Uiys6ntlalrx6yetshh6

ベトナム

CATEGORY | ベトナム

ベトナムの治安を解説!避けるべき地域や気をつける点・アドバイスを伝授します!

2019.08.20

ベトナム旅行を考えている皆さん、ベトナムがどんな国かご存知ですか?ベトナムはすべての地域で治安が安定しています。しかし、日本では出会わないような犯罪も多く、注意しなくてはいけないことも。そこで、ベトナム縦断をした私が治安情報をお伝えします!

この記事に登場する専門家

Muldkpatxziernhpcd3q

極貧バックパッカー

フタマタ

世界20カ国を旅した学生極貧バックパッカーが実体験とともに旅情報をお届けします!現在ミャンマーでインターン中。

  1. ベトナムの治安はすごくいい
  2. ベトナム・ハノイでは夜に注意
  3. ホーチミンは観光客を狙った犯罪が多い
  4. 観光地で注意すべきこと
  5. ベトナム全地域で注意したいこと
  6. 格安でも安全に旅をするには?
  7. 安全に楽しく!
Jraxkhpnpmmjn2pqnkbf

こんにちは!極貧バックパッカーのフタマタです!

今回は「ベトナムの治安」について皆さんにご紹介します。まずは、外務省の海外安全ホームページを見てみましょう!

Pqirhwbegj1ojywaanll

ベトナムは全域でレベル0です。紛争などもなく極端に治安の悪い地域もないようです。若い女性が一人で旅行している姿も多く見かけたので、女性の一人旅も心配なくできるようですね。しかし、注意しなくてはいけないことはたくさんあります。見ていきましょう!

Bicce7drdlio03eanqxq

ベトナムのハノイは首都になりますが、街灯も少なく夜になるとすごく暗くなります。どの国でもそうですが、夜暗い中で出歩くのは男女問わず危険です。気をつけましょう!

ハノイの旧市街は特に暗い

ハノイの中で特に夜が暗くなるのは旧市街です。街灯がかなり少なく、あってもあまり明るくないので、旧市街に泊ろうと思っている方は遅くなる前にホテル近くまで戻るようにしましょう!

ハノイは野犬も多い

また、ハノイの特に旧市街は野犬が多いです。ベトナムでは狂犬病は撲滅されていません。多くはありませんが、毎年狂犬病による死者も出ています。事前にワクチンを打っておくと安心ですが、間に合わなかった人は野犬には特に注意しなくてはいけません。

Su33kj1rdnpanqlniuyr

ホーチミンは商業が非常に盛んな都市で、旅行者にも非常に人気のある街でもあります。なので、観光客を狙った犯罪やトラブルが多くあります。それでは、見ていきましょう!

ホーチミンには売人が多い

ホーチミンには違法薬物の売人が多くいます。しかも、格安ゲストハウスが多く立ち並ぶエリアに多いようです。ブイビエン通りなどのバックパッカーが集まるエリアなどでは注意しましょう。もちろんベトナムでもそういった薬物は違法なので、トラブルに巻き込まれないためにもそういった人には近づかない方がいいでしょう。

性風俗の呼び込みも多い

ベトナムのホーチミンには性風俗が多く存在します。さらには、日本人が性風俗を求めホーチミンに来ることも少なくないため、呼び込みは日本語です。しかし、ベトナムでは売春行為は違法です。そういった店に出入りするのはトラブルのもとになります。男性の皆さんは注意しましょう!

また、マッサージ店を装い店の中に入ってマッサージをしてもらうと性風俗だったということもあるので、マッサージを受けたい方はちゃんとした店を調べるようにしましょう。

T53ybh7pxklwjep6aq3b

ベトナムは観光大国としての一面もあるので、観光客を狙った犯罪も多いです。なので、ベトナムの観光地全般で注意してほしいことをご紹介します!

ぼったくりに注意

ベトナムの人は観光客、日本人はお金を持っていることを知っています。日本人だとわかれば、平気で相場の2倍、3倍以上の値段で物を売ってきます。ベトナムには値切りの文化があるので、値切ることでそれなりの値段まで下がることはあります。しかし、何も知らないまま値切ろうとしても外国人のわれわれには難しいです。旅行に行く前に事前に物の物価を調べておくと安心ですね!

タクシー詐欺に注意

S4q6c8twpiakepkx1kzs

ベトナムではタクシーが市民の足となっているので、街の中でも多くのタクシーを見かけると思います。しかし、中には悪質なタクシー運転手も存在します。メーターをいじって物凄い勢いで値段が上がっていくように設定している運転手もいます。こちらも、事前に調べておきましょう。

また、メーター制のタクシー以外には乗らないことをお勧めします。確実にぼったくられます。特に空港周辺に多いですが、出口付近に大量にいる客引きではなく空港内でタクシーを手配してもらうか、自分で探したほうがいいです。

Jkeuizw3b7auinuyx2qa

最後にベトナムの全ての地域で注意してほしいことをご紹介します。それでは見ていきましょう!

スリ・置き引きに注意

どこでもそうですが、自分の荷物から目を離してはいけません。少し目を離したすきに持っていかれるということも少なくありません。

また、ナイフでバックを切られて中身を持っていかれるということもあるようです。貴重品はマネーベルトなどに入れておいた方がいいですね。

お釣りをごまかしてくる

ベトナムの市場などでよくあるのは「お釣りのごまかし」です。日本ではお釣りを数えない方も多いかもしれませんが、ベトナムではお釣りの金額をしっかり確認してください!足りなかったら「足りませんよ?」というと、「ごめんごめん」と言って差額を払ってくれます。

Ongoenuylg2ptvribzbk

お金をかけることで身の安全を買うこともできますが、できればお金を使わずに安全に旅行したいですよね。それでは最後に、僕が実践している無料で安全を確保する方法をご紹介!

  • 南京錠を持ち歩く
  • 夜遊びは遅くても10時まで
  • タクシーを使う時は「Grab」を使う
  • リスクを分散

この四つが僕が常に実践していることです。上二つは当たり前ですね。最後の二つについて詳しく見ていきましょう!

配車アプリ「grab」

タクシー関連でもめたくない・ぼったくられたくない人はぜひ使ってみてください。スマホアプリですが、東南アジアで広く使われていて安心してタクシーを利用することが出来ます!

リスクの分散

旅行で現金を持ち歩く際はできるだけばらけさせておきましょう。そして、財布には必要最低限だけ入れましょう。

おすすめな分散のさせ方は「マネーベルト」「靴裏」「パスポートの中」「バックの中」「財布」の五つです。これで、どれか一つがダメになっても5分の4は手元に残ります!

Zmtqrmnytt5goumjvodg

いかがでしたか?ベトナムは治安がいい国ですが、やはり注意は必要です。トラブルに巻き込まれないように安全で楽しいベトナム旅行にしてくださいね!

では、良い旅を!

この記事が気に入った方は、他のベトナムの記事もチェック!

https://trip-partner.jp/544