Nr0c9ib2ser7pjmy3q6d

インド

CATEGORY | インド

【バックパッカー・穴場】インド・ジャイサルメール観光!砂漠で天の川を見るには?

2019.07.30

インドのジャイサルメールという街をご存知ですか?日本ではあまり知名度はないですが、海外では有名な観光都市なんです。インドの歴史や文化を体感できる街で、しかも、「キャメルサファリ」まで楽しめちゃう。そんな、ジャイサルメール観光をご紹介!

この記事に登場する専門家

Muldkpatxziernhpcd3q

極貧バックパッカー

フタマタ

世界20カ国を旅した学生極貧バックパッカーが実体験とともに旅情報をお届けします!現在ミャンマーでインターン中。

  1. ジャイサルメールってどんなとこ?
  2. ジャイサルメール観光情報①数百年の歴史が眠る街「ジャイサルメール城砦」
  3. ジャイサルメール観光情報②絢爛豪華な装飾に目が釘付け!「Kothari's Patwaon Ki Haveli」
  4. ジャイサルメール観光情報③幻想的な砂漠のオアシス「ガディザー湖」
  5. ジャイサルメール観光情報④ラクダの背中に揺られて…「キャメルサファリ」
  6. ジャイサルメールにいったら東京パレスへ!
  7. ジャイサルメールの注意点
  8. 北インド観光の際はジャイサルメールまで!
ジャイサルメール

こんにちは!極貧バックパッカーのフタマタです!今回は、インドの隠れ人気スポットのジャイサルメールをご紹介します!

ですが、”ジャイサルメール”ってあまり聞きなじみがないですよね?なので、まずは基本情報から確認していきましょう!

北インドのタール砂漠の中にある!

タール砂漠

ジャイサルメールは北インドの西側、パキスタンとの国境に面するラージャスターン州にあります。かつてはシルクロードの拠点となる都市のうちの一つで、貿易により栄えていました。

また、タール砂漠というパキスタンとインドをまたぐ砂漠の真ん中に位置している街でもあります。

アクセス:デリーから鉄道で17時間(1000ルピー)

二つ名は「ゴールデンシティ」

ジャイサルメールは別名「ゴールデンシティ」です。上の写真を見ていただければすぐにわかりますね。砂漠の中にあるこの街は、太陽に照らされ金色に輝いて見えるのです!!どこで写真をとってもインスタ映え間違いなし!

キャメルサファリも!?

キャメルサファリ

ジャイサルメールはさっきほどお伝えしたように砂漠の中にあります。では、皆さん。砂漠と言えばなんですか?僕は「ラクダ」です!!そうです。このジャイサルメールは「キャメルサファリ」が楽しめるのです!!詳しくはあとで紹介!

それでは、観光情報を見ていきましょう!

ジャイサルメール城砦

ジャイサルメールの街のシンボルである「ジャイサルメール城砦」。外せないですね!12世紀に建てられたこちらの城砦は現在でも綺麗に保存されています。しかも、城壁内に現在でも現地の人たちが暮らしています。

歴史の中で生活できるなんて、うらやましいですね!

ジャイサルメール城砦の詳細

  • 入場料・・・・500ルピー(1ルピー=1.5円)
  • 営業時間・・・7時~18時
  • アクセス・・・ジャイサルメール駅から徒歩20分

ハヴェリーというのをご存知ですか?ハヴェリーというのは所謂金持ちの家です。当時のインドの貴族たちが住んでいた家です。その中で最大のものがKothari's Patwaon Ki Haveli

です。建物全体に施された美しく繊細な装飾には目を奪われます。

Kothari's Patwaon Ki Haveliの詳細

  • 入場料・・・・250ルピー
  • 営業時間・・・9時~18時
  • アクセス・・・ジャイサルメール駅から徒歩15分(ジャイサルメール城砦のすぐ近くです)

お次は「ガディザー湖」です。こちらは、砂漠にすむジャイサルメールの住民にとって唯一の水源だったそうです。湖の真ん中にある建物がとっても幻想的ですね。ボートをレンタルできるようなので、ボートでまったり過ごすのもいいかもしれません!

ガディザー湖の詳細

  • 入場料・・・・無料
  • 営業時間・・・無休
  • アクサス・・・ジャイサルメール駅から徒歩10分

駅からジャイサルメール城砦の反対側にあるので直ぐに見つかると思います。

キャメルサファリ

今回、ジャイサルメール観光で一番おすすめしたいのがこちらです!むしろ、これのためにジャイサルメールに行ったといっても過言ではありません!なので、キャメルサファリについては少し詳しく解説していきたいと思います!

選べるコースは3つ!

僕が載ったラクダ

キャメルサファリではその名の通り「砂漠をラクダに乗って観光する」というものです。主にコースは四つあります。

  • 半日コース・・・・1100ルピー
  • 1泊2日コース・・・1950ルピー
  • 2泊以上・・・・・・プラン依る

の3つになります。砂漠に泊る際に追加料金でテントを借りることもできます!

この中で僕が一番おすすめなのは1泊2日コース!

1泊2日コースで満点の星空を楽しもう!

砂漠からの天の川

僕が1泊2日コースをお勧めする理由は「砂漠からの夜空が最高だから」です!皆さん、天の川を肉眼で見たことありますか?砂漠は空気も澄んでいてとても綺麗な星空を見ることが出来ます。おそらくあなたの人生で一番きれいな天の川を見ることが出来ます!

(砂漠なので何もありません。なので、2泊以上は大変かもしれません(笑))

1泊2日コースのスケジュール

砂漠キャンプの様子

キャメルサファリのスケジュールは下のような感じです。

  • 15:00 ホテル出発
  • 16:30 砂漠に到着。ラクダに乗って出発
  • 18:00 夕食
  • 21:00 夜空を眺めながら就寝

キャメルサファリは思い出になります!

キャメルサファリでは砂漠にベットだけおいて、外で星を眺めながら寝ることになります。皆さん、星を見ながら砂漠で寝たことありますか?きっと、ジャイサルメールでの一番の思い出になることでしょう!是非、キャメルサファリに挑戦してみてください!

キャメルサファリの注意事項

キャメルサファリについて注意点が幾つかあるのでご紹介!

  • 新月を確認しておこう
  • トイレットペーパーは必須
  • 女性は外で用を足すための装備が必要
  • サングラスなどの日差しから守るものも必須

折角星を見に行っても、満月ならあまりきれいな夜空にならないかもしれないので注意しましょう!新月になる日を狙うといいかもしれませんね!

また、トイレはないので砂漠で用を足すことになります。なので、そのための対策が必要です。

最後に、日差し対策です。やはり、インドの砂漠ともなれば日差しがすさまじいです。そのための対策を怠らずに!

(僕が用を足した時はどこからともなく、フンコロガシが現れて持っていかれました(笑))

ジャイサルメールの街。東京パレス付近

ジャイサルメールにいったら是非ホテルは「東京パレス」に行ってみてください!普通のホテルですが、日本人が多く集まるホテルでここからキャメルサファリをはじめ様々なツアーに申し込むことが出来ます!日本語も通じるので安心です!しかも、有難いことにドミトリーもあります。極貧にも優しいですね!

東京パレスHP

(ウェルカム味噌汁もある!)

キャメルサファリ

楽しいジャイサルメールですが、いくつか注意点があります。

  • 街が迷路なので迷う
  • 暑さと乾燥に注意
  • タクシーは自分から声をかけよう

1つ目ですが、ジャイサルメールは街の構造が迷路のようになっているので、何も見ずに歩いていると確実に迷子になります!オフラインでも使える地図アプリを入れておきましょう!

2つ目は暑さと乾燥です。ジャイサルメールはインドの中でも特段に暑い。しかも乾燥しています。こまめな水分補給を忘れないようにしましょう!

最後は、タクシーについてです。インド全体的にタクシー運転手が「タクシー?」と言ってきますが、ジャイサルメールではそれが少なめです。いつものように待っていたら全然来ないので、こっちから行きましょう!

眠るラクダたち

どうでしたか?インドと言えば、デリーやムンバイ、コルカタなどをイメージするかもしれません。しかし、インドには有名ではなくても素敵な街が沢山あります!パキスタンとの国境近くにあるこの街ジャイサルメールは美しい街や繊細な装飾が施された建物、そして、最高の思い出になるキャメルサファリなど見所・楽しみどころが沢山あります!

是非、北インド観光に行く際は「デリー、タージマハル」などだけではなく、少しだけ足を延ばしてジャイサルメールまで来てみてはいかがでしょうか?

それでは、良い旅を!

筆者のブログはこちら!