Mvkarjqegtzq1nr3jtdn

ヨーロッパ

CATEGORY | ヨーロッパ

【2020年最新】リトアニア共和国の風俗が美女揃いでアツい!置屋・ストリップ・エスコートを紹介!

2020.03.31

欧州のバルト海沿岸に並ぶ旧ソビエト圏のリトアニア共和国!バルト三国の中で最も南にある小さな国であり、お隣にはポーランドやラトビア、美人の多いことで有名なベラルーシと国境を接しています。今回はそんな、リトアニア共和国の風俗遊びについてを紹介!

この記事に登場する専門家

Qyccuf6towcflii30jxu

風俗ライター

シラフシラズ

ヨーロッパにて生活をするフリーランサーです。基本的に友人と一緒に欧州主要都市へとぶらり旅をしつつ、その時に訪れた風俗店についての体験談を収録してきます。

  1. リトアニア共和国の基本情報・概要
  2. リトアニア風俗①置屋兼ストリップクラブの高級風俗店【Paradise Club】
  3. リトアニア風俗②一風変わった変態が集まる置屋【Lithuanian Wild club】
  4. リトアニア風俗③パネマジ被害が多いという噂のエスコート【Escorts Lithuania】
  5. リトアニア共和国の風俗情報まとめ
Ycdc5eulaz8joclxz1ie

みなさんこんちは、シラフラズです!


日本だと海外旅行先としても、あまり馴染みの薄い国であるリトアニア共和国。


バルト海沿岸に並ぶ、旧ソビエト圏のバルト三国の中でも最南端に位置するリトアニアは、お隣に美人が多いことでも度々話しのあがる「ポーランド、ラトビア、ベラルーシ」という美女大国と国境を接しています。


そのためか、ベラルーシとの国境に最も近いリトアニアの首都ビルニュスは、女の子達のレベルが高いことはもちろん、中世時代に取り残されたかの様な風貌の旧市街地や、ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式のカッコいい建築物が残っています。


まさに、18世紀へとタイムスリップした土地で、ロシア系の色白美女とのセックスができる天国の様な場所。


今回はそんなリトアニア共和国の風俗事情から風俗実態についてを一挙ご紹介。

売春は違法・裏風俗が一般化

リトアニア国内では、売春が違法として厳しく定められています。


しかし、法律では厳しく取り締まっている様に見せかけて、実は国内の法執行機関が国の貧困問題と共に衰退し、インフラの準備が整わない環境では正規に稼働するわけもなく、現在では腐敗が進んでいるとのこと。


そんな訳もあってか、首都ビルニュスでは売春行為を斡旋する様な風俗店や売春宿が進出し、検挙もできない様な状況であるため、俗にいう「裏風俗(公には営業をしていない)」が市内で蔓延っている状況。


現在は約3,000人もの売春婦がいると推定されています。


ただし、一応法律上では「売春側も買春側も初犯で行為が発覚した場合、85€〜140€(約1万〜1万5千円)の罰金」という処罰が待っているため、堂々と売春行為を行っている業者や女の子は少ないです。


なので、筆者も少し見つけるまでに手こずりましたが、街で売春婦や売春宿を探すのに一苦労します。

売春婦の多くは「ロシア・ベラルーシ・ウクライナ出身」

そんなリトアニアの売春事情ですが、その中でも働く売春婦の多くが、地元リトアニア人の子よりも、ロシアやベラルーシ、ウクライナといった近隣のバルト三国圏内の女の子がほとんど。


大体の女の子が、移住をしてきたこれらの出身の女の子達ですが、中には現地の大学に通っているが学費の工面が一般職だと難しく、生活と学費の両方を稼ぐために働いているといった女の子もいました。


そういった女の子が多いためか、どちらかというと首都ビルニュス市内で遊んだ女の子達は、売春婦歴も長いプロの雰囲気がなく、どこか素人臭さが残っている子達ばかりで、服を脱がせたり、こっちが攻めていたりすると、恥ずかしがったり本気で感じている様な素振りを見せたり。


飾り窓やFKKの様な、半分素人だけれども半分は長い間売春婦として身を浸かっている女と比べると、少しプレイやサービスに対して満足がいかないかも知れません。


しかし、ちょっとは現地人の若い素人臭い白人美女とセックスがしたい!という人であれば、筆者の様に大満足できると思います。


何にせよ、女の子達はあの美女大国「ロシア・ベラルーシ・ウクライナ」の子達ですから、見た目のレベルで言えば完璧です。

Hiogyctd836o3vewuufh

首都ビルニュス市内の風俗情報を調べてみることにした筆者。


どうやら観光情報についても、日本語で検索をしてもヒットする情報は貧しく、風俗情報なら尚更上がってくる情報というものはナシに等しい。


英語ではどうだ!と思い、英語にて風俗情報を検索してみるが、実際に上がってくるサイトの数や情報というものは、雀の涙程度に増えただけ、これはかなり苦戦しそうな予感だ。


こういったマイナーな国で風俗遊びについてを調べる時、どうしても情報がヒットしないことは割とあること。


そんな時に筆者は、海外版の風俗掲示板を活用し、体験者や口コミレビューを具体的に啜り上げ、そこから店舗などを絞ることが多い。


早速掲示板を使い、首都ビルニュス市内の風俗店舗を探していくと、いくつか体験者の口コミが乗った置屋が数店ヒットした。


数軒出てきた中で、店舗情報を見ていくと、ストリップクラブと置屋がミックスされた様な風俗店が浮かんできた。

Meoaokmmdbiwd3izqtml

店舗名は「Paradise Club」、しかしいざGoogle mapで店の名前を打ち込み、住所を調べようとするも、マップ上に上がってこない。


つまり、リトアニア国内では売春宿や風俗店といったものは、表立って店構えをネット上でもしていないため、場所や住所については所謂「人伝て or 常連さん」じゃなければ見つけることが不可能ということだ。


口コミ情報を頼りに、それらしき宛先が書かれた住所を打ち込み、半信半疑のまま向かうことにした。


到着した時間は夜9時を少し過ぎたあたり、どうやら横にパプが入った建物の中にParadise Clubはあるらしく、その横にはクラブもあってか、筆者が到着した段階では、若い人たちが集まっていたりして、少し賑やかな雰囲気。


入り口が見つかりづらいとの情報があったが、パブ横の細い通路をまっすぐ進むと、左手に階段があるため、そこを登っていくとParadise Clubの入り口扉へ着くとのこと。


酒を酌み交わし酔っ払っている若者達のグループを横に、恐る恐る指示された通りに進んでいくと、それらしき扉が目の前に現れた。


インターフォンの様なものは確認できない、ドアを叩いてみるが一向に誰もくる気配はない。

思い切ってドアを押してみると鍵が掛かっておらず、すぐに中へと入れた。


すると目の前には赤い照明が落ちた奥に長いフロアに、ポールダンスのステージが左に設けられたラウンジ的な場所となっており、そこには5〜6人くらいのランジェリー姿の女の子達がこっちを驚いた表情で見てきた。


「気まずい…」女の子達は突然のアジア人の登場に動揺を隠せない様子、ここまで来たからには!と思い、思い切って「Hi Could you speak English?」と尋ねると、1人のボス的な風貌のちょっと太めの女の子が近寄ってきた。


「Yes we can, but do you know where this is(ハイ、でもここが何処だか知ってる?)」と聞かれたので、売春宿であることを聞いたと伝えると、客として認識できたのか、早速中へと通された。


筆者が到着した時には客が0人、女の子は表に5人と裏には他にも6人待機しているということで、計11人は在籍中だ。


システムについて説明を受ける、どうやらここはストリップクラブとして通常は営業をしているが、気に入った子がいれば、交渉次第で奥の部屋でプレイができるとのこと。


入場料を支払い、ワンドリンク制と聞き飲み物を頼む、女の子達は交代でポールダンスをしたり、近寄ってきて営業を掛けてきたりと、普通のストリップと何ら変わりない。

Dee1bunmz7ec364n4jo0

ダンスのレベルは普通、本格的なレズショーとかはなく、とりあえず棒の周りでそれなりのことをやっている様な雰囲気で、正直そこまで唆るものはない。


ただ、女の子は全員ロシア系でスラッとした子が多く、顔面のレベルは平均して中の上といった感じだが、何より身体つきが細くて巨乳の子ばかりでエロい。


いっときある程度中で楽しんだ後は、声をかけてきたベラルーシ出身の20歳の女の子と一緒に奥の部屋へと移動し、セックスを楽しんだが、プレイ自体もあどけない感じと辿々しさがあって、素人臭が凄かった。


ゴムフェラも慣れている様子だが、必死に一生懸命咥えてくれたりと、大体体感的には30分はプレイしていたと思う。


「リトアニアじゃなければ遊べない様な女の子のレベル」という訳ではないため、正直他のバルト三国やロシア国内に行けば、これ以上のレベルの女の子とは遊べると思う。


あくまで、風俗目的だけじゃなく、観光ついでにチョロっと遊ぶくらいの感覚の方が、もとも取れるし良いのかも知れない。


ただ、他のビルニュス市内の置屋と比べるとParadise Clubの女の子のレベルは、間違いなく高いので、市内では一番お勧めできる置屋だ。

【Paradise Club】料金システム・営業時間

Paradise Clubの営業時間と料金システムについてはこちらからチェック!


  • 営業時間:昼1時〜夜中11時まで(年中無休)


  • 入場料金:20€(約2,300円)
  • ドリンク一杯(アルコール全品):12€(約1,400円)
  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:80€(約9,000円)


こう考えてみると、プレイ料金に加えて入場料金やドリンク代を考えると、結構良い商売しているなといった印象。


一回の遊びでも、最低1万3千円くらいは飛ぶと考えると、他の国ではこれ以上の料金で遊べる場所もあるため、割りに合わないかも知れない。

【Paradise Club】場所・アクセス方法

Paradise Clubの場所とアクセス方法についてはこちらの通りです。

最寄りバス停留所は「Centro poliklinika」となっており、市内を走る1G・2G・21・53線のいずれかに乗車していけば歩いて着く距離にParadise Clubがある。


リトアニアのバスは日本と違って、乗車口がバスの先頭ドア or 中列ドアからとなっており、改札機や整理券といったものはないのでご注意を。

Ichmhyvfqj1d7ds5jv7x

ちょっとM気のある人にお勧めなのが、こちらの「Lithuanian Wild club」


Lithuanian Wild clubは、ビルニュス市内の中心地から少し離れた場所に位置する置屋で、女の子は同じくロシア系出身が殆どとなっていますが、ここではスタンダードなプレイと加えて、SMコースも取り揃えているのが特徴。


料金は少し値上がりしてしまうものの、白人美女からのかなり際どい攻めを受けれるらしく、リトアニア国内でも生粋のM男が集まる置屋だそうです。


口コミでは、ムチなどのサービスも標準に含まれているそうですが、聖水や緊縛などについては正確な情報が掴めていないので、興味のある方は公式ホームページからチェックしてみてください!

【Lithuanian Wild club】料金システム・営業時間

Lithuanian Wild clubの料金システムと営業時間についてはこちらから!


  • 営業時間:昼3時〜夜中2時まで(毎週日曜日は定休日)


  • スタンダード / 30分:90€(約1万2千円)
  • SMコース / 45分:120€(約1万5千円)


スタンダードでは、基本的なゴムフェラとゴム本番が標準としてある様子ですが、SMについてはどういった内容かが未確認なので、公式サイトでチェックしましょう。

【Lithuanian Wild club】場所・アクセス方法

Lithuanian Wild clubの場所とアクセス方法については以下の通りです。

「1G・2G・11・21・53・88」線のいずれかに乗車し、最寄り停留所「Vinco Kudirkos aikštė」で下車すると、Lithuanian Wild clubの立っている「GAdivinas Ave通り」へとおります。


店は路面にそった1Fに位置しているものの、入り口は隣に23H営業の小さなスーパーの右横にある白い扉(上に「23」という番号が書かれた)になります。

Ysauwznfmysk25nootga

首都ビルニュス市内のエスコートサイトは数多く存在しますが、基本的にはパネマジ(写真詐欺)の被害も多く見受けられる中、特に可能性がありそうだったのが、こちらのEscorts Lithuania。


サイトの見方としては、サイト内に女の子の個人ページが載っており、中を開くと携帯電話番号 or SMSでの連絡先が書かれたアドレスが載っていて写真の下には女の子別のサービス内容が書かれています。


基本的には、気に入った子を探す事になりますが、特に売れてる人気の女の子に限っては、連絡をしたところで返事がこない場合が多く、その場合既に他客がプレイ中 or 休みのどちらかになるので、待っていた所で一向に返事はこないです。

【Escorts Lithuania】料金相場・公式ホームページ

Escorts Lithuaniaの料金相場と公式ホームページについてはこちらからチェック!


  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 30分:80€(約9,000円)
  • ゴムフェラ + ゴム本番 / 60分:150€(約1万8千円)
Vnszmnsgdqhsxiramrzi

如何でしたでしょうか。


今回は世界の風俗体験記 in リトアニア共和国ということで、シラフシラズが訪れた・知ってる、首都ビルニュスの風俗遊び・女の子の実態・施設情報などについてをご紹介しました。


他にも欧州を中心に欧米等、世界の主要都市へと旅行や長期滞在した際に周った風俗店等についてもご紹介をしているので、興味のある方は是非こちらもチェックしてみてくださいね!

サムネイル画像は下記より引用しました。
出典: https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.goodfon.com%2Fwallpaper%2Fkaunas-lietuva-gorod-noch-1.html&psig=AOvVaw2tHS5vIbpD7G_YFIJvM_8D&ust=1585593799997000&source=images&cd=vfe&ved=0CAIQjRxqFwoTCPi02bGrwOgCFQAAAAAdAAAAABAD