Lz2pfwp5c9hilylvxveq

スイス

CATEGORY | スイス

マッターホルンを眺めるベストポイント7ヶ所!ツェルマット観光予定なら必見!

2019.08.21

スイスのマッターホルンの麓にある、観光の拠点となるツェルマット。マッターホルンを眺めながらハイキングをするために重要な、各絶景ポイントへのツェルマットからの行き方や地図、観光日数から考えたおすすめ度なども含めた必見情報を、旅行経験者が詳しく紹介していきます。

この記事に登場する専門家

Rfrksmqw9vl80mvqnkpe

ラスベガス在住ライター兼翻訳家

mm2445

アメリカに住んでいるフリーライター。米国永住権を所得し、これまでにニューヨークに5年、ラスベガスに3年以上住んでいます。世界50カ国を巡ったことがあり、今後の人生を旅行に捧げる覚悟です。

  1. スイスのツェルマット観光について
  2. ①ツェルマットから気軽に観光可能な「スネガ」
  3. ②観光中に気軽に逆さマッターホルンを楽しめる「ライゼー(ライ湖)」
  4. ③木々の隙間から逆さマッターホルンが一望できる「グリンジーゼー(グリンジー湖)」
  5. ④美しい岩山とともに逆さマッターホルンを見られる「シュテリゼー(シュテリ湖)」
  6. ⑤アルプス山脈の氷河を見渡せる「ゴルナーグラート」
  7. ⑥鉄道の山頂まで向かう途中にある絶景「リッフェルゼー(リッフェル湖)」
  8. ⑦マッターホルンを間近で見られる黒い湖「シュヴァルツゼー(シュヴァルツ湖)」
  9. ツェルマットからでも見えるマッターホルン
  10. ツェルマット観光中に出逢える野生動物は?
  11. ツェルマット観光におけるそれ以外の見所は?
  12. スイスのツェルマット観光のまとめ

こんにちは!今までに世界50カ国を旅行した経験がある、フリーライターのmm2445です。今回はスイスのツェルマットにあるマッターホルンを眺めるスポットを、旅行経験者が7ヶ所厳選しました。

ツェルマット観光の主な見所とは?

ツェルマット

スイス旅行といえば、真っ先にマッターホルンの名前が挙がりますよね。この印象的な形の山の標高は4478メートルで、イタリアとの国境のアルプス山脈にあります。マッターホルンの麓にはツェルマットという街があり、観光地化されています。ここからロープウェイを使って展望台に向かったり、ハイキングしながら自然を楽しむことが可能です。それではツェルマット観光の主軸となる、綺麗にマッターホルンを一望できるスポットを紹介していきます。

スネガ

まずツェルマットからロープウェイに乗ればすぐに到着できて、マッターホルンが綺麗に眺められるスネガ展望台はおすすめです。簡単にアクセスできるだけでなく、美しい角度でマッターホルンを一望できます。ツェルマット観光でもとくに人気のスポットです。

スネガ

ツェルマットから自然の景色を楽しみながら登山で行くこともでき、片道2時間ぐらいです。ハイキングの途中には、何度かマッターホルンを眺められる場所がありました。朝日に染まる姿を見られたら最高ですね。

おすすめ度

★★★ 滞在日数が1日でも必見。

ツェルマットからスネガへの行き方

Zermatt (Talstation Sunnegga)でロープウェイに乗って、Sunneggaまで3分です。Sunneggaから展望台までは、徒歩ですぐ着きます。

スネガの場所を地図で確認する

ライゼー

ライ湖とも呼ばれるライゼーは、スネガ展望台から徒歩で数分の場所にあります。ツェルマットからでも容易にアクセスが可能な湖なのでおすすめです。ただし噴水が稼働していると、湖が波打っていますので、逆さマッターホルンが見にくくなります。さらに夏場は湖に入っている人もいるらしく、波のない状態で景色を見られるかは時間帯次第になりそうですね。

おすすめ度

★☆☆ 滞在日数が1日以内でもおすすめ。2日以上なら必見。

ツェルマットからライゼーへの行き方

ロープウェイに乗ってSunneggaまで行き、そこから徒歩5分で着きます。

ライゼーの場所を地図で確認する

グリンジーゼー

スネガ展望台からハイキングで行ける場所に、ライ湖以外にもいくつかの湖があります。こちらのグリンジー湖では、緑豊かな木々とともにマッターホルンを眺めることができました。湖も穏やかなので逆さマッターホルンを眺められるだけでなく、美しい森林の隙間から覗かせる雰囲気も良かったですね。

グリンジーゼー

グリンジー湖はスネガ展望台から徒歩で行くのもいいでしょう。遠くの山々も眺められて、すばらしい景色のハイキングが楽しめました。スネガ展望台からライ湖を通り30分ぐらいで下の方に見えてきますが、近くまで行くにはそこからさらに30分ほどかかりました。

おすすめ度

★☆☆ 滞在日数が1日以内でもおすすめ。2日以上なら必見。

ツェルマットからグリンジーゼーへの行き方

ロープウェイに乗ってSunneggaまで行き、Sunnegga (Talstation Blauherd)でロープウェイに乗り換えて、Blauherdまで7分です。そこから徒歩30分で着きます。

グリンジーゼーの場所を地図で確認する

シュテリゼー

こちらのシュテリ湖も、スネガ展望台からのハイキングでアクセスできます。木々に隠れていたグリンジー湖とは異なり、周辺には景色を邪魔するようなものはなく、遠くの岩山とともにマッターホルンの姿を楽しめました。スネガ展望台のすぐそばにあったライゼーより波が静かなので、湖に映る景色もすばらしかったです。

シュテリゼー

ツェルマットから徒歩で行く場合には、片道3時間ほどかかります。日や時間によっては雲がかかっていることもあるらしいですが、写真の日には天気も良かったです。どんな景色が見られるかは運次第ですね。

おすすめ度

★★☆ 滞在日数が1日でもおすすめ。2日以上なら必見。

ツェルマットからシュテリゼーへの行き方

ロープウェイに乗ってSunneggaまで行き、Sunnegga (Talstation Blauherd)でロープウェイに乗り換えて、Blauherdまで7分です。そこから徒歩15分で着きます。

シュテリゼーの場所を地図で確認する

ゴルナーグラート

周囲に広がるアルプスの絶景が一望できるゴルナーグラート。ゴルナーグラート鉄道の山頂の駅がある場所で、ツェルマットからもアクセスしやすいです。天気が良ければ、すばらしい絶景が楽しめますよ。ツェルマット観光では必見のスポットです。

ゴルナーグラート

もちろんここからマッターホルンを眺めることができます。スネガ展望台とは違った角度で、マッターホルンを見られました。列車とマッターホルンのコンビネーションによって、すばらしい景色を生み出していますね。

おすすめ度

★★★ 滞在日数が1日でも必見。

ツェルマットからゴルナーグラートへの行き方

ツェルマットからはゴルナーグラート鉄道を使って30分です。

ゴルナーグラートの場所を地図で確認する

リッフェルゼー

リッフェル湖は、ゴルナーグラートまで向かう鉄道の一つ前の駅付近にあります。ゴルナーグラートまで行く途中にあるためアクセスがしやすく、とくにたくさんの観光客が集まっていました。リッフェル湖は逆さマッターホルンを眺める定番スポットの一つです。

リッフェルゼー

数多くの観光者で賑わうリッフェル湖ですが、そこからさらに5分ほど進むと、もう一つ湖があります。人が少ないだけでなく、湖に映るマッターホルンの姿がもっと美しかったです。リッフェル湖だけでなく、この名も無い湖にも足を運ぶことをおすすめしたいです。

おすすめ度

★★★ 滞在日数が1日でも必見。

ツェルマットからリッフェルゼーへの行き方

ツェルマットからはゴルナーグラート鉄道を使ってRotenbodenまで行き、そこから徒歩5分で着きます。

リッフェルゼーの場所を地図で確認する

シュヴァルツゼー

これまで紹介した展望台はいずれも少し離れた位置からマッターホルンを眺めるものばかりでしたが、こちらのシュヴァルツ湖は湖がまるでマッターホルンの真下にあるように見えます。マッターホルンをできるだけ近い位置から眺めたい方におすすめです。

シュヴァルツゼー

ロープウェイでもアクセスできますが、ツェルマットから3時間ぐらいのハイキングで行くことも可能です。せっかくなので自分の足で歩くことで、もっと大自然の景色を味わいたいですよね。ハイキングコースは太陽を遮るものがないので、涼しくても日焼け止めは必須です。

おすすめ度

★★☆ 滞在日数が1日でもおすすめ。2日以上なら必見。

ツェルマットからシュヴァルツゼーへの行き方

Zermatt (Matterhorn Talstat.)でロープウェイに乗って、Furiで乗り換えてZermatt Schwarzseeまで15分です。Zermatt Schwarzseeからシュヴァルツゼーまでは、徒歩3分で着きます。

シュヴァルツゼーの場所を地図で確認する

マッターホルン

マッターホルンが一望可能なポイントをいくつか紹介してきましたが、実は天気が良ければツェルマットからでも十分見ることができますよ。ツェルマットを流れているマッターフィスパ川に架かる橋の上から、マッターホルンを眺めるのがおすすめです。

ツェルマット

ハイキングをしていると運が良ければ野生動物にも遭遇しますよ。実際に私は羊に出逢いました。ツェルマットにはほかにマーモットなどもいるらしいですよ。

スリル満点の吊り橋

ツェルマット

ヘンゲブリュッケという名前の吊り橋があります。この吊り橋はスリル満点なだけでなく、高い位置から周辺の景色を見渡せます。ロープウェイのFuri駅から20分ほど歩いた場所にあり、ハイキングをしながら渡ることができるでしょう。

ツェルマットの街の景色

ツェルマット

ハイキングをしていると、いろいろな位置からツェルマットの街が眺められます。少し登るだけで、周辺の山並みとともに綺麗な景色が楽しめますよ。ロープウェイで移動するのは楽ですが、ハイキングならもっと自然を満喫できると思います。

ツムット村にあるダム

ツェルマット

ツェルマットから歩いて1時間ぐらい登ると、ツムットという名前の集落があります。この近くを流れるツムット川を塞き止めているダムがありました。ダムのある丘の向こうにマッターホルンが少し見えましたよ。

華やかな雰囲気の観光地

ツェルマット

ツェルマットはアルプス山脈のリゾートなので、街中も華やかな雰囲気でした。とくにツェルマットのメインストリートであるバーンホフ通り沿いには、たくさんのレストランやショップが立ち並んでいましたよ。大自然に囲まれた美しい街並みとともに、のんびり滞在できるでしょう。

スイスのツェルマット観光で必見であるマッターホルンを綺麗に一望できるポイントを、旅行経験者の判断で7ヶ所紹介しましたが、いかがだったでしょうか?前半はツェルマット最大の見所であるマッターホルンに焦点を置き、後半はそれ以外の見所も紹介しました。この記事が何かの参考になれば幸いです。


筆者のブログはこちら!

http://ithacamani.blog.fc2.com/