋台

味はそこまで美味しくありませんが、値段は一品1.5$〜3$(約160円〜約350円)程度です。オールドマーケット付近の屋台は、観光客が多い場所なので、カンボジア人だけでなく観光客もよく利用しています。

水500mlのペットボトルを購入する場合

観光客用のレストランだと1$(約110円)程度。

マーケットだと0.5$(約60円)程度

現地のお店だと0.2$(約30円)程度となります。

カンボジアのコンビニ

カンボジアでマーケットとは、日本でいうコンビニの事です。パブストリート周辺には、いくつかあります。水や日用品は、マーケットで購入するのが無難です。

現地のお店

現地のお店とは、こんな感じです。お店によっては、英語は通じません。水を購入したい場合は、買いたい水を指で差したり、空のペットボトルを見せたりと、ジェスチャーで乗り切りましょう!

今回はカンボジアの観光客向けの物価を色々と紹介しました。

事前に自分はどちらの店を利用するかを決め、持参する金額を決めましょう。両替所はたくさんあるので、日本円を持参しておくのも1つの方法です。


せっかくの旅行でお金に困る事がないよう、しっかりと事前に現地情報を把握しておく事はとっても大切です。

今回の記事を書いたイワのHPも良かったらご覧下さい。

HPはこちらから



この記事が気に入った方は、他のカンボジアの記事もチェックしてみてください!