Zgdho77qnvpqzh0xpgxs

フィリピン

CATEGORY | フィリピン

セブ島留学中の大学生がおすすめ!セブ島のアクティビティ観光スポットと周辺観光!

2019.07.30

セブ島はビーチで有名ですが、実はビーチ以外にも素敵な場所が多くあります。また、みなさんが思い浮かべる綺麗なビーチ、白い砂浜は実はセブ島ではなく、セブ島から行ける別の島だったりします。今回は、セブ島でできる人気アクティビティと周辺観光について紹介します。

この記事に登場する専門家

Ldmvveygzb0b1jbnptls

海外在住ライター

とっくん

東南アジアへの旅行が好きで今までに8ヶ国訪れたことがある大学生です。現在はセブ島で留学していて、来年はオーストラリアに1年間滞在予定。将来はハワイに住むのが夢。

  1. セブ島の見所とは?
  2. ①ジンベイザメと泳げる【オスロブ】
  3. ①マイナスイオン満点の森に囲まれた滝壺【カワサンの滝】
  4. ②セブ島といえば島を渡って海を楽しむ【アイランドホッピング】
  5. ③まずは定番のアイランドホッピング【マクタン島】
  6. ④シュノーケルやダイビングで魚と戯れる【アイランドホッピング〜モアルボアル〜】
  7. ⑤ジップラインやアスレチックが楽しめる【パパキッズ】
  8. ⑥綺麗な海でパラセーリングをするなら【マクタンニュータウンビーチ】
  9. セブ島周辺編①小さな猿と自然を感じる【ボホール島】
  10. セブ島周辺編②ホワイトサンドビーチが美しい【マラパスクア島】
  11. セブ島周辺編③世界一綺麗な島【パラワン島】
  12. セブ島周辺編④ビーチと満点の星空を一度に楽しめる【カモテス島】
  13. 次の旅行はセブ島に!!

こんにちは!セブ島で留学しているとっくんです!今回はセブ島でできる有名アクティビティと周辺観光についてご紹介したいと思います。セブ島は綺麗なビーチを誇り、マリンアクティビティが盛んです。また、それ以外のアクティビティもできたり、セブ島近辺の島々も人気です。そんなおすすめのスポットを紹介して、より一層セブ島の魅力を感じていただきたいと思います。この記事では1ペソ=2.2円で計算します。

セブ島のジンベイザメ

セブ島最南端にあるオスロブ。セブ島市内から車で約3時間程で行くことができます。ジンベイザメとシュノーケリングで一緒に泳ぐことができることで有名で、毎年多くの観光客が訪れています。写真で見るよりも実際で見る方が大きくて迫力があります。時間帯は朝の5時頃の早い時間での体験となります。ジンベイザメの食事の時間に現地の人たちが餌を与え、それと同時に一緒に泳ぐという形です。ジンベイザメと泳ぐことができるのはセブ島ならではの体験なので、セブ島に来る際にはオスロブに行くことを強くおすすめします。

オスロブの詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/Jeze74U1fopxyuTM7

行き方:

〜公共バスの場合〜

1人片道役150ペソ(約330円)

セブ市内にあるサウスバスターミナルから、BATO(バトー)行きのバスに乗り3〜4時間

〜ツアーの場合〜

ホテルまで迎えに来てくれる

料金:ツアー代 1人あたり約13000円(アクティビティ代込み)(サイトによって多少異なる)

営業時間:午前中しか会うことができません。

セブ島のカワサンの滝

こちらのカワサンの滝もセブ島の南側に位置しています。オスロブとあとで紹介するモアルボアルと近く、時間がある方は一度に3ヶ所訪れることができます。私も一度で全てまわりました。このカワサンの滝はセブ島最大の滝壺をもち、急流滑りや高い崖からのダイブなど様々な迫力満点のアクティビティもできます。このカワサンの滝まで行くのに40分程歩かなければいけません。また、森の奥に進んでいく道中は山道で足場が悪いところが多いので、ビーチサンダルのような脱げやすい靴で行くのは控えた方がいいと思います。私はビーチサンダルで行って後悔しました。

カワサンでの友人との写真

カワサンに複数人グループで行くとこのような写真を撮ることができます。私も行くまで全く知らなかったのですが、こと撮り方が人気だそうで、現地のツアーガイドの方が撮り方を教えてくださり、撮ってくれました。ぜひグループでカワサンの滝に行かれる方はこのような写真にもチャレンジしてみてください。思い出の1枚になるに違いありません。

カワサンの詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/2sKwWCsyNsJo7FaSA


行き方:

〜公共バスの場合〜

1人片道約150ペソ(約330円)

セブ市内にあるサウスバスターミナルから、BATO(バトー)行きのバスに乗り3〜4時間

〜ツアーの場合〜

ホテルまで迎えに来てくれる


料金:

入場料 40ペソ(約88円)

ツアー代 1人あたり約20000円前後(日本の某サイト)(サイトによって多少異なる)

※カワサンにツアーでいく場合は近くのオスロブなども含まれるツアー内容がほとんどです。


営業時間:24時間ですが大体の目安は暗くなるまでです。

セブ島で一番人気のアクティビティがアイランドホッピングです。セブ島では多くの場所でアイランドホッピングができますが、今回はセブ島から日帰りで行くことができる、有名なスポットを2ヶ所紹介したいと思います。それに加えて、アイランドホッピングをサイトで予約する際のちょっとしたアドバイスもお伝えしたいと思います。

セブ島のボート

セブ島から近くて行きやすいマクタン島のアイランドホッピングは、セブ島のアクティビティの中で一番定番で人気です。マクタン島にはアイランドホッピングの予約ができる多くのサイトがありますが、中には当日になって予約内容と異なる内容が行われることが稀にあるので複数のサイトを比べて安心できるサイトで予約してください。私も実際に当日になって急な内容変更、追加料金の請求等の被害にあったことがあります。一概には言えませんが、ホームページがしっかりしているサイトは比較的信頼できるサイトです。

アイランドホッピング〜マクタン島〜の詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/V8mhjEDpmn8XK7RaA

行き方:ツアーに申し込み、ホテルまで迎えに来てくれる場合がほとんど

料金:相場は4400円〜6600円(参加の人数やサイトによって異なる)

営業時間:特に決まりはなく終わり次第終了、目安は夕方の4時頃

モアルボアルの魚

モアルボアルはオスロブとカワサンの近くにあるアイランドホッピングで有名な場所です。モアルボアルでは透明度が高い海はもちろんのこと、それに加えて、写真のような魚の大群や運がよければウミガメも見ることができ、一緒に泳ぐことができます。私は今まで様々な場所でアイランドホッピングをしてきましたが、モアルボアルはトップ3に入るくらいおすすめなスポットです。

アイランドホッピング〜モアルボアル〜の詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/3GUNj1SjxsFAyvg98


行き方:

1人片道約150ペソ(約330円)

セブ市内にあるサウスバスターミナルから、BATO(バトー)行きのバスに乗り3〜4時間

〜ツアーの場合〜

ホテルまで迎えに来てくれる


料金:

入場料 30ペソ(約66円)

ツアー代 1人約15000円前後(日本の某サイト)(サイトによって多少異なる)


営業時間:特に決まりはなく終わり次第終了

引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1563768451/vizfkpiptknaogsvtmqt.jpg

パパキッズはセブ島市内から車で約50分のところにあります。

セブ島で人気のアクティビティであるジップラインを体験することができるスポット。セブ島では2ヶ所でできますが、その内の1つがパパキッズです。ジップライン以外にも魚釣りやアスレチック、乗馬、ウェイクボード、スカイ自転車などセブ島で一番アクティビティが充実しています。そのため、一日中遊ぶことができます。私が訪れた時は、雷が鳴るほどの大雨だったのでジップラインをすることができませんでした。タクシーのドライバーには雨でも体験できると言われたので向かったのですが、雷が鳴るとさすがのフィリピン人でも中止するそうです。みなさんは天気の良い日にぜひ行ってください。

パパキッズの詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/YcKBHMVvYnSo6M3t7

行き方:タクシー セブ市内から約45分

料金:

ジップライン:200ペソ(約440円)

ジップラインスーパーマン:400ペソ(約880円)(腰で吊ってもらってスーパーマンのように進むもの)

ウォールクライミング:100ペソ(約220円)(日本でいうボルタリングです)

ハンギングブリッジ:50ペソ(約110円)

Jungle Obstacle:150ペソ(約330円)

Fishing:100ペソ(約220円)

乗馬:75ペソ(約165円)

ウェイクボード:500ペソ(約1100円)

カヤック:150ペソ(約330円)(1時間)

営業時間:毎日 8時〜21時

ウェブサイト:http://ww12.papakitsmarina.com/

ニュータウンビーチの入り口

マクタン島で今、急成長しているマクタンニュータウンのすぐそばにあるビーチです。このビーチは公共ビーチのため、入場料が平日150ペソ、土日は200ペソ必要です。公共のビーチなので綺麗に手入れされています。このビーチでは多くのマリンアクティビティが手軽に体験できます。


簡単にまとめておきます。

・バナナボート

・フライングフィッシュ

・カヌー

・スタンドアップパドル

・フライボート

・ジェットスキー

・ウェーブボーディング

・パラセーリング


私が訪れた時はアクティビティの待ち時間はほとんどなかったので、時間があまりない方にも楽しんでいただけると思います。

パラセーリング

パラセーリングも日本でやるより安くで体験できます。私の時はパラセーリングをやっている人は私たち以外いなかったので、順番待ちをすることなく体験できると思います。

マクタンニュータウンビーチの詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/NaFbSfR53szHbrXa6


行き方:タクシー 市内から約30分


料金:入場料 平日150ペソ 土日200ペソ


営業時間:6時〜22時

引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1563544120/gwunh9g3qzjjpgqypqoi.jpg

ボホール島はセブ島からフェリーで約1時間50分のところにある島です。セブ島からの出航便が一番出ていて行きやすい島です。他の島はビーチがメインの場所が多いのですが、ボホール島は少し違い多くのアクティビティを体験することができます。この写真はボホール島にあるチョコレートヒルズという観光名所です。チョコレートの形と似ているからその名がつけられたとボホール島出身の方が言ってました。

バギー体験

ボホール島のバギー体験

チョコレートヒルズの麓ではバギー体験ができます。バギー体験は定番のアクティビティで、ボホール島に訪れた方はほとんどみなさん体験しているんではないでしょうか。ちなみに、私は前日が雨ということもあって、この体験が終わると体が泥だらけになり、大変な思いをしました。ですので、みなさんもバギー体験をするときは汚れることを前提に用意してください。

ボホールターシャ

ボホールターシャ

ボホール島でしかみることができないボホールターシャ。メガネザルの仲間で世界一小さいと言われています。私も実際に行った時は、肉眼で見ることは難しく、幸いにも一眼レフを持っていたのでそのズーム機能でなんとかはっきりと見えました。友人は携帯で頑張っていたのですが、残念ながら鮮明に見ることはできていませんでした。カメラを持っている方はぜひ鮮明な写真を撮ってみたください。

その他

上記の他にも川を進む船の上でランチを食べることができる「リバークルーズ」や「ジップライン 」、アイランドホッピングでイルカを見たり、蝶々や蛇と触れ合うことができる場所など、観光地が多くあります。セブ島から日帰りで行くことができるのでボホール島の大自然を感じてみるのもいいかもしれません。

ボホール島の詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/ocNQgtvmDFykKJzq6


行き方:セブ島からフェリーで約2時間

「ocean jet」 片道450ペソ(約990円)から

「lite shipping」 片道345ペソ(約760円)から

「super cat」 片道410ペソ(約900円)から

引用: https://res.cloudinary.com/macm/image/upload/v1563546750/han47x3kwqgnufby4vmt.jpg

マラパスクア島はセブ島の北にある小さな島です。セブ島市内からはセブ島最北端にある港まで陸路で約6時間、そこから船で約40分と移動だけで半日かかってしまいます。ですが、マラパスクア島では移動の疲れよりもはるかに素晴らしい体験をすることができるので行く価値はあります。マラパスクア島は世界で一番サメの一種のニタリザメを見ることができるスポットでダイバーの中では有名です。本当にビーチが綺麗そうで、私の友人は「あの島こそ南国!」と熱く語っていました。

マラパスクア島の詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/DjPK233xxsg74gP6A


行き方:セブ島最北端のマヤ港からボートで30〜40分

乗り合いボート 1人80ペソ(約176円)

チャーター 1500ペソ(約3300円)

エルニド

エルニドの夕焼け

アメリカの有名旅行雑誌で2015年に「世界一綺麗な島」に選ばれるほど人気のある島。セブ島からは飛行機で行かないといけません。そのパラワン島といえば秘境エルニド。セブ島から飛行機で約1時間、パラワン島のプエルトプリンセサ空港から車で約6時間。かなりの移動時間がかかりますが、それ以上に行く価値はあると感じました。また、4年前程からセブ島からエルニドまでの直行便が就航されたのでより行きやすくなっています。エルニドではアイランドホッピングやビーチ沿いにレストランがたくさんあるので、ビーチを眺めながらご飯を食べることができます。ただ、ビーチ沿いの宿泊施設のシャワーやトイレなどの水は綺麗ではないので私は歯磨きの時は事前に買っておいたミネラルウォーターを使っていました。

アンダーグラウンドリバー

パラワン島のグラウンドリバー

エルニドと同じくらい有名なのが空港近くにある「アンダーグラウンドリバー」です。この洞窟に流れる地下河川は世界遺産に登録されており、ボートで中に入ることができます。洞窟の中に入る時は日本語の音声で洞窟の歴史やガイドを聞くことができます。洞窟の中には大量のコウモリがいて、正直匂いが臭かったです。また、コウモリがトイレをすることがあるので、上を向く時は口を開けないように言われました。私たちはマスクを使いました。

パラワン島の詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/7UwCKZ7AKg5QRymV6


行き方:セブ島からプエルトプリンセサ空港まで飛行機で約1時間

1人 往復約1万円前後

カモテス島のamazing cave

セブ市内からフェリーで約2時間のところにある小さな島カモテス島。カモテス島は複数の洞窟があることで有名です。洞窟内で泳いだり、カヌーや飛び込み、アイランドホッピングなど様々なアクティビティをすることができます。それらのアクティビティを差し置いて、カモテス島で一番おすすめしたいのはリゾートホテルです。

Mangodlong Paradise Beach Resort

Mangodlong Paradise Beach Resortのプール

このホテルはカモテス島で一番人気のリゾートホテルです。ホテルの廊下とビーチが繋がっていたり、海と繋がって見えるプールで有名です。これこそリゾートという感じがしました。ホテルの質も高く、想像を越えた満足を得ることができました。このホテルに泊まるためにカモテス島に来る方もいるくらいです。これぞリゾートという雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

カモテス島の詳細情報

住所:https://goo.gl/maps/dWLZnJLHLzX7SEHm9


行き方:

セブ島ピア1からポロ港までフェリーで約2時間 片道500ペソ(約1100円)

セブ島ダナオ港からコンスエロ港までフェリーで約1時間半 片道200ペソ(約440円)

Mangodlong Paradise Beach Resortの廊下から見えるビーチ

いかがでしたでしょうか。セブ島だけでなくその周辺にも素敵な観光スポットが多くあることを知っていただけましたでしょうか。時間がある方はセブ島と違う魅力を体感することができるスポットにぜひ訪れてみてください。