Jsj2pjv25hq7qahuno4t

ギリシャ

CATEGORY | ギリシャ

ギリシャのアテネで絶品グルメを味わい尽くす!欧州在住ライターイチオシのレストラン5つをご紹介

2019.07.17

アクロポリスの丘にそびえるパルテノン神殿など一大観光地として有名な首都・アテネ。せっかくのギリシャ旅行、本場のおいしいグルメも堪能しておきたいですよね!ここでは、アテネにあるイチオシのレストランを5つに絞ってご紹介します!

この記事に登場する専門家

Wvtztnbd745xbqkblmmj

オランダ在住トラベルライター

あゆみん

リラックマ大好きオランダ在住28歳主婦。サイクリングが好きで、時間を見つけては色々なところをほっつき回るのが趣味。自分が実際に行って見聞きしたことを人に話したがりな性格が高じてライターになる。オランダ第5の都市・アイントホーフェンでの暮らしを綴ったブログ(https://ameblo.jp/k0531377/)も執筆中。

  1. 健康に寄与する地中海食・ギリシャ料理の魅力
  2. アテネ・レストラン①伝統的なギリシャ料理が食べられる「LIONDI」
  3. アテネ・レストラン②これぞ最高の絶景、空飛ぶレストラン「Dinner in the Sky」 
  4. アテネ・レストラン③地元民が足しげく通うレストラン「Marco Aspro Alogo」
  5. アテネ・レストラン④優雅なブランチをここで「M8 Kolonaki」
  6. アテネ・レストラン⑤アテネの老舗スイーツ店「Patisserie Artemis」
  7. レストランで食べる価値あり!美食国家・ギリシャへ
Sxtlmg4v5e1xnzjeibfg

日本との時差がマイナス8時間のオランダからこんにちは!ウェブライターのあゆみんです。

イタリア、スペイン、モロッコと並び「地中海食」に数えられるギリシャ料理。ユネスコ世界無形文化遺産にも登録されているギリシャ料理の特徴は、


悪玉コレステロールを減らし動脈硬化の予防に役立つオリーブオイルを多用すること

中性脂肪を下げる働きのある不飽和脂肪酸を含む魚介類を摂取すること

多彩な調理法で自然と多くの野菜を摂取できること

ワインの産地でもあり、ポリフェノールをたくさん摂取すること


などが挙げられます。

Ge7th1lsysuxjdxno1iv

一時期、日本でもブームが起きたように、今、世界中からその食事法が注目されており、ヘルシーかつおいしいダイエット方法として人気が高まっています。素晴らしいギリシャグルメとの出会いは、自分の普段の食生活を見つめ直すヒントになるかもしれませんね。

ここでは、そんな食文化を有するギリシャの首都、アテネにある絶品レストランを5つご紹介します♩

Fbzrzvadkgij5dorhtb4

トップバッターは、観光客からおいしいと評判のLIONDI。ギリシャの伝統料理をリーズナブルな価格で提供するレストランで、パルテノン神殿のあるアクロポリスの丘に近いという立地の良さもあり、小さなお店の前には順番待ちの列ができるほど。

注文後、店内は相変わらず混んでいるにも関わらず、スピーディーな料理の提供に、本当にラテンの国なの?と思った筆者。あっという間にテーブルが豪華なギリシャ料理で埋め尽くされました。

Giqlqrow3mwm8jsn8811

手前:ブラックオリーブのオリーブオイル漬け

塩味が効いててお酒のアテに◎。

左手:ポーク&チキンギロス(pork&chicken gyros)

ギリシャ料理の代表格である「ギロス」とは、何層にも重ねた肉のスライスのかたまりを、回転させながらあぶり焼きにし、削ぎ切りにしたもの。一緒に添えられている特性ヨーグルトソースが美味で、お肉につけていただくとさっぱりした爽やかな味へと変化し、食がすすみます。

奥:ムサカ(moussaka)

ギリシャの家庭料理・ムサカは、ひき肉とナスとじゃがいものオーブン焼きのことで、ここのは、上部のコクがあるベシャメルソースとナスやひき肉の旨味を吸ったトマトソースとのバランスが絶妙。

中央右:ソーセージのグリル

表面は香ばしく中はジューシーに焼かれた太めのソーセージ

右奥:エビのサガナキ(saganaki shrinps)ソースかけ

エビのエキスがしっかりとソースに溶け込んだギリシャ風チーズ入りトマト煮込み。今回注文した中で特に美味しかったメニューです。

店舗情報

店 名:LIONDI Traditional Greek Restaurant

住 所:Makrigianni 19, Athina 117 42 ギリシャ

電話番号:+30 21 0921 9994

営業時間:12:00〜22:00

予 算:日本円で一人3,000円程度

C0mp5byqenc1sqksneww

世の中、夜景の見えるレストランは星の数ほどあれど、ある意味ここまでオープンに絶景を提供してくれるレストランが他にあるでしょうか。

ここで食事?冗談としか思えないほどのアトラクション要素満点のレストランですが、その実態はシェフの作る一流の料理が提供されるいたって真面目なレストランです。

カラフルで食欲をそそられる見た目にもおいしいコースのお料理。

世界55カ国で展開されているDinner in the Skyをここ、アテネで味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

店 名:Dinner in the Sky

住 所:Technopolis, Athina 118 54 ギリシャ

電話番号:+30 694 539 6509

営業時間:19:00〜23:00

予 算:日本円で一人17,000円程度

Zetfys7asxkwcsoz11oy
Aluzz2szzcyl370q0gr5

外観も店内も飾らない庶民的な雰囲気のMarco Aspro Alogoは、地元民に支持される大衆食堂的レストラン。明るい接客で観光客にも対応してくれるここの女将ですが、客から注文を聞いて料理を作り提供して会計を済ませるまでをなんと一人でこなすあっぱれな仕事っぷり。

ギリシャのお母さんが作る優しい味のする家庭料理の数々は、旅人の心をほっこりあたためてくれることでしょう。

L3ghmohiupkqf2hxoyrp

タコとイカのグリルプレート。シンプルにお酢をかけていただきます。

海鮮メニューが充実しているのも日本人には嬉しいポイントですよね。

ヨーロッパでは珍しい写真付きのメニューは、ギリシャ料理に馴染みのない人でも安心。

店舗情報

店 名:Marco Aspro Alogo

住 所:Apollonos, Athina 105 57 ギリシャ

電話番号:+30 21 0322 0551

営業時間:9:00〜24:00

予 算:日本円で一人1,000〜2,000円程度

Qfttoaf0np6ya2rf8akh
Btiuzhvvudzjmct0o5sj

アテネの高級住宅街の中にあるM8 Kolonaki。ディナー利用もいいですが味わっていただきたいのはここのブランチで、特にエッグベネディクトは至高。黄身が絶妙なとろとろ加減のポーチドエッグ上にオランデーソースがたっぷりとかけられ、彩りのいいサラダとともに美しく提供されます。

Lmtct1uibwqijfprg0yq

この店はギリシャ料理ではないものの、一品一品がシェフの手によって丁寧に作られた自信作。それでいて価格はリーズナブルでお財布にも嬉しい♩午前の観光に時間のある方はぜひ、こちらのお店にお立ち寄りを。

店舗情報

店 名:M8 Kolonaki

住 所:Milioni 8, Athina 106 73 ギリシャ

電話番号:+30 210 3643 388

営業時間:9:00〜25:00

予 算:日本円で一人1,000円以下(ブランチ)

Lacrkd0ohvuosecrk2hk
W00q9xlzslnswj33ena5

1980年から店を構えるテイクアウト専門のPatisserie Artemis。最初にご紹介したLIONDIから歩いてすぐのところです。

店内にはギリシャスイーツのほか、アイスクリームやチョコレート、ワインやギリシャのお酒など、豊富なラインナップが揃います。

Gkbow0gv7ln5ihyzqrdv

パイ生地で包んであるような焼き菓子にも似た見た目のギリシャスイーツ、バクラヴァ。シロップに全体を浸してあるため、強烈な甘さが特徴です。また、お菓子にしては珍しく、卵やバターを使用しないのもギリシャスイーツならでは。我こそは甘党!という方、気になったものを一つ試してみては。

店舗情報

店 名:Patisserie Artemis

住 所:Makrigianni 33, Athina 117 42 ギリシャ

電話番号:+30 21 0922 8688

営業時間:9:00〜24:00

予 算:日本円で一人1,000円以下

S9dlvxse9wf1xqf4un09
W5k0qlse9ca5avfjjr3z

普通に食べて一人5,000円から1万円が当たり前の物価の高いヨーロッパにあって、首都のアテネでさえ、日本の外食の感覚と比較的近い印象を受けるギリシャ。そしてその安い外食価格に対して、カフェで飲む一杯のコーヒー・紅茶が相対的に高いところもまた日本と似ていておもしろい国です。

ヨーロッパ広しといえど、「安い!」「うまい!」「健康にいい!」「ボリューム満点!」の4拍子が揃うのはギリシャ料理ならでは。

アクロポリスの丘の上に立つパルテノン神殿を眺めながら、本場の料理を召し上がれ。

Niegvacdumcnsasa3iwc

筆者のブログはこちら!

この記事が気に入った方は、他のヨーロッパの記事もチェックしてみて下さい!