Oeb4xc34sejyyx4tjmcb

韓国

CATEGORY | 韓国

ソウルを一人で満喫する!両替・買い物・グルメ・観光スポットをご紹介!モデルコース付き!

2019.08.11

韓国といえば、一番安く行ける海外旅行先のひとつでありながら、食、文化、異国風情が楽しめるスポットでもあります。そんな韓国の首都、ソウルで何をすれば確実に楽しめるのかを、実際に旅行にいった時の経験を踏まえて紹介させていただきます。

この記事に登場する専門家

Bueafr2fva1ohdx1pvai

世界を飛び回るトラベラー

ちょこ

オーストラリア、アメリカ、スペインに1年の長期滞在を経験し、これまでに24カ国を訪れた。大学では観光学とスペイン語を中心に学び、来年の3月に卒業予定。大学を1年休学をしウォルト・ディズニー・ワールドのキャストメンバーとして13ヶ月間勤務。また旅のVlogerとして、海外旅行に行く際には必ずカメラを回し最新の情報を提供するYouTuberとしても活躍中。

  1. 観光ソウルの一人旅へ出発しよう
  2. ソウルに行くのには何を用意すればいい?
  3. ソウルの交通情報
  4. まずは一人で買い物を楽しもう!安く洋服を手に入れる方法
  5. 次は、一人で思いっきり食の街ソウルで食い倒れ!
  6. ①もちもちとした食感を楽しむトッポギ【トゥッキ】
  7. ②ローカルでリーズナブルに韓国料理を楽しむなら【広蔵市場】
  8. ③何を食べたいかわからない時はデパ地下に行ってみよう【ヒュンダイデパート】
  9. 最後は、一人でソウルの観光スポット巡りをしよう!
  10. ①ソウルの街全体を見渡せる【Nソウルタワー】
  11. ②韓国の伝統家屋でインスタ映え間違いなし【北村韓屋村・三清洞通り】
  12. ③ソウルで一番有名な室内遊園地で大絶叫【ロッテワールド】
  13. 1日の最後にソウル来たらナイトスポットで騒いじゃお!
  14. ソウル一人旅のモデルコース 1泊2日プラン!
  15. 韓国ソウルの一人旅 まとめ
  16. 筆者のYouTubeチャンネルを紹介!
ソウルの街並み

世界を飛び回っている ちょこ です。今回は韓国はソウルの一人旅行者向けのおすすめソウル観光スポットやレストランなどをご紹介します。実際に一人旅行した私が経験した観光ソウルでの一人旅の行っておきたいスポットや注意点などもシェアしていきます。

ここではソウル一人旅に行く前にどんな事を準備して用意すればいいかをご説明します。

服装はどうすればいい?

ソウルは気候的にも本州とさほど差がないため、その時日本で着ている服装そのままで向かっても、特に問題はありません。また、ソウルでは洋服が格安で売られているところが多いので、現地で調達する気分で行っても問題は無いと思います。

お金はどうすればいい?

韓国の通過はウォンです。概ね10ウォンが1円ほどなので、買い物をする時は書かれている数字を10で割る(末尾の0を一つとる)ことで日本円に変換して考えることができます。キャッシュレスは日本より進んでおり、VisaやMaster Cardはほとんどのお店で受け付けています。ですが、キャッシュを持っていて損はないので、両替もしておくといいでしょう。

両替のティップス

空港で両替をすることが殆どかもしれませんが、空港の両替所は需要が高いため、自ずとレートも高く付いてしまっています。もし余裕があるのであれば、街中の方の銀行の窓口で両替をすると、いくらセーブできるでしょう。

韓国の交通網

ソウルは地下鉄、バス、タクシーが多く走っています。公共交通機関をうまく乗りこなせることは、旅行の良し悪しを決める要になってきます。そんなソウルの交通情報をお伝えします。

移動手段は地下鉄がベスト

ソウルは東京並みに地下鉄が充実しています。どこに行くのもまずは地下鉄でどうやっていけるかをみてみましょう。電車賃はどこまで行っても一回の乗車で1350ウォン(135円)で、Tcardという地下鉄用のカードを作ると100ウォンのディスカウントを受けることができます。カードはLINEのキャラなどが書かれていて、可愛らしいものも多いので、お土産ついでに作ってみることをお勧めします。

地下鉄を乗りこなすには、マップよりもサブウェイアプリを入れよう

旅行中に必ずと言っていいほどお世話になるGoogleMapですが、ソウルの公共交通機関に関してはGoogleMapは少し疎いところがあります。なので、必ず携帯にSubway Koreaという地下鉄の運営会社が出しているアプリを入れておくことをお勧めします。乗換案内や、時刻表、かかる費用など、色々なことを正確に教えてくれます。時刻表に変更があれば即座にアップデートをしてくれるので、最も信頼が置けます。オフラインでも使える様になっているので、モバイルWi-Fiのギガ数を気にすることなく使えるのもこのアプリの良いところです。

夜遅くなってしまったりしたらタクシーを

ソウルは24時間営業しているアウトレットなどもあり、夜に繰り出すのも楽しみの一つですが、地下鉄は東京と同じか、それよりも早めに終電が来てしまいます。帰る術を無くしてしまったら、タクシーに乗ってみてください。日本のタクシーよりはるかに安い価格で送迎をしてくれます。筆者が深夜2時ごろに乗った時も、30分ほど走らせて1300円ほどしか支払いませんでした。

タクシーを乗る時にはタイプに注意

タクシーは安くて便利なのですが、その分注意しなくてはならないこともあります。ソウルを走っているタクシーはいくつかカテゴリーがあり、模範タクシーは何色、定額制のタクシーは何色など、外観で見分けられることもあります。そう言った情報を取り入れてからタクシーを呼びましょう。また、乗る前に、どこまでいきたいかといくらくらいになるかを必ず聞いておきましょう。それも心配な場合は、カカオトークという韓国で一番流行っているSNSに、タクシーを呼ぶ機能があり、それが一番確実に呼べる方法です。時間があれば試してみてください。

道に迷ったらインフォーメーションセンターに

ソウルの街中には多くのインフォーメーションセンターがあり、英語、日本語、中国語を話せる方が駐在していることが多いです。ハングルを話せなくても安心して頼りにしてみてください。

安い価格の洋服

韓国はファッション業界でもジャンルを形成しているほどファッションへの熱が強いです。ソウルの街中を歩いていても、駅の構内、路地裏など様々なところに洋服屋さんを見つけることができます。中にはハイブランドのコピー商品などもありますが、それでもいいと思う人なら、絶対に買い物を楽しめる街になっています。

眠らない街トンデムン(東大門)

トンデムンには巨大なショッピングモールや、卸売業者が集めるビルなどが多く存在しており、しかもそのほとんどがファッション関連のお店です。1000円ほどで様々な洋服を手に入れることができます。

勇気を出して値切ってみよう

トンデムンは卸売の街であるからこそ、会話のある商売をしてきます。お店の方もたくさん話しかけて商品を売ってくるうえ、こちらからの要求も色々聞いてくれます。ハングルが喋れなくても、英語や日本語を駆使して、「こういったものが欲しい」だったり、「予算がこれくらいしかないので安くしてくれないか」など質問をすると聞き入れてくれることが多々あります。旅の思い出に喋りかけてみてください。

女の子の街、梨大(イデ)で安く可愛らしい服を手に入れよう

梨大とは名門女子大学の梨花女子大学があることから付けられた名前です。女子大学のすぐそばということで、女性に人気のお店が軒を連ねています。ここも1000円ほどで様々なアイテムが並べられています。買い物に疲れたらカフェなどに入ってみてください。これもまた女の子に人気が出そうな小洒落たお店に出会えることでしょう。

美味しい韓国料理

韓国に行って一番楽しいのは食事といっても過言ではないほど韓国の料理は美味しいです。主に辛い料理が多いですが、ただただ辛いだけではなくその裏にある美味しさは日本ではなかなか味わえない類の味なのではないでしょうか。

一人旅の食べ歩きでおすすめのエリア【カロスギル】

ここは韓国ソウルの代官山とも言われているおしゃれなスポットです。ここもストリートフードからおしゃれなカフェまでたくさんあります。一人旅で周りの目が気になる方でも、ここは一人で歩きながら、もしくはカフェでゆっくりできるスポットがたくさんあります。どんなに一人でも楽しく時間を過ごすことができます。

トゥッキの鍋

トッポギは甘辛いスープに小さなお餅を入れて食べる料理です。単品で頼むこともできますが、食べ放題のお店に行って様々な味や種類のトッポギを楽しむのもいいのではないでしょうか。

トッポギ食べ放題で800円?!

トッポギでオススメのお店はソウル市内にいくつか店舗を構えるトゥッキという食べ放題のお店です。ここでは様々な味のソースをこのみで合わせて自分なりのスープを作れるだけでなく、何種類ものトッポギ、ラーメン、野菜、天ぷらが食べ放題です。種類は少ないですがスプライトなどの飲み放題も込みで値段なんと800円という日本では考えられない料金でしこたまトッポギを食べることができます。ちなみに混雑していなければ時間制限もありません。

トゥッキ 詳細情報

梨大のお店は客層も女性が多く、おしゃれな空間になっています。

住所:서울서대문구이화여대길89

営業時間:11:00am – 10:00pm

料金:900円~

広蔵市場の様子

観光客はもちろん、現地の人も通う大人気の市場です。

広蔵市場で現地の安くて美味しい韓国B級グルメ料理を食べよう!

ここでは韓国のB級グルメを堪能することができます。特にビビンパは有名でたくさんのレストランで提供している定番のB級グルメです。値段もそこまで高くないので、1000円以内で満腹になることができます。

広蔵市場 詳細情報

住所:88 Changgyeonggung-ro, Jongno 4(sa)-ga, Jongno-gu, Seoul, South Korea

営業時間:9:00 ~ 18:00

ヒュンダイデパートの外観

西洋ではあまりない文化ですが、さすが日本のお隣さんとだけあってデパ地下文化は韓国にもあります。何を食べたいか決まらない時にはデパ地下を歩き回って見た目や匂いで判断するのも楽しみが増えていいのではないでしょうか。

韓国料理のお店が多く並ぶデパ地下 ヒュンダイデパート

シンドリム駅と一体化しているヒュンダイデパートは、韓国の大手車会社ヒュンダイによって作られた比較的新しいデパートで、地下に下ると韓国料理をメインとした店舗が軒を連ねています。価格帯も全体的に日本よりは安く、さらにサーブされるボリュームは日本のそれよりもかなり多めにサーブしてきます。お得な韓国料理をぜひ楽しんでみてください。また、デパート自体も様々なお店が揃っており、ここだけでショッピングを完了させることもできるほどです。

ヒュンダイデパート詳細情報

住所:662 Gyeongin-ro, Sindorim-dong, Guro-gu, Seoul, South Korea

営業時間:10:00am – 9:30pm

最後はソウルの観光スポットを満喫しましょう。ソウル市内自体はそこまで大きな都市ではないので、交通機関を利用すれば1日でたくさんの観光地を回ることができます。入場料などもそこまで高くないので、気軽にたくさんのスポットを一気に見ることができます。

市内から見たNソウルタワー

ソウルの街全体を見渡すには、ここNソウルタワーをおすすめします。日中に行くのもいいですが、夕方から入場し夜景を堪能するのがいいかもしれません。サンセットはとても綺麗で、そして夜景はソウルのネオンを見ることができます。

Nソウルタワー 詳細情報

住所:105 Namsangongwon-gil, Yongsan 2(i)ga-dong, Yongsan-gu, Seoul, South Korea

営業時間:10:00 ~ 23:00

入場料:1000円~

三清洞通りの様子

ここでは観光の伝統屋家屋を見学することができます。また、韓国の伝統衣装を着て写真撮影も可能です。そんなインスタ映えスポットとして有名で特に女子からは絶大な人気を誇るエリアになっています。

北村韓屋村・三清洞通り 詳細情報

住所:South Korea, Seoul, Jongno-gu, Gahoe-dong, 계동길 37

営業時間:9:00 ~ 18:00

ロッテワールドの外観

そしてソウルの定番観光スポットと言ったらこの、ロッテワールです。一人旅行者にも人気で絶叫から楽しいアトラクションまでがあります。一人でも周りの目を気にせずに思いっきり絶叫アトラクションを楽しむことができます。ロッテなのでお菓子などの限定のお土産も買うことができちゃいます。

ロッテワールド 詳細情報

住所:240 Olympic-ro, Jamsil-dong, Songpa-gu, Seoul, South Korea

営業時間:9:30 ~ 22:00

入場料:3000円~

ソウルのクラブの様子

1日の最後は韓国の若者と思いっきりナイトクラブで騒いじゃおう!!ソウルの若者も週末はクラブに行って騒いでる人がたくさんいます。そんなソウルの若者と同じように週末を過ごしてみましょう。

ソウルで大人気のクラブ【m2】

ソウルのクラブと言ったら、この「m2」が大人気です。観光客よりも、現地の若者から絶大な支持を誇っています。音楽は観光のパーティーミュージックはもちろん、アメリカの定番のパーティーミュージックまで流れています。入場料も安く設定されており、気軽に入ることができるのもおすすめです。

外国人観光客と友達になれる【B ONE】

ここはm2と対照的で、外国人観光客が大変多いクラブになっています。一人で来たら、こっちの方がいいかもしれません。一人でクラブに入っている外国人観光客も多く見受けることができました。もし友達が欲しかったら、ここのクラブをおすすめします。ナンパが多めなので、女性のお客様は少し気をつけた方がいいかもしれません。

ここでは簡単にこのソウル一人旅のまとめとして、1泊2日のモデルプランをご紹介します。

1日目 ~観光の定番から夜はナイトクラブで思いっきり騒いじゃおう~

10:00~ 午前中から行動して定番の観光スポットを巡りましょう。北村韓屋村・三清洞通りで韓国に来た記念撮影をしましょう。

12:00~ ランチは広蔵市場に行って韓国のB級グルメを食べましょう。ビビンパからチジミまで

13:00~ ロッテワールドで絶叫マシーンを体験しましょう。その他にも限定のお土産を変えるチャンスです。

15:00~ Nソウルタワーを訪れてサンセットから夜景を一気に楽しもう。

18:00~ こちらも観光で有名なトッポギ食べ放題で800円を堪能しましょう。

22:00~ お気に入りのクラブで思いっきり騒ぎましょう。クラブ自体は22時から入場できますが、人がたくさん来て本格的なダンスなどは23~24時頃です。

2日目 ~お土産を買って、マッサージをして旅行の疲れを癒そう~

2日目は思いっきり買い物を楽しましょう。とくにばら撒き用お土産から自分への顔パックなどの買い物をしましょう。広蔵市場では食べ物だけでなく、様々なお土産を購入することができっます。

そして買い物を存分に楽しんだあとは、ソウルの街中にあるフットマッサージでゆっくり旅の疲れを癒しましょう。

いかがでしたでしょうか。一人で食い倒れたり、ショッピングをしたり、様々な楽しみ方のできるソウルをぜひ満喫してみてください。

ここでは、これまでに私が旅行した先の観光スポットをご紹介しています。少しでも旅の情報をシェアできたら嬉しいです。ぜひ、チャンネル登録をお願いします。

この記事が気に入った方は、他の韓国の記事もチェックしてみて下さい!

https://trip-partner.jp/317