Lplqqs9thdhvzym6nfeg

リトアニア

CATEGORY | リトアニア

【ヨーロッパの超穴場】リトアニアの観光11選!治安・気候・交通情報を交え経験者が詳しくご紹介!

2019.07.31

ヨーロッパの北東に位置するリトアニア。日本ではまだあまり馴染みのないこの国ですが、実は世界遺産を含む多くの観光地がある魅力溢れる国なのです。この記事ではリトアニアを実際に観光した筆者が厳選した観光スポットを詳しくご紹介します!

この記事に登場する専門家

Usuvblmynn8arbwsgdee

スウェーデン在住ライター

Maddy

西洋史とマヤ文明を学んだ大学時代を経て、バックパックと共に旅をした国は30カ国以上!現在はスウェーデン在住、たまにバンコク。歴史オタクと現地在住の知識を活用し、活きた旅情報をお伝えします!

  1. リトアニアってどんな国?
  2. リトアニアの交通事情
  3. リトアニア国内の移動
  4. リトアニアのお金・言語・治安情報
  5. ①リトアニアでは絶対訪れてほしい!カウナスの杉原記念館
  6. ②圧巻!シャウレイの十字架の丘
  7. ③これぞヨーロッパ!が味わえる ヴィリニュスの旧市街地
  8. ④キリスト教徒の巡礼地 夜明けの門(Gate of Dawn)
  9. ⑤豪華なロシア正教の教会!聖霊教会
  10. ⑥格好いいウクライナ正教会!聖三位一体教会
  11. ⑦ナポレオンも魅了された 聖アンナ教会
  12. ⑧人気の教会 聖ペテロ・聖パウロ教会
  13. ⑨リトアニアの街を見渡そう ゲティミナス城
  14. ⑩中世ヨーロッパの暮らしを体験 トラカイ島城
  15. リトアニア観光【番外編】クルシュー砂州
  16. リトアニア観光、胸を張っておすすめします!
十字架の丘の入り口

こんにちは!ヨーロッパを含む30カ国以上をバックパックとともに旅をした経験のあるMaddyです。今回はヨーロッパの北側に位置する【リトアニア】という国の魅力をお伝えします!

※本記事の情報は全て2019年7月現在の情報です。

リトアニアの街並み

リトアニアはヨーロッパの北側にあるバルト三国の一番下に位置します。人口は約290万人で、自然が多く、世界遺産や多くの中世ヨーロッパの街並みがある国です。首都ヴィリニュスはそれ自体が世界遺産に指定されるほど美しい街です。

フィンエアーの機体

日本から直行便は出ていません。おすすめはフィンランド航空を利用し、ヘルシンキで乗り換えてリトアニアに行く方法です。


リトアニア国内は長距離バス、長距離列車が走っています。街中の路線バスなどは一回約120円ほどで乗れ価格が安いです。タクシーも初乗り約120円程度ですのでリトアニア国内の移動は低価格で抑えることができます。乗り物系は時間通り運行されていました!

リトアニア国内の長距離バス

観光地のある3都市間の移動についてご紹介します!


■ヴィリニュス〜カウナス 長距離バスは約850円で1時間半、長距離列車は約480円で1時間程度です。

■カウナス〜シャウレイ 長距離バスは約1360円で3時間、バスの移動をおすすめします。

■シャウレイ〜ヴィリニュス 長距離バスは約1960円で3時間半、長距離列車は約1400円で2時間20分ほどかかります。

リトアニアの地図

こちらは主要観光都市が表示された地図です。ニダへの行き方は【リトアニア観光【番外編】クルシュー砂州】にあるのでそちらを参照ください。リトアニアの大きさは日本の九州と四国を合わせたくらいなので都市間の移動距離が短くとても快適に旅行ができます!

ユーロのお金

リトアニアの通貨はユーロです!現金でしか払えない場面も多かったので現金・カードの利用が両方できるよう準備しておきましょう。特に路線バスを利用する際は現金支払いのみが多いので、細かいお金を持っていると便利です。お釣りの用意ができない、と言われる場合があります。

リトアニアの街

近年、ヨーロッパ諸外国の旅行者が増えており観光客向けのお店や宿泊施設は英語が通じる場所が増えています。が、やや英語が通じづらい国であると考えていきましょう。治安は他のヨーロッパの国に比べ安定しています。物乞いや客引きも見かけませんでしたし、軽犯罪の発生率も低いです。リトアニアの人も親切ですので安心して観光ができます。

カウナスはリトアニアの第二の都市です。第二次世界大戦中、在カウナス日本国大使館に赴任していた杉原千畝氏は6000人ものユダヤ人にビザを発給し彼らの命を救いました。この功績を称えるためにこの記念館が作られました。展示の中には実際発給していたビザのスタンプを押せるブースもありますよ。

杉原記念館(Sugihara House)の詳細情報

住所:Vaizganto str. 30 LT- 44229, Kaunas Lithuania

ウェブサイト:http://www.sugiharahouse.com/

料金:約480円

営業時間:5〜10月 平日 10時〜17時 週末 11時〜16時 

11月〜4月 平日 11時〜15時 週末は閉館

行き方:カウナス中央駅の北側にある公園を抜けて丘を登ったところにあり、徒歩で13分程度です。徒歩の方が交通機関を利用するより早いです!

十字架の丘

リトアニアを訪れる方は必ず訪れる観光地が、十字架の丘です。ユネスコの無形文化遺産にも指定されていて、おびただしい数の十字架が立てられています。1831年にロシア帝国に対する蜂起が起きた際、この時の犠牲者の功績を称えるために十字架が立てられました。その後も旧ソビエトから幾度も破壊されましたが、リトアニア人たちは何度も十字架を立て直し、今の形を築きました。

現在は20万本以上の十字架があり、観光客も十字架を自由に立てることができます。宗教的な場所というよりは、不屈の精神で困難と立ち向かったリトアニア人の強さと美しさを感じることのできる場所です。

シャウレイの十字架の丘(Hill of Crosses)の詳細情報

十字架の丘

住所:Jurgaičiai 81439 リトアニア

ウェブサイト:https://www.kryziukalnas.lt/?id=44

営業時間&料金:なし

行き方:シャウレイバスターミナル(Siauliai bus terminal)から6:00〜20:00まで約1時間に1本出ているJONISKIS行きのバスに乗り【ドマンタイ(Domantai)】で降り、徒歩20分程度。帰りは12:00〜20:00間で約1時間に1本です。0.9ユーロで現金のみの支払いです。細かい時刻表に関してはこちらをご確認ください。

ヴィリニュスにはヨーロッパの中でも最大規模の旧市街地が残っていて、世界遺産【ヴィリニュス歴史地区】として指定されています。バロック様式、ルネサンス様式など様々な時代の建物が現存していて、私たち日本人が思い浮かべるヨーロッパの街並みが広がっています。一般の人が入れる教会が集中しているのもこのエリアとなります。

ヴィリニュス大聖堂

ヴィリニュス旧市街地(Vilnius Old Town)の詳細情報

住所: Aušros vartų g. 14 LT-01303 Vilnius(入り口)

ウェブサイト: https://whc.unesco.org/en/list/541

営業時間&料金: なし

行き方:ヴィリニュス駅から北へ徒歩8分ほどで入り口に着きます

夜明けの門

ヴィリニュス駅から北に行くと旧市街への入り口があり、この夜明けの門が現れます。門にあるチャペルには聖母マリアの肖像が安置されており、キリスト教徒の巡礼地としても有名です。美しいステンドグラスや建物の優しい色合いなどが特徴的です。

駅側から見た夜明けの門

夜明けの門(Gate of Dawn)の詳細情報

住所: Aušros vartų g. 14 LT-01303 Vilnius

ウェブサイト: https://www.ausrosvartai.lt/index.php?option=com_content&task=view&id=49&Itemid=57

営業時間&料金: なし

行き方:ヴィリニュス駅から北へ徒歩8分ほど

聖霊教会の外観

ロシア正教の教会で、外観はシンプルですが内装はゴシック様式で豪華です。祭壇は緑、天井は水色と可愛らしい色合いでとても癒されます。祭壇の前には700年前の聖人の遺体3体が安置されており、熱心に祈りを捧げている人も多いのでもし写真を撮る際は他の人に配慮しましょう。

聖霊教会(Orthodox Church of the Holy Spirit)の詳細情報

住所: Aushros Vartu g. 10, Vilnius 01303

ウェブサイト: http://www.vilnius-tourism.lt/en/tourism/places-to-visit/shrines/sv-dvasios-cerkve/

営業時間: 10〜17時

料金: なし

行き方: 夜明けの門からさらに北へ徒歩1分

ウクライナ正教会の教会で、こちらは外装&内装共にシンプルな作りとなっており、他の煌びやか&豪華な教会との違いがとても興味深いです。入り口にはフレスコ画も残っています。あまり観光客で混雑しない穴場スポットです!

聖三位一体教会(Holy Trinity Church and Basilian Gate) の詳細情報

住所: Ausros Vartu 7, Vilnius 01304

ウェブサイト: https://www.inyourpocket.com/vilnius/holy-trinity-church-basilian-gate_12592v

営業時間: 平日 7時~18時 土曜 8時~18時 日曜 9時~18時

料金: なし

行き方: 夜明けの門に面した通りの左手に黄色の門がありそこをくぐり穏やかな坂を5分程度登ると見えてきます

聖アンナ教会

燃え上がるような赤が映える煉瓦でできたバロック様式の教会です。14世紀初期に建てられ、16世紀に改築されました。ロシア遠征に向かう途中のナポレオンがこの教会を見てパリに持って帰りたい、と言うほど魅了されたと言い伝えられています。美しさの中に力強さがあるのが印象的です。

聖アンナ教会の正面

聖アンナ教会(St. Anne's Church)の詳細情報

住所: Maironio g. 8, Vilnius 01124

ウェブサイト: https://www.lonelyplanet.com/lithuania/vilnius/attractions/st-annes-church/a/poi-sig/1292564/360117

営業時間: 火曜〜土曜 10時半〜18時半

日曜 8時〜19時

料金: なし

行き方: ヴィリニュス駅から旧市街地を通り抜け徒歩25分ですが、交通機関を利用するより歩いて向かう方が便利です!

中心地から少し離れていますが観光客が最も人気の教会です。外観はシンプルですが中に入ると白の石膏装飾が細かく施された内装に驚くことでしょう。バロック様式の建物がお好きな方には必ずおすすめしたい観光スポットです!

聖ペテロ・聖パウロ教会(Church Of St.Peter And St.Paul)の詳細情報

住所: Antakalnio g. 1, Vilnius 10312, Lithuania

ウェブサイト: http://www.vilnius-tourism.lt/en/what-to-see/places-to-visit/churches/church-of-st-peter-and-st-paul/

営業時間: 6時〜18時半

料金: なし

行き方: ヴィリニュス駅から市バスの2番か20番で【Šv. Petro ir Povilo bažnyčia】にて下車。25分くらいかかります、ちなみに徒歩だと45分ほどかかります

ゲティミナス塔

ヴィリニュス旧市街や街全体を見渡せる城塞です。天気の良い日は運動を兼ねてぜひ登ってみてください!ちなみに丘のふもとからケーブルカーが出ていて、現在は運行しているようです。ケーブルカーについてはこちらをご確認ください。

ゲティミナスからの風景

ゲティミナス城(Gedimino pilis)の詳細情報

住所: Arsenalo g. 3, Vilnius 01143, Lithuania

ウェブサイト: http://www.vilnius-tourism.lt/en/what-to-see/top-20/gediminas-tower/

営業時間: 4〜9月 10〜21時

10月〜3月 10〜18時

料金: 5ユーロ(約600円)

行き方: ヴィリニュス駅から2または20番の市バスに乗りKaraliaus Mindaugo tiltasにて下車。駅から徒歩でも30分程度なので旧市街を散策した後にのんびり歩いて行ってみてください!

トラカイ島城

14世紀のリトアニアの首都はヴィリニュスから西にバスで40分行ったところにあるトラカイという街でした。当時トラカイの城塞として建てられたこのトラカイ島城は現在は中世ヨーロッパの暮らしや文化について展示してある博物館となっています。また、周りには美しい自然も多く、天気の良い日はガルヴェ湖の周りでピクニックをしている人たちがたくさんいます。

ガルヴェ湖

トラカイ島城(Trakai Island Castle)の詳細情報

住所: Karaimų g. 41, Trakai

ウェブサイト: トラカイ島城についてのサイト/トラカイの観光案内のサイト

営業時間: 3,4,10月 火曜から日曜 10〜18時

5月〜9月 10〜19時

11〜2月 火曜から日曜 9〜17時

料金: トラカイ島城博物館 8ユーロ(約980円)

行き方: ヴィリニュスバスステーションからトラカイバスステーションまで30分程度で着きます、料金は2ユーロ。1時間に数本出ています。トラカイに着いて北に徒歩30分でトラカイ島城に着きます

時間に余裕のある方はこちらの世界遺産【クルシュー砂州】はいかがでしょう?全長98㎞の砂州がロシアとリトアニアの土地に広がっていて、その約半分がリトアニアのものなんです。ちなみに砂州とは沿岸流によって運ばれた土砂が堆積し,州となって他の陸地とほぼくっついた部分のことです。

こちらはリゾート地として有名ですので夏の時期に行くことをおすすめします。リゾートといっても忙しなく落ち着いた観光地となっています、最寄りの街の名前はニダと言い、こちらで一泊してゆっくりとした時間と自然を楽しんでください。

クルシュー砂州(Kuršių Nerija National Park)の詳細情報

住所: Taikos g. 4, Nida, Neringa

ウェブサイト: https://www.lithuania.travel/en/place/kursiu-nerija-national-park

営業時間&料金: なし

行き方: ヴィリニュスからニダまでバスが出ていて片道約3200円で約6時間ほどかかり、またカウナスからニダは片道約2600円で5時間かかります

トラカイの街並み

いかがでしょうか?リトアニアにはとても見所があることがわかりましたね。リトアニアの都市間が離れていないので観光スポットを効率的に回りやすいのもおすすめの一つです!もし長めの休暇が取れるならば他のバルト3国、そしてフィンランドの観光もいかがでしょうか?


この記事が気に入った方は、他のヨーロッパの記事もチェックしてみてください!