Y1r5gic2pdjxqwaizdja

タイ

CATEGORY | タイ

バンコクの夜遊び3大エリアを解説!在住者ご用達のゴーゴーバー・注意点はこれだ!

2019.11.26

タイのイメージと聞けば先ず浮かぶのは仏教。お釈迦様や寺院など、仏教色が濃い国。ところが夜遊びにかけても、この国はかなりデーイプな遊びが出来る国なのです。ベトナム戦争時代、駐留米軍兵の為に出来た遊び場が今なお、タイの夜の顔として人気を誇っています。

この記事に登場する専門家

Cbyivcm4xqj8r6mhxaq7

フリーランス

ソイ・カーボーイ

20年のサラリーマン生活から心機一転独立。成功への階段へ一気に駆け上がり、信頼していた部下に裏切られ、突如億の負債に襲われる事に・・・。もがき、苦しみ、そして再起し、夢にまで見たタイへの移住を実現する。趣味は格闘技(空手四段・ブラジリアン柔術 紫帯)

  1. まるでラスベガスのよう!タイ・バンコクのネオン街
  2. バンコクの夜遊び①ソイ・カーボーイ
  3. バンコクの夜遊び②ナナプラザ
  4. バンコクの夜遊び③タニヤ通り
  5. 素晴らしき親日国タイ、日本人が安心して遊べる国

こんにちは、ソイカーボーイです。タイと言えば日常の挨拶にワイ(合掌)が使われるぐらい、信仰心の厚い国です。しかしその反面、夜の遊びに関しても、かなりディープなところまで極めている国でも有るのです。しかし、だからと言って安全面で危険か?と言われれば全くそんな事は有りません。バンコクで夜遊びしても、ほとんどの店が会計は明朗で、値段も日本と比較すると比べものにならないくらい、格安で楽しめる店が多数有るのです。それが、タイの夜遊びの人気を支えていると言っても過言では有りません。

ゴーゴーバーと呼ばれる店がひしめくバンコクの歓楽街

Ullst37srggkiprc9wcp

私のペンネームでも有るソイ・カーボーイ。バンコクのこの場所から頂きました。ソイはタイ語で「通り」。なので直訳すると「カーボーイ通り」。まさに、アメリカ的な名前です。そしてこの通りはまさにアメリカ。バンコクに来ている事を忘れさせる程です。在留米軍の遊び場の為に店が出来、そのエリアとしてこの名が付けられたと言われています。この狭い約200メートル程の通りに、沢山の夜遊びの為のお店が軒を連ねているのです。

Rapuywpbsth0mikecqxz

この場所に来るとまさにラスベガスの様相。大きなネオンがいたる所で光輝き、その華やかさは眩しい程。そして通りには溢れんばかりの欧米人達が闊歩しています。ここは本当にタイなの?そう目を疑いたくなるような光景が、このソイ・カーボーイなのです。

Erircljvvfkgoxu7vtmg

ソイ・カーボーイの看板に日本語が・・・タイの親日ぶりが分かるひとこまです。

Tforbfcqdhdy8shlunyx

バンコクのソイ・カーボーイ、店によって特色は有りますが、基本店内でのショーは、レディ達のポールダンスです。そこで踊っているダンサーを見ながらお酒を楽しむシステムとなっています。夜遊びには最適ですね!

ドリンクはビールなら、大体どこのお店も150バーツ前後(525円)。そして、気に入ったレディがいれば、席に呼んで会話が楽しめるのです。意気投合すれば、そのまま店外に出て食事や遊びに行くと事も可能です。そしてこのような店をタイでは「Go Go BAR(ゴーゴーバー)」と呼ばれて、ゲスト達から親しまれています。

Mz6x9qabrtlwscoquhpd

このTilacという店名はタイ語で「恋人」「親愛なる人」そのような意味です。人気店ともなるとオープンの20:00から直ぐに満員になり、座る席が無くなる程です。

Lt6d6naplfvshs7iwzta

「RAWHIDE」まさにアメリカンな店名ですね。この名前に聞き覚え、懐かしさを感じるシニア世代も多い筈。何故なら、このローハイドは1960年代ぐらいに放送されていた、大人気の西部劇のタイトル名なのです。

Blfpkihjts26rlz7jrln

「COUNTRY ROAD」この店名の響きにも懐かしさを感じます。1970年代にジョン・デンバーという、アメリカの人気歌手が歌って大流行した歌のタイトルですね。TVのCMでも流れていたので、シニア世代ならほとんどの方がご存知の筈。

この歌を聞いて、つい口ずさんでしまう方も多いのでは。古き良きアメリカの情景が浮かんできますね。

F0brxbgt7heb2fac6vjn

「BACCARA」この店名は(トランプ)カードゲームで有名な名前です。このバカラは日本人に大人気のお店です。日本人だけでなく、最近では韓国や中国人も多数遊びに来ています。各店はどこの国のゲストを相手にするかで、ダンサー達の集め方も変わります。バカラは日本人ウケするような容姿を持った女性達が多数在籍しているので、それが人気の要因なのです。

アメリカンな世界・ソイ・カーボーイ

特に店に入る事無く、この通りのネオンサインを見て歩いているだけでも楽しいです。煌びやかなネオン・華やかな女性達。日本には無い、こんな通りを是非体験してみて下さい。治安面においてはかなり安心です。各店には必ず、セキュリティの人間が付いており、泥酔客などをしっかりと監視しています。さらにドリンクなどの代金は、基本明朗なので、余程ハメを外さなければ、とんでもない値段になる事はまず有りません。

ソイ・カーボーイの詳細情報

行き方:ソイ・カーボーイには、モノレールのBTSや地下鉄のMRTのアソーク駅から、どちらからでも歩いて約10分程です。

営業時間:店によって多少の違いが有りますが、おおよそは20:00pm~2:00am

バンコクの夜を二分するのはここだ!

Xzx9qilrhwowytuzytuy

日本の「繁盛」の文字の提灯が、なんだか親近感を覚えさせてくれます。

Ttjgsfrwfssfnpnhfmyh

バンコクを二分する夜遊びエリアと言えば、アソークのソイ・カーボーイ、そしてこのナナ・プラザです。

Rpt8psj8wiljhwlo5ije

ここナナ・プラザはドームの形になって生まれ変わりました。以前は雨が降ると楽しみ方が半減したのですが、このドームが出来たお蔭で、今では天候を気にせずに、ゆっくりと夜遊びを堪能出来ます。

ナナ・プラザの特徴

Zckxtx1hiu8wjd8m73ig

ナナ・プラザの大きな特徴は、このドーム型の屋根の下に沢山のバービアが並んでいるところです。店に入ってダンサー達のポールダンスを見て楽しむのも良し、このバービアでホステス達と会話をするのも良し、どちらも楽しめるようになっています。タイ語が出来なくても、恐れず会話にチャレンジしてみましょう。多少の英語は皆出来ますし、翻訳アプリを使えば会話は立派に成立します。

Zvftwqk83vr8ofv7evxx

アーケードの入口から奥にかけて、沢山のバービアが並んでいます。このナナ・プラザの入口では、手荷物検査が有るので、素直にカバンを開けて中を見せましょう。セキュリティが厳しいのは安心して遊べる証拠です。

Zfsnosprvww83nx1fdxw

タイではレディボーイと呼ばれる人種(略してLB)をよく見かけます。いわゆる男性が女性になりたいと思っている人達です。彼ら・・いや、彼女達はタイでは立派に市民権を得ており、夜の仕事だけではなく、コンビニやショッピングモールなどでもLBとして働いています。そしてここ、ナナ・プラザにはそんなLBが働くお店が多いのです。その中の代表格がここ「OBSESSION」(こだわり)なのです。店内のLBの美しさに思わず目を疑いたくなる程ですよ。

ただ、残念ながらLBの店は、ドリンクを飲ませて欲しいのリクエストが多すぎるのが難点です。物見見物で入るなら、はっきりと断らないと、次から次へとドリンク攻撃されるのでご注意を。

Sl0mywotmkx9uscutcwq

ナナ・プラザは3階建て。その中に大小合わせた店舗が、数多く入居しています。ひと昔前まではここの3階はとてもイメージが悪く、余り足を向けるゲストはいなかったのですが、新しいテナントを誘致し、改装したところ、今ではこのナナプラザの人気のスポットとして大変身しました。

Qsnutbtvkg9dka8gpyrn

その中でも得におすすめなのがここ、「BILLBOARD」(看板)この店は100坪ぐらいの大きさで、大きなステージやバスタブの中で、沢山のダンサー達がパフォーマンスを繰り広げています。

D6n0q7cofb4xlpxmmwcv

店内は常に大勢のゲストで賑わっており、遅い時間に行くと座る場所が無い程の人気店です。

ナナ・プラザにはソイ・カーボーイと違った楽しさが

このナナ・プラザにはどちらかと言えば、日本人ウケするようなダンサーのお店が多いように思えます。(個人的感想)そして、大きな箱(広い店)が多いのでゆったりとした気分で楽しめるのも特徴です。ゴーゴーバーのオープンまで、広場のバービアで時間を過ごすなんてのも有りですね。

ナナ・プラザの詳細情報

行き方:BTSナナ駅の①②番出口、どちらからでも歩いて10分程です。タクシーならナナ・プラザと言って下さい。ナナと言ってしまうとBTSの駅だと思われてしまいます。

営業時間:バービアなどは17:00ぐらいから、ゴーゴーバーは21:00pm~2:00am

頃まで。

P6wkmy46qbwl3m9idi9f

銀行やオフィスが立ち並ぶここシーロム通りに、いきなりここは日本?そう思える一角が有ります。それが通称「タニヤ」通り。シーロム通りからスリウォン通りにかけて約300メートルぐらいにの間に、沢山の日本人向けのお店がひしめきあっています。

Vec2sq2x2t9zwcta72f6

この通りは、まさに日本人の為に作られた遊び場と言っても過言では有りません。ソイ・カーボーイが在留米軍兵の遊び場であったなら、このタニヤ通りは、日系企業がタイ進出の為に働きに来た、駐在員達の遊び場であったのです。

Ry54ouvuyrmr1mylxur7

タニヤ通りは、いわゆるカラオケ店です。日本で言う所のラウンジの様相。店内に入り話相手の女性を選び、カラオケを歌う。全く日本で飲みに来ているような印象です。お店によっては大きなひな壇が有り、レディ達も50人ぐらい並んでいたりするので、その眺めはある意味圧巻です。ホステス役のレディと意気投合すれば、店外デートも可。(店によって料金は異なる。)

Olvq0rhrrzmusrwelvda

そのカラオケ店の周りには、沢山の日本料理店が乱立しています。見覚えのある店名も沢山有り、辛いタイ料理が苦手な人も全く食事に困る事は有りません。

Rad9bnkbosa8qdzuwc9q

思わず日本に帰って来たのかと・・・

まさか、バンコクで手羽先が食べれるとは・・・。

Zaciex5kks5zlr0d42vu

このタニヤ通り、昼間はオフィス街のワーカー達が、食事の為歩いていたりもしますが、夜になるとその風景はガラリと変わります。

Bzw7pzw0h2jdf0jzsgan

沢山の看板にネオンが燈り、まるで日本の歓楽街そのものの様相。店の軒先には沢山のホステス役の女性達が並び、その雰囲気はまるで竜宮城。男性なら思わず誰もが顔が緩む筈。

Rmqc4rt2taafwk3d1kzc

このタニヤ通りの入口にはかの有名なフッターズも昨年オープンして、タニヤ通りに華を添えています。ここのオリジナルビールはとても美味しいですね。

Qmmsfcs5fdoa2ic4web5

ビールが美味しくて、更にグラスも可愛いフッターズ。

タニヤ通りは、日の丸戦士達が作り上げた通り

このタニヤ通りは、面白い事に日本人しか入れません。こんな店が並んでいる通りは世界の国の中でもかなり希少でしょう。ただ逆に言えば、日本人客だけでも、商売が成り立っているという事です。これも凄い事ですね。タイに来るとまず目につくのが、車やバイクのほとんどが日本製。いかに日系企業が努力してタイに進出したかが伺えます。そしてそんな駐在員達が自分達の息抜きに、はたまた接待として利用したのがこのタニヤ通りの歴史なのです。

タニヤ通りの詳細情報

行き方:BTSサラディーン駅④番出口出て直ぐです。

営業時間:店によって多少異なるが20:00pm~2:00am

予算:店によって多少の違いは有りますが、1時間のセット料金が基本です。飲み放題・歌い放題で700~800バーツ(2450~2800円)ホステスレディへのドリンクは200バーツ(700円)

バンコクにはソイ・カーボーイやナナ・プラザ、そして日本人街のタニヤの夜遊びスポットが。これ程日本語が目に付く世界の中の夜遊びの場所は例を見ないのではないでしょうか?通常、他の国での繁華街では、何か安全面の不安や会計面で不安があったりしますが、今回ご紹介したこのバンコクの3大夜遊びエリアではほとんどそんな不安を感じる事は有りません。タイで大いに夜遊びを楽しんで下さい!

筆者のブログはこちらから